雑記 2005年7月後半分

2005/07/16
■出勤日なのぜー。クロマティの件についてはコメントを控えます。サンクスのパン売り場でカレーパンフェアをやっていたので「辛いキーマカレードーナツ」というのを買って食べてみました。棚についていた値札にはハバネロ使用と書かれていたけどそれ程でもない・・・とか思っていたら後からじわじわ効いてきました。辛い。いや水を飲まなくても平気なくらいだし、東ハトのハバネロと比べればかなりマイルドですが、カレーパンとしては辛い部類。味はおいしかった・・・というか基本的にはカレーパンなので大きく外れることはあまり無いと思いますがー。

 あと何か過去ログの日付けがおかしいと思ったら何か過去ログに1日分抜けがあって、ここのところ毎日更新していたからつまり1日分の雑記をトップページから過去ログにコピーせずに消してしまったっぽい。ぎゃあ。

■録画しておいたSEED-Dをさっき見ましたが、えーと、ルージュの装甲はVPS装甲ということ? キラが旧ストライクで使っていたOSをそのまま移植したら装甲強度まで旧仕様になったとかいうことでしょうか。何かよくわかりませんが。あと打ち上げなんかしたらAAの潜伏場所が速攻でバレるのではないか、というのは同様意見多数だと思いますが、一応。
 そのルージュは来週新型が出るせいか速攻でボコボコですけど、これは急ごしらえで調整して無理に宇宙に打ち上げたから機体の状態が悪かったということか、もしくはフリーダムと比べてルージュの性能そのものがヘボいのか・・・。何にしろ、ガンダムタイプを大破させてリタイアさせるならもう少し盛り上げて欲しいと思いました。カオスといいセイバーといい瞬殺されすぎで泣けます。
 ストフリの大暴れとコンスコンの劣化コピーについては、まあ、とやかく言わないのが大人かな、と。

 あと虎の人の乗機は黄色いものだとばかり思っていたらソードカラミティ色だったのがちょっと意外。でもあの機体でミネルバ隊と出くわすとまたシンが切れそうな・・・。まさかステラ機ではないと思いますが、あれはうやむやのうちに行方不明なのでちょっと怖い。

■デスガンは一見ランチャーとソードを足し合わせた万能タイプのようで、格闘武装が異様に多くて(3種5個)射撃武器はビーム砲が2種類1門ずつあるだけ、とかなり格闘偏重な設計ですが、これも素直に解釈するなら設計段階での仮想的はフリーダムだった、ということでしょうか。レジェンドについてもフリーダムが対プロヴィデンス戦でかなりの損傷を負ったことを考えると、対フリーダム前提と考えられなくもないです。
 ・・・もっとも、単にレジェンドが射撃寄りなのでデスティニーは格闘主体にした、という解釈の方が素直ですが。
 ザクスプレンダーの設定文によると、インパルスの分離機構も量産機へのフィードバックはあまり考慮されていないようですし、セイバーも設定上はエネルギーに限界があることを除けばフリーダム、ジャスティスと同等以上の火力を有していることになっている(本編では結局最後までそんな性能を発揮できなかったわけですが)ので、ユニウス条約以降のザフト製ガンダムは量産化を前提とした試作機・実験機としての意味合いよりも、フリーダムないしそれに匹敵するだけのMSと敵対した場合にそれと対抗するための方策を検討するために開発された・・・とか考えるのは飛躍しすぎっぽいですが、個人的な脳内設定としてはアリかな、とか思いました。ガイア、カオス、アビスについても外伝設定を採用するならインパルスに統合するための試作機、という意味合いもあったようですし。

 ところでインフィニットジャスティスの脚部に付いているグリフォンビームブレイドはガイアの背中のグリフォン2ビームブレイドの前期型、という設定になっていたりと、少なくとも武装の一部は旧ジャスティスより後、セカンドステージMSより前に開発されているようです。そしてビームブレイドの名前からしてその存在は秘匿されていない、と考えられます。また、話の展開からしてインフィニットジャスティスがセカンドステージMSより性能で劣る、ということは考えにくいし、デスガンやレジェンドに対しても対等くらいの性能になっていないと都合が悪いはずです。
 この辺の理由付けは核動力の禁止とかで考えられないこともないですが、一旦はボツになったと思われる機体が建造されてラクス陣営に渡ったことも含めてある程度は理由を説明して欲しいなあ・・・と思いつつ、あまり期待はできない気もする昨今。

 ・・・それにしてもジャスティスは相変わらず設計コンセプトがはっきりしないですね。火力は他の新ガンダムより低そうだし格闘装備もデスガンと比べれば控え目、かといって汎用タイプかというと背中にリフターをかついでいたりと特殊な機体になっているし、そのリフターが分離する機構も何のために付いているのかよくわかりません。ゲンガオゾみたいに分離したリフターを遠隔操作して連携する、みたいな描写を多用してくれると有難いのですが、今回もミーティアと合体するようなので単独での出番自体少なそう・・・。


2005/07/17
■中里一氏と更紗氏のフィガロはあと数回で終わるようで・・・って終わるのか。これ自体も面白いけど、いずれ完成形も見たいです。

■アニメとか色々見て色々思ったのですが、最後に見たマイメロが相変わらずぐちゃぐちゃで全部吹っ飛んでしまいました。

■ファントムキングダムは隠しキャラ全員揃いました。あとは恒例の超魔王が残っているだけですが、レベル1000程度では勝負にならない鬼っぷりなので倒す前に投げそうな気がします。というか実は既に数日触っていません。

■昨日のSEED-Dは素直に見れば面白いのは面白いと思います。ストライクの眼とシールドの色だけルージュ準拠だったり、被弾するまでは動きもいいし。主人公が親友に背中を押されてかつての乗機(の同型機)に乗ってヒロインを助けに飛んでいく、というシチュエーションも王道ですし。でもキラは今回を除けば理由のわからない行動ばかりしていたしアスランは先週までへっぽこ続きだったし、何より個人的にラクスがどうにも胡散臭いというか萌えない(←おい)のが引っかかってしまったのかも、とか自己分析。
 装甲の色に関しては設定を変更して電圧を落としたためのようで。これについては各所で言われている「装甲強度より稼働時間を優先した」という解釈でよさそうですね。

■で、今日は1/100デスガンを組んだり部分塗装とか。直前まで全身塗り変えるつもりだったのですが、あちこちで素組み写真見て意外と印象よかったので、とりあえずトリコロールで。

