雑記 2005年4月前半分

2005/04/01
■ケロロの2年目1話は見逃しました。あとムラサメライガーを予約してたのにヨドバシ梅田から入荷連絡がありません。連絡受けてから買いに来いとか言ってたように思うんですが。まあそんな感じで、年度明け初日としてはまずまずの滑り出しってとこです。ところで振り込め詐欺は振り込み詐欺ではないんでしょうか。

 でもってムラサメと、あとカノンフォートとヘビーライモスはヨドバシには店頭在庫無かったけど、私のぶんは置いてあったので今日はそれだけ購入。明日も都合で出かけるのでついでにもう1個くらい買うかも。ちなみに他の在庫はコマンドウルフとモルガ、ハウンドソルジャーが減り気味、ザバットと大型はそれよりは余裕ありそうですが、何にしろ今日店頭に出ている分で全部だとしたら競争率は比較的高そうです。
 で、ムラサメさんは脚と頭部のフレームは組み立て済みで外装だけかぶせる仕様。ブレードが収納状態から刃の展開→基部の移動・展開までボタン1つで連続動作するのはなかなかステキですが、刃が軟質樹脂で開封した時点で曲がってましたがー。あと金色のパーツも軟質です。タテガミの白い部分はシール。

■作家の滝本竜彦氏が頭の中にレイという名前の脳内彼女を持っていることは、こないだのBS夜話絡みもあってそこそこに有名な話のようですが、ファウストの連載(人生相談)では脳内助手のアスカというキャラが登場しています、とか。
 あと私はBS夜話を見てませんが、これは「見られなかった」という方が正確ですが。BS、まるで遠い国の言葉のようです。いや実際英語ですが。

■相変わらずファントムキングダムのレベル上げ中。というかスタメンのレベル上げ以外の余計なことをしているので全然進んでないわけですが。クリアボーナスで戦車が出ないと思ってたら唐突に連続で出て4種類になりました。あとは2人目のマジシャンをウォーロックに転生させるときに間にヒーラーを挟んでメガヒールを継承させたり。
 で、敵にデスサーベルや戦車みたいな機動力のあるユニットがいない場合は、アウトレンジから魔法で撃ち落としていく戦法が結局一番効率がいいような気がしてきました。属性を選んでいけばレベルが同程度でも一撃で落とせるし。
 でも大抵のS・RPGは長射程攻撃で押し切る遊び方になってしまうので(例外:長射程武器を移動後に使用できないスパロボ)、効率より性格の問題のような気もします。


2005/04/02
■4月1日のネタはたいてい2日には撤去されてるわけで、見逃した物件が色々とあって、ううう。

■今週のTFGF:ベクターさんは真後ろから見ると何だかよくわからない形をしてますね。あと意外と珍しいコンボイ対メガトロンのガチ勝負で燃え燃え。今回のコンボイさんは会敵するなり即スーパーモードに合体したりしないでしばらくはノーマルモードなのがまた好みの展開。

■今週のSEED-D:岩風呂とかきつねとかルナマリ姉さん盗聴大作戦とかネタ満載でしたが、次回予告のモミアゲジュニアに全部持っていかれた気も。
 で、研究施設の調査にMSを出すことの是非はともかく、MSパイロット「だけ」でやる任務じゃないよなあ、とか思いました。先週のユウナといい今週のシンの口答えといい、駄目な発言のつもりっぽい発言の方が状況判断が適切という・・・。
 あとグゥルがあるなら先週使えよ先週、とか思いつつ、ちゃんと飛行できるMSに対しては運動性で劣るから移動手段としてしか使ってないってことなのかも、とか強引に思ってみたり。

 あとツバサの予告を見て声が全然違うとか思いつつ、シャオランがあの身長で以前の声だとそれはそれでアレか、とか思いつつ、SEED-Dと連続なので録画が面倒です。それと何故か『ふしぎ星のふたご姫』も見ましたが、プリンセスのおバカさんっぷりに頭がクラクラしつつお供の小動物がノーマッド声。

■今日は出かけたついでにヨドバシ行ってバイオメガラプトル購入。ムラサメと牛とサイはやっぱり完売っぽいです。さらにスターウォーズEP3関連商品の入荷に伴いゾイド新作の残りは平積みスペースを追われていました。
 で、帰宅したらザらスからバルタンさまが届いてました。

■でもってまずゾイド組みました。

 ムラサメの金色パーツはメタルプライマー→ラッカー塗料で一応塗膜は乗りましたが、簡単にはがれます。ぺりぺり。可動部ではないので触らないようにすれば何とかなりますが、こういう樹脂使うならパーツ段階で色分けしといて欲しいとか思わないでもないですがー。
 ラプトルもフレームはほぼ組み立て済み。可動範囲は広いけど足首が曲がらないとか微妙に詰めが甘いですが、まあその辺はまだ新カテゴリ1個目だし、とか。で、外装はぜんぶ軟質樹脂(材質表示は「合成ゴム」)ですが、こっちはラッカー塗料がムラサメの金色よりは食いつくので全面塗装もできなくはなさそう。

 まあそんな感じで、ゾイドジェネシスの新規設計アイテムは従来品より玩具・完成品寄りにシフトしてる印象です。

■でもってエクスプラスのバルタン星人さま。

 パッケージは小型化してますが中身がぎちぎちに詰まってて、ベムラーより大きいです。割と動きますが、ヒジを伸ばせないので素立ちは不可能。あと眼はクリアパーツの上からグラデ塗装してあります。
 左下のはついでに買ったマテリアルフォース。この素体タイプにもそれぞれ個体名がついてて、このライトブルーLサイズは「シエル」です。カレー。インド。

