雑記 2005年4月後半分

2005/04/16
■ネタがかぶるのは予想通りでしたがリアクションまで同じとは。いや、3時間はキツいですね。

 今日はザらス通販で肌色ミクロ素体確保。あとビーストマシーンズ(BWリターンズ)の新作は今回は予約じゃなく販売開始だったのでメガヘッドメガトロンを購入しました。例によってコンビニ支払いにしたので、たぶん届くの1週間後くらいですが。

■今週のTFGF:時間なくてまだ見てません。あとバジリスクも録画してあるんですが未見。あう。

■今週のSEED-D:ようやくシンとステラの話が動き出したと思ったらラクスの奇行が大炸裂。あとミーアがいやなアイドルみたいなキャラになっているというか、明らかに本物の引き立て役にされてしまっているのがちょっと不憫でした。胸では勝ってるけどな。
 EDも差し替えになりましたが、何気なく死人が何人か混ざっているので一瞬焦りました。

 あと予告がエウレカセブンの番宣で尺を削られてましたが、バンダイが商品展開に力を入れているっぽいのに、ずいぶんとまた微妙な時間帯ですね・・・。他のバンダイのスポンサー番組との重複を避けた結果なのかもですが。

■で、1/144スラッシュザクファントム組み立て。

 ↑左はモビアク版。解釈がけっこう違います。今回もスラッシュ装備の追加パーツは本体色と同じ水色なので、塗装はそれなりに面倒臭いです。

 ↑武装の比較。上がプラモデルで下はモビアク。両手斧はほぼ同じ大きさです。ちなみにライフルと片手斧はモビアクの方が1/144より明らかに大きいですが。あと、モビアクのガトリング砲基部はボールジョイント接続。プラモは軸だけです。
 やっぱり本体に対して斧のボリュームがあるモビアクの方が、ケレンが効いてて格好いいかなあ、とか。今後HGか1/100が出ることがあれば、そっちの斧はこれよりは大きくなると思いますが。

 ↑HGザクに1/144のガトリングとモビアクの斧をセットしてみました。ブレイズやガナーと比べるとバックパックはボリューム小さめです。

■あとMMMGQを3種揃えたので写真撮ってみました。

 この調子だとシンはもうソードとブラスト使わないまま乗り換えそうな気が・・・。


2005/04/17
■昨日の夜から今日にかけてTFGFとアクエリオンとツバサとバジリスクとエウレカセブンとマジレンジャーと響鬼とゾイドを見ました。はふう。で、その辺も含めて今週(先週ですか)分の感想とか。

 ・TFGF:脅威の4エピソード同時進行。デモリッシャーの判断の早さとか突っ込みどころもありますが、2輪・3輪コンビの悪バカっぷりと天然眼鏡のスズキ教授で満足しました。うやむやになったのかと思っていた軍人の人も再登場したし。あとジャックショットがいきなりフレイムコンボイにケンカを売ったのは笑えるというか笑うしかないというか。
 ・アクエリオン:絵はよかったけど話がわかりませんでした。この水準を維持できるなら話がわからないままでも割と楽しめそうですが。
 ・バジリスク:濃くて面白かったです。何か今期は作画の動きとかが良好なアニメが多い気が。
 ・エウレカセブン:プロデューサーの人が妙な発言しているもんだからどうせまたいつものアレかと思っていたら、SEED-Dとは見事に逆方向の話で面白かったです。キャラの表情がよく変わるのがいいですねー。
 ・マジレンジャー:TFGFに続いてこども番組眼鏡強化週間←嘘。助けに行く前に変身しておけとか思いましたが、あの緑色の兄貴はバカで良いですね。
 ・ゾイド:バイオラプターとバイオメガラプトルは違う機体ってことですか。あと幼女ヒロインが炸裂。ところでゾイドジェネシスは主題歌が2曲とも内容と全然合ってない気がしますが、フューザースはそれ以前に何か変な歌だったのでいくらかマシかも。
 ・ネギま:・・・作画が微妙にトーンダウンして、シナリオのアレンジも微妙な感じに・・・。
 ・こいこい7:関西地区では1分のズレもなく極上生徒会の真裏。絵があんまし好みじゃなかったので来週以降はパスします。

■ファントムキングダム2周目やってます。フリーダンジョンが作成にマナを消費して使い捨て、かつ中断セーブ不可能という仕様は、まとまったプレイ時間がないと厳しい気が・・・。あと今日はダンジョンに2時間くらいもぐってたらリードエラー起こして死ぬかと思いました。どうにか復帰しましたが。PSはディスクトレイを開いてもリセットされないのが便利ですねー。
 あと某隠しキャラとの遭遇が可能になりましたが、レベル250で能力値が全て数千なのでまるで勝負になりません。

■積み在庫のハセガワテムジンに着手。今度747のフォース仕様が出るそうで、私はマーズ仕様よりあっちが好みなので、手持ちのマーズ仕様キットはデカール貼りの練習台ということにします。で、とりあえず本体の塗装と組み立てがおおむね終わりました。つまりデカール関連は全く未着手で勝負はこれからです。
 組み立てについては、内部フレーム等は無いのでガンプラの1/100MG級よりは楽だと思います。


2005/04/18
■>「生暖かく見守る」
 これは、まあ、「メガネスキー」とかと同じで割と簡単に思いつく言葉なので、特定のオリジンはなくて何となく同時多発したのでは、とか。というわけで特に出典はないです。あと私は前にアキバblogさんから秋葉原の職質ネタも引用しましたよ?
 それとフィギュアとプラモは違うというか、最近の用法だとプラモがフィギュアに含まれる感じですが。

 ・・・とか、この雑記の頭にそれだけ読むと唐突なネタがあった場合は、とりあえずひろおか氏の雑記に関連している可能性が高いです。

■ヨドバシ梅田で装着変身のイブキ購入。肩幅がやけに広いのが個人的には好みでないのと鬼笛の大きさが半端じゃないですが、それ以外は良好な出来でした。顔の正面にはシルバーが濃い目に吹いてあって、ヒビキとはちょっと印象が違う仕上げになってます。
 あと平積みコーナーにSICの牛虎セットが1個だけ置いてありました。3割引で。ヨドバシ安いね・・・。うう。それとMMMGQインパルス投げ売りは全種残ってましたが、意外なことにブラストだけ激減していて、(今出ている分しか在庫が無いなら)近いうちに完売するかも。青と赤は同じくらいでまだ多め。