 写真だとあちこち影になっていますが、全体に赤と黒を減らして白と青を増やしています。この後でジン2型を組むので、明日にでもそれのついでにもう少し写真撮り足す予定。背中の長物2種も両方白く塗っています。
 何か今回ポリキャップのテンションが全体にキツかったです。ゆるいよりはいいのですが。あと手首パーツがビームライフルを安定して保持できないので片手での構えポーズが微妙に不安定でしたり。ランチャーやソード、シールドの展開はスムーズです。
 ちなみに初回特典のベース本体は1/100MGウイングゼロ付属のベースの色変えです。背中に接続するためのジョイントは新造。


2005/07/18
■Kフェスで出た情報によるとBB武者烈伝では少なくともこの先半年は斎胡の発売予定はなく、発売決定した烈火大鋼に息子キャラの残り2人が同梱されるとのことなので、どうも大鋼が最後か、でなくても斎胡が出る前に終了しそうな雰囲気。まあ斎造が成長したバージョンが出てくる続編とかあるかもしれないので、斎胡もそこで出る・・・といいなあ。無理っぽいけど。
 あと逆伐とコンパチの影駆主とか欲しいです。

■ちょっと前に腰が痛いとか言っておりましたが、あの後に事務所で机の移動をして、腰に重量がかかった瞬間に、擬音で書くと「めきょ」とか「もきゅ」とかそういうクリスピーで不穏な感覚がありまして、結果として症状が悪化というか以前とは明らかに種類の違う痛みを感じるようになったりしつつも、その後は徐々に症状が軽くなっておおむね復調しています。
 一応腹筋とかはしていたわけですが、これが効いたのだとするとやっぱり原因は運動不足ですか・・・。まあ何にしろ、椅子に座れないと仕事にならない生活をしているので慢性化したり悪化しなかったのは幸いです。
 でも毎日腹筋をするのはそれなりに難しいというか、サボる以前に完全に忘れていることが割とあります。

■HGジン2型はマッシブで格好いいです。いや、ベースキットのノーマルジンが1000円だったことを考えると1500円はちょっと高い気もしますが。あとハイマニューバ2型と言いつつMSVのハイマニューバには似ていないというか設計コンセプトから違うような気もしますが。

 武装は全て安定した保持が可能。シールドや刀が手首から抜け落ちることも無いです。

■1/100のデスガンを動かしたりしていましたが、ベースのおかげもあってポーズがよく決まりますねー。格好いいー。個人的にSEED-Dのガンダムではデザインが一番好みだったりもするので。

 けっこう長さのあるアロンダイトもグリップに手の形状に合わせたストッパーがついていて、手の中で回ったり傾いたりしないで安定して構えられます。
 青は明るめに塗りなおしていますが、白いパーツの成形色が設定より明るいこともあって、意外と普通に主役機っぽく見えますね。

 ↑で、もう1個作ってみました。というか昨日の時点で買ってありましたが2個目。赤い羽根で悪役っぽいガンダムということでマスクコマンダーの配色を使ってみましたが、デジカメだと紫(肩とか靴とか)も青に写ってしまってニムバスとか乗ってそうな雰囲気に・・・。ところで戦国伝の次はG-ARMSもリメイクしませんかね。というかマスクコマンダー再販だけでもいいです。

 ↑ハイマットフルバースト(偽)。背中のウェポンラックはジョイントが左右非対称ですが、無理に付けてしまえばランチャーは右にも装備できます(ソードを左に付けるのは不可能)。アロンダイト二刀流も頭悪そうで格好いいですよー。


2005/07/19
■何かいつの間にか梅雨が明けていた昨今ですが、皆様におかれてはいかがお過ごしでしょうか。私は夜中に暑くて目が覚めて扇風機のタイマーを1時間セットして寝てまた起きてタイマーを・・・というのを一晩で5回くらいしました。暑い。

 さて、今日は最初にweb拍手のレスでございます。実はいただいてから1日以上経っていて申し訳ありません。
 >苺ましまろの栞は、背表紙と同じイラストでしたよ。
 情報どうもありがとうございます。単行本全部買って読んでいるのに気がつかなかったですよ。というか、やっぱりもう1枚あるのか・・・。

 そういえば先日に書いた「過去ログに保存を忘れて消してしまった雑記」がちょうどこの栞の話をした日の分だったので、とりあえずもう1回写真貼っておきます。↓

 地元の書店レジで配布(というか、勝手に持っていく形式)されていました。ちなみに裏面は全部同じデザインの1色刷りで、単行本とPS2版の告知。あと表側の下の方は文字がつぶれていますが、これはアニメ版の告知です。私は関西在住でBSハイビジョンとか未対応なのでアニメ版は視聴予定がありませんが、伸枝の年齢については建前としては20歳に変更したけど心は16歳、みたいな感じのようですね←どんな感じだ。

 ところで今までweb拍手のレスを書いていなかったのは「メッセージが1件も来ていなかった」という単純な理由によるもので、基本的にはお返事させていただく方針でございます。
 あとご意見ご要望などありましたら、それもメッセージ欄に書いていただいて構いませんのでー。メールと違って足がつかないので安心ですし(公式サイトのFAQに記載されていますが、IPアドレス等のアクセス記録は基本的に非公開です)。・・・あ、いや、メールを送っていただいても普通に返信させていただくだけで特に変なことはしませんが、でも知らない相手にメール送るのは怖いですよね←引きこもり気質。

■あと消してしまった雑記の残りの内容をまとめておくと、武装錬金の1巻は飛ばして2巻を買ってみたらパピヨンが予想以上で満足だったとか、このフィギュア↓

を買ったとかそういう話を書いた・・・ようなおぼろげな記憶が。ところでこのフィギュア、青版とは胸元以外に袖の形状も違うので胸部と腕部の大半、あと髪も腕にかかる部分は新造で、見た目の印象よりは流用率低そうですね。下半身は塗装以外全く同じですが。


2005/07/20
■定期入れが見当たらなくなって、土曜日に最寄りのバス停で下車するときに定期を使った後は火曜日の朝まで一切使用していないので、バス停→自宅(徒歩2分くらい)の間に落としたりしていない限りは自宅のどこかにあるはず・・・とか思っていたら結局自宅で発見された、という顛末が昨日あってたいそう焦りました。結局昨日は定期無しで移動する羽目になって、おおむね自分のせいなのでフラストレーションの矛先がどこにも向けられなくて難儀でした。はふう。

結城心一氏のサイトで、アンソロ再録単行本の描き下ろしイラストに彩色したものがアップされております。25日発売ということで非常に楽しみですが、やっぱりアレですか、秋葉原とかだと22日には売っていたりしますか。うらやましい。
 あと委員長は大きいなあとか思いました。