 で、このポーズも可能です。出来いいです。いい買い物しましたよ。というかケムラーはともかくバルタンくらいは一般流通に流してもいいのでは、とか思いました。


2005/04/03
■今週のゾイドフューザース:結局最後まで主人公が火事場パワーで何とかする展開かよとか、ベルセルクセイスモは乗ってる本人がちゃんと「格闘形態」って言ってるのに飛び道具ばっかり使ってるとか、あとブレードとリュックがやおい全開だとか突っ込みどころは色々ありますが、まあメカの動きは良かったかな、と。
 で、ゾイドジェネシスの予告に映ってたバイオメガラプトルが玩具版とほとんど別物だとか(玩具版は外装表面が生物的な形状ですが、アニメのCGは妙に直線的)ムラサメライガーも細部がかなり違うっぽいとかそういうところに目が行ってしまいがちなわたくしですが、とりあえずキャラデザは大幅にアップデートされているので内容次第で裏番組と競り合うこともありえますね、とか。

 響鬼はダブルライダー燃え燃え。今回のライダーは単独行動が長かったから、共闘も有難味がありますねー。あのバイクも装着変身に合わせたサイズのミニカーとか欲しいなあ、とか思いました。

■ファントムキングダムは6話突入。ようやくアーチャーが作成可能になったので、ついでに他のスタメンを転生させたりしてまた足踏みモードですが。

■で、今日は食玩ミニプラマジキングをようやく組み立て。塗装面倒臭かったですが、デカレンと違ってディティールや段差に依存しない色分けがほとんどないので、あれよりはマシでした。
 作業に入る前に同じ値段の300円ガシャが塗装済みで合体可能って話を聞いてモチベーションえらく下がったりもしつつ一応完成です。

 ↑分離時。マジフェニックス(赤)以外はあんまり動きません。玩具DX版の、ライブスーツと似ても似つかないデザインをおおむね再現しています。

 ↑マジドラゴン。しっぽは接地しなくても自立可能で、水平より上に向けても安定します。軽くて保持力も高いのがミニプラの強みですねー。あとマジフェニックスは尻のジョイントで固定されています。

 ↑マジキング。胸板が過剰に厚くて腕が貧相なのがちょっとアレですが、玩具DX版もガシャ版もプロポーションは軒並みナニらしいですが。脚はけっこう動きますが、腕は肩が前後に回るだけ。

■ついでに写真ネタ。天上天下の五十鈴さんは割と好きなキャラだったんですが。

 塗装はきれいなんですけど顔が、何か原型が悪いのか塗装がまずいのかわかりませんがどうにも微妙・・・。遠目に見るぶんには雰囲気いいんですけど。ど。

■あとユージン200円ガシャのクリムゾンティアーズ(元ネタはPS2用ゲームソフト)がフルコン4割引くらいで売ってたので査収。

 全6種ですが、うち4種、2種をそれぞれベース組み合わせてジオラマというかヴィネットというかそれっぽくディスプレイ可能です。値段の割にボリュームあっていい感じです。一部にABS樹脂使ってたり塗料のツヤが部分ごとに変えてあったり凝ったつくり。ただ等身高めで顔があんまりかわいい系じゃないのは好みが分かれるかもですが。
 この写真のベースは4人分ですが、手前に入る人は男キャラなので省略。出来はよかったけど、まあ。ちなみに残り2種は女性キャラ(手前2人のコスチューム違い)です。

 ↑サイズ比較用によつばを動員してみました。


2005/04/04
■今朝は架線にビニールが付着とかいう理由で電車がぐでぐでで混み混み。あとローレライ文庫2巻まで読み終わって箸休めに新耳袋を再読してみて、やっぱり怪異とか超常現象とかより人間のやることの方がずっと怖い、とかいうベタにも程があることを思いついてげんなり。

■ハガキ描いてるのでファントムキングダムは止まってます。最近どうにも時間が足りないような気がするわけですが。
 あと部屋のスペースも最近の買い物で臨界越えしたようでいよいよ足りない感じです。今欲しいものを聞かれたら鉄板で「部屋と棚」です。「時間と現金」でもいいけど。そういうわけで寝床の枕もとにSICのタイガとハカイダーと、あとバイオメガラプトルとかがいて微妙に夢見が悪そうです。次の週末にでも棚を整理しないと。
 そういえば4月の新番組の録画用にビデオテープ用意しないといけないんですが、これも場所取るし前に録画したテープを上書きしていかないとなので、潰すテープを選定しないとです。というか録画して保存しておいても再見する機会はあまり無さそうですが、いざ消すとなると未練が。

■ゾイド新作はバイオメガラプトルの方が個人的には満足度高かったというか、いじってて面白いです。ムラサメは、ここのところ電動タイプの大型機が4脚の肉食獣タイプに偏り気味だったこともあって新鮮味は薄いというか、デザイン的にも割と素直にブレードライガー直系ですし。
 まあ、今後はヘラジカとかクジャクとか妙なモチーフのアイテムが予定されているので、デザインにも幅が出てくるものと思いますが。でもあの棺桶かついだゴリラとか本当に出るんでしょうか。
 で、ラプトルはデザイン的にはゾイドの原点に回帰しようとしたら勢い余って原点を通り過ぎてしまった、みたいな雰囲気で、ゾイドとしてどうなのか、というのは判断が難しいところですが(アニメ版は面が直線的になったせいで違和感が軽減されてたけど)、とりあえず格好いいのは格好いいと思います。非人間型でフリーポーザブルなメカロボ玩具ってだけでもかなり貴重だし、動かして色々とポーズ付けてみると実に気持ちいいです。それだけに足首がほとんど動かないのが残念ですが。