■ジョジョの第5部は文庫が初読みだったので気がつかなかったんですが、倫理規制のせいと思われるセリフの差し替えがあったようです(ソース記事)。この手の規制は表層だけとりつくろうような感じであまり意味が無いというか逆効果な気もするわけですが、今回についてはコードに合わせること「だけ」が目的のように見えるというか、あるいは荒木氏(または編集者)が抵抗と駆け引きの果てに持ち込んだ落としどころなのかもしれませんが、とにかく結果としては変えた意味があったのか果てしなく疑問な仕上がりですね。語呂が悪くなっただけで罵倒としての破壊力はむしろ上がっているような。
 文庫版5部の1巻(通巻で30巻)のあとがきも微妙に引っかかる(額面どおりに受け取れない部分がある)内容でしたが(具体的にはリンク先の記事を参照)、この件も無関係ではなさそうですね・・・。

 あと規制によるセリフ差し替えに関する最近の事例として、漫画家のおりもとみまな氏が角川書店の内部規制に合わせて単行本のセリフを変えられたそうです(氏のサイトに修正前後の変化が画像付きで対比されています。サイト内にリンクに関する記載が見当たらなかったので張ってませんが)。まるで意味が通じなくなった変更もあって、やはり「クサレ脳ミソ」はそれなりに踏みとどまった結果だった模様。
 そういえば大塚英志氏がサイコのせいで印刷機が止まったことがあったって言ってましたね。あれは言葉がどうとかいう話ではないですが。

■昨日ハセガワテムジンの組み立ては1/100MGよりは楽、とか書きましたが、難易度で言うとテムジンの方が難物です。MGはギミックが多くてパーツ総数も多いから手間はかかりますが、説明書どおりにパチ組みしても割ときれいに仕上がります。何だかんだ言ってパーツの精度や組みやすさ、可動部の強度に関しては、バンダイの経験の長さは伊達ではない、という感じでしょうか。
 でもハセガワのテムジンも可動キットとしてはVF-1に続いて実質2作目なので、その割には出来いいです。組み立ての難易度を高めに設定したことによるメリットもありますし。例えばクリアパーツは、ガンプラならスナップフィットが絶対条件なので固定用のピンがパーツ裏に付く→外からもピンが見えてしまうところですが、ハセガワでは要接着にしてしまうことで完成後の見栄えは向上しています。それに、あんな全身に何百枚もデカール貼らないと見本と同じ仕上がりにならないものは、そもそもバンダイだと企画が通らないだろうし。


2005/04/19
■別に結城心一氏のサイトにコトブキヤの綾香+葵に眼鏡つけた写真があったからってあっさり欲しくなったりはしていませんが、実はセリオは欲しくなってきた昨今。ちなみにあみあみでは一次出荷分は予約完売済みです。委員長を越える速度で完売。

■前に吉田戦車氏の『殴るぞ。』の6巻を買ったときに「そういえば5巻を買った記憶がないな」と思ったのを思い出したので5巻を買って、ついでに他も再読中。ギャグを専門に描いて(または書いて)いる作家さんというのは経歴が長くなると枯れるか壊れるかするものだというのが相場のようですが、吉田戦車氏の漫画は相変わらず健康的に不条理で面白いです。
 私が最初に読んだのは『伝染るんです。』の3巻(←半端・・・)でしたが、装丁がハードカバーでけっこう高かったので当時としては買うのが大変だった記憶が。あとアレの単行本は意図的に落丁っぽいデザインが入っていたりして愉快な装丁でしたよ。

■今週のエマ:インド人は速攻を尊ぶというお話。あとエマさんの感情を表に出さないようにしようとして失敗気味の表情が大変よろしくて悶死するかと思いました。原作もさらに気になってきましたが、とりあえずアニメ版を先に見ることにします。
 そしてあの舞台設定にインド人が出てくると小公女セーラを思い出してしまうわたくし。

■ファントムキングダム2周目もっさり進行中。8話まで戻ってきたので、転生を絡めた育成がようやく再開可能に。あと2人目の隠しキャラの出現条件をクリアしてイベントで大笑いしましたが、例によってレベル差が激しいのでまだ戦っていません。
 ラ・ピュセル以降常に存在していた武器成長システムが今回は無いので、ショップで買える武器が打ち止めになってくると装備強化は運次第(星のついた武器をボーナスで拾えるかどうか)になってきますね。今のところ私が持っている中では星が4個ついた虎徹がダントツに最強です。攻撃力800くらい上がります。防御は200以上落ちるけどな。

■ところで先日話題にしたパソゲーの『らぶデス』ですが、ちょっと前に公式サイトが更新されて18禁パートの全貌が明らかになっていましたが、・・・主人公はかなりネジが外れているようです。というかジャンルはエロゲーというよりバカゲーのようです。萌えがどうこうよりネタとして楽しそう。

■ミクロ素体肌色版は肌が黄色っぽいとか血色が悪いとか評判で入金前からテンション下がり気味の昨今ですが、でもどのみちプラの地のままだと質感がちょっと変なので塗りなおせばいい、とか思い直してみました。
 ・・・って、塗るんなら最初から肌色じゃなくてもいいじゃん、とか思われそうですが、関節まわりや手首等の塗装できない、あるいは塗装がはげやすい部分は、きれいな肌色じゃなくても肌色に近い色の方が好ましいわけで。
 それに私の環境では、どのみちマテリアルフォースは通販で買うしかないしね・・・。


2005/04/20
■昨日の訂正
    ×:『殴るぞ。』
   ○:『殴るぞ』
 あと、再読していて和歌子は最初から出ているけど麦次郎は2巻の途中まで出てこないことを思い出しました。個人的には犬の話が好き。犬と「主人の奴」のキャラデザを変えれば普通に萌えられそうな気もするのですがどうでしょうか。←でしょうか、じゃねえよ。