■結局1/48スコープドッグは買っていません。というか売っているの見たことないです。とりあえずヨドバシ梅田では見つからず。来月のブルーティッシュドッグは予約しておくべきか、とか思ったらあみあみでは予約枠埋まっていました。あらー。
 あと本日の時点ではヨドバシ梅田にガンダムカラーのバラ売りボトルがほぼ全種在庫ありました。イエロー1はガンダム系ではほぼ必須な割に3色セットにはなかなか入っていないので、1つ買っておくと便利ですよー。通常のラッカー塗料には同じ色無いし。

■あみあみでトミーテックの「鉄道むすめ」の予約を開始していました。まだイラスト以外には試作原型の小さくて緑色な写真しか出ていないだけに今仕掛けるのは腰が引ける感じですがそこをあえて行くのが演歌の花道です←錯乱気味。ということで1箱予約。
 ・・・というか、単に1BOX8個入り(全6種+バリエーション4種)なのでこの手のフィギュアとしては箱買いの敷居が低めです。全4種でBOX8個入りとか全7種で12個入りとかと比べればだいぶローリスク。

■伝聞情報ですが東京おもちゃショーでの発表によると、TFGFはメガロコンボイが最終商品になるとのこと。つまり、タカラが名前を商標登録済みで某所にアニメ版用と思われるCGが流出したけど速攻で削除された超巨大なアレは、少なくとも国内一般商品としての発売の可能性は無い、ということですか・・・。

■来週からNHKのBSでジャイアントロボのOVA版を放送するそうなので、未見かつBS対応な方にはオススメです。オープニングに出てくる怪ロボットの大半が結局オープニングのみ登場だったり、6〜7話で鬼強い人々が鬼のように出てきて決戦した挙句に「第1部・完」エンドだったりしますが、それでも充分面白いとは思いますので。


2005/07/21
■そういえば神羅万象チョコも売っているのを見たことが無いですよ。1個くらい買ってみたいのですが。
 あとエウレカ占いはアドロックでした。まあ重要なキャラではあるのですが、今のところ名前のある登場人物では唯一の死人なのですが。

■ダカーポ3話視聴。先週は綾波/ルリ路線だった新キャラの人が一夜にしてどじっこメイドキャラ(しかも魔法付き)になっていて驚愕しつつも、主人公の親が不在なのはよくある話ですが鍋姉妹の家にも他に家族がいる気配がないですね。

■江戸川乱歩の「算盤が恋を語る話」を読みました。電車男とかが流行るのならこれもアリなのではないかと思いましたよ。主人公のヘタレっぷりが妙に生々しくてある意味泣けます。

■ザらス限定ソフビ斬鬼+DAセイジカエル起動前カラーが通販に登録されていました(受注開始は23日)。1/48スコープドッグも在庫があるようなので、このタイミングで残っていたらまとめて注文しようか、とか思いつつ、先日のディノブレイカーのときには久々に「受注開始日には予約受付のみ」というカード非所持者殺しを発動させた経緯もあるので安心できません。
 お前いい加減カード作れよ、という気もしますがセキュリティとか怖いのよ。

■TFGFはメガロコンボイが最終商品になりそうな情勢・・・というか正確には「東京おもちゃショーで担当者が最終商品だと言っていた、という話を聞いた、という記述が某サイトにあった」という伝聞なのですが、去年のTFSLも10月前半で商品展開が打ち止めになって新規商品かつアニメにもレギュラー出演のビルドロンがザらス限定扱いになってしまった、という経緯があるので可能性はけっこう高そうです(あみあみによるとメガロは9月29日発売予定)。メガロさんと同じ惑星出身で、現時点で発売予定の無いTFが他に2人存在する(アニメ版の新EDでもシルエットのみ登場済み)のですが、比較的不安。
 というか、その辺を出し惜しみする一方でメガトロンの色を変えただけのガルバトロンが出るというのもよくわからない話ですが。地元のジャスコでは「謎のフォースチップ」付属(=初回出荷分)のマスターメガトロンが全然減っていないのに(ちなみにギャラクシーコンボイの初回は完売した様子)。
 ・・・とか言ってみたけど、これは要するに今年は色変えは無いだろうと踏んでマスターメガトロンを買ったけど後でガルバトロンが発表されてしかもそっちの方がカラーリングが格好良かった(ちょっとロッテのブラックブラックガムに似ていますが)ので個人的に八つ当たりしてみた、というだけの話でしたり。あんな大きいもの2個も買うと住環境に悪影響が懸念されるです。

 ちなみにここ2年はコンボイと合体可能な別売りTFが夏〜秋にかけて2人登場する、というのがパターンですが、今年は時期が繰り上がったもののライガージャックとソニックボンバーの2人がいるから、これ以上コンボイと合体可能なTFが出ずに終了、という展開になっても例年どおりではあります。
 ただ、マイクロン伝説では3身合体のマグナジェットコンボイ、スーパーリンクではユニクロンと同じ大きさのオメガコンボイが最終形態だった(マイクロン伝説のアニメでは最後は合体せずに戦っていましたが)のを考えると、ソニックコンボイが最終形態というのはちょっと貧相な気もします。いや、マグナジェットコンボイは追加パーツが無理矢理っぽいし、オメガコンボイは頭以外オメガスプリームそのままやん、とかいう感じなので、ソニックコンボイの方が格好いいような気がしないでもないですが。


2005/07/22
■かみちゅの2話を視聴。何か下唇のラインを妙に意識した作画がかわいいのか違うのかぎりぎりな線のような気もしますが、個人的には割と好み。あと百鬼夜行(←これは一発変換可能です、IME)みたいな妙な外見の神様が大量に出てくるのは大変よろしいと思いました。ああいうのは大好き。

■模型誌早売りの情報がそろそろ出ていますが、ガンダム関連で最大のトピックはメガハウスのRAH(ロボットアニメヒロインズ)-DXのSEED-D編第2弾にアスランがラインナップされていたことのような気がしました。
 あーでもちょっと欲しいかもアスラン。というかメガハウスがイザーク出したら即決で買いますが。あとロランとか東方先生とか←作品が違う。

■結城心一氏の単行本とかうろブラとかフライングで売っていないものかと梅田のとらに寄ってみましたが見事に空振り。しょうがないので新ゲノムでも買って帰るかと思ったら何故かレジが止まっていて列がえらいことになっていたので何も買わずに離脱しました。うう。
 それからヨドバシに寄ってみたらコトブキヤのベルゼルガはバラ売りが全滅していたので未開封のボックスをレジに持っていって開けてもらえないかと交渉してみたらあっさり許諾されたので半分買ってノーマル6種コンプ成功。ありがとうヨドの人。ちなみに思いついてから実際にレジに持っていくまで10分くらい迷った挙句に買ったあとも「あー絶対ややこしい客だと思われてるよ、うう」とかぐだぐだ考えていたのは秘密です←って書いてるし。
 HCMPのジャブローセットは入荷済みでしたが、ズゴックは青い方がいいなあ、とか思ったのでとりあえずスルー。でもって電撃PS2買って帰宅しました。電撃PS2のスパロボα3記事には前作のラスボスの中の人(最終話仕様)が載っていてどうにもネタバレくさいと思いました。

