雑記 2005年10月前半分

2005/10/01
■NHKの件に関するアレが今朝の朝日に載っていましたが、違う意味で面白かったです。

■さて今日はSEED-Dが最終回でしたが、元々何を考えているのかわからないキラに加えて議長までわからなくなったと思ったら最終回になってレイまでわからない人になってもうてんやわんやですねー。とか。ついに艦長まで乱心。そして事態に一番責任があるはずのラクスが最終回ではほとんど目立たないのも相変わらず・・・。
 ロボアニメとしても戦闘の盛り上がりが今ひとつというか、単に尺が足りないせいだろうけど前作ではジェネシス1個壊すだけでアスラン死にかけていたのに今回はほとんど一瞬でレクイエムもメサイアも落ちていますし、実質的なラスボスのレイとシンがへちょいし、新規作画のストフリ対レジェンドと回想の旧フリ対プロヴィデンスの区別がつかないし←おい。
 で、見事に脇役になっていたシンですが、でもキラとかアスランより扱いが悪くなった結果として人としては彼らより幸せっぽい気もします。というか自分が変に壊れたりしなかったうえに最後にルナさんも生き残って一緒にいてくれたわけですから、もう充分すぎるくらい充分かと。

 細かいところを突っ込んでおくと、先週メイリンがインパルスを見ただけで中身がルナさんだとわかったのもちょっと不自然ですが、今週もキラが何故かタリアのことを知っていたりとか。少なくとも直接会ったことも通信とかで会話したこともないのに。
 あとはインフィニットのリフターの使い道がちゃんと示してあったのは、それが合理的かどうかはともかくよかったと思いました。

■で、恒例の写真ネタ。まずはGFFイフリートです。

 格好いいです。というか格好いいと私は思います。

 GFFにしては脚部の可動範囲が広め。これで腰がひねれればなおよかったのですが。この調子で金型流用してイフリート改も出るといいなあ。

■ターミナスR909のプラモデルも組み立て完了。

 ニルヴァーシュと比べるとシンプルに見えますが、これはこれで顔とか胸とかけっこう複雑怪奇です。個人的にはターミナスの方が好み。ガンプラと比べると色分けが甘いのは相変わらずですが、よく見るとニルヴァーシュより改善されています。
 ランナーはブーメランのところに継ぎ目があったので、決定済みのR606に加えてR808も商品化を視野に入れた設計にはなっているようです。ブラストインパルスが流れた件もあるので、出るかどうかは909や606の売れ行き次第でしょうけども。


2005/10/02
■風邪気味で体調が微妙なので家にいましたが、出かけないなら出かけないでやるべきことはいくらでもあるのに気がついたら眼鏡を分解してメンテナンスしていたわたくし。

■今週のゾイドは戦記的な話が続きつつ、ルージとザイリンの久々の直接対決もあってロボ的にも楽しめましたねー。そしてあそこまでラカンとルージの策を読みきっておきながら、タイマンにこだわったうえで結局ルージに負けて全てを台無しにしてしまうというザイリンの詰めの甘さに萌え萌えです。

 エウレカは状況が動いていて面白いけど今後ものすごく暗い展開になりそうな気もして気が重いとか言いつつ、でもビームズってランバラルなのか、とかしょうむないことを言ってみたい年頃です。あとエウレカの顔の火傷の跡みたいなのが気になって仕方ないです。

 マイメロは話が黒い以外に、本編中での関連商品の宣伝が非常に投げやりなのも特徴ですが、今週もそんな感じ。あとマイメロがいい加減なことをやって結果としてクロミさまに完敗したわけですが、来週は別に努力とか友情とか関係なくうやむやにパワーアップするという展開を期待したいです。

■ターミナスR909のプラモに付属のスタンドはニルヴァーシュのものより可動部が2箇所増えて、リフボードを水平から90度くらい曲げられるわけですが、実際には本体の重量のせいでベースが倒れたりするのでポーズはある程度制限されます。

 ↑とりあえずこのくらいなら安定して飾っておけます。あとこの写真を撮った後で色々動かしていたら肩と足首あたりの塗装部分がめりめり剥がれてへこみました。うう。

■あとEMIAザク。

 ↑付属の武器は全部同時に装着できます。今回はマゼラ砲とかOVA版マシンガンとかは付属しませんが。
 で、製品状態だとブラシが強くて、特にシールドとかはかなりすすけている感じです。で、とりあえず溶剤で落とそうとしたのですが、本体色の下地まで溶けてきて変な色になるし、全部落として成形色状態にしようとするとものすごく時間かかりそうだったので、上から塗ってみました。