■今日は珍しく日本橋方面に寄り道しましたが、メロンブックスに行ってみたけどサテライトハウジングのCD-R版がありません。あう。しののぬとか製麺機はあったんですが。
 あとコトブキヤのセリオさんが2割引で売ってるのを見つけましたが、5分ほど迷って結局買わずに撤退。出来は良さそうな雰囲気でしたが、予算とか置き場所とか・・・。あとマルチさんは売っていたけど見ていません←おい。

 それととらのあなで何故か電撃の誌上通販のアニメ版ニニンがシノブ伝ムック本が売っていて、値段の割に妙に薄かったけど今後これ以外の資料本が出る可能性も低そうなので一応買っておきましたが、この薄さで中身半分以上モノクロかよ! 提供表示のバックに写っていたイラストも未収録だし! ありえねー! とか思いました。
 ・・・まあ、巻末に漫画も付いているし、ファンなら買ってもいいかもです。それに店頭で買えば送料と雑誌代の分だけ得ですし・・・←よかった探し。

 ちなみに数値的なデータを付記しておくと、B5版、カラー10P・モノクロ40Pで表紙はカラー(ただしカバー無しの装丁)、店頭価格税込み1260円。内容的にはオフィシャルな資料ですがコストパフォーマンスは同人並みですね。はふう。

■今週のまほらば:というか地域によっては先週末放送分。シャイなあの娘をオープンハートな話だったわけですが、主人公は相手(のメイン人格)のことが好きなだけだし他の連中は単に相手にされたいだけ、みたいな描写なので、結果として相手を病人なり弱者として扱うような話にはなっていないのが見ていて気持ちよかったです。絵本の話は唐突な気がしましたがー。あと当初の目的を見失って延々と猫遊びを続ける内職母子がラブリーでした。
 それにしても設定が微妙な割には、全体に引っかかるところがない(つまらない、ということではなく、「製作者的にはいい話のつもりらしいけど、配慮が足りていないのでかえって気持ち悪い」みたいな話にはなっていない、ということで)いい話になってますね。最初は登場人物の設定的に「萌えの皮をかぶった病んだ話」という事前認識で見ていたので違和感ありましたが。

 それと今週はバジリスクがアクエリオンと1分もずれずに真裏だったのでとりあえずバジリスクを切ったんですが、調べてみたら来週以降もこの編成で、どうもバジリスクが1話だけ移動していたみたい。
 現在うちにあるビデオデッキは3台ですが、うち2台は録画するとノイズがひどくて「とりあえず話の筋は追えるけど、声は割れるし画面は半分くらい砂嵐」という感じなので、重複するとまともに見られるのは片方だけでして、ううう。
 今更VHSのデッキ買い足すくらいなら無理してでもDVD+HDDレコーダ買った方が良さそうな気もしますが、そんな予算も無いのでとりあえずダメモトでヘッドクリーナーでも買ってみようかとか思いつつ電気屋に行ったときには忘却の彼方、ということを繰り返して既に数ヶ月です。←というかそれは単にアホだ。

 そういえばドラえもんのリニューアル初回も見ましたよ。普通に30分だと思っていたので後半切れてましたが。個人的には声がどうこうより野比家の間取りが原作準拠になっていた(のび太の部屋の入り口が引き戸から扉になっていたり)ことの方が印象的でした。
 あと最初に『お座敷釣り堀』の話(=ドラえもんがのび太を抑えずに2人でノリノリに遊びまくったうえに最後はしずちゃん風呂オチ)を持ってきたのは意図的なものなんでしょうか、とか。そういえばぼくドラ創刊号付録DVDに入っていたパイロット版もこの話でしたが。

 さらにアニメつながりですが、エウレカセブンはTBSとMBSでは深夜枠で再放送があるようです。これで本放送を見逃してもリカバー可能&時刻表示テロップの無い状態を視聴可能ですが、この手の再放送は本放送より先に最終回になることも多いので油断できませんが。

■あみあみでゾイドとモビアクの6〜8月の新作が予約開始です。とりあえずゴリラとパンダは発売確定+ムラサメライガーUも8月予定とのこと。パンダのゾイドって売れるんだろうか、とか心配になりましたが、ゴリラは定価5040円(予価・税込)でパンダは1575円とのことなので、むしろゴリラの方が心配かもしれない。そういえば5〜8月に予定されているアイテムは全て新規設計(ムラサメUはムラサメの流用と思われますが)で、旧シリーズからの再販が無いです。個人的にはさっさとシーパンツァーを(以下略)。
 モビアクはデスガンが「デスティニーガンダム(シン・アスカ機)」という商品名で登録されていて、これは単に主役の機体だという程度の意味なんだろうけど、でもひょっとしてシン機以外のデスガンが存在するのかも、とか邪推できなくもないですね。案外第3期EDに映っているプロヴィデンスっぽい機体がデスガン2号機なのかも、とか、言うだけならタダですしー。
 あとデスガンとスーフリは定価1680円(予価・税込)ですが、名称未定の新型(「アスラン・ザラがセイバーからのりかえる」とのことなので、例のナイトジャスティスのことかと)は2100円なので、何がしか特殊なギミックが付いているものと思われます。

 それと、海外製のヘルボーイ原作版18インチフィギュアも予約開始していますが、全高45センチという異常な巨大っぷり+現物の写真がないのでうかつに手を出しにくいです。個人的には劇場版より原作版の方が好みだし、価格も大きさからすれば安いので気にはなるのですが。でも45センチは・・・。1/12スコープドッグより余裕で大きいよ・・・。
 というか原作版で普通のサイズのが欲しいです。前に出てたらしいけど。


2005/04/21
■前にザらスの通販での予約商品の決済にはカードかオンライン商品券しか使えない→カードを持っていないならオンライン商品券が必要、という趣旨の発言をしましたが、確認してみたらオンライン商品券はカードでしか買えないようです。そういうわけで訂正します。
 ・・・って、つまりカードを持っていなければザらスでの予約商品の購入はほぼ不可能ということですか。はふう。というかザらスの通販はザらス限定商品を予約に出したり個数制限付けなかったりするのはどうなのか、とか思わないでもないです。

