雑記 2005年1月後半分

2005/01/16
■イシイのミートボールは子供の頃に食べた覚えがありますが、マルシンのハンバーグ(ソースが付いてない白い袋のアレ)を最初に食べたのは20歳過ぎてからでした。あの手の製品でフライパン調理が前提というのは今だと珍しい部類ですねー。/

■TFGFは話の運びがちょっとぎこちない気もしますが、キャラ紹介と状況説明が済んだらまた違ってくるかもですしー。あとメカのCGの表面が金属的な処理になってる件ですが、2話ではメカと人が絡むシーンではテカりをおさえてあったっぽくてそれほど違和感なかったですね。

■数年前に購入した海洋堂のモリビト2号の折れた関節を、真鍮線を通して修復。でもあちこち関節がゆるいのでポーズ保持が難しいんですが、補修しようにも無理にバラそうとすると軸がさらに折れそう。

■先月下旬くらいからガンプラのカタログが店頭配布されてて、これどうもヨドバシではかなり数に余裕があったようで、私はMGボールとPGストライクとHGガイアで都合3冊もらいました。別にマーキングシールが付属するとかではないので1冊で充分だったんですが。
 で、このカタログの欄外にガンプラのトリビアみたいなのが載ってて、「ガンプラで絶版になったのは旧HG1/144ガンダム(初代)のみ」というのがネタになってますが、実際のところ1/250のいろプラなんかここ20年は再生産がないので実質絶版じゃないのか、とか思う昨今。他にもMSVのZガンダム仕様パッケージとかBB戦士のシリーズナンバー6以前とかフルカラーモデル(ファーストガンダムの1/144キットをパーツ状態で塗装してあるという珍品。ちなみにリリース第1弾はガンダムやザクではなく何故かリックドム)とかも実質絶版ですが、これらはほぼ同じ内容のキットが別に存在しているからいいとして、∀ガンダム関連のキットが放送終了以来全く再生産されてないという事実はどうにも動かないのでした。うう。

  ・・・とか言ってたら∀が今月下旬に出荷予定ですね。ただしSDですが。ううう。

 ちなみにこのGジェネレーション版∀のキットは以前に出た武者ターンエーの金型を強引に流用しているので、出来は比較的微妙だったり・・・。私は発売当時に初版を店頭で見かけて写真もろくに見ないで即決で買いましたが、結局死蔵してます。うううう。


2005/01/17
■それにしてもSEED-Dは先の展開が読めないというか、理詰めだとありえない展開なので予測できるわけがない気もする昨今ですが、こういうものだと思って見ているぶんには比較的面白いので個人的には特に不満はないです。
 でも前作の本編のアラをアストレイ小説版がどうにかつじつまを合わせたと思ったら今作がまたそれをぶち壊し続ける展開なので、千葉氏は大変だろうなとか思いつつDアストレイの小説版も楽しみな昨今。

 視聴率なり商品の売れ行きなりが商品展開に反影されるのは春以降だと思いますが、今のところ新キャラとかガンダムタイプの新型とかの商品展開の主力になるネタがことごとく活躍していない(というか出番自体少ない)という状況なので、そっちの展開もこれはこれで楽しみというか関心があります。

■で、恒例の放送日から数日遅れの突っ込みですが(恒例にするなよソレを)、まずアークエンジェルがどういう経緯で保管されてたのかが謎です。
 本来は連合の艦艇だったのが脱走したという経緯からしても、オーブ軍なりモルゲンレーテ社なりの公式な所有物ではなく、存在自体秘匿されていたものだと思われます。それに、中にバルトフェルド用のMS(それもM1じゃなく戦後の新型)まで搭載されていたことからして、いずれ旧・三隻連合関係者が使用することを想定して保管・整備されていたということになります。
 で、まだモビルスーツ1機くらいなら地下に保管できなくもないとして(まあ現実的には無理だろうけど)、地下に戦艦1隻入るだけのドックを秘密裏に建造・運営していたからには、それなりの背景が存在しているはず、という話になるんですが。
 まずセイラン家が主導のオーブ政府は、裏からでもあれに関与していた可能性はないだろうと思われます。存在を知っていれば連合に恭順する方針を決めた時点でドックを制圧していただろうから、存在自体知らなかったと考えるのが妥当かと。でもあんな巨大な戦艦(EXモデルの箱には全長420メートルと記載されていますが、ネットで検索かけると350メートルとか425メートルとかいう数値も引っかかってくるので正確な数値がどれなのか判断しかねます。連合には250m級戦艦とか150m級護衛艦とかがいるのであの世界の標準よりは確実に大きいものと思われますが。ちなみにホワイトベースは250メートル、米海軍のミニッツ級空母は333メートル)を領海内に持ち込めば普通気がつくような気もしますが。
 で、連合関係者が反逆者を支援するというのも考えにくいし、ラクス暗殺未遂の経緯からしてプラントの主流派でもなさそうです。

 なので可能性としては、「プラントの旧クライン派で、かつデュランダル派には合流していない」という勢力があると仮定してみるくらいかなあ、と。
 もしくは何らかの目的で反政府活動を支援する組織(アナハイムみたいなの)が別に存在している可能性もありますが、現時点でそんなものの存在はほのめかされてもいないしー。ジブリールの発言からすると「ロゴス」というのは単にブルーコスモスの上部組織で意図はおおむね同じみたいだし。
 でも現状でアークエンジェルは連合とオーブに敵対してるしラクスがいる以上いずれザフトとも敵対すると思われるので、そういう第三勢力的な組織の支援でもなければ今後軍事行動はできないと思うんですが。
 というかあの人たちが今後何しようとしてるのかがそもそも謎なんですががが。