 ↑全面塗るのが面倒だったので、ブラシがきついところにガンダムカラーの1/100MGザク用(1/144HG用は色が違います)でドライブラシっぽく塗っています。あとスミ入れも太い気がしたので上から塗って消していますが、これは残した方がよかった気がしないでもないです。
 あと、武器が大きすぎる気がするのでこっちの写真はマシンガンを1/144HG-UCのものにしています。全長は1/144の方がちょっと長いですが、スコープとマガジンは小さめ。・・・あんまり変わりませんね。これを切り詰めて短くすると丁度いいかも。ちなみにバズーカは太さが倍くらい違う(1/144の方が細い)ので、交換した方が収まりがいいです。


2005/10/03
■土曜日にヨドバシ梅田のタイムセールでMGボール08小隊版(黄色)が800円だったそうで、それはお買い得だと思いつつ週末特価じゃなくタイムセールなら日曜に行っても無いだろうなあ、とか思っていたら、どうも日曜にもやっていたそうですタイムセール。黄色ボール買うのを後回しにしていたのでそろそろ在庫が無くなる前に押さえておこうかと思っていたのですが、こういうことされると通常価格で買うのは避けたくなりますね←ケチ。ソフマップの新装セールでも半額だったらしいし。

■とりあえず電撃文庫の今月の新刊に古橋秀之氏の新刊があるので要チェックです。あと月末には「いばらの王」6巻も。それと今週に高山版SEED-Dの3巻も出ますね。もう続編作るくらいなら高山版をアニメ化すればいいじゃないっ、とか冗談のつもりで言ってみましたが、何か本気でその方が面白くなりそうな気がしてきて洒落になりません。

■スパロボα3の攻略本は電撃のを買ったわけですが、難易度による敵の変化がフォローされていなかったり(今回は一部機体の性能が変わるだけで配置は同じみたいですが)、武器の改造による攻撃力上限が記載されていなかったりで(今回も機体や武器によって改造段階による上昇値が違うので、フル改造時の攻撃力の上昇値は一定ではありません)、設定画がほとんど載っていないこともあって個人的にはやや残念な内容でしたよ・・・。他のも軒並み分厚くて高いし、とりあえずフラグ成立条件だけ裏が取れれば充分ではあるので、もう1冊買ったりはしませんが。
 ただ、電撃のには中断セーブから終了したときのメッセージが一通り収録されています。あれ種類かなり多いね。
 ちなみに封入のしおりはクォヴレーでした。そういえばα2でもアイビスかクスハのが欲しいと思っていたら見事に親分でしたが。呪われていますか。

 で、クォヴレーの機体はP武器の攻撃力が低めでこちらから攻め込むには不向きなので(というかα2とα3の8人の主人公の中で、最強武器がP属性じゃないのはクォヴレーだけです・・・)、2周目は中断してクスハで1面からやり直しています。ビルガーとファルケンもグラフィックは変更無かったし(ハイペリオンはマニューバGRaMXsだけモーションが変更になっています)。
 クスハさんは前作での初期機体の龍人機がけっこうオールラウンドな機体だったのに対し、今回の轟龍改は飛べないうえにP武器の射程が3しかなくて、長所はHPが高い割に回避性能もそれなりということくらいですが、まあ乗り換えまでの辛抱ですし。
 あと割とどうでもいい話ですが、α3ではシンジが原作とは別人のように成長している一方でキラは割とそのままラストまで行っているあたりに原作への理解を感じました、とか。


2005/10/04
■今日は諸般の事情で帰宅が遅かったわけですが、そういう日に限ってガキの使いの特番とかがあるわけですが、録画予約しておいたのでそのうち見ます。

■DCSSを視聴。音夢の代用品ということりのポジションがアレなことには他の登場人物(除・朝倉兄)も気がついていたらしい、という話。あと今回は夏服→水着→温泉という露出増強週間でしたが、やっぱり腕が細いのが気になって仕方ないです。折れそう。
 ・・・そういえば、登場人物が女性陣ほぼフルメンバー+杉並も参加ということで、こっそり同級生の女顔の男が1人だけハブられていますね。

■ガンプラジカルを買いそこねた件ですが、結局サテライトハウジングだけ発送してもらうことにしてメールを送りました。そして品切れ通知メールには取り置き期間は2日なので早めに返答する旨記載されていたわけですが、そのメールが届いてから丸4日経過しても何の音沙汰も無くてちょっと不安になってきた昨今。
 あ、ちなみにアメンボに申し込んだAGラウンドムーバー2種は今日届きました。