■そういえばフタコイは珍しく関西地区の放送が関東より先行するスケジュールになっていますね。ということであまり感想とか書かない方がいいかもしれないと思いました。
 あと関西地区の水曜深夜はフタコイ以外にもアニメが5本くらいあるわけですが、昨日書いたように私はまともに録画できるデッキを1台しか持っていなくて、なおかつフタコイは放送時間が一番遅い(厳密には裏に重なっているジンキの方が終了時刻が後ですが)ので、つまりフタコイを録画したうえで保存するとなると他の5本は全部切るしかないというスケジュールです。というか今週は切りましたが。

セガトイズから家庭用の光学式プラネタリウムが発売になるそうです。思いつきで買うには少々高いですが、PSPと同じくらいの値段だと思うと安いですね。
 でも例えば、6畳で蛍光灯が吊り下がっているような天井でこれを使って満足のいく結果が得られるのかどうかには、不安がありますが。が。やはり発売後に買った人の感想とか調べてから行くべきか←他力本願。

■ファントムキングダム2周目ぐなぐなと進行中。とりあえず間にマンドラゴラを挟んだ転生で「経験値+」と「マナ+」のスキルを追加中です。主力キャラはランク5に転生してもまだマナが余り気味なので、他の職業を経由して能力補正系スキルを色々と追加していますが、けっこう時間かかりますね。
 あとマジシャンやアーチャーでも「こいつらにもマンドラゴラだった前世があるんだよな」とか思ってしまうと微妙に萌え度ダウンです(自業自得)。


2005/04/22
■頭の中でニャホニャホタマクローの歌が流れ続けています。

■NODA-YAでSICデルタ&カイザ予約開始していて(今日の午前中には締め切った模様。ちなみに私はスルーしておきました)、つまり発売決定です。この2人がセットということは、他の人々(主にオルフェノク)の商品化の可能性が極めて薄くなったということでもありますが。
 あと地味なネタですが、あみあみでモビアクのウインダム一般機を予約開始していました。8月予定。個人的にはネオ機よりこっちが欲しいので、発売決まったのはうれしいです。定価がネオ機より低くなっているので、バックパックは付属しない模様。

■ヨドバシ梅田にはモビアクのアッシマーはまだ入荷してないっぽいので、買う予定の1/100白ザク(入荷済み)も明日に回すことにしてさっさと帰宅。というか浅井氏のフィギュア(が付いている雑誌というか、フィギュアに雑誌が付いてるというか)が明日発売なのでどのみち明日は買い物に行く運命です。とかおおげさに。
 あと何か電撃PS2が安くなっていましたが、今月の付録は体験版じゃなく映像DVDです。ちなみにプラケース入りで別体になっているので、たぶんほとんどの書店で立ち読み不可かと。

■天上天下の13巻で凪が15歳というセリフがあって一瞬かなり意外に思いましたが、1話で高校に入学して作中時間ではそれからまだ数ヶ月しか経ってないから実際そんなもんですね。真夜が五十鈴と戦ったときの骨折もまだ治ってないし。作中ではともかくリアルだと何年前の話ですか。

■今更ですがマリみての原作に挑戦。何しろ既刊が20冊越えているし、初期と最近ではけっこう雰囲気が違うという話もあるので、とりあえず最新刊の1つ前という半端なところに手を出してみたらこれが短編集みたいな感じの番外編でした。単独でも読みやすいといえば読みやすいんですが、主要キャラの出番が少ないせいか萌えとしては弱いというかあまりピンと来なかった感じです。
 やはり1冊だけ読んで判断するには比較的無理がありそうですが、買い揃えると出費も馬鹿にならないので当面保留。

■ところでSEED-D第3期EDのデスガン、プロヴィデンスっぽい機体とインパルスが並んでいるカットからして、シンとレイとルナマリ姉さんがこの3機に乗る、というシフトで落ち着きそうですが、だとすると機種変換が済んだらザクの出番が激減する、ということになりますね。いいのか。


2005/04/23
■頭の中でニャホニャホタマクローの歌が止まりません。

■今週のTFGF:ライガージャックのアレは「別の形態を再スキャン」みたいな感じで割と筋の通った表現になってましたね。もっとやっつけで変身するかと思ってました←おい。

■今週のSEED-D:ミリアリアの帰還は、あれでアークエンジェルの人々がもっと明確な目標を持っていれば燃える展開なんですがー。あとディアッカふられたのか。

■今週のツバサ:知世とクロさんのやりとりが萌えました。

■今週のふたご姫:ああいう頭のゆるいキャラは割と好物なので今後もチェックしようかと思いました。

■で、今日はヨドバシ梅田に行ったらアッシマーは山積みだったので無事確保。あと1/100ザクファントムと、食玩ミニプラのウルカイザーがあったのでそれも購入。あとフィギュア王を探して書店をハシゴして疲れました。それとヨドバシではついでにビデオのヘッドクリーナーとCD-Rとか買ったので荷物が重くてげんなりしました。

■でもって今日はザクの組み立ても進めつつ、とりあえずウルカイザー完成。

 やけにマッシブでずんぐりしていたマジキングと違って、スマートで格好いい系です。分離時のウルザードの可動範囲はマジフェニックスと同じ。ウルカイザーは、脚部は変形ギミックのせいで構造に余裕なさそうな割にはよく動きますが(でも股間にボールジョイント入ってないのでそれなり)、腕は見事に棒です。ここは変形時にもほとんど動かないので関節入れられそうなんですが。

■アッシマーはものすごく出来よかったです。頭と腕の黄色い外装、あとスネとモモがABS樹脂製で、他のモビアクとはほぼ別物な出来です。変形時にパーツを固定するギミックも入っているし、パーツの精度が高くてきれいに変形できます。

 ↑あとMA形態用のスタンドをMSに使って浮きポーズも出来なくはないです。ほぼ仰向け姿勢になりますが。

■それとフィギュア王付属の浅井版キューティーハニーも普通に出来いいです。パーツの表面にスというか微妙な凹凸が入っちゃってる部分があったけど、髪のメタリック塗装はきれいです。

 ↑頭は天獄の砂姫さんとほぼ同サイズ。ただハニーは首が固定なので無改造での交換は不可能ですが。腕は上腕、ヒジ、手首の3箇所で可動して、動かしていると意外とポーズに幅が出て楽しいです。