 で、ベルゼルガは充分いい出来でしたよー。これが低価格帯の完成品で出ただけでも相当に異例の事態だと思いますが。どうせなら2回に分けてW-1とかレグジオネーターとかオクトバとかポッドベリーとかクレバーキャメルとかグレーベルゼルガとかカラミティドッグの赤と緑とかも欲しかったけど、それはどう考えてもぜいたく言い過ぎだと自分でも思いました。
 ちなみにシャドウフレアはちゃんとベルゼルガやファニーデビルより一回り大きいです。

■カードを使う気がしないのはセキュリティが怖い、というか対策が面倒臭い(←おい)というのが大きいわけですが、それ以外にカードを作るとなると選択肢が山ほどあるので、その中から最適なものを選ぶのも面倒臭い・・・ってそれは単にものぐさなだけじゃねえのか、という意見はだいたい正解です。でも今のところカードが必要になる状況はザらスの通販の予約商品だけですしー。

 あとザらス通販の在庫商品で何かめぼしいものはないかとチェックしてみたら、ちょっと前にセール対象になったゾイドフューザース関連がまだ半額以下でけっこう残っていますね。ザらス限定のブラキオトータスとセイバータイガーホロテックだけ割引率低めですが。元々安い小型アイテムはかなりの捨て値になっているので、合計金額の調節に便利かも。
 ゴジュラスギガが2000円というのはかなり魅力的ですが、置き場所はどうする気だといういつものパターン・・・。あと再販予定アイテムのうちデススティンガーがまだ発売前なのにセール扱いで通常価格より200円引きになっていました。何故。


2005/07/23
■窓のそばに机を置いているので、朝にパソコンを使うとセミがうるさくて気が○いそうになります。

■今日はザらス通販で斬鬼カエルセット祭りに参加。今回は「受注開始」が予約ではなく販売だったしとりあえずカートに入れることには成功してよっしゃよっしゃ、とか思いつつついでに何か買うべくカートの中身を出し入れしていたらサーバ内部エラーで確保していた商品が全部飛びました。

 ・・・え?

 というわけで比較的へこんでいたのですが、その後何度かチェックしていたら、夕方にはキャンセルが出たのか在庫が補充されていたのでとっとと購入。2000円のゴジュラスギガを買うかどうかでかなり迷いましたが、置き場所の確保がかなり厳しそうだったので今回は見送り。代わりにAG1/48スコープドッグを買っておきました。
 それにしてもザらスの通販は色々とスリリングです。もうどっきどき。

■TFGFは山場が続いていて面白いのは面白いのですが、何かメガトロンがここのところ常に苦戦気味で不憫です。破壊大帝なのに。
 ちなみに書籍のPhase IGNITIONによるとメガトロンは新しい惑星に行くたびに新たな変形・イグニッションギミックを獲得してパワーアップしていく、という設定があるそうで、実際本編でも段階的に使うギミックが増えていっているようですが、でもデスマシンガン初使用時以外は特に説明が無かったからわかりにくいですね・・・。

■SEED-Dは暁の防御力がすさまじくて驚愕。現行機の水準より性能が上っぽいけど、完全に封印して2年間放置していた機体が稼動状態を維持できるとも思えないので整備・改装はしていたのだろうし、2年前のオーブ戦の状況で出し惜しみをしたとも考えにくいので、ウヅミが死んだ時点では完成していなかったと考えた方が自然っぽいですね。扉にも特殊なロックとかはかかっていなかったようですし。
 肩に漢字で機体名が書いてあったりビームを反射して敵を打ち抜いたりするゲテモノ加減は、個人的には割と好きです。
 あとシンとレイが唐突にFAITHに任命されて(この先議長が強攻策を使うための布石だと思いますが)、これじゃミネルバ隊には正規の指揮系統に入っているモビルスーツがルナさんのインパルス1機しかいないことになるのでは・・・とか思っていたら実際シンとレイが艦長無視して出撃の段取り決めてましたね。

 何か来週はまたもや総集編との噂ですが、なら今週と来週を逆にした方がよかったのではないか、とか思いました。

■ワンコインベルゼルガの写真撮ってみました。

 ↑昨日も書きましたが、シャドウフレア大きいです。身長はテスタロッサも高いですが、あっちは細いので今回の中では最大のボリューム。

 ↑テスタロッサは上腕に回転軸がないので実質固定モデルですが、それ以外は素立ちから武器を構えるくらいの変化は可能。ゼルベリオスは左腕のヒジがまっすぐ伸びているので、パイルバンカーを構えるポーズ以外はちょっと不自然かも。
 表面は全塗装で、質感はいい感じになっています。シャドウフレアのみメタリックっぽい塗装。


2005/07/24
■ヒジのあたりを蚊に刺されて、机で作業しているとここが机の天板とすれて薄痛いので微妙にアンニュイです。長袖だと気にならないのですが。

■アニメとか色々見たのですが、今週はゾイドジェネシスがマイメロに対抗心を燃やしたかのように壊れていて大変でした。先週までがかなり重い話だったのでギャップが激しいにも程があります。
 エウレカセブンは主人公の実質的なロボ戦初陣エピソードなのに爽快感のかけらもない展開でしたね・・・。あと回を重ねるごとにレントンがエウレカに惚れた理由がわからなくなってきました。
 それとヒビキさんのバイクでかいー。

■今日は法事があって着替えたのでついでに買い物に外出。結城心一氏の新刊は通販サイトだと昨日あたりに入荷していましたが、大阪の書店では発見できず。

 梅田のとらでうろブラを購入。WinXPでの動作は保障されていないとのことですが、うちの環境では問題ありませんでしたよ。ふう。モーションがいちいち妙で楽しいけど格ゲー(というか反射神経の必要なゲーム全般)は苦手なのでコマンド技が出ません。あとコンティニュー不可なのでラスボスに勝てません。

 買いそびれていた高山版SEED-D2巻を買いましたが(とらには無かったのでブックファーストで購入)、こっちのハイネは格好いいなあ。
 あといつの間にかゼノサーガEP1の漫画(7&Y)が出ていたので買ってみました。話はそれなりに圧縮されていますが、KOS-MOSの傍若無人っぷりは健在です。絵柄は意外と違和感ないですし。ただ、ジギーとモモは1巻ではほぼ顔見せのみ。