■トイズワークスのスパロボフィギュアは、1/8で5000円というのはPVC完成品としては高い部類だし、クスハとラミアの出来は写真で見る限りだと・・・同じ1/8のボークスの完成品と比べると原型段階で出来に差があるのはどうにも否定しがたいけど、でもボークス製の半額以下で行列とかしなくても買えるならアリ・・・なのかなあ、これは。という何とも判断が難しい感じになっておりますが、何かシリーズ第3弾のエクセレン(参考:あみあみ)の見本写真は前2者と比べると妙に出来が良さそうですね。
 もっとも量産品には劣化がつきものなので、とりあえず第1弾のクスハの製品状態を見てからじゃないと怖くて予約できないなあ、とか。
(※ちなみにPVC完成品としては、マックスのやよいさんが1/7と一回り大きいサイズで約5000円。1/8だとコトブキヤなら3000円台、他のメーカーでも4000円前後くらいで何とかなるところだと思います)

 でもアレか、ボークスといいバンダイの箱フィギュアといい今回のこれといい、エクセレンはジャケットを脱がせておかないといけないというのが定説なのでしょうか。

■あとボーメ氏原型のKOS-MOSがぼちぼち予約開始していますが(参考:とらのあな←あみでも予約開始していますが写真がまだ無いです)、12月予定なのでアルターのKOS-MOSとほぼバッティングする模様。今までほとんど商品化されていなかったのが出るなりこの状況とは、世の中はままならないものですね。とか。
 個人的な好みとしてはボーメ氏のフィギュアは脚が長すぎると思いますし、海洋堂の量産フィギュアは肌の質感とかあまり好みではないのでとりあえず予約はアルター版だけにしておくつもりですが、でも海洋版に付属のゾハルはちょっと欲しいですが。


2005/10/05
■とりあえず、どうでミー賞の投票は済ませておきました。パイ食わねえか。あとメロンの通販ですが、今日大阪店への到着連絡が来ました。土曜日は出勤予定なので仕事帰りに受け取ることにします。店内はともかく電車は確実に平日の夜より空いているから楽だしねー。というか土曜日に出勤している時点であまり楽ではないです。

th氏によると旧ガメラシリーズが神戸のサンテレビで放送予定とのことですが(このへん参照)、とりあえず怪獣映画としては来週放送の「ガメラ対バルゴン」が例外的にまともなので怪獣好きな方にはオススメです。話の中身はけっこう暗くてあんまり爽快感とか無いですが、昭和ガメラには珍しく子供向けということを意識していない渋めの展開で(具体的に言うと子役とか全身タイツの宇宙人とかイーデス・ハンソンとか大村昆は出てきません)、怪獣の対戦も夜間なのでアラが目立ちにくい(←おい)こともあって割と素直に見られます。
 駄作方面としては怪獣のデザインが狂っていてセットがチープで宇宙人は外見も行動もチープで取って付けたように「宇宙ギャオス」なるぞんざいな怪獣まで出てくる「ガメラ対大悪獣ギロン」が筆頭かと。サンテレビの今月の予定にはないですが。

 ちなみに昭和シリーズの最終作は「宇宙怪獣ガメラ」という、特撮部分はおおむね旧作のフィルムを編集して何とかしてしまったうえにそれをつなぐ新規映像がどうにもチープかつ狂っているという世紀の怪作ですが、本来なら旧シリーズの続きとして「ガメラ対大邪獣ガラシャープ」という作品が制作予定だったそうです。悪い大蛇の怪獣だから大邪獣。とりあえず蛇が苦手な人が見たら悪い夢を見そうなデザインでした。

■ぼちぼち年内のガンプラ発売予定が固まってきたようですが、年末商戦対策としては1/60電飾ストフリが主力のようですね。個人的にはヘイズルとガブスレイが本命なので懐にやさしい展開です。
 いや、電飾とかのギミックは割と好きですが、何か通販サイトに出ている見本写真(参考:ビージェイ)を見る限りだとプロポーションがあまり改善されていないような・・・。ストフリより旧フリの方が好みですし。


2005/10/06
■高山版SEED-D3巻買って読みました。凄いよ。あれだけ尺を削って話がまとまっているだけでも凄いですが、ハイネ死亡からフリーダム撃墜までの流れがシンを中心にきれいにつながっているのが驚異的です。4巻も楽しみ。