 個人的には製品版も浅井版は欲しいなあ、とか思ったりですが、唐沢なをき版はともかく残り2種は正直全然欲しくないので箱で買う気はしませんが。

■あと雑誌部分ですが、前に買ったとき(銀色コンボイが付録の号)よりはずいぶん印象良かったです。TFのページでライガージャックを2つ使ってコンボイの両腕に装備した写真があったのが個人的にツボでした。
 でもこの雑誌、何かコラムが異様に多い気がします。


2005/04/24
■所用で外出して、地元の駅前で2回もスポーツカーを見かけて珍しいとか思った一日。あの居住性とか燃費なんか二の次という攻撃的なフォルムは周囲の風景から浮いていることこの上ないし、あえてアレに乗るメリットというのもあまり無さそうですが、でも現物を見ると格好いいのは格好いいです。

■今週日曜のアニメとか:響鬼とゾイドだけ見て、残りは時間の都合で後回し。ゾイドは2話連続で戦闘の途中で終わったのでこれがフォーマットなのかと思っていたら、3話は普通に話の切れ目で終わりましたね。とりあえず今週で導入編が終わり、みたいな感じです。
 あとフィギュア王にも5月の新作の写真が載ってましたが、クジャクはともかくヘラジカは、えーと、その。

 それとフィギュア王つながりで、タカラの1/48スコープドッグの写真もありました。まだ試作だと思いますが、とりあえず最初に出回った写真にあった太股の内側の肉抜き穴はちゃんとふさいであったので一安心。

■で、1/100ブレイズザクファントム完成しました。ちなみにハセガワテムジンはまだデカールが貼れる状態になってすらいません。

 胴体の薄紫の成形色は1/144と同じですが、赤味が強いのが好みじゃなかったのでてきとうに調合して塗りました。ブレイズウィザードは側面についているノズル以外はほぼパーツ段階で色分け済みで、ミサイルランチャーの開閉の他にノズルのフィンとか中央のスタビライザーとかがポリキャップで可動します。
 本体はおおむねザクウォーリアと同じですが、シールドが増えてバックパックも大きいのでボリューム増えてていい感じです。

 ↑赤ザクとの比較。定価が300円上がっているのが妥当かどうかは判断しかねますが、とりあえずマスボリュームは増えてますね。
 あと、ザクファントムはシールドが増えたので、シールドの裏に付くビームライフル用カートリッジもそれにあわせて追加されています。でもビームアックスは1個のみ付属。


2005/04/25
■今日のJRの事故は信楽の事故より被害規模が大きいようで、再発防止を切に願うものです。

コナミがタカラの株を売却したそうです。売却前はコナミはタカラの筆頭株主だったわけですが、何か玩具とか食玩とか部分的に競合していたような。
 ところでアトラスってタカラ傘下だったんですね。知らなかった。

■昨日の響鬼には唐突に弾鬼さんが初登場でしたが、装着変身の「仮面ライダー響鬼3人目(仮)」はこの人なのか轟鬼なのかが気になる昨今。

■エウレカセブン1話(再放送)→2話と連続視聴。ロボはよく動くしキャラにも感情移入しやすくて面白いです。脇役がまた素敵だし。特にじいさんが。今のところ全50話の予定だそうで、(打ち切りがなければ)これが1年見られるというのは楽しみな話です。
 最初のアクションフィギュアが7月予定と商品展開はスローペースですが、ニルヴァーシュ以外の機体も出るようなので期待しています。プラモデルは・・・とりあえず希望号より可動範囲が広いといいなあ。

■ガンダムオリジン9巻読みました。連載は読んでいないのでガンダムエース表紙の「子供シャアとセイラの背後にガンタンク」という構図の絵は一体何なんだと思っていたのですが、本当にそういう話で驚愕。あと若い頃のランバラルが萌えキャラでした。ブライトといい、オリジンは男の方が萌えます。
 他にもサスロ・ザビの話とか生前のジオン・ダイクンの話とか、色々と面白かったですよ。

 で、あの時期にガンタンクが配備されていたということになると設定オタ的には比較的面倒な話ですが、オリジンはそういう見方をする話ではない気もするけどあえて解釈すると、オリジン版ガンタンクはコアブロックを積んでいないし構造的にも戦車に近いみたいなので、V作戦とは無関係に戦車から派生した機体、とも考えられます。ただ、対戦車戦を想定するならあの無闇に高い車高や人型の上半身はデメリットの方が多そうです。
 もっとも本編中でのガンタンクの運用を見るにアレは暴徒鎮圧とかの示威行動を目的にしたもの、とも考えられるので、威圧効果を狙ってああいう外見にした、とも考えられなくはないです。その用途ならあの大砲は不要な気もするので、ちょっと苦しい説ですが。
 そうでなく、あれはモビルスーツとして開発されたものだ、と考えると、あの時期にジオンがMSを生産ないし開発していたとも思えない(ジオンはまだ軍隊規模の戦力を持っていなかった、というか持てなかったはず)ので、ジオンのMSへの対抗策ではない、ということになります。なので、連邦内部に「ミノフスキー粒子の散布によるジャミングでAMBACシステムによる有視界戦闘が云々」みたいな先進的な戦術を提唱した一派がいて、試作まで持ち込んだけど結局ポシャった、という感じかなあ、とか。
 だとするとその一派の一部がジオンに流出して云々、みたいな話に持ち込むこともできますし、作ってはみたけど半端で使い道のないガンタンクを、とりあえず威圧効果を狙って対デモ用にサイド3に持ち込んだ、とか考えると何となく収まりがいいので、個人的にはそういうことにしておきます。
 あと、ザクよりガンタンクが先にあったということになるとザクの開発経緯も微妙に変わってくるような気がしますが、きりがないので今日はこの辺で。