■回覧の業界紙にボークスとオビツの裁判の判例が載ってたので読んでみましたが、まあ特に面白いネタはなかったですが。
 経緯を要約すると(以下の記述において、事実関係の認識が不充分な可能性があることは付記しておきます)、ボークスのドール用素体の生産についてオビツが下請けをしていたけど、オビツが似たような素体を独自に商品化したため喧嘩別れして、でもってボークスが裁判に持ち込む意図を示したために、オビツの商品を扱うとボークスに訴えられて面倒なことになるんじゃないかという話になって、問屋での取り扱いとか雑誌広告掲載を拒否されたからオビツが訴えたら勝訴した、という話のようです。ネタがドール素体という点以外は、不競法絡みの判例ではそんなに珍しくない話ですね。

 でもってドール素体そのものの類似性については裁判所は「機能から逆算すれば同じような形状なり構造になって当然」みたいなことを言って類似性については判断の必要がない、という判断をしてますが、この辺は玩具・模型方面から見ると引っかかる気がしないでもないというか、まあ裁判所のやることだし、とかいういつもの感想です。
 あと、ボークスはオビツとの下請け契約のときに、競合を明確に禁止するような項目を入れていなかったのがネックになったようです。オビツの素体がボークスのパクりかどうかという問題は置いておいて、とりあえずオビツがボークスと競合するような商品を出すことについては違法性がなかった(契約で禁止できていなかった)という判断がされています。なので、訴える根拠がないのに訴える意図を示したボークス側が違法という判決になった、ということです。
 だから結論としては事の善悪とかは判断されてなくて、要するにボークスが法的に詰めが甘かったということなんじゃないかと。ちなみに判決で指示された賠償金額は弁護士費用100万円を含む400万円(+利子)で、これはオビツ側の請求額の1/10以下です。私はドール素体の市場規模とか知らないので、この金額が高いのか安いのかは判断できませんが。


2005/04/05
■ローレライ読んで面白いんだけど重ったるい週間継続中。現在3巻の後半で、つまり●●が●●に●された辺りなので非常に鬱です。

■関西地区ではようやく今日の深夜(日付けとしては明日)に舞-Himeの最終回が放送されますが、皆様におかれてはいかがお過ごしでしょうか。私はネタバレ回避が半分がた失敗しました。

 ところで舞-HimeのPS2版は発表当初のキャラデザがいつの間にか全差し替えになってますが(原作と違うのは元から)、個人的には変更前の方が好みだったりするわけですが、とりあえずゲーム用主人公の存在と設定が好みじゃないので買う予定はありませんが。
 理由は色々ある、というか後付けの理屈はいくらでも書けますが、個人的に一番重要な理由だけ書くと「好みのキャラに関しては原作内のカップリングで満足しているので、ゲーム用主人公はむしろ邪魔」という感じでしょうか。要するになつきの相手は会長であるべきだと私は主張します。何かステルヴィアのときも似たようなこと言ってた気がしないでもないですが。あ、別に百合含み支援で言ってるのではなくて、舞衣の相手は楯だろうとも思う昨今。もっともロボ子さんはお嬢様と一緒というのがあるべき姿だとも思っておりますが。

 とか色々と文句を書いてみましたが、個人的にはそもそもこの原作なら無双系のACTにした方がよかったのでは、とか思った昨今。お姉チャンバラが2000円で作れるなら、7000円あれば充分なものが作れそうな気が、というのは素人考えですか。

■地元(厳密には大阪じゃなく神戸サンテレビ)でネットされてたので『エマ』観ましたよ。初回から地方UHF局名物「パリーグの中継延長で放送時間ずれ込み」が炸裂してあやうく見逃すところでしたが。で、とにかく緻密で背景とか通行人に視点を回すと疲れてくるくらいの密度でした。
 あと、エマさん(さん付けにするとゼータの人みたいですが)は眼鏡なわけですが、1話の時点で過去における眼鏡装備に至る経緯が描写されて、眼鏡が記号や属性にとどまるものではなくキャラの人格を構成する要素であることが示されている(ような気がする)のは大変よろしいと思いました。それと遠くがよく見えなくて眉を寄せて目を細めるエマさんが妙にツボに入って個人的にはいよいよ大変です。
 今後は色々と難儀な展開もあるらしいのであんまり萌えとか言ってる場合じゃなくなりそうですが、とりあえず優先的に継続して視聴していく所存。・・・それはつまり毎週パリーグの中継終了時刻をチェックしておく必要が生じるという話でもありますが。


2005/04/06
■当サイトは昨日で5周年となり運営6年目に突入することとなりました。これも皆様のご愛顧のおかげ・・・って昨日かよ! 素で忘れてました! まるでアホの子です!
 あと何か地元では今期の水曜深夜にアニメが6本くらい集中してるんですが、他の曜日はもっとスカスカなので少しは分散していただきたいとか思いました。そしてジンキは放送してゼノサーガはしないというのはABC朝日放送の宣戦布告とみなしてよろしいですか。