■ストライクルージュについては元々連合の試作機の設計情報を盗用したデッドコピー機で、本来なら表向きに出せる性質のものではないだろうから、あれがAAに積んであってもオーブ軍部に保有されているよりは自然な流れだと思われます(母機であるストライクそのものも結局は反逆者に使用されて連合側に撃墜された経緯があるので、その辺はうやむやになってる可能性もありますが)。ヤキンドゥーエでは旗機として使っちゃってるという事実もあるけど、クサナギとその搭載MSは戦後の経緯からしてオーブ正規軍ではなく反逆者または脱走者として扱われているはずだし。
 クサナギの艦長のおっさんがSEED-Dに全く出てこないのも、カガリの代わりにクサナギの軍事行動の責任を取らされたと考えればつじつまが合わなくもないです。


2005/01/18
■先月の電撃PS2に付いてたデビルメイクライ3の体験版を今頃やってみたけどイベントデモがすごいです。悪魔に襲われてるのにいちいちポーズを決めつつ盛大に自分の部屋の家具をぶっ壊しながら戦うついでにピザ食べたりでダンテのバ格好よさが大炸裂です。そういうわけで雰囲気的には初代に近いようで期待できますね。
 あと操作時のカメラ位置も特に気にならなかったので2より良いのでは。ただ私は爆弾投げてくる敵に対処できなくて体験版の最後まで行くこともできませんでしたがー。・・・製品版には難易度設定あるといいんですが。というか体験版もクリアできないのはヘボいにも程がありますか。ううう。

■TFGFのランドバレット購入。初期アイテムの中ではデザインのイロモノ度がかなり高い部類で、割とスマートかつ3輪で独特な印象のビークルモードとほぼゴリラなロボットモードのギャップが素敵です。
 でもってロボットモードはスタイリングが極端な割に、可動トイとしてはかなり当たりの部類でした。腕は肩に2軸、ヒジに1軸に加えてロール軸がヒジの上下に2つ入っててほぼフル可動。手首は回らないけどヒジ下のロール軸を使って前腕ごと回せるから特に問題ありません。TFでは比較的珍しいヒジ上のロール軸があるので演技の幅が広いですよー。
 さらに脚も股関節2軸+ヒザ1軸の標準構造に加えてロール軸がヒザ上にあるので、自然な立ちポーズがとれます。足首自体は例によって左右には動かないんですが、このロール軸があるのと、あと元々ゴリラっぽいデザインでガニ股にしても違和感がないおかげで、脚を開いた状態でも比較的ちゃんと接地できます。
 また、一見トップヘビーで転倒しやすそうに見えますが、前後方向での重量バランスに偏りが少ないのと、脚が短くて重心位置が低いおかげか、かなり安定して立たせることができます。
 イグニッションギミックの大砲展開も見た目に派手だし可動の邪魔にもならないのでいい感じです。ビークル・ロボット両形態で砲身がちゃんと正面に向きますし(ビークルモードでは若干下向いてなくもないですが)。

 あと頭部には眼がクリアパーツで後頭部までつながっていて、後ろから光を当てると眼が光ってみえるというTFでは定番のギミック(何故かスタースクリームにもベクタープライムにもエクシリオンにも未採用ですが)を搭載していますが、クリアパーツの色が濃いのであまり光らない(TFSL版スペリオンやブルーティカスと同じような感じ)うえに、頭の後ろに大砲の基部が位置しているのでそもそも光が入りにくいです。
 それとフォースチップがエクシリオン付属のものと全く同じなのも微妙に残念。同じ惑星のプラネットフォースを使っている(らしいけどアニメにはランドバレットもフォースチップも未登場なのでまだよくわかりませんが)ので設定的にはこれでいいんだろうけど、せめてサイバトロンとデストロンで色を変えるとかしてほしかったなあ、とか。

 というか初期発売アイテムでアニメ2話までに登場しなかったのって、リカラー商品のオートマイクロン以外だとランドバレットだけですが。


2005/01/19
■今日のトリビアを見て、タミヤが「1/35野外炊具1号改(自衛隊員付き)」とか出さないものかと妄想してみました。フィールドキッチンが出た実績があるだけに可能性は皆無じゃないのが落とし穴というか。
 あとNHKの203高地のも録画しておいたけどまだ見てません。

■で、ヨドバシはガードシェルとガスケットは入荷済みで両方がっつり買っておきました。ガスケットのビークルモードはハンドルもフットペダルも付いてないのでフィギュア類を乗せても安定しませんが、去年のエリアルより車体が前後に伸びているので、ミクロマンを乗せた状態での違和感は軽減されています。
 ロボットモードでは関節にボールジョイントを多用していてこの価格帯のTFとしては可動範囲はトップクラスですが、ただしこの価格帯でもトップクラスに小さいです。ランドバレットの肩や腕の上に立たせられるくらい小さいので(一応試しましたがけっこう安定します)、これはこれで絡めて飾るといいかもしれませんがー。あと眼はクリアパーツなのに何故か上から塗装されています。
 そして付属のフォースチップはまたもやスピーディア仕様で、私が買った6個のうち3個は全く同じ・・・。

 ガードシェルは建機系ということでフォルムが太くてもっさり気味ですが、可動範囲はこれまたこの価格帯では広い部類。ビークルモードでもショベル部分は可動です。ビークルモードのキャビンの正面に大穴が開いてるのとフォースチップ以外には全くクリアパーツを使っていないのがちょっと残念ですが、デザインが好みなら割とオススメです。
 ちなみに付属のフォースチップは地球仕様なので、必ずしも出身によって決まるわけではないようですね。

■そういえば、こないだ日曜洋画劇場で『ジャッカル』見てたら『銀のエンゼル』のCMが入ってました。あと救命病棟はまだ見てませんが、洋さまのチェックが目的なら録画して本筋は早送った方が効率よさそうですか。
 で、「洋さま」と表記するとペヨンの人みたいになるかと思ったら字面は意外と似てなくて空振り気味。