 まあ何にしろ、10年近く前から生産されていた戦車もどきでランバラル隊とかのモビルスーツとやり合ったら素人でなくても死ぬよなあ、とか思いました。

 それと、ガンダムエースのアスラン漫画の単行本カバーデザインはDearSに似ているような気がしました。どちらも読んでいませんが。


2005/04/26
■何かひろおか氏がいつの間にかブログ化していました。ブログっていうとブロブとかブロンとかプラグとかブラフとかブラウブロに似ていますね。とか比較的どうでもいいことを言ってみたり。
 ところでうちは当面ブログに移行する予定はありません。いや、これ以上更新の手間や必要なソフトを減らすと、職場で仕事中にサイト更新するようになるのは必至なので。それはさすがにまずいです。主にバレた場合の対処が←おい。
 あと何か記事毎にコメントとトラックバックを付ける機能が付いているのが、何となく気分的にしんどいなあ、とか。

■アニメ版エマの正式なタイトルは『英國戀物語エマ』で、取って付けた漢字部分がロボットアニメっぽいですが(←そうか?)、私は「戀」の読み方がわからなくて調べてみたら意外と手間がかかってぐったりしました。ふう。というかフォントがつぶれて字の形もよくわからないし。
 背景にヴィクトリア王朝とか階級社会とか入っていて登場人物も年齢高めなので上品で落ち着いた印象がありますが、話の筋だけ見ると意外と直球なラブコメですね。脇キャラの配置も定石に沿っていますし。やはりベタネタとか王道というのは有効だから定着しているのであって、使い方次第でかなりな破壊力を発揮できるものです。
 いや、だからといって19世紀のイギリスで「本屋でえっちい本を立ち読みしていたら好きな相手と出くわして動揺する」みたいなネタをかますのはちょっとやりすぎじゃないのか、という気もしないでもないですが。

 で、今週もエマさんは、あの落ち着いているけど適度に不器用な感じがまた大変素敵だと思った次第。エレノア嬢もそうですが、単に最近ああいう控え目というか古風というかそういう感じのキャラが主流から外れているので新鮮に見えて補正がかかるというのもありそうな気はするものの(萌え路線の作品で「古風」っていうと、むしろナギナタ振り回すとかいうノリだし)、やはり「恥じらう女性」というのも王道で良いものだと思いました、とか微妙に変態っぽいことを言ってみたり。というかアレです、エマさんは存在そのものが圧倒的に正義なのでごたくは不要です。
 それと帰宅した後で浮かれているエレノア嬢もこれはこれで、とか思いつつ、脇キャラ属性なのでエレノア嬢付きのメイドさんも気になっているわけですが。

■今はハガキの追い込みなのでファントムキングダムは停滞気味。「経験値+」と「マナ+」を付けた後でマナがまだ余っているキャラは盗賊に転生して「移動力+」を追加したり、他にも色々と転生でスキル追加をしていたら元々の職業が何だったのか微妙に混乱気味です。
 あとモンスターも使っていない種族をボーナスでレベルだけ上げたら作成可能な種族が2つくらい増えました。もう人数がぎちぎちなので使っている余裕は無いけど。

■どうも響鬼の3人目はやはり轟鬼(武器:ギター)で、弾鬼はゲスト出演だった模様。でも装着変身なら響鬼のマスクと胸装甲だけ差し替えれば流用で商品化できそう・・・って、何かザらス限定とかTHN限定とかになりそうな気がして背中が寒いです。ザらスはともかくTHNだと普通に買ってもプレ値並み。
 あと斬鬼もレギュラー化するという話ですが、カニにやられて長期療養中で登場前からヘタレイメージな割に中の人は渋めですね。

■TFGFのDVD1巻限定版同梱のエクシリオン・レッドバージョンがかなり格好いい、というか好みなんですが、でも高いです。TFSLとかマイクロンのDVDより値上がりしているし、本放送を録画してあるから別にDVDは欲しくないし←おい。
 ただ自分で通常版をリペイントするとなると、クリアパーツの色が違ううえに可動部の樹脂も塗膜がはがれやすそうなので難易度が高い、というか同じものの自作は困難です。でも1万円あればバイナルテックが2個買えるし、ふう。


2005/04/27
■中里一氏と更紗氏のフィガロがサーバの内部エラーで閲覧不能になっていましたが、今日の時点では復旧していました。

■本日の中間報告:先週末にヨドバシでVHSのヘッドクリーナー(湿式)を買ったので試してみましたが、1回のクリーニングで画像のノイズはそこそこ改善されました。ただ音は割れたままだったので、日を分けて何回か試行してみます。
 これで駄目なら乾式クリーナーを買ってみるという手もありますが、そうやってちまちまと出費を増やしていくと、結局「安いVHSデッキをもう1台買った方が早かった」みたいなオチになりそうで不安な昨今。

■今週のまほらば:東京方面では2話連続放送だったようですが、関西地区では16話のみでした。で、何かレギュラーキャラ(住人)フルメンバーに加えてゲストが9人も出てきたので妙ににぎやかというかほとんど何もしていない人もいますが、16人で列席してカレーを食べるという絵面が重要なのかも、とか。
 あと久しぶりに内職母が真性の駄人間っぷりを発揮していて何故か安心してしまいました。

■帰りにヨドバシ梅田に寄ったらライガージャックとハイブリッドモデル・ギャラクシーコンボイが入荷済みでしたが、何故か両方とも値札が定価(ちなみに開店当時はTFは3割引で、去年の年末あたりからの新入荷は2割引)。で、いくら何でもこれは間違いだろうと思いつつライガージャックをレジに持っていったら本当に定価だったので、慌ててキャンセルしてもらいました。・・・地味に恥ずかしい。
 でもこれが単に価格設定ミスじゃなく、今後はTF全品定価売りってことなら割と面倒な展開です。どうなることやら。

■ザらスでエクスプラスのキーラとウルトラマンAタイプが29日に受注開始です。キーラについては来月あたりにサイゴも出る予定なので2個買って並べるといい感じになりそうですが、個人的には今回はスルーします。いや、1月のベムラーからほとんど毎月に近いペースで新作が出ているうえに、キーラが出るくらいなら今後もかなりの種類が出そうなので、1個が大きいだけに買うものを絞り込んでいかないと収拾つかなくなりそうですし。
 ゼットンとかレッドキングあたりはほぼ確定だと思いますが、個人的にはギャンゴが出るのかどうかが心配です。
 あとウルトラマンが他の怪獣と並べられるサイズになっているのかも気になるところですが、そもそもベムラーとバルタンがスケール全然合ってなかったからサイズの揃えようがないですか。