 ローレライは3巻終わったところ。山場です。

■バンダイPLAMO NETの4月期納品予定が更新されてますが、3月が山盛りだったせいかガンプラの新作は3種、うち2種は既出アイテムの装備変更という控え目な展開ですね(他に1/100MGのVer.O.Y.W.0079が4種あるけど、これは既出キットの色変えただけだし)。個人的には3月末に出費がかさんだので助かります。
 あと下旬にOVA版ガンダムWが1/144と1/100両方また再販。そんなに売れてるんならゼロ以外の機体もMGで出すとか新作のメカデザをカトキ氏に発注するとかしたらどうなんだ、とか思いましたが、要するにヒゲの再販はまだなのか、ということです。うう。

■通販サイト(あみあみとか)の予約リストにガンプラ5〜6月の新作が追加されてました。HGUCアッシマーやEXエグザス、HGグフイグナイテッド等もガセではなかったようで。1/144デスティニーはリストに上がっていないようなので、今出ている分が全部ではないみたいですが。
 グフはシグーに続いてコレクション飛ばして最初からHGでのキット化ということになります。なので、HGに対する1/144コレクションシリーズのポジションというのは、現時点では「HGでの商品化が厳しい機種のフォロー」というのはもう無くなっていて、「HG級のキットを買えない・組み立てられない子供や初心者向け」オンリー、ということなのかも。だとするとガンダムタイプとザクだけで一向にダガーとかウインダムとかムラサメが出ないことにも説明がつきますが。

■舞-Himeの最終回見ました(以下微妙にネタバレなので未見の方はご了承願います)。半分くらいネタが割れていたとはいえ、25話までああいう展開をしておいて最終話だけこれでもかこれでもかとベタネタを詰め込んだ話になっていたのはやはり驚愕でした。命のアレとか「まさかこういうオチじゃないだろうな」と思ってたら本当にそういうオチとは、恐ろしい子・・・!
 でもまあ、物語としての美しさや整合性を放棄してキャラをぜんぶ救ってしまった、という突き抜けっぷりはそれはそれで気持ちいいですし、幸福は物語より大切だという判断も人生に不要なものではないです。スーパーマンの映画の果てしなく理不尽な逆回転オチの中にも大切なものはあるはずです、とか妙なことを言ってみたり。
 大筋のオチに関して言えば、わざわざ退場させたキャラを復帰させなくても舞衣と命の2人だけで成立させることができる話ですし(というか勢ぞろいした皆さんが具体的に何もしてないのは勿体無いような)、例えば舞衣に後を託された命がでかいのとケリつけて1人で終わり、とかいう方がきれいな結末にはなったんじゃないかと思いますが。でもまあ「話に何の決着もつけずに、てきとーに人員整理して尺が切れたところで歌とか流して雰囲気で終わり」みたいなのよりは全然いいよね、とか。
 あーでもラスボス戦の最中に告白かましたりとか金色になったりとか大怪球(←違う)とか部分的に妙な既視感があったのは否定しませんが、そんなことはトゥリビアルなのですよ。たぶん。

 ところで昨日「舞衣の相手は楯だろう」と書きましたが、命の方がいいかも、とかあっさり思ったわたくし。いや「舞衣の恋愛の相手」ならやっぱり楯だろうけど、2人の関係の行き着く結末が恋愛なり結婚に限定されない自由度の高さが百合の魅力のひとつだと誰かが言ってたような気がします。というか本当は誰が言ったのかは覚えてますが引用が不正確でニュアンスが変わっている恐れがあるのであいまいに。


2005/04/07
■昨日の夜にナイナイのハガキ仕上げたので今朝投函するはずが、うっかり封書に50円切手貼ってました。投函する前に気がついたのが不幸中の幸いですが、昼休みに郵便局で30円切手買って投函。ふう。

■関西地区水曜深夜アニメ6本のうち3本録画して、時間の都合でとりあえずフタコイオルタナティブだけ見ました。で、ネット配信の予告ムービーで「どういうわけかミサイルや戦闘ヘリが飛び交う話になっているらしい」という事前情報は知っていたものの、さらに予想の斜め上を行かれたというか、いきなり輸送機内で謎の怪生物相手にロリ双子が拳銃やらロケットランチャーやらでガンアクションという展開に持って行かれました。その後も異様なハイペースかつ動きまくりかつちょっとバカっぽい展開ですごく楽しかったです。何か脇の男キャラが檜山声のヤクザとか蛇頭とかダーティーハリー(偽)とか無闇に濃いし。
 そういうわけで、2話以降で息切れしなければ今期最有望株の部類かと。

■ちなみに水曜深夜にはジンキもやってますが、このフタコイのほぼ真裏なうえに関東方面での評判が比較的ナニだったのでとりあえずパス1ですが、フタコイが予想以上だったのでパス2以降もほぼ確定気味。あとネギまは2クール目は作画にテコ入れが入って後半には監督も交代するとかいう話なので、とりあえず録画しときました。対処に踏み切ったのは英断だと思いますが、本当の英断というのは事が起こる前に人知れず済まされているものだという気もします。
 で、関西地区の木曜日は深夜アニメがほぼ皆無(厳密には1本あるけど、水曜にKBS京都が放送した番組を木曜に神戸サンテレビが放送、という重複パターン)なので、やっぱり分散させて欲しかったなあ、とか。
 あと設定だけ見て何となくスルーしたアクエリオンも出来よかったらしいので来週からチェック予定。