 でもって、そのジャッカルの方は「ロシアから送り込まれた正体不明の暗殺者・ジャッカルと、減刑を条件に警察に協力する元テロリストの囚人が対決する」という設定の割に、主人公の囚人(リチャード・ギア)があんまり悪党じゃなくて善悪の構図が割とはっきりしてたのがちょっとがっかりでしたが。でもまあ悪役成分を期待しなければ割と格好良かったし。
 あと野沢那智声でブルース・ウィリスのジャッカルは変態っぽくて大変よろしいと思いました。一人を狙撃するのにわざわざ国外から妙に巨大な機銃を持ち込んだり、関わる相手をさっさと殺さずにいちいち言葉責めしたりと行動に無駄が多くて素敵です。本編中で直接殺した人数だけ見るとこの手の映画の悪役にしては意外と大人しいんですが。
 あと前枠の人選がかなり謎でした。


2005/01/20
■日付けなんかただの目安だから足りない分は勇気で補えばいいんですよ、とかわけのわからない開き直りをしてみる昨今ですが、指摘どうもです。
 あー、やっぱり日記メインならレンタル日記なりブログに移行する方が更新楽かなあ、とか思いつつ面倒臭いので当分はこのままで。

 あと何か風邪気味でノドに異物感があります。この週末はHGUCマラサイを買って組んだりコトブキヤの決算セールに行ったりする予定なんですが、下手すると寝込んで終わりかも。

■あ、そうそう、何かあみあみさんからメールが来てまして、島田フミカネ氏のドイツさんが2月下旬に延期だそうです。って延期2回目やん!
 ・・・いや、別に遅れるのは構わんのですが(本当は一括発送が分割されちゃったりするのでちょっとアレですが)、これで量産段階の劣化がひどかったりしたら泣きが入りそうです。というか遅れてなくても劣化してたら嫌ですが。

■海外サイトに春頃のTFGF関連商品の新作の画像が出ていますが、何か数が増える一方です。イケイケです。

■1/100MGフリーダムの胴体を上下方向に2mm詰めてみました。フレームと外装のすり合わせが必要なので詰める位置によって作業の手間が変わりますが、私見としては胴体の青いパーツの上端を削って、フレームもその位置で切断して幅詰めするのが比較的楽だと思います。
 工作はタミヤの模型用ノコギリと金ヤスリを使って1時間くらいで済みました。あとついでに黒っぽい部分の色を紺色に振っていたのを、塗りなおして青みを抑えてみてます。
 で、写真撮ったらこんな感じでした↓。上の写真、右のがMG幅詰め後で、左のは旧1/100キット(今度パッケージ変えてSEED-D版として出るのと同じもの)。ちなみに素組み状態の写真は雑記ログの2004年7月25日のところにあります。

 ・・・2mm程度だとあまり変わりませんか。でもこれ以上詰めると左右方向にも削らないとバランスが悪そうですが、左右方向の幅詰めに手を出すとフレームの関節構造の強度確保が面倒なうえに外装の幅詰めも大変そうです。というかこれ以上小型化するなら旧1/100キットの胴体をベースにした方がよさそう。


2005/01/21
■一時期のJR西日本の電車遅れは人身事故率高かったんですが、最近は線路立ち入りとか無謀横断が目立ちます。ちなみに今日は降雪による信号機故障でした。

■ソフビスーツの第2弾が入荷してるのを横目で見つつ、前回5個買って3個ガンダムだった経緯があるので今回はスルーしよう、とか思ってたら実は今回からブラインドじゃなくなっていたという事実を知るに至って、あわててコンビニに行ってゴッグを確保したわたくし。というかまだ2個残ってたので、前回の「アッガイとズゴックだけ1BOXに1個しか入っていない」みたいな極端なアソートではないようです。
 そしてゴッグすごいかわいいです。萌えです。黄土色の部分が手首だけ塗装で質感が食い違ってるのが残念ですが、丸っこくて実によいです。
 あとついでに旧ザクも買ったんですが、口元のラインがいかにも旧ザクっぽい造形(「ザクのパイプを取っただけ」みたいな感じじゃなく)で、これまたうれしいです。
 で、風邪継続中なのでついでにビタミンCのタブレットでも買おうと思ってたんですが、急いでいたので忘れました。粗忽者だね。

■あと今日の帰りはコトブキヤにでも寄ろうかとか思いましたが面倒臭くなったのでヨドバシでマラサイと電撃PS2買って帰りました。いや明日は茨木のコトブキヤに行くつもりですが。とりあえず告知のハガキ持っていけばスタンプカードにハンコを山盛りもらえますので。
 で、ヨドバシ梅田はモビアクの白青ザクは未入荷でしたが、マックスのやよいさん追加生産分が積んであって3秒くらいもう1個買おうか本気で考えてしまいました。というか初版を通常版とキャラアニ限定版両方買うとかいう無茶をしていなければ2個目買っちゃってたと思います。

■地域によってはもう模型誌の早売りが出ているようで、ネットにも情報が出回っていますが、個人的にはSEED関連は置いておいてMGのRX-78プロジェクトペガサスVer.というのが気になるところです。ライフルとバズーカとシールドが新規造形だそうなので。Ver.Ka以外では9年ぶりですし(厳密には何年か前のキャンペーンで新規造形のビームライフルが景品になってますが)。
 というかガンダム本体については1年前に完全新規金型でパンダムが出たばっかりなんだから、パンダムの中の人に武装だけ追加、でもよかったんじゃないかと思いますがー。

 あと武者烈伝バージョンのダブルゼータは親子ともども他より価格が上がってギミック山盛りだそうなので非常に楽しみであります。それにしても「頑駄無」って漢字表記はよく見るとけっこう間抜けというか主役の名前じゃないよなあ、とか。何しろ「駄」でしかも「無」ですよ?