 あと保険所さんのアガツキが妙に格好いいです。いっそ缶スプレー買って自分で作ろうかなあ、とか。

■ARIAを視聴。背景は原作のカラーイラストに色使いが近い印象ですね。話は大筋で原作と同じでしたが、原作ではじいさんだったゲストキャラが幼女になっていた辺り、それなりに狙ってはいるようです。

■通販のユージンSRファイティングジャム到着(シングルでイングリッドとヌールとアレックスのみ)。相変わらず塗り分けの精度は甘いですが、大きさと造形については500円で売っていても納得できる出来ですねー。ただフル装備ヌールを作ると余ったヌールB本体が単独で自立できないのでどうしたものか、とか。
 前回のVS4は品薄が凄かったですが、今回はだいぶ改善されたようですね。まあ十字架リリスは出来が異常だったので数が作れなくて当然という気もします。

■年末のガンプラは個人的には懐にやさしい展開だとか昨日書いたところですが、HCMPがありましたね。アッシマーとMk-U箱。まあガンダム関連はたいていの量販店で2〜3割引きなので金額的にはあまり圧迫感無いですがー。あとゼータのVer.2もたぶん買うと思いますが、Ver.1もパーツの固定は甘いもののアウトラインはカトキ色が強めでいい感じなので、これも在庫があるうちに押さえておくべきかも・・・。
 ガンプラの新作は1ヶ月もすれば再出荷があるのが普通ですが、現在品薄のヘイズル改は10月に出荷予定が無いので当分品薄が継続しそうです。一応11月には出荷予定があるようですが(ソース)。あとBB戦士で大将軍のイボルブ版が出るそうですが(参考:あみあみ)、烈火武者に鎧パーツ追加とかでしょうか。とりあえず楽しみ。


2005/10/07
■今週のローカルネタ:大阪市営地下鉄の話題ですが、御堂筋線以外はぜんぶ赤字なのか。まあ事務所引っ越してからは日本橋に行くときくらいしか乗りませんが。

■よくよく考えたら玩具業界はGW商戦→盆休み商戦→中間決算→クリスマス・正月商戦→年度末決算→(以下ループ)という流れで年中山場だらけなので、「今は○○商戦の新製品ラッシュで出費が厳しいけど、これが過ぎれば楽に・・・」とかいう考えは基本的に間違っているのではないか、と今更思いました。そういうわけでこれからは毎日が山場だと思うことにします←おい。
 でもさー、無駄遣いをやめてしまったら私は何のために生きていけばいいのですか←非常に間違っている大人の例。

■1週遅れのかみちゅ最終回を視聴。最後までゆりえ様の顔の作画がかわいく見せようとかいう意図が皆無な方向に凝っていてよかったなあ、とか。あと最後まで保護者要員の光恵さんにフォローしてもらう駄目っぷりも素敵です。むしろ光恵さんが素敵。

■メガハウスのケロロおかんフィギュアと一括にしたせいで配送が遅れていた超合金魂ザブングルとか山口式ガンバスターですが、発送連絡が来たので最短で明日に届きます。ふう。早くブングルで遊びたいですブングル。ガンバスに至っては延期が連鎖して入荷から1ヶ月放置という有様なので関節とか癒着していないか不安もあったり。
 あとケロロおかんについては、例のケロロ柄の水着をそのままにするか落として単色にするかでちょっと迷い中。まあ現物見てから考えた方が良さそうですが。それとあの水着は原作の扉絵で似たようなのが出ていますが柄そのものは違いますね、とか確認したついでに再読してみたら初期の軍曹は見た目がかなり別人で驚愕しました。人間キャラとかタママは大して変わっていないので1人だけ違和感がえらいことになっています。
 ところで軍曹プラモも品薄ムードですが、今月中には全種再出荷されるようで。あとターンエーも種類を絞って再出荷されるようですが、比較的不人気らしくて2回目の再販から外されているスモーやフラットすらもう在庫が無いという・・・。

 そういえばメガハウスのミーアも予約していたのをすっかり忘れていました。仮予約なのでまだ確保できるかどうかも不明ですが、もし初回分が回ってきたら一括発送するようなものが特に無いので送料がもったいない、とか思ったりもする昨今。