2005/04/08
■ハガキも出したし週末なのでファントムキングダムを再開・・・しようかと思いましたが、今日は沈黙の戦艦をやっているのでそれを見ることにしました。

 あとローレライ読了。題材が題材だけにラストがすっきりしません。いや面白かったし読む価値はあったと思いますが。

■帰りは梅田でヨドバシとか寄ってHGアビスとかDPSとかブギーポップの新刊とか買ったり。DPSは付録4コマに続いて本誌も増ページ+紙質変更です。モノクロの攻略ページは明らかにガサガサしてるけど、奴隷は以前と同じ紙なのがポイント押さえてある感じです。

■ところで敵陣営ガンダム3機のMA形態の頭部にはモノアイレールらしきスリットがあるのにモノアイそのものは付いていないのは結局何故なんでしょうか、とか。ガイアなんか黒い顔に黒いスリットが付いていて闇夜の黒牛みたいな顔になっている(ちなみに食玩G-FLEX2のガイアはこのスリット部分を、わざわざ黒いパーツの上から黒い塗料で塗装してありました。よく見ないとわからないけど)ので、モノアイつけたくないならスリットごと発光させればいいのに、とか思ったりもする昨今。
 というかガイアはデストロイと交代して退場するのが確定っぽいですが。あとルナマリ姉さんも先週余計な秘密を知ったりしてるから消されそうな気配もありますが、あの番組からルナマリ姉さんが退場すると男性向け萌え戦力がほぼ半減なので、そこまでの無茶はしないと思いたい昨今。

■ひろおか氏もクイズの出題対策で見ているという噂のネギまアニメ版の今週分を見ましたよ。ある意味最大の持ち味だった破滅的な寒さが大幅に改善されて、普通の萌えアニメになった、という印象。ただ、シナリオの原作からのアレンジ部分における整合性の乏しさは残存していますがー。何故その目的で原宿に行くかな、とか。でも目的を変えるための布石の入れ方とか、改善されてはいますね。
 まあ私は原作を単行本で読んでるくらいではあるので(CDは買ってないけど)、寒くなくなってよかったと思いますよ。

■家族が韓国製ドラマを見ていて、それを横で音だけ聞きつつハガキ描いたりゲームしたりガンプラ組んだりしていた昨今ですが、とりあえず韓国製ドラマで主人公クラスのキャラに同性の兄弟姉妹が存在している場合、それは恋人を奪い合う展開に持ち込むための布石とみて間違いないようです。3作品くらいしか見てないので信頼性は微妙ですが、でも見た範囲では全部その展開が入ってました。あと記憶喪失ネタも冬ソナ以外での使用を確認。
 まあ、最近日本に輸入されているドラマは冬ソナ支持層狙い=主婦向けだと思われるので、昼ドラみたいな愛憎がどろどろして糸を引くような展開に偏るのも当然といえば当然なのかも。ということで、昼ドラが好きな人には割とオススメかもしれません。


2005/04/09
■昨日はローレライ読んでDPS読んで4コマ読んでブギーポップも最後まで読んだので寝不足気味。

■今週のTFGF:最近は話の内容が週変わりになってる感じですが、スピーディア在住デストロンチームにおけるインチアップの役回りはケロロ小隊でいうとギロロ(=噛ませ犬)っぽい。

■今週のSEED-D:OP差し替え。タイトルロゴの後ろでフリーダムがポーズ決めてすっかり主役モードだとか仮面の中身とか青グフとかドムとかネタが山盛りですが、とりあえずカガリの服装はどうなのかと思いました。
 本編はとりあえず話が動いているので割と楽しかったです。あと流れ弾でヘリが墜落するとかいう展開かと思って焦りました。それとコクピットの装甲が割れて中が見えるという展開はランバ=ラルを思い出してしまいます。

■今週のツバサ:SEED-Dの流れで見たせいか、サクラと小狼が妙に初々しく見えて顔が緩んだり。

 あと録画しといた極上生徒会も見てみました。ゆるいというかぬるいというか、ぼーっと見る分にはよさそうですね。こういうのはこれはこれで好き。

■ファントムキングダムは6話で足踏み。うちわと磁石を拾ったのでようやくレッドアイドルがマナを貯められるようになりました。あとヒーラーもなかなかマナが貯まらないのでとりあえずマジシャンに転生しました。


2005/04/10
■久しぶりに缶チューハイ飲んだら酔いました。あと何かサンライズの公式にフリーダムの後継機の設定が載ってましたが、細部の形状はけっこう変わってるはずなのに全体の印象がほとんど変わりばえしませんね。それと商品化するときは金色をどう処理するんでしょうか。

■1/144HGアビス組みました。ほとんどの場合、1/144コレクションとHGは同じCADデータを使っているようで本体はほぼ同じ形で、武装や羽根とかだけボリュームが違うという感じですが、アビスの場合は槍とシールドとビーム砲がぜんぶ大きさ違うので見た目はほとんど別物です。