■それと、ザらス通販のメガヘッドメガトロンとミクロ肌色素体は今日届きました。注文から10日以上経っていますが、これは配送が遅れたとかではなく、受け取りの都合で入金のタイミングをずらしたせい。

 ↑で、マテリアルフォース肌色に前に買ってあった水色のパーツをミキシングしてみたんですが・・・思ったより萌えません。やはり胴体もガチャのものを流用するなりパテで改造するなりした方がよさそう。

 メガヘッドメガトロンは「メガトロンにしては小さい」という点を除けばおおむね満足な出来でした。可動範囲は広いし、ランチャー展開ギミックもけっこう面白いです。ただパッケージにはメガヘッドモードで封入されているのに、変形手順の説明は「ロボットモードからメガヘッドモードへの変形」になっているので地味にややこしい。
 それとパッケージは第1弾と同じデザインで、コンボイとかチータスのイラストのを使いまわしでした。

■今更ですが吉川版三国志を読んでいます。異様に男臭い北方版と比べると登場人物が全体に小物っぽいですが、これはこれで。でもこっちの呂布はショボいね・・・。


2005/04/28
■半端な季節に風邪気味です。あと今年はTVの野球中継の本数が減っているような気がします。数値を調べて比較とかしていないので、印象の話ですが←私はそういう発言ばっかりですね。

■玩具レビューサイトの『玩具とか模型とか・・・』さんで、SIC匠魂のハカイダーバイクの、マフラー部分の塗装が左右非対称だった件に関するバンダイとのやりとりがまとめられています(メニューの下の方)。
 単にキツめの意見を言うだけの人なら別に珍しくもないですが、ここまで行動できるのは凄いと思いました。

■で、今日は帰りに日本橋行ってみました。SICファイズは予約で確保してあるからいいんですけど、でも売ってるの全然見なかったですよ。ヨドバシとかビックは明日からだと思いますが。
 で、件のTFGFライガージャックはジョーシンで2割引、ビックカメラでは3割引でした。ビックはポイント還元も10%なので、大阪周辺でTFを買うならここが文句なしに最安値のようです。そしてTFが安いもんだから浮かれて勢いでBTレーザーウェーブまで買ってしまいました←いつものパターン。あとガンダムカラーのルナマリ姉さん専用色があったのでついでに購入。シャア専用色とはちょっと違う色味なのでストックしておくと重宝しそうです。
 ちなみにビックではMMMGQインパルス3種が各1980円と、ヨドバシよりさらに500円安くなっておりました。

 合金ヒュッケバインはソフマップにノーマルカラーだけ残っていたけど、高いし中身が見えないパッケージだったこともあって結局スルー。でもこれ初版にしかパーソナルファイター付属しないんですよね・・・。
 あととらのあなに寄って、2階のスピーカーは音が割れ気味で長居をすると物理的にダメージ受けそうな気がしつつ、気がついたらmeたんと2kたんを買っていたわたくし。こうして予定外の出費は増える一方なのでした。

 で、帰りの大阪駅の乗り換えで半端に時間が余ったのでヨドバシも覗いてみたら、ライガージャックの値札は2割引に修正済みでした。昨日買わなくてよかったというべきか今日ヨドだけ寄って帰ればよかったというべきか微妙な気分です。で、ファントムキングダムの攻略本をポイントで買っておきたかったんですが、未入荷だったのでDPSだけ買って終了。

 そして家に帰ったらあみあみで予約していた天上天下の山口式とか亜夜Pinkyとか届いていて、盛りだくさんなのでまだ全部開封できてません。おもちゃ山盛り。

■そうそう、さっき亜夜Pinkyだけ開封したんですが、月姫のときと違って塗膜に露骨なムラとか指紋は無いし、今回は通常版と同等の品質だと思います。付属のブックレットも薄いけど内容は月姫のよりは濃い(原作者の対談とかラフスケッチとかあり)し、オマケのポストカードも10枚のうち8枚は大暮氏のイラストなので(描き下ろしは無いっぽいけど)、ファンなら買っちゃってもいい出来だと思いますよー。

 ・・・というか、やっぱり月姫のアレは出来悪かったよ。

■フタコイの4話を見ました。まだ未放送の地区もあるので具体的な内容についての感想は自粛しますが、とりあえずテンションは右肩下がりというか普通の萌えアニメになってきたような。それでも双恋とかリピュアAパートよりは作画がきれいですけど。後半にまた1話みたいな動きまくる話をするための充電期間・・・だと思いたいなあ、という感じです。
 そういうわけで今期の個人的本命はエウレカセブンということで。ネクサスみたいに打ち切り食らわないといいんですが。


2005/04/29
■昨日野球中継の本数が減っているような気がすると書きましたが、ひろおか氏によると、少なくとも関西地区では近鉄の消滅に伴い実際に中継が減っているそうです。

■今日はSICファイズ初売りとかファントムキングダム攻略本早売りとかはあきらめて、自宅で午前中からPCに張り付いてザらス通販でエクスプラスのウルトラマンAタイプ購入成功。ふう。今回は代引きにしたし、5月2日までの注文は平常どおりの配送らしいので週明けくらいまでには届くと思います。

■で、最近買ったものの写真とか。まずはTFGFのライガージャック。

 ↑ロボットモードの関節の数はフレイムコンボイと大差無い=あまり動かない部類ですが、肩が横に上がるのでポージングの幅はだいぶマシではあります。ビーストモードの四肢がそのままロボットモードの手足になる構造で、変形ギミックもシンプルな部類。けれどこの人の本分はコンボイとの合体、ということで、

 ↑ライガーコンボイですが・・・肩が横に上がらない(前後回転のみ)うえに上腕にロール軸がなく、ヒジが左右にしか曲がりません。そのうえ腕に見えるかどうかが比較的微妙なデザインで・・・まあ、とりあえずゴツくて強そうな気はしますが。
 まあそういうわけで、TFGFの3000円クラスは平均点が高いので、これは悪くはないけど相対的に見劣りするのは否めないかなあ、と。