 モデグラがガンダム艦船特集だったので購入。作例はEXモデル中心(エターナル以外の既出アイテムは全部。発売前のマゼランとサラミスもあり)で、あと旧キットのホワイトベースとマゼラン、サラミスもありました。
 あと1/144ヘイズル改の試作の写真もあったし、新製品情報もそれなりに。

 ヨドバシ梅田でスパロボヒロインズを縦1列4個買ったらゼオラ以外の3人が出ました。対応するロボはコトブキヤのファルケンしか持っていないのでゼオラが出ないと「ロボと並べる」のは不可能であって比較的残念なのですが、写真で見る限りだと出来はゼオラが一番何だかなあという感じなので当たりといえば当たりなのかも。ちなみにダブったのはエクセレン。

 それと電撃大王がヨドバシに1冊残っていたので、カードのポイントが使えるし、とか思って勢いで購入。雑誌の方は前のよつばフィギュア付きのときには休載していたミツヨシと宵闇が載っていましたが、・・・よつばは?
 ガンパレード・オーケストラの漫画版1話が載っていましたが、人型のデザインは似ていないけど話はGPMと地続きのようです。

■ちょっと前に新しいデジカメを買ったので練習中。なかなかピントを合わせるコツがつかめません。

 ↑大王付属の苺ましまろ茉莉。出来は既出の写真の通りでしたが、思ったより小さいです。大きさの割には塗装とかきれい。眼鏡は髪と一体でかなり分厚いですが、眼の位置より下にずれているからあまり気にならないと思います。

 ↑帽子は固定されていないので、角度を変えたりできます。頭に固定ピンとかは付いていないから脱がせたままでも飾れます。しっぽは外せないので帽子の耳がないと不自然ですが(しっぽはスカートに固定されているのでスカートごと外すことは可能ですが、スカート外してる時点で耳とかしっぽとか関係なく不自然・・・)。
 そういうわけで出来は割といいと思います。でも4号連続企画にしては並べて飾ることを考慮していないポーズ選択ですね・・・。いやこの人は普通ですが残り3人が。

■スパロボヒロインズはレビューサイトでも既出のようにああいう出来で、現物も写真どおりなのですが、でも現物を直接見ると思ったより印象悪くなかったです、個人的には。
 ゼオラは持っていないので何とも言えませんが、リューネはおおむねまともな出来(前髪に金型のラインが露出しているのがアレですが)、クスハは顔があまり似ていない気がしますが個人的には同じフォーマットのシードヒロインズよりは元絵のイメージに近いと思います。
 エクセレンは顔がどう考えても別人で、鼻から口にかけてのラインが無駄にリアルで何かアメコミっぽい気もしますが、まあ慣れてしまえば平気・・・かも。髪とか胴体は出来いいと思います。他のキャラよりガタイがいいせいか、設定画では着ているジャケットが丸ごと省略されているのが個人的にはちょっと残念ですがー。
 あと塗り分けの境界は全体に甘いです。肌は成形色でクリアーとかは吹いていないので質感はちょっと変かも。塗装肌よりはマシですが。

 ↑スケールは大体同じかと思って並べてみました。結論としてはDHM誌の通販ヴァイスリッターはやっぱり買っておくべきだったか、ということで。あとアイビスとスレイとイルイも出していただきたい。

■あと先週作った1/100デスガンとマスクコマンダー風味の写真も取り直してみました。

 そういえば1/100ストフリは8月6日発売(たぶん実際の入荷はもうちょっと早め)ですね。意外と早い。


2005/07/25
■まずは訂正。7月18日付けで、「発売決定した烈火大鋼に息子キャラの残り2人が同梱される」という記述がありますがこれは誤報でした。烈火大鋼そのものは確定ですが息子キャラについては大鋼決定情報前に出ていた噂です。というか息子の残り(凄丸と隠丸)はHJ誌の今月号で事実上の商品化頓挫が報じられています。なのでおわびして訂正いたします。

■浅井真紀氏製作の汎用ボールジョイントがコトブキヤで発売決定だそうです(氏のサイトのBBS参照)。日本橋に買いに行かないとだ。まだ1ヶ月先ですが。

■MSイグルーのノベライズ版は林譲治氏とのことなので個人的には購入決定です。あと今日は結城心一氏の単行本を無事買えたので更新済ませたら読みます。楽しみ。
 そういえば版元の名前が前と違うと思ったら移籍とかではなくて合併して社名変更したそうですね。でも「空想女装少年コレクション」って・・・。帯のコピーがまた凄いです。

■ケロロ軍曹の立体物はバンダイKIA、メガハウスのPVCフィギュアに海洋堂の山口式とバッティング大会ですが、模型誌の今月号に載っていたバンダイのプラモデルが意外と出来よさそうでした。既にクルルの発売まで決定しているし(9月予定。ケロロとタママは8月)、何しろ一番安いので、私はとりあえずこれ買います。

■SEED-Dの暁は、性能的にも2年前のオーブ戦で使用されていないという事実からしても、あの時点では完成していなかった、と考えるのが自然だと思うので、私は脳内設定としてはこれを採用しています。でも、本編だけを見ると普通に2年間封印されていた、と解釈するのが素直ではありますね。
 もっともウヅミがカガリをクサナギに乗せた=自分の自爆以降もカガリが軍事行動を含む何らかの行動をとることを意図していたのなら、あの時点で完成していれば暁も渡しておくべきだよなあ。未完成のルージュ(MSV設定ではIWSPパックとライトニングストライカーも)までクサナギに積んで持ち出していたわけですし。
 それと、少なくともOSについては2年前のものをそのまま使っていたとは思えない、ということも指摘できますが、これは封印を解いてからカガリがスーツに着替えている間にエリナがアップデートしていた、という解釈も可能かと思います。キラなんか戦闘中にOSを組み直したこともあるくらいなので、コーディネイターかつ技術者のエリナなら、ルージュ用のデータも利用できるし短時間でもそれなりの調整は可能かと。

 ところで暁はストライカーパックに対応している(模型誌記載の設定)とのことですしOSもGATシリーズと同系統のようなので、暁はストライクの技術情報を入手・解析した後に設計されたはずです。その一方で基本的にはストライクのコピー機でしかないルージュはオーブ戦の時点で調整が終わっていなかったわけで、暁が完成していたと仮定するなら、モルゲンレーテとは別系統で開発されていたとでも考えないと無理がありますね・・・。

 あとキラはSEED-Dの時点でルージュとフリーダムの両方に乗っていて、ルージュの時の方が明らかに弱かった、ということを考えると、フリーダムが2年前の機体なのに強いのはパイロットの能力だけではなく機体性能自体が現在でも通用するレベル(というかルージュよりは明らかに強い)ということになり、なら暁が2年前の機体だとしても、あれだけ性能が高いというのはありえない話ではない、ということになります。
 ただしフリーダムはヤキン戦で大破しているので、修復時に改良されている可能性もあるわけですが。