 ここまで極端なのは他にちょっと無いような。ちなみに色が違うのは塗ったせいで、成形色はどっちも同じです。

■今週のゾイドジェネシス:オタ的には顔見せだけの幼女が話題ぜんぶ持って行きそうな気が。木に登るときの動作があんまりかわいくないのがかわいいと思いました。
 表面にフジツボがびっしりついたゾイドを足踏みポンプで海中からサルベージとか、変わった絵で面白かったです。あと先週の予告だと敵の襲撃で家族が死んだりとかしそうでしたが、映ってる範囲では誰も死んでないようで安心したり拍子抜けしたり。
 あとゾイドのCGは形状もプロポーションも玩具版とはけっこう違う印象。玩具版のムラサメライガーはかなりゴツいですが、CGのはスマートですね。ムラサメは可動王みたいなフォーマットでCG準拠版も商品化してほしいなあ、とか。
 それと主人公の父親は老け顔だけど母親はむしろロリくさいと思いました。あとあの弟を妹だと勘違いしたり。

■今週の響鬼:ヒビキさんが苦戦するのと同時進行でスットコなことをやっている明日夢くんが相変わらず素敵です。

■ファントムキングダムは7話まで終了。アーチャーさまが戦車以外はほぼ一撃必殺に育ったので、マジシャンとセットで長距離攻撃で正面を打ち抜くような戦術になってます。


2005/04/11
■人生2回目の正露丸服用。今回は用心して2錠にしておいたけど効果は充分でした。あと朝に錠剤をつまんだ指のにおいが夜になってもうっすらと残ってます。あ、もちろん手は洗ったし風呂も入りましたよ?

■そういえば先週の金曜のヨドバシに寄ったときに大阪駅近くで、教祖か何かが先日つかまったあの宗教団体の、その教祖の説法みたいなものをスピーカーで流していました。
 この種の事件は被害者憎悪的な感情を誘導しやすいので、思ったことをそのまま言うのは少々危険な気もします。それこそ「あんなのを信じる方がどうかしている」みたいな考えは、要するに「自分はそこまでうかつじゃないから大丈夫」というのと表裏ですし。

■ヨドバシにゾイドのカノンフォートが再入荷していたので週末に組んで軽く塗って写真撮ってサーバに画像をアップしていたんですが、本文を書いて貼り付けるのを忘れていたので今日はそれを。ちなみに初回特典のカードは封入されていたので、初回が分納されたみたい。というかゼンマイ駆動アイテムのパッケージには初回特典封入を記載したシールが貼ってないんですが、特典そのものは入っているようです。

 小型機には珍しく、主砲の砲口は製品状態で開いています(副砲はピンバイスで掘りました)。数を作ってディバイソンといっしょに並べると格好良さそうですが、並べる場所が無いので一瞬で断念。
 ちなみにアニメ版ではオープニングを見る限りだとソードウルフ、ソウルタイガー以外の再販・流用機体は端役扱いのようで、そのせいか主役級の機体と比べるとカラーリングが兵器っぽいというかリアル寄りというか地味ですね。

■どうもPS2のガンダム1年戦争は出足が鈍いようで。元々ガンダム関連は時期や値下げ幅はともかく、値崩れそのものはほぼ確実ですが、今回はいつもより状況がまずいみたいですね(参考記事)。
 個人的には、今回のは特殊な操作系+ロックオンが手動ということで、買ってもまともに遊べるようになる前に挫折しそうです。なので半額くらいになってもスルーの予定。というか自分内部においてはオートロックオン機能の無い主観視点ACTは等しく地獄です。

■ファントムキングダム継続中。8話の1面は長距離主体で編成しているとかなり稼ぎやすいので、そこで逗留して足踏み中です。
 8-1はエクステンションが無く敵配置も固定なのでパターンに持ち込みやすいです。マップ両端の灯台を超級魔法またはチャージバレット1〜2発でつぶして(他の攻撃だと射程が足りない場合が多いです)、中央付近のシャドウは耐久力が低いので範囲攻撃を上手く使っていけば、1ターンでスコア1000出してクリア可能。もっとも敵がライフル装備のシャドウ+灯台で移動力が強化されたデスサーベルで逃げ場がほとんど無いので、1ターンで全滅できなければけっこうな被害を受けて稼ぐどころの話じゃなくなりますが。
 で、前にも書きましたが「味方で壁を作って敵を足止め」という基本戦術が使えないシステムなので、結局は射程と移動力が高くて先制できるユニットが有利、というか敵にそういうユニットが複数いるマップは精神的にかなり重圧があります。


2005/04/12
■自宅の庭にアスパラガスが2本生えています。

■今週のエマ:エレノアさんの攻撃力が予想以上。他にも妹とか色々出てくるので、西洋貴族金髪娘萌えな人が見たら死ぬんじゃないかと思いました。話そのものも面白いし、これはやはり原作読むべきですか。あと服装とか背景とか相変わらず細かいです。
 ところで個人的には『シャーリー』の単行本に入っているメアリ・バンクスが好きなんですが。

■ザらス限定TFビーストマシーンズ関連アイテ第3弾が、通販サイトでは16日から受注開始とのことです。けっこうペースが早いですが好調なんでしょうか。マテリアルフォース女性素体の肌色も同時受注開始なのでサーバの混雑はほぼ必至ですが、例によって「予約開始」じゃなく「販売開始」なら購入を試みる予定。
 ところで先月の第2弾は、何かシルバーボルトだけ速攻で完売していますね。他は第1弾も含めてぜんぶ在庫がありますが。