2005/01/22
■NHKと朝日の泥仕合が見苦しい昨今ですが、事実がどうであろうと物証を出せないなら勝ち負けで言えば朝日の負けじゃないのか、と思う私は朝日の報道が嫌いなのでそう思うんだろうと思いました。

■で、今日は茨木のコトブキヤへ。先に結論を書いておくと、去年の決算セールの異常な値引きっぷりと比べるとかなりトーンダウンしてました。ハガキでもらえるスタンプも減ってたし。
 見た範囲ではワンコインのトップとバスタードが2割引対象外でしたが、他は出たばっかりのモビアクと装着変身の新作も2割引いてあったので、おととしの決算セールのショボさと比べるとだいぶマシです(おととしは発売1ヶ月くらいのブツは軒並み定価でした)。

 で、私のエモノはこんな感じ。↓

 まず特価品がHCMP赤ガンG3セット1000円、メガハウスのプリキュア白の人変身前1000円、BB戦士ハイパーキャプテンとザッパーザク各200円、DHM誌週間版の2号と4号各300円(1号と3号は在庫なし)、ミクロマンのアクロボルテック200円。あと特価じゃないプラモデルは通常価格(1割引)からさらに2割引で、烈伝のゼータと嵐丸、霧丸、あと殺駆三兄弟とザクV改。以上全部で4500円くらい。
 他の特価品はBB戦士アレックスと1/144(非HG)カオスが200円、1/144(非HG)ザクウォーリア100円、SDGFガンダイバー100円、GジェネフルアーマーMk-U100円、EXモデルGアタッカー1000円、ストUアクションフィギュアの春麗500円、超カンタムロボ2000円、エイリアンの1/12パワーローダー2000円、他にもアメトイのエイリアン関連がいくつかありました。
 茨木店は去年後半にガンプラとか美少女系フィギュアとかを縮小しているので(そのぶんアメトイとかが増えてます。ガンダム関連は完成品は一通り揃うけど、プラモデルはSDとSEED系くらい)、特価に出せるアイテムの絶対数も減っているから、まあこんなもんかと。

 個人的にはヨドバシで品切れのSD武者が割引で買えればいいや、くらいの気分だったので戦果としては充分満足。とりあえずHCMPのG3がこの値段で手に入ったのはすごくうれしいですよ。
 プリキュアの人については、まだ発売1ヶ月くらいのブツが定価の1/3以下でしかも眼鏡+白衣、という要因が絡まった結果として衝動買いしてみました。実際出来はかなりいい部類だったんですが、プリキュア全然見てないから開封して5分くらい眺めたら飽きました←おい。ちなみに白の人は今日の開店直後の時点で残り2個でしたが、黒の人はだだ余り・・・。
 それとBBキャプテンとボルテックとDHMのキハールは既に持ってますが、安かったから保存用ないしパーツ取り用に買っておきました。どいつもこいつも再生産のなさそうなブツ(というかキハールは無いのがほぼ確定)ですしー。

 そういうわけで武者の人を作成開始したんですが、どうにも寒いので塗装で挫折して中断・・・。

■今週のTFGF:メガトロンさまが戦闘中に「無駄無駄無駄ァッ!!」と言ったのが最大の見所かと。そして玩具が発売されるなりガードシェルの出番が激減したりランドバレットとガスケットはまだ出番が無かったり。

 今週のSEED-D:久々の出番に張り切ってアスランにべっとり張り付くも露骨にうざがられてるルナマリ姉さん萌えー、とか。あとメイリンは相変わらず背景扱いですが表情の変化が豊富です。そして来週は総集編で話が進みません。


2005/01/23
■昨日は朝日の報道が嫌い云々とか書きましたが、別にNHKを含めた他社は嫌いじゃないのかというとそうでもないんですが、とりあえずNHKの地味めの番組は割と好みなので、上層部はともかく末端の方々におかれては頑張っていただきたいです。
 というか変に数字を取ろうと色気を出したNHKの番組はロクなことに(以下略)。例えばこないだの紅(略)。

 あとは今日も今日とて塗装に明け暮れて、どうにかBB戦士の烈伝版ゼータとニュー親子を作りましたが、何か塗装だけで6時間以上かかりました。寒くてキツいんで中断しつつで。

■で、今日はブレイドの最終回なのでその話ですが、これから見る予定、もしくは放送が遅れている地域の人はネタバレに抵触する場合があるのでご了承ください。ちなみに次の■からはまた別の話題です。

 

 剣崎は今までも「他人を守るために自分を犠牲にすることにためらいがないい(なさすぎる)」キャラとして描写されていたので、この終わり方はそのキャラにも整合しているし、ラストで人知れず去っていく主人公、というのも特撮の王道だし、泣ける展開でよかったと思います。
 けど、その剣崎の身を捨てすぎなところを1回くらい誰かにきっちり諭してほしかった気もするというか、剣崎自身だって「いなくなってもいい人間」ではないだろうというか。
 でもまあ、最近のライダーとしてはきっちりまとまった終わり方ですね。いやせめて最後に1カットくらい「その後の剣崎」をちゃんと見せて欲しかった気もするんですが。が。

 あと烏丸所長が何の伏線もなく再登場してしかも結局何の役にも立っていないのが笑えましたががが。

 

■でもってデカレンジャーもラストに向けて動き出して楽しみな感じです。
 あとゾイドではファイヤーフェニックスの意外な正体が判明しました(仮)が、意外といえばゼロファルコンが羽根も無いのに空を飛んだことが一番意外ですが。

■ゾイドストラグルも遊んでみました。そういえばゾイドのゲームははじめてですよ。GCもGBAも持ってないし。
 ストラグルは分類上は格ゲーで、横視点だったり通受技はガード可能だったりしますが、銃火器が使えたりコマンド入力の必殺技がなかったり(ボタンの組み合わせで技が変化したりはしますが、例えば波動拳コマンドみたいなのは無いです)で、格ゲーに3D視点ロボゲーの要素を混ぜたような雰囲気です。
 ACTは素人なのでよくわかりませんが、とりあえず私見としては操作面でのストレスは特にありませんでした。ただラウンド前の読み込みはけっこう長めで、同じ対戦でコンティニューしてもロードするのでちょっともっさり気味。