■続いてこれもTFネタで、ビーストウォーズ・リターンズのメガヘッドメガトロン。ちなみに海外版では「メガトロン・メガボルト」という名前で販売されていて、そっちの名前で検索するとレビューサイトとか見つかりやすいかも。

 ↑メガヘッドモード。アニメでは巨大基地として登場するらしいです(未見)。基地にしては小さいですが、これを別の大きいロボに乗せて頭として使えばいいのでは、とか思ったので試してみました。

 ・・・微妙・・・。デザインラインが全然違ううえに脚が生えているせいか「スコープドッグの首の上に奇怪な物体が乗っている」ようにしか見えませんね。でも頭として使うにはかなり大きめなので、うちにあるロボでサイズが合う(というか一番マシ)なのはスコープドッグくらい。

 ↑アニメには登場しないロボットモード。ほぼ全身可動です。胸のクリスタルを押すと、背面に折りたたまれたキャノン砲とヘルメットが展開するギミックあり。

 ↑サイズ比較。国内2000円ラインと同じくらいなので、BWリターンズ版のコンボイよりは明らかに小さいです。

■長くなったので今日はこの辺にしますが、ロボばっかりなので最後にOSの人々を貼って萌えを補充しておきます。

 ↑一般流通品と比べると割高な感じですが、このサイズの完成品フィギュアとしては仕上げはきれいな方だと思います。


2005/04/30
■通販でSICファイズが届きましたが、あれ、ファイズって左腕にはフォトンストリーム付いてなかったのか、とか思ってたら内側に赤いラインが。つまり左前腕のパーツが右腕のものでした。・・・ううううう。勘弁してください。
 そういうわけで関節がヘタる勢いで遊び倒して連休明けに相談センターに電話します。というか平日じゃないと電話受け付けが無いし。うう。

■関西地区ではSEEDの再放送が終わった後は、まあ順当に行けば鋼の錬金術師だろうけど個人的にはゾイド/0がいいなあ、とか思っていたらドラマ合わせでH2のアニメ版という微妙な選択で、しかも週1話放送だからドラマ終わった後も当然のように続いています。それはどうなのか。
 あと鋼の錬金術師はその後深夜枠で再放送開始してます。

■今週のTFGF:玩具では手が手に見えなかったライガーコンボイですが、CGでは変形前のパーツ形状無視して手指がモデリングされてましたね。

■今週のSEED-D:キラの登場が前作アラスカ戦と全く同じで笑えましたが、キラが出てきているのにシンがちゃんと活躍しているのに驚愕。その裏で赤いザクがぶっ壊れたり赤いガンダムがバラバラになったりしたのにも驚愕。さらに次回予告だと来週はまた総集編っぽい雰囲気なのにも驚愕。

■今日は午前中に大阪に遠征。というか結論から言うとヨドバシでファントムキングダムの攻略本買っただけです。何故か既刊コーナーに置いてあったので、フライングで売っていたのかも。
 で、電撃系攻略本恒例の封入のしおりですが、私のはサロメでした。

 他には藤岡建機氏の単行本がエンターブレインから出ていたのを発売の1ヶ月後になって気がついたので書店3件くらい回ったけど空振りでした。まあアマゾンでも注文から4〜6週間待ちで要するに重版待ちなので今更簡単に在庫が見つかるとも思っていませんでしたが。ちなみにbk1は取り扱い不可、7&Yに至ってはリストに登録すらされていないという素晴らしい仕事ぶりで泣けてきます。というか表紙画像も無いんですが、本当に発売されているのか。

 ヨドバシではスターウォーズEP3のグリーバス将軍のフィギュアを買うかどうか5分くらい迷ったけど結局スルー。可動範囲がもっと広かったらいいんですが。でも一応敵陣営のラスボスらしいから、公開以降は品薄になるかも・・・って、今回の最後の敵はオビ=ワンでしたか。
 あとヨドバシには合金ヒュッケバインが積んであったけど顔の造形が好みじゃないし、やっぱり高いのでスルー。通販等では品薄ムードの割にずいぶん沢山ありましたが。
 ミクロマンマグネフォースも最近のミクロ新作としては珍しく、かなり余っている様子。これもビックカメラの方が安かったし、何となくスルー。
 それと海洋堂の天上天下フィギュアもやっぱり山積み。脚の長さとかが好みじゃなかったので見送っていましたが、肌が成形色じゃなくて色味もあんまり好みじゃなかったのでやっぱり買わないでおきました。

 ところで天上天下のフィギュアはけっこう数が出てきたけど、どれも原作の絵に似てない気がする昨今。

■e-HOBBYでTFサイバートロン(TFGFの海外版)の海外限定商品の国内限定販売(←文章にすると妙にややこしい・・・)の予約を受け付けていますが、この調子だと去年のグリムロック&スワープやアルファQみたいに、今年も国内版では店舗限定ですら販売がないアイテムが続出しそうですね・・・。

■ANAのCAフィギュアが気になりつつも、ブラインド商品には珍しく通販でもバラ売りで1個から買えるので、逆に何個買うかの判断に迷うところです。というか空港に行く用事はないので、通販の在庫が充分でなかった場合は個数以前に買えませんが(1人での通販購入上限が300個ということなので、まともに考えれば充分な数があるものと思われますが)。
 空港売りの出来の評判を見てから買うかどうか決めるのが無難かも。それまでに完売すると微妙に間抜けですが。

■あと本日の小ネタ。ユージンSRDX関羽雲長に付属の青竜偃月刀がABS樹脂製で妙にしっかりしたつくりなので、色々と応用ができそう、というネタで写真を撮ってみました。

 ↑SICハカイダーの場合。SICサイズにあわせるならもっと長くてもいいかもですが。

 ↑で、浅井真紀氏原型の天獄の砂姫さんに持たせると、柄の太さが付属のモップとほぼ同じなのできっちり保持できます。サイズ的に長すぎる気もしますが、ハッタリ効いていいかも。

 そして、手ぶらになった雲長さんには砂姫さんのモップを持たせてみたらやっぱりサイズは合いましたが、何か間抜けな絵面に。

 ↑・・・というか、モップ以前にに突っ込みどころがデフォルトで山盛りな気もしますが、その辺は軽く流してください。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system