■ファントムキングダム継続中。8話終了しました。ヴァンパイアとプリニーは作成可能になっていますが、発売前から発表されていたバーサーカーを含む複数の職業が未登録。作成条件はネットで検索かければ一発なんだろうけど、ここまで自力で来るとせめて1周目終わるまでは粘りたいところです。
 で、プリニーは1000マナに見合う価値があるのか疑問でしたが、とりあえず「プリニー爆弾」は意外と強力。攻撃範囲がかなり広いのでザコの掃討に便利です。火属性なので相性によっては全然効きませんがー。スコップを装備させておくと見た目もラブリーで良いですね。上位ランクに転生させると変な色になるけど。
 あとキャラ作成時に星を複数継承させると転生に必要なコストが上がるので、マナを稼ぎにくい職業の場合は星より合計レベルでボーナスを増やした方が効率的なのかも、とか思いました。

 ところで戦車の名前の文字が欠けるという怪現象が発生して、バグが不安な昨今です。『シルヴァー ー』とか謎な名前の戦車を複数所有しております。あと戦車は育てるのがめんどいので使ってません。というか後で入手した戦車の方が初期レベルが高いから、今持ってる戦車の経験値を稼いでも無駄になる可能性が否めないのがネック。


2005/04/13
■花見というのが単に花を見るだけなら年に1回くらいは悪くないと思いますが、桜がたくさん咲いている場所はたいてい花を愛でている場合ではない感じになっているので、通勤途中の電車の窓から見える花くらいで妥協している昨今。

 そういえばkiller7の発売がずいぶん延びてますね。

WTMのモリナガ・ヨウ氏のイラスト解説単行本の申し込みをすっかり忘れていて焦りましたが、まだ期限には余裕あるみたいで助かりました。WTMについてはもう戦車はいいから解説書だけ欲しい、とか思っていたくらいなので単行本化はとても喜ばしいことです。

■ヨドバシ梅田でMMMGQインパルスが各種2500円でした。数量限定じゃなく在庫ぜんぶこの値段のようです。まあ主役機の合金トイなんかいずれ値崩れするのは必至なわけですが、まだ主役機交代も済んでない時期に投げ売りというのは比較的異例のような・・・。
 私はソードとブラストを各4000円(←それでも定価の3割引)で買ったわけですが、出来そのものは良かったし後悔なんか全然していません。全く。PS2版ギレンの野望とGジェネNEOを両方新作で買ったことと比べればこの程度、どうということもない。・・・とか無駄に古傷を掘り起こしてみました。いやアレは痛かった。
 で、今日はまだテラシェーバーも入荷してなかったし、週末までにそれと青ザク買いに行くので、その時点でまだ残ってたらフォースも買っちゃおうかなあ、とか。

 あと値崩れといえばガンダム1年戦争、今日はヨドバシでもタイムサービスで4980円でしたが、秋葉原では3980円で手に入るとか。

■あみあみでハセガワのテムジン747シャドウの再販予約を受け付けているので、例によって初回限定ではない模様。まあ需要があるなら再販するのはいいことだと思います。あと私はいい加減メッキシルバーのビン入りの入手をあきらめてさっさとノーマルテムジンの組み立てに着手すべきだと思いました。
 ちなみに現在の積み模型在庫はハセガワテムジンとBB戦士の魔殺駆、龍将飛将、ザッパーザク重装、殺駆三兄弟、あとDHM付録の1/400キハールといったところ。というか後半の人々は積んであること自体忘れてました。5月はガンプラ新作もけっこうあるし、早めに作らないとまた忘れそうです。

 あと、あみあみではタカラのマイトガインとマイトカイザーも予約受付してますが、これはどうも放送当時の玩具の復刻+マイナーチェンジのようで。

■ファントムキングダム継続中。9話の途中です。とりあえず職業1つ追加されました(雑誌とかだとまだ規制範囲のようなので、名前は一応伏せておきますが)。
 分類が「うちわ」や「フライパン」や「魔砲」等の武器は基本的にショップでの購入が不可能=確実に入手する方法が無いので、この辺の武器のウェポンマスタリーを上げるのはあまり実用的ではなさそうですね。レッドアイドルには磁石持たせてましたが、威力がどうにも貧弱なのでマジシャンに転生させたついでに魔法書のマスタリーを追加しておきました。
 で、現在はブルーアイドルで累積レベル100越えですが、同程度に育てたマジシャンと比べるとどうにもパワー不足・・・。そのぶん移動力高いから、それなりに使い道はありますが。


2005/04/14
■昨日ガンダム1年戦争が秋葉原で3980円とか書きましたが、昨日の時点で2980円まで下げてしまったショップがあったようです(関連記事←何かソースにしているサイトさんがいつも同じような気がしますね)。あと裏は取ってませんが日本橋の某所でも2980円での販売があったという噂。

■で、ヨドバシ梅田には珍しく今日(出荷予定日)の時点でガンプラ新作のイザザクとMG1年戦争Ver.が一通り入荷済み(HCMPは見るの忘れました)。テラシェーバーもあったのでそれと青ザク買って帰りました。GQフォースインパルスは迷ったんですが今日はスルー。でもやっぱりフォースが減るの早いというかブラスト余りそうというか。

 青ザクはやっぱり斧がちょっと小さいというか薄い気がするのでHG版のリリースを期待したいところですが、白ザクもHGは6月だし当分無さそうですが。それとガトリングの可動部にはポリパーツは入ってません。
 テラシェーバーはビーストモード→ロボットモードでのパーツ移動がちょっと面白いですけど、変形ギミックそのものはこの価格帯ではかなりシンプルな部類。ロボットモードの腰が妙に細いのが気になりますが、足首が直立状態より前に曲がらない(後ろには曲がります)以外は可動範囲広めです。個人的にはスネパーツが左右非対称なデザインが気に入ってます。