 で、ストーリーモードはアニメ版フューザースと舞台が共通になってますが、プレイ時間が長い割に内容は薄いというか無闇に試合数が多いです。
 1年前に消息を絶った姉を探している主人公が謎の黒いゾイドの噂を追ってブルーシティにたどり着くなりマッハストームのパシリにされて野良ゾイドを退治したり盗賊を退治したりザベッジハマーに喧嘩を売られたりする話(大意)。ラスボスの直前にも名無しの治安局員との対戦が3連続で入ったりして、とにかく連戦につぐ連戦です。そして物語のカギであるところの「黒いゾイド」は実際に対戦してみたら黒くなかったというオチがついてそれはどうなのかと思いました。
 まあ平成ゾイドにおいて強くて巨大な黒いゾイドといえば大体あの機体のことなので、実際には赤だろうが銀色だろうが「黒いゾイド」で意図は通じなくもないですが。

 あと、Ziファイターモードで最後まで勝ち抜くと1回につき選択可能なパイロットがランダムで1人と、そのパイロットに対応するパーツが1種類ショップの在庫に追加されますが、コンティニュー不可で3〜8連勝する必要があるのでパーツとパイロットを揃えるには相当に試合数をこなす必要があります。というかACT下手だと必要試合数が5回越えたあたりでしんどくなってきます。というか今の私がまさにそう。うう。
 たまたま早い段階でナオミとレーゼとアーバインを登録できたので、後はリノンさまが使えればおおむね満足ですが。でもこの人たちは軒並み能力傾向が射撃寄りなので、「とりあえず接近してガチャ押し」が基本のわたくしとしては比較的使いにくい・・・。
 パイロットに関する解説とかは一切ないので、アニメ版はともかく他のゲーム版のキャラ(ZOIDS VSとゾイドサーガが出典みたいですが)は誰が誰だかさっぱりわからないんですがー。


2005/01/24
■まだ風邪継続中。でもって今日は帰宅時間にジャストタイミンでJRが人身ったので噴火しそうになりましたよ。わっふー。
 というかあと20分早く帰ってれば事故にひっかからずに済んだっぽいですが、あと10分早く帰ってたら代替路線に接続できない途中駅で足止め食らってさらにひどいことになっていたと思われるので、運がいいんだか悪いんだか微妙なところです。・・・あ、事故が起きてる時点で運がよくはないのか。

■あーでも今日は『クロスボーンガンダム スカルハート』を買って読んですげく面白かったので相殺してチャラにしときます。これ正規の発売日は2日後ですが、どうも場所によっては先週末あたりから既に売ってたっぽくて、角川系の漫画の発売日は読めないです。部数少なかったりすると悲惨です。今日も1軒目は売り切れてたし。

■久坂宗次氏とRyoji氏の冬コミ新刊がとらのあなの通販に入荷してますが、Ryoji氏のは店舗情報の出庫リストには見当たらないし、久坂氏のは「梅田店以外の全店舗」に出荷されているというやけにピンポイントに不便な展開なので、さっさと通販で注文しちまいました。日本橋店に出向く手間やらを考慮するとこの方が明らかに安上がり・・・なんだけど、どうにも送料分損した気がしてしまう貧乏性な昨今。

■そういうわけでブレイドの最終回はいい感じでしたが、本編が盛り上がってると挿入されるCMで腰が砕けるのは仕方ないとはいえ何ともアレですね・・・。特にチョコボール→ハイチュウの森永コンボは正直キツかったですすす。
 で、来週からのダースモールで和太鼓なライダー響鬼はどんな感じになるんでしょうか、とか。太鼓のバチはともかくトランペットが武器な2号ライダーはどうなんだ、とか今は思ってますが、今までの傾向からして3ヵ月後くらいには格好いいとか思ってそうです自分。

 ところでテレ朝ライダー以降「ライダー=改造人間」という設定が廃止されたのは倫理的配慮のせい、という噂は本当なんでしょうか。個人的にはもう慣れたので別に気にしてませんが、でもアンパンマンは子供に自分の頭を食べさせてなんぼのキャラだと思うんですがどうでしょうか。
 あと装着変身あたりの可動アイテムでさっさとブレイドKフォームを商品化していただきたいです。2年くらい待てばブレイドとジョーカーはSICで出そうな気もしますが。

■ソフビスーツの第1弾でガンダムばっかり出てどうしてこんなにアソート偏ってるんだよ、とか思ってたわけですが、ブラインドじゃなくなった第2弾の店頭での在庫状況を見ているとガンダムはかなり品薄なので、やっぱり需要はあるんだなあ、とか思ったり。ちなみに赤ザクとガンキャノンも比較的品薄で、ゲルググと旧ザクは余り気味。
 UOだとガンダム余り気味でガンタンクとかズゴックがレア化してますが、アソートが比較的平均化されたUO7ではゲルググとドズルザクが余ってたし、適正なアソートというのはけっこう難しいのかもしれません。とか。
 ・・・というか、これって単に「ゲルググは人気薄」ってだけの話?


2005/01/25
■ちょっと前にBB戦士の轟天頑駄無(再販)を買ったので烈光と烈空と烈破を探していますが、当然のように売っていません。

■ところで旧ザクってあんまり商品化に恵まれてない感じですが、原作TV版では1回しか出ていないし、劇場版ではそのエピソードも削除されて「とりあえず1カットだけ画面には映ってる」という扱いなので、ノーマルザクの流用とはいえ一応モビアクと1/100MGが出てるだけマシなのかもしれない、とか思いました(ちなみにZZのタイガーバウム編にニセモノが出てますが)。
 ファーストでプラモデル化されたのも、初期に出たので出来に問題があったザクの改修版という意味合いと、あとゾゴックやジュアッグまでキット化される当時の状況があったおかげであって、本来ならプラモデルが存在するだけで僥倖ってくらいマイナーな機体っぽいですね。いや個人的には好きなんですが。ガデムとか乗ってるし。


2005/01/26
■ビジネスモデル方面の特許に関する英語文献の和訳で、宅配便の配達に関するメール等での通知が云々、みたいな内容の話をやってたんですが、一番最後の方に「文書のRFC1149規格による送信をサポートすることが好ましい」(大意)という記述がありまして、RFC1149って何だよ、とか思って調べてみたらこんなのでした。・・・えーと。
 この種のRFCは他にも色々あるようですがどうなのか。