 それと、常識的に考えれば「整備もされずに2年間放置されていた機体がまともに動くわけがない(=ずっと封印されていたわけではないはず)」という点だけ指摘すればもう充分なのですが、多分こういう常識はあの世界では通用しないと思います(←おい)。
 ちなみにターンエーでは数百年以上封印されていた機体が動いたりしていましたが、あれはナノマシン万能世界なので無問題です(←おいおい)。発掘当時のヒゲは本来の性能を出せていなかったですし。

 以上、何かどちらの説をとるのか微妙にはっきりしないことを書いていますが、2年前に完成していたのかどうかは多分来月以降の模型誌かアニメ誌ではっきりするのではないかと思うので、今結論を出してもあまり意味が無いかなあ、とか。


2005/07/26
■台風は昨日の時点での予報よりかなり進路が曲がったので、大阪方面での影響は軽微でした。雨が降った程度。昨日の予報どおりのコースだと帰宅時間帯に電車が止まりかねない雰囲気だったので助かりましたよ。
 あと久しぶりにパステルのプリン食べました。うめえ。高いけど。

■そういうわけで結城心一氏の「天使のこみっくHeart」を読了。何か前2冊とはちょっと方向性が変わっている印象というか、具体的には百合含み展開がいくつか入っているのと、雅史メインでものすごい変化球が1本あります。
 例によって委員長メインかと思いきや、志保率がけっこう高いという予想外の分布に。まあ一番出番が多いのは委員長なわけですが、今回は自販機を蹴ったりクレーンゲームを蹴り倒したり3人組をぶちのめしたり(←それは前にもあったか)とバイオレンス委員長です。サターン版バイオレンス刑事のCMソングは名曲ですよね。
 そして私は結局Leaf/アクアプラスのゲームはトゥハート1のPS版しか遊んでいないのにこれを読むのはどうなのかと今更思いましたが、今回もちゃんと萌えたから多分大丈夫です。ジオンはまだ10年は戦えます。火力をレギオンの頭部に集中します。

■あみあみで、ちょっと前から話題になっていたギルベイダーの再販を含む秋のゾイド新作が予約開始していました。ほとんどのアイテムには商品名以外の説明や画像が無いので仕様はよくわかりませんが、再販とは別にムゲンライガー(定価3675円)とバイオヴォルケーノ(定価3150円)というのが出るそうです。
 ゾイドジェネシスではバイオゾイドを除くと恐竜・爬虫類系ゾイドは一切発売されていないわけですが、今回の再販アイテムもゾイドでは新旧シリーズ通してレアな架空動物(ドラゴン)に集中したラインナップなので、恐竜型ゾイドはバイオゾイドのみ、という縛りは崩れていないようです。

■ところでアメリカでは、トランスフォーマー・サイバートロン(国内におけるTFGFの海外版)の巨大TFの試作品写真が発表されたようです。春頃にタカラが商標登録を済ませたというアレ。
 先の「国内展開はメガロコンボイで終了」という情報が事実なら、トイザらス限定という可能性は残っているものの、状況はかなり悪いですね・・・。並行輸入の場合は大きさが価格(輸送コスト)に跳ね返るので、海外版のを買おうとすると相当に高額になりそう。


2005/07/27
■ずいぶんと今更で時期を外した話ですが、杉浦日向子氏の「百物語」は好きです。怪異をいちいち理由付けしたりせずに丸投げするような話が好きならオススメです。新潮文庫版が入手しなすいかと。
 あと先週くらいに本屋に行ったら中島らも氏の文庫フェアをやっていました。「牢屋でやせるダイエット」はネーミングがずいぶんとずいぶんだな、とか。そういえば「お父さんのバックドロップ」も面白かったなあ、とかふと思い出しました。要約すると父親のことを尊敬できないでいた小学生の息子が親父の本気を見て関係が修復される、みたいな話の児童文学(文庫版は活字が妙に大きいです)ですが、その親父が元アマレス選手で今はロートル気味でヒールで毒霧を吹いたりするプロレスラーで、現役の格闘家(打撃系)に異種格闘技のセメントマッチを挑む、という無闇にマニアックで遠回しな展開なので、直球の「いい話」が苦手な人にも届きやすいと思います。

■ぱにぽにを視聴。制服→浴衣→風呂→寝間着、と無駄に着替えが多くて作画がえろかったです。あと黄色いバカンスが脳内でループしています。
 それとラブひなとネギまのDVDか何かのCMが連続して入りましたが、続けて見るとやっぱりネギまの作画水準は致命的でしたね・・・。

■ヨドバシ梅田は今日の時点ではソニックボンバーとか未入荷。

■トイズドリーム限定のTFGFファングウルフ・ダークウルフバージョン(仮)はあみあみで買おうかと思っていたのですが一向に予約を開始する気配がなく、他のショップでは予約を締め切るところが続出しているので、あみあみで取り扱いが無かった場合に備えてビージェイで予約しておきました。チキンレースに負けた感じです。
 あとライガージャックもザらス限定で黒いのが出るわけですが、ライガーは平均点が高い今年の3000円ラインでは例外的にアレな出来なのですが、でも実質的に唯一のメガトロン専用強化パーツでもあるので買うかどうか迷っています。

■そういえば仮面ライダー THE FIRSTは上映劇場えらい少ないですね。今のところ全国13箇所。大阪府では全く上映予定がないので、うちからだと京都が最寄りです。
 これだけ少ないということは、商品展開もあまり無いのかも・・・。現時点で発表済みの年内予定商品の中にはこれ関連のものは無いですし、せいぜいガシャポンと700円ソフビくらいですか。フィギュアを出せば映画の出来とは関係なくスチームボーイやデビルマンよりは売れると思うのですが←おい。


2005/07/28
■仕事用のパソコン様はいよいよ絶不調で、ついにユーザー設定を丸ごと飛ばすという荒技を発揮してくれました。ドキュメントはバックアップがあったので無事でしたが。はふう。

■玩具系通販サイトのイーエストイズがリニューアルするそうで、予約を含む複数商品の一括発送が可能になったり入金方法の選択肢が増えたりするそうです。イーエスはちょっと前から3000円以上で送料無料になっているので、あみあみとどちらを使うかの判断がけっこう難しくなってきました。
 まあ何にしろ、便利になるのはいいことです。

■「奥さまは魔法少女」は1話はかなりベタでしたが、2話以降は話が予想外の方向に転がっていて割と素直に面白いと思います。

■そういうわけで今日もヨドバシ梅田に。MGアッガイとドムトルーパーとTFGFソニックボンバー、ランブルが全部入荷していたので全部買いました。で、TFGFのキャンペーンのマイクロンはもらえなかったのですが、配布が既に終了していたのか忘れられていただけなのかは不明。まあいいか、とか思いつつ帰宅してから、ガンプラエースももらえなかったことに気がつきました。はふう。