■ファントムキングダム1周目終了しました。もう一波乱あるかと思っていたら意外とすんなり終わったというか、ラスボス倒した時点ではこれで最後だと気がついていなかったわたくし。スタッフロールの後に“Good End”と表示があったのでいわゆるグッドエンドだったようです。下にノーマルがあるのか上にトゥルーがあるのか不明ですが。
 とりあえずスタメンは全員転生済みでランク3以上、レベルは50台前半といったところですが、全員でコンボを組んだらラスボスも一撃で済んだので、もう少し低いくらいが適正レベルなのかも。いや最終面だとザコ敵も平気でレベル70とかランク5とかなんですが。
 武器は結局魔法が一番使い勝手良かったです。転生で属性を増やさないと不便ですが。あとは剣が範囲攻撃可能で技の種類も多いので無難に使えます。
 建物はイベントで入手したレベル1の売店を最後まで使ってました。当然攻撃されると一撃で吹き飛びますが。あとレベル20の倉庫に二軍キャラを詰め込んでクリアボーナスでレベルだけ上げています。今回はこの方法でレベルだけは上げられるので、職業を増やすのが比較的楽でした。

 個人的にはシナリオのボリュームは、ラ・ピュセルやディスガイアと比べてもちょっと薄かったような気がします(ファントムブレイブは結局未プレイ)。中盤から終盤にかけては同じ大筋でもっと引き伸ばせると思うんですが。もっと伏線を増やした方がネタばらしが盛り上がったように思いますし。
 オチについては割と好み。あと個人的にはプラムよりアレクサンダーの方が萌え度高い気が。

 雑誌の攻略記事に追いつかれずに攻略本(完全版)も出る前に終わっちゃったのは少々予想外で予定外ですが、とりあえず当分はてきとうに2周目をやってみる予定。


2005/04/15
■グレートマジンガーに出てくる戦闘獣の名前が好きです。オベリウスとかグラトニオスとかズガールとかアルソスとか、名前だけ見てるとあんな珍妙な連中だとは思えません。あとグレンダイザーの円盤獣の名前も割と好きです。こっちはゴスゴスとかズメズメとかギルギルとかあんまり格好よくないけどそこがまた。
 でも「ベガ獣キングゴリ」はゴリライモとかブタゴリラとかソレ系のイメージが。

■どうでしょうの関西地区のアレはデパート物産展参加ということで。今までの地方巡業はどれもこれも行列とかえらいことになっているようなので、まあ会期の後半くらいに、仕事帰りに閉店間に合うようなら1回覗いてみるか、くらいの予定で。というか休暇取って開店前に並ぶとかしないとまともに買い物できそうにないしなあ。

 あとドラえもんは一応録画はしておきましたが、別に声が変わるくらいいいじゃん、とか思ってるので特に思うところはないです。あと関智一=スネ夫は、間にシノブ伝のサスケを挟んで考えれば特に違和感ない気がするというか、むしろ最近の関氏ってあんまりドモン系の役をやってない気が。

■例によって帰りは梅田でヨドバシとかいろいろ。MMMGQフォースインパルス買いましたよ。3つ並べると無駄な充実感があって楽しいです。ちなみに店頭在庫はまだ余裕ありそう。特売用スペースの他に本来のガンダム関連完成品売り場にも特価で積んであります。
 装着変身の新作は未入荷。あと電撃PS2が出てるものだと思ってたら4月は金曜が5回あるので刊行スケジュールが1週ずれ込んでました。

■『姑獲鳥の夏』の映画は前売りに豆本付きのがあるとかで気になってはいましたが、木場修が宮迫というのがやっぱり引っかかるなあ・・・とか思っていたら、『妖怪大戦争』では豆腐小僧が蛍原だそうです。・・・まあ、こっちはまだわからないこともないですが。
 あと姑獲鳥の原作は文庫の分冊版が出るそうで、そういうことは最初にやっておいて欲しいと思いました。魍魎以降も順次刊行予定のようで、魍魎は好きなので買ってもいいかも。あれ分厚くて読みにくいですし。

■以前『撲殺天使ドクロちゃん』の1巻を読んでどうもピンとこなかったわけですが、その後の推移を見るにやはり内容には問題がないようで、ならば私にこれがわからないのはつまり私のクンフーが足らんということなのでさらなる修練が必要であろう、とか妙なことを考えつつ2巻を買おうとしたら梅田のとらのあなには4巻と5巻しか無かったので、4巻を買ってこないだ読みました。いや、オタクでなおかつ感性なり価値観が硬直しているというのは人としてこの上なく終わっているような気が、何となくしたもので。
 で、結果ですが、普通に面白かったです。読んでいて特に違和感はなし。1巻のときより文章がかなり読みやすくなっているので、前に読んだときはそこで引っかかったのかもしれません。ただ個人的にはドクロちゃんに萌えるのはやっぱり難しい感じですが、脇役の南さんが割と良かったのでまあいいや。
 ・・・でも、ちょっと前に書店でもらった電撃のフリーペーパーに載っていた漫画版ドクロちゃんを読みましたが、あれは難易度がさらに高い印象で・・・。とらに単行本の試読サンプルがあったので眺めてみたけど何か白かったです。

 あと時雨沢氏は小説はあんななのにあとがきがアレでずいぶん極端だなあ、とか思いました。


メニューに戻る

inserted by FC2 system