■ネット通販はおおむね便利であって欠点は余計な出費が増えることくらいか、と思ってたんですが、どうも大抵の通販ショップが佐川を使っていてクロネコとか日通とか指定できないというのが地味に落とし穴な気がしてきました。今回もとらのあなの通販は対応が迅速でしたが佐川の配送が微妙にアレで・・・。
 で、紆余曲折の末にどうにか1日遅れで到着。久坂宗次氏のは今回は1冊ほとんど久坂氏なので満足です。

■スカルハートではハリソン専用F91のカラーリングはGFF版発売前に描かれたものもGFF版準拠に修正されていますが、でもGFF版で削除されていた胸のV字マークは健在でした。個人的にもやっぱりアレが無いとハリソン機っぽくない気がします。
 そういえばスカルハート収録エピソードでのハリソン大尉の部下の乗機はヘビーガンやらジェムズガンやらジャベリンですが、量産型F91は生産終了してるってことなんでしょうか。とか。

■GFFジオノのゲルググはA型(ノーマル)・B型(高機動型)・C型(キャノン)のコンパチでライデン機とゲルググキャノン一般機(グレー)の2色が出るわけですが、どっちを買ったものか割と迷い中。いやキャノンならグレーが似合う気がするけどB型はライデン機が定番っぽいし、そもそもA型だとどっちも微妙に似合わない気がしますし。
 というかわざわざ全部コンパチにしなくても、組替え不可のA・B・C型を色違いで同時発売にするとかでもいいような気がするんですが。でもまあゲルググの場合は頭とバックパックと武装以外は共通なので、他のGFFと比べれば余剰パーツの問題はかなりマシっぽいけど。
 でもMGとかモビアクよりGFF=カトキ版の方がずんぐりしてて原作デザインに近いアレンジというのも妙な話ですね。というかさっさと1/144HG-UCで初代ゲルググ出して欲しいです。マリーネもイェーガーも出てるんだし。あと初代ドムとか旧ザクとかゾックとかアッガイとかジュアッグとかゾゴックとか←どさくさに紛れて無茶な要求をしてみたり。

■そういえばHJ誌のインタビューで、ゼータとかMk-Uの1/100MGのリニューアルは当面予定なしで、ゼータ関連は1/144HG-UCがメインという話が出てましたが、ということはハンブラビだのガルバルディだのガブスレイだのネモだのガザCだのパラスアテネだのアッシマーだのメッサーラだのジムUだのハイザックカスタムだのバイアランだのバーザムだのアクトザクだのバウンドドッグだのボリノークサマーンだのサイコガンダムMk-Uだのマリンハイザックだのにも商品化の可能性があるってことでしょうか←特に後半は例によってかなり無理っぽい。
 でもMk-Uとゼータと百式とジオとキュベレイとリックディアスとハイザックとマラサイとギャプランとサイコガンダムはもうHGで出てますから、上に列挙した連中のどれかはキット化の企画が進行してる可能性が高いわけで楽しみです。
 あとMk-U+フライングアーマーがアリならリックディアス+ドダイ改とかも欲しいんですが。


2005/01/27
■個人的には元々日本の司法の人は専門分野の話になるとあんまりアテにならないとは思ってましたが(いつぞやの200億とか)、そうでもない分野でも(以下略)。やっぱり市街地に軍用車両を走らせて喜んでるような人は(略)。

 あと何か最近テレ東系の木曜洋画のコピーが普通になってきた気が・・・。

■とりあえず『まほらば』を見てみましたが、ビジュアル的にどこかで見たようなキャラが散見されるのは突っ込みどころなのかどうか判断に苦しみます。あと管理人の人のギミックが無茶苦茶なのかダークなのか微妙な線で個人的にはどうにも座りが悪いです。 というか全体に構成要素が微妙に不整合というか、異物感があって落ち着きません。単につまらないなら見なければそれで済むんですが、どうしたものか。とか。

■コミックボンボン版SEED-Dの単行本を買って読んでみました。当然のようにe-flickさんの影響です。そして見事に見開き2Pでの「全機、抜刀!」にあてられてハイマニューバ2型のプラモデルとか欲しくなりましたが、自作するにしてもMSV版ハイマニューバとは全然似ていないのでどうしたものか、とか思う昨今。
 あとこれも既に言及されてますが、ボンボン版だとシンが一点の曇りもなく主役として機能してますね。

■GFFのゼータって単に変形するだけにしてはやけに高いからフルアーマーか何かとコンパチになるんだろうかと思ってたんですが、特にそういうことも無いようで。
 ちなみにフルアーマー・ゼータはボンボンのガンダム野郎に出てました。リ・ガズィBWSのパーツをゼータに無理矢理貼り付けた初代と新規にデザインされた完全版の2種類が存在して、完全版はガシャポンSD(昔の未塗装2個100円の、俗に言う「ガン消し」)で商品化されてます。


2005/01/28
■某所でコトブキヤ1/144アルトアイゼンのポリキャップが経時劣化で割れたという話があったので、うちのも見てみたら股関節のボール受けに亀裂が入ってました。素立ちの維持は可能ですが、脚を前後に曲げると倒れます。うう。
 サイズの適当なボールジョイントを調達して移植してみようか、とか思いつつ面倒臭いので当分保留しときます。元々足首があんまり動かないので、股関節が駄目になってもポージングの自由度はそんなに変わらないし。
 あとDHM誌のスパロボAFの龍人機はあのデザインだと関節あんまり動かないだろうな、とか思いつつスルーしてたら可動はかなり良好だったことが判明してやや凹み中。でもまあプレ値で買うほど欲しくは(以下略)。

 それとハセガワのテムジン747シャドウが格好よさげですが、まだ747通常版組んでません。結局メッキシルバーのビン入りはいまだに見たことないよ・・・。

■そして今日は帰りにヨドバシ梅田に寄ったけどバンダイの明日発売の新作は明日以降入荷の模様。ミクロマンの新作は全4種ともあったので男2人だけ購入。それと1/144白ザクとDPS買って帰宅。
 あとSICのクウガ(マイティ)が3個だけあって、他を見て回って戻ってきたら残り1個になってたので焦って買いそうになったけど結局思いとどまりました。いやミクロ2個買うのと300円くらいしか違わなかったんだけど。