■アッガイはドムとかキュベレイと同じサイズの箱にみっしり詰まっていてくらくらしますが、何か妙に色が浅黒いです。個人的にはもっと明度が高い方が好みなので、塗るかどうか考え中。
 ドムトルーパーはザクと競合して没った機体の設計データをクライン派が入手して作ったという設定ですが、何か効率の悪い話のような。

 ・・・そういえばドムトルーパーのキットは、結局本編での初陣より前に発売になりましたね。一応登場はしているけど、ハンガーで立っているだけですし。

■去年のウイングセイバーはビークル→ロボットは差し替えなしで変形して両形態でスタイリングも良好、さらに全身が4個のパーツに分離してコンボイの手足に合体するという壮絶なギミックと引き換えにロボットモードでの可動箇所が異様に少なかったわけですが、ソニックボンバーは可動範囲広めで単体でも遊べる半面、コンボイとの合体は基本的に背中に背負うだけです。胸に装甲パネルがつくのと手持ち武器が追加されるので、ぱっと見の印象はけっこう変わりますが。
 コンボイスーパーモードのでかい羽根と大砲が生えたバックパックが丸ごと余剰パーツになってしまうので、正面から見るとボリューム的にも合体前と大差無くて、パワーアップ感は今ひとつかも・・・。もっとも、横から見ると背中に色々付いててけっこうゴツいし、手持ち武器の剣のおかげで動かしたときの印象には変化があるので、デザインが好みならけっこういい感じだと思いますが。あと胸の装甲がメッキパーツでちょっと勇者ロボ風味でしたり。
 それと、背中側にコンボイの腕を収納するスペースが無くなるのでライガージャックとの同時合体は不可能です。

 あとランブルは3色全部買って並べると実に愉快です。ロボットモードも一応フル可動ですが、ビークルモードの多脚戦車がいかにも無機的で量産品っぽい風情で、数を並べると実に楽しいです。個人的にはソニックさんより満足度高いかもだ。


2005/07/29
■MGのガンプラのインスト設定文は厳密にはオフィシャルではないようで、たまにとんでもない記述が飛び出すこともありますが(MG脚無しジオングの「Trumpf X」とか。個人的にはこのネタは好きですが)、MGアッガイのインストを読んでいるとアッガイたんがスーパーでスペシャルな超高性能モビルスーツのように思えてきて愉快です。陸上での機動性はザクと同等以上、高いセンサー性能・ステルス機能を備え、しかも生産性はジオンの台所事情にやさしい万能兵器です。何かジオンはドムとかズゴックとか作っている暇があったらその分アッガイだけ量産しておけばジャブローだって落とせたのではないか、という気すらしてきます。

 それにしても、数年前にモデグラのインタビューか対談か何かの記事で川口名人が「価格を5万円くらいにすればマスターグレードでアッガイを出すこともできる」という趣旨の発言をしていたことを思うと、頭がくらくらするくらい隔世の感がありますね・・・。1/144デンドロビウムといい、空想具現化マーブルファンタズムな感じです←どんな感じだ。
 あと10年くらい待てばマスターグレード・ターンXとか本当に出そうな気がしますよ。

 で、アッガイ発売までにMGの赤ズゴックを買おうと思っていたのをすっかり忘れていました。盆休みに在庫があったら検討します。

■今日もヨドバシ梅田に。カードのポイントを使ってDPSを買ったり、アッガイに使えそうな茶色の塗料を買ったり。あと∀再販の1/144のヒゲとカプルが欲しかったのですが今のところ未入荷の様子。
 1/100のヒゲはあみあみで予約済みです。1/100スモーは地元のおもちゃ屋に2個残っている(箱は割とべこべこですが)ので後回し。というか放送当時に買った組み立て済みのを各1個持っていますが。
 あみあみの1/100も予約分以外の在庫はほとんど無いっぽいし、どうも出荷数自体少ないようです。通販だと1/144はそもそも入荷しているショップがあまり無いね・・・。
 そういうわけで品薄っぽいので、この調子でバンダイがターンエーは売れると勘違いして新作を出してくれないものかと夢見がちな日々です。というか勘違いとか言うな。

 そういえばガンダムデカールの新作も見当たらなかったような。あとTFGFのランブルが激減していました。最近のTFではかなり売れている部類・・・というか3色まとめて買うというケースが多かっただけかも。

■SIMPLE2000の地球防衛軍2とスパロボα3のどちらかを買うつもりでしたが、結局スパロボを購入しました。そういえば今回はイデオンが追加になった程度で富野分が少ないですが、アイビスが出てくるなら大抵のことは許せます。ええ。
 そしてDPSはスパロボ完全スルーです。まあ今までにスパロボの攻略記事が役に立ったのはSFC版の第3次(今は亡き電撃SFCに鬼のような圧縮率の記事が載っていました)だけですが。


2005/07/30
■セミが五月蝿いです。セミなのに蠅とはこれいかに、とか古臭いことを。
 ところでTFGFの新EDの一番最後に唐突にローリが出てくるのが地味に謎ですが、かわいいは正義らしいからまあいいのか。

イカロス出版の萌え戦車本を購入。店頭でも通販でもさっぱり見当たらなかったのですが、bk1で「1〜3週間で発送」になっていたので注文したら3日くらいで発送されて慌てましたが。
 中身は漫画とイラストがちょっと付いている以外はおおむね普通の解説書ですが、手頃な入門書が1冊欲しかったりもしたのでちょうどよかったです。

■今日はガンプラを塗りつつスパロボもやっていたので結局ガンプラは完成していませんが、通販で限定斬鬼カエルセットのついでに注文した1/48AGスコープドッグが届いたのでそれを。

 マシンガンの銃口をドリルで掘って、股関節の受け側を削って開脚角度を広げて、あと部分塗装してます。
 久しくリアル系ロボの商品を出していなかったタカラの復帰作ということで不安がけっこうありましたが、それにしてはかなりよく出来ていますよ。このサイズで全身フル可動かつ降着も可能というのは単純にすごいですし。腕の肉抜きとか写真で見ているとちょっと残念な部分もありますが、現物はとにかく小さいこともあって意外と気になりません。
 価格や質感ではHCMPの方が上かな、とも思いますが、ガンダムとボトムズの市場の差を考えると充分お買い得ですねー。

 で、このAGスコープドッグと組み合わせる用に1/48の軽車両とかアクセサリみたいなものが欲しいのですが、とりあえずヨドバシにはタミヤのヘッツァーが1個残っているくらいですね。今度もう少しAFVに強そうな店で探してみます。