 で、ミクロマンといえば去年の初期アイテムはメッキパーツの精度がかなりアレでしたが、今回はその辺は大丈夫。とりあえず本命のメダルグ(筋肉の人)は、指関節はスムーズに動くしパーツの脱落もありません。
 ファントム(トライガンっぽい人)は装甲パーツは軟質樹脂製で雰囲気変わって面白いし、外れたり可動に干渉することもなくいい感じです。ただ例の巨大武器は直立時でも車椅子モードでもその軟質樹脂パーツに取り付ける仕様なので安定感は今ひとつっぽい。飾っておく分には問題ありませんが、わきわき動かして遊ぶのにはちょっと不便。

■ところで武者ガンダムは割と和風というか固いというか落ち着いた口調で喋るイメージが個人的にはあったもので、武者烈伝の烈火武者頑駄無が檜山キャラみたいな口調だったのはちょっとインパクトがありました。あと精太のキットに付属の漫画でいきなり頑駄無が(中略)急展開に度肝を抜かれたり。

■SEEDの砂漠編でバルトフェルド隊が使っていた陸上戦艦の名前が唐突に気になりだしたけど思い出せないので色々検索してみたんですが、とりあえず「ダコスタ」で検索かけると何故か結果の上位にやおいページが複数・・・。そういうキャラなのか彼は。そういえばSEED-Dには出てきてませんが。
 でもって正解は「レセップス」でした。


2005/01/29
■今日は例によって無駄遣い話と写真ですが、その前にあまり面白くないうえに無闇に長いオープニングトークがありますので興味の無い方は流しちゃってください。お題は先日の青色ダイオードの件。というか正確には、その件に関連した発言についてです。

 あの6億という金額について高いとか安いとかそういう発言が散見されるわけですが、その種の発言の中には根拠に疑問があるものもあるように思います。
 発明の金銭的価値というのは、それが訴訟沙汰になった場合、その発明の価値は法律を基準に算定されます。日本だと特許法。そしてその算定には過去の同種の裁判の判例を参照して、というか法解釈に問題があったり法律そのものが改正された場合を除けば基本的に「判例を外れないように」算定されます。これは逆に言えば、過去の判例からある程度は数値の推測が可能ということです。
 さらに言うなら外国であっても当該国の法律および判例を参照すれば、その国でどの程度の評価が出るかの算定は同様に可能です。

 そして今回の場合、日本は技術者への評価が低いのであってアメリカあたりならもっと高い評価が出る、という趣旨の発言が見られますが、要するにそれ言ってる人間のうちどの程度が自分なりに根拠のある「アメリカでならなされたであろう評価額」を想定しているのかがかなり疑問なわけです。もっと言うならお前それ根拠あって言ってんのかよ、と。
 別に個人レベルなら何言っても構わないと思います。前にも言いましたが国内において技術者の評価が低かったこと自体は事実ですし。けれど仕事としてお金をもらったうえで、それなりに多くの、例えば万単位の人間が目にするであろう公共性の高い媒体でもって発言するなら、過去の事例を根拠として引用するか、少なくとも「自分が個人的に信用している専門家の判断」くらいは根拠として用意しておくべきだと思います。まあそんなものをいちいち文中に記載する必要は無いと思いますが、当該分野に近い人間には発言に根拠があるかどうかは、ある程度は見えますしね。
 これは憶測ですが、もし仮に、漠然と「日本は技術者の方が評価低いっていうか文系の方が理系より収入多いしー、あの中村とかいう人も今はアメリカで研究してるってんだから、あっちならもっと評価上がるんじゃないの? 一審では200億とか言ってたくらいなんだしさー」とかその程度の思いつきでいい加減な発言をしているなら、それはむしろ技術者の足を引っ張るだけになりかねないので少し考えていただきたい、とか思っております。

 付け加えるなら、特許と訴訟に関して先進国であるアメリカでは、先進国であるからこそ「200億円」などという数値は絶対に出ない、ということは言えます。というかそういうふうに法律が整備されてますから。まあ6億より安くなるとは言いませんが。

 あと最後に言っておくと、ここの文章は仕事でも何でもないうえにサイト規模的にも極めて個人的な感じなので、こないだの私の「6億でも高いような気がする」という発言は別に海外の法令まで参照したわけではないです。とか今までの話を全てぶち壊しにするようなオチをつけてみましたが、一応それなりに専門分野なので国内の判例とか、あと業界紙の記事とかは少しばかり読んだりした経験はありますし、国内なら実際あれだけ出りゃ充分でしょ。
 それと、個人的には金金言う人も比較的好きではないので、私の意見にはバイアスかかってるのも否定しません。客観性は他人の意見を比較検討したうえで自力で努力して獲得するものですよ、とか果てしなく無責任に言ってみたり。

 あーあ。

■さて、ではどちらかといえば本題の無駄遣い話というか今日ヨドバシ梅田行きましたよ。赤ドラスと、あと星矢のラダマンティスは入り口で整理券配布で1人1個まで、という形式で販売でした。結局9時半開店で10時までには両方券が無くなってた模様。ちなみに両方2割引。
 ラダマンティスも写真見る限りだとすげー格好良さそうでしたが原作は十二宮編までしか知らない(アニメはポセイドン編まで見ました)のでスルーして、赤ドラスだけ購入。あとついでにMMMGQソードインパルスと、それとGジェネSDのガンプラ再生産が入荷してたのでクロスボーンX1を購入して帰宅しました。
 ちなみにGFFゼータは例によって鬼のような量が山積みでした。

■でもって写真編。まず昨日買ったミクロさん。

 ファントムの巨大武器は手に持てないというかグリップとか付いてませんが、ジョイントのピンはいくつか付いてるので装甲パーツの腰とかの軸受け部に取り付けて、あと腕で支えるようなポーズにすれば武器を構えてるように見えなくもない感じで安定します。
 でもこれデザインはトライガンっぽいけど、動かしてるとむしろガングレイブっぽい。

■次は赤ドラス。

 格好いいです。がっしりしてて割とヒーロー体型なうえにボディカラーがメタリックレッドでケダモノっぽさが薄れてて、しかも顔はライダーっぽい形状なので、SICのブラックとかアマゾンあたりと並べるとどっちが悪役だかわからなくなります。しっぽも外せるし。ただ関節の可動範囲は龍騎系より前のSICと大差ない感じ。

■MMMGQソードインパルス。1/100ソードはガンプラの発売が3月と遅いのと、あと武器の持ち替えを考えるとプラ製の固定指より軟質樹脂の方が具合良さそうなのでこっち買っちゃいました。

 格闘用装備なのに、フル装備状態だと意外と汎用に見えたり。本体の仕様は先に出たフォースインパルスのレビューがあちこちで既出ですが、関節は評判どおりよく動いて遊べる出来です。
 デザインもカラーリングも個人的にはフォースより好みだし、あっちには何故か付かなかったシルエットフライヤーも付属するので満足しております。眼がクリアーパーツとかじゃなくてただ塗ってあるだけなのがちょっと残念ですが。

 そしてこのサイズだと斬艦刀のボリュームがえらいことに。あと後方に写ってる宇宙人についてはてきとうに流してください。
 ただしビーム刃のクリアパーツが斬艦刀本体に対して若干長いようで、取り付けると長さが余って曲がります。写真で付けてないのもそのせい。削って調整すればいいと思うので今度やってみます。

■でもってX1はまだ組んでませんが、先に1/144ブレイズザクファントムを組みました。

 1/144コレクションシリーズはヒジとヒザの塗装が特に面倒臭いと思うんですが、今回はそこだけ塗るの省略してみました。他を塗ってあると案外気にならない・・・かも。まあこの機体はいずれHGが出ると思いますしー。
 で、SEED-Dの1/144非HGキットははじめて組みましたが、新型ボールジョイントはかなり高性能ですねー。素立ちの調整も楽です。

 そしてブレイズザクウォーリア。ザクファントムのHGが出てもコレ用にパーツが使えるし、無駄にはならないよね。とか。


2005/01/30
■文字量がやけに多いので、雑記ログを今月分から試験的に前半と後半に割ってみることにしました。あと画像庫更新してます。

 その更新のネタにしたゼノサーガのエピソード1限定版ですが、BB戦士の武者の掘り出し物でもないかと地元のおもちゃ屋に行ってみたら新品が普通に積んであったので迷った挙句に一旦帰って、結局出直して購入。9000円くらいでしたが、当然のようにソフト自体は既に通常版持ってますが!
 購入にあたってレビューとか無いか探してみたんですが全然見つからなかった(というかEP2の邪神像に関するネタが異様に多くて絞り込めなかったというか)ので、とりあえず写真撮ってアップしてみました。例によって写真いい加減ですがー。

 でもってKOS-MOSさまはちゃんとEP1デザイン準拠なのでおおむね満足ですが、顔の造形が微妙に残念だったので顔の交換を試みたらますます残念になったりしましたが、その辺の写真も画像庫に入れてますので。

■今週のTFGF:「地球のメカに擬態するTF」という最近は無かったネタでけっこう面白かったり。
 今週のSEED-D:サイの新規作画とか無いのか・・・。
 今週のゾイド:ハイジャックされる前に護衛をつけておくべきだと思いました。
 今週の和太鼓ライダー:1話からあの必殺技が見られるとは。・・・そういえばライダーキックはないのか。というかバイク乗るのかあの人。


2005/01/31
■風邪継続中ですがだいぶマシになってきました。ふう。ちなみに咽喉にくる風邪と消化器にくる風邪は種類が別らしいですね。私は今回は前者でした。
 あとネコソギラジカル上巻がようやく来週には発売される予定ですが、講談社ノベルスは土壇場で遅れることもたまにあるので油断できません。まあ何にしろ楽しみですけどー。

 でもってデカレンジャーは燃え展開でいいですねー。デカマスターも最後まで強かったし。そういえばブレイドは全49話だったけどデカレンは50話あるのか。

■MMMGQソードインパルスの剣のビーム刃ですが、端を少し削ってやると一応収まりました(というか、製品状態よりはたわみがマシに)。でも少しずつ削って調子見ながらつけたり外したりしてたらビーム刃のパーツがぐなぐなになりました。次に取り外したらそのまま折れそうな勢いです。もう怖くて外せません。うう。
 そういうわけで武器だけ流用する用にガンプラの1/100ソードも買おうかとか検討中。
 あとフロントスカート上端の左右方向内側が腹のコクピットハッチ周辺と干渉して動かしにくいですが、ここも適当に削ってやるといい感じです。ところでインパルスって格納時は常に分離状態だから、コクピットハッチは機体を乗り捨てるときくらいしか使い道なさそう・・・。

 それとブラストインパルスはガンプラでは1/144コレクションが未発売で他は予定すらアナウンスされていないという状況なのに、MMMGQでは2月に出る予定なのでこっち買っちまおうかとも思ったり。GQは足首のパーツがほぼ金属製で重心が低いので、ミサイル発射姿勢とかでも後ろに転倒したりしなさそうだし。
 問題はインパルス3種ではブラストが投売りされる確率一番高そうな気がするってことですが。何しろ放映開始から4ヶ月で1回しか出撃してないし(ソードも2回で、しかも両方フォースのつなぎだけど)。でもそれを見越して他の2種より生産数減らしてあるかもしれないので、結局は在庫があるうちに買った方が無難っぽいですけど。ほら、ライダーでもレンゲル関連商品だけはほとんど初回しか出荷してないって噂だし←おい。
 というか現物が格好よさそうなら値段とか気にしないで買えばいいですね。まあヨドバシは最近割引率下がり気味だけど、ガンダム関連ならおおむね3割引きだしー。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system