■スパロボは操作性がものすごく改善されています。マップ上で出撃ユニットの位置を入れ替えられたり戦闘アニメの早送りと中断ができたりヘルプ機能も充実で実に快適です。ただα2から続投のロボについてはグラフィックの使い回しが多いですが、メガ粒子砲を撃つときのシナプス艦長の後ろにシモンが描き足してあったりとか細かい変更あり。あとνガンダムのフィンファンネルが格好いいよ。すげー。ファンネルとか言いつつダミーバルーンばらまいてビームライフル連射しています。
 アイビス狙いなので主人公はセレーナを使っていますが、個別ルートはSEED寄りでしたよ。親父が死んだ直後にフレイがキラに詰め寄るイベントが音声付きで再現されていて何とも暗黒ですが、この頃のキラはけっこういい奴でしたね・・・。
 で、今週のSEED-D総集編Bパートのナレーションでキラがよくわからないことを言っているのを聞いて、2年という月日は人を変えてしまうのね、とか思いました。いや、だからザフトがAAを攻撃するのは先にあんたが攻撃したからだってば。とか一応突っ込んでおきます。

■ところで暁のビーム反射は2年前に完成していたかどうかはともかく、少なくとも完成したばかりの最新技術ではないと思われますし、オーブ内で他の機体に使用されていないのはともかく、世界が戦争下ないし緊張情勢にあって兵器開発が盛んな状況で同種の技術が他に開発されていない、というのはちょっと不自然な気もします。でもSEED世界では量産機の防御力を軽視する傾向はありますね。どういうわけかPS装甲もアルミューレ・リュミエール(ハイペリオンのバリア)もゲシュマイディッヒ・パンツァー(フォビドゥンのビーム湾曲)も量産型MSにはほとんど採用されていません。
 PS装甲と同時期の技術であるMS用のビーム砲は2年前の段階で量産機への導入が開始され、現在ではほぼ一般化していることを考えると、あの世界ではMSという兵器は、基本的には敵の攻撃は防ぐより避けるもの、として考えられているっぽいです。
 連合はともかく人的資源の乏しそうなザフトで量産機の防御力向上が軽視されているのは、その分を機動性・運動性に回した方が生存性向上には有効、という判断なのだろうし。実際ザフトは試作機でも防御装備はおおむね連合・オーブの技術を模倣したもの(PS装甲、VPS装甲、ビームシールド)しか採用していなくて、独自の技術はあまり無いです。
 ただザフトでは、核エンジンもしくはデュートリオンを積んでいる機体にはほぼ必ずPS(VPS)装甲を積んでいるので、「バッテリー駆動だと電力に限りがあるから、ビーム砲を積んだら防御に回す余裕はない」という理由もあるのかもしれません。でもデュートリオンを使えないはずのファントムペイン強奪後のガンダムも電池切れを起こした描写は特に無かったし、バッテリー容量ないし消費電力も2年で改善されているようですけど。


2005/07/31
■セミが(中略)。どうもうちの庭の木がセミと相性いいみたいで、土日も朝寝ができません。あと朝に玄関に出ると頭が割れます。ぱかーん。

■ザらス通販にエクスプラス大怪獣の新作、ウルトラQのスダールとゴーガのモノクロ版がいつの間にか入荷していました。ST版は次の週末に受注開始です。何か本気でウルトラQの怪獣を全種出すつもりっぽいです。

■今週は特撮枠がお休みですが、エウレカセブンはまたレントンが幻覚を見ていると思ったら脚本が小中千昭で妙に納得しました。
 ゾイドジェネシスは激しく壊れていた無敵団編がどうしようもないオチをつけて完結。FF4を思い出しました。
 あとマイメロディはうさぎ一家がそのままツインテールの人の家に住み着いていて奇行の限りを尽くしていて相変わらず頭がクラクラします。

■スパロボぼちぼち進行中。キラとフラガが合流していますが、どうもSEED系は基本的に乗り換え不可のようです。改造がどう引き継がれるのか予想しにくい。
 ストライクは機動力やALL武器重視ならエール、威力重視ならソードという感じ。ソードが射程もそこそこあって意外と強いです。ランチャーは移動攻撃可能な武器が弱くて射程も1なので、常に小隊長にしておくにはちょっと不便。
 メビウスゼロはガンバレルが強力でザコの始末に猛威を振るいます。
 あと前回は武装が貧弱だったり射程が足りなかったりしたW系ガンダムが今回かなり強化されています。

 ところで今回はマップ上でセーブした後に中断すると表示される寸劇みたいなものもキャラ図鑑登録の対象になります(その後セーブしないと消えるけど)が、私は最初に中断したときにいきなりアズラエルと愉快な3人組が出てきて半笑いでした。
 あと今回ミゲルは登場しません(イベントでは名無しのザフト兵が彼のセリフを喋ってます)。それとサイとミリアリアは声付きですが、トールとカズイは声なし。

■MGアッガイを塗装して、薄い方の茶色は同じ水中用だし、ということでガンダムカラーのグーン用アイボリーを塗ったらちょっと白すぎました。

 なのでカーキで再塗装。あと濃い方の茶色は赤褐色とカーキを混色してます。

 中身がぎっしり詰まっているせいか、手で持つとプラモデルなのに合金玩具並みの重量感がずっしりです。このアウトラインで手足の可動とか伸縮も入っていてけっこう凄い出来です。

 ↑同じスケールのガンキャノンとの比較。何か本気でザクが丸ごと入りそうな大きさです。ガンキャノンは割と格好いい方にアレンジ入っていますが、アッガイは元デザインに近いバランスですねー。

■でもってドムトルーパーも組み立てました。

 HGUCドムトローペンとの比較。写真だとトルーパーだけ紫の赤味が抜けてリックドムみたいな色になっていますが、現物は左のと同じような色です。あと配色はちょっと変えています。
 全体にトローペンより細くなっていて、これはザクのウィザードと互換性を持たせる都合もあったと思いますが、そのザクもHGUCの初代ザクより細いので、ザフト機はジオン機より細いのが正解のようでもありますが。

 スラッシュウィザードを付けてみました。HGじゃなくコレクションのウィザード各種も装備可能。でも初期装備のバックパック(イージーウィザード)を外すと格闘武器が無くなりますね、この人。

■あと、SIC匠魂6のライダー1号+サイクロンをシングルで購入しました。

 ↑ポピニカスーパーマシンとの比較。大きさはほぼ同じ。結局ポピニカは第2期のアイテムが発売延期したうえに、フィギュアの大きさが全然違っていて第1期のアイテムと並べて飾れないというどうしようもないオチだったので、匠魂の出来がこれだといよいよ泣けてきます・・・。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system