2005/10/08
■えっじゃあ何、ワタナベシンイチだけじゃなく渡辺信一郎もナベシンって呼んで間違いじゃないの? とか今更思った昨今。

■今日も仕事ですが平日より人は少ないので、古い仕事のファイルをCD-Rに焼いたり(結局エラーが出まくって頓挫)、コーヒーを飲むのに使っているカップの茶渋が目立ってきたので、給湯室にあったキッチンハイター(所有者不明)を使ってみたりとかしました。特に後者はそれ仕事と違うし、という感じですが。ハイターは量が少なくて(というかコップ1個だけだし)正規の希釈レシピが使えないので、てきとうに目分量で入れてみたけど見事に落ちますね。さすが手につくと洗っても塩素の匂いが全然落ちなくてげんなりするだけのことはあります。というか臭いよ。うう。

■で、日頃色々とたまったアレやナニを発散すべく、帰りは日本橋でサテライトハウジングを受け取るついでに無駄遣いツアーを敢行しました。まずメロンで受け取りを済ませて、ついでに古橋秀之氏の新刊の「ある日、爆弾がおちてきて」(参考:bk1)を購入。
 続いて大型店舗では比較的(というか、むしろほぼ唯一)スケールモデルに強いジョーシンスーパーキッズランドで1/48の車両とかフィギュア、具体的にはAGスコープドッグとあわせられそうなアクセサリを物色してみましたが、エアモデル用のグランドクルーはポーズがいかにもエアモデル特化だし車両はタミヤAFVのドイツ車しかなかったりで結局タミヤのウェザリングマスターとウェザリングスティックだけ買ってみました。
 それからMEZCOのヘルボーイ原作版アクションフィギュアが無いかと思ってコトブキヤに寄ってみたら見事に在庫あり。ヘルボーイは表情違いで3種存在するのが在庫1個だけで選ぶ余地皆無なのが残念でしたが、ロブスタージョンソンは他のアイテムと同時に買うと価格が2/3になるというセール扱いだったので、ほくほくしつつこの2種を同時購入。ちなみにアソートが少ないと評判のロボゴリラは在庫なし、リズ・シャーマンはあったけどスルー。
 あとTFはヨドバシよりビックの方が1割安いので(ポイント還元は同率)、この機会にメガロコンボイもがっつり購入しておきました。

 そんなこんなで散財しつつ荷物がえらいことになりましたが、さらに通販のブングルとかが届いていていよいよえらいことです。とりあえずさっきまで開封していましたが、手に油分がべっとりで気持ち悪くなりましたよ。ふう。これから色々遊んでみます。

■ToHeart2を視聴。とりあえずT(略)Rよりはずっとまともな出来のようですねー。枠は同じなのに。ヒロインの人がたまに軍隊口調になるというから、てっきり「泣いたり笑ったり出来なくしてやる!」とか「ベトナムに行く前に戦争が終わっちまうぞ!」とか言うものだとばかり思っていました。嘘ですが。
 で、ヒロインの人よりもヒロインの同級生の人とかヒロインの母親の人の方に目が行くという割といつも通りの偏った反応に。


2005/10/09
■アマゾンでハンディホームスターを予約して、それだけだと送料が発生するのでついでにパクマンさん貯金箱と本を1冊追加したところ、何か本だけ分割して発送されてきました。送料は無料扱いですが代引手数料はしっかり2回分発生するわけで、損得で言えば損です。うう。これでホームスターが確保できなかったとか言ってきたらどうしてくれようか←いや、ここで愚痴るくらいしかどうしようもないですが。

■BLOOD+はこういうアニメで女の子同士でべたべたしている場面が見られるとは思わなかったのでよかったなあ、とか。たぶん来週以降は無いと思いますが。あと深夜にやっていた劇場版は寺田克也キャラなので絵の違和感が凄かったですよ。
 地獄少女(関西地区では深夜枠)も見ましたが、ものすごく定型通りの話という印象。
 ゾイドは次の展開の前フリ+脇役メカのパワーアップ編でしたが、話の都合で来週以降しばらくコトナさんの出番が減りそうなのが残念。そのぶんミィ様は出番多そうですが。

 あとマイメロは非常にいい加減な展開で相変わらず楽しかったよ。

■で、写真ネタです。まずはMEZCO社のヘルボーイ原作版アクションフィギュア。

 ↑ヘルボーイ。ゴツゴツした造形と人型を外れたプロポーションでけっこう原作の絵に似ていると思います。表情違いでバリエーションが3種あって、本当は歯をむいているのが欲しかったけど店頭にこれ1個しかなかったよ・・・。
 足首が固定なのでポージングの幅は広くないですが、他は割と動きます。銃はホルスターに収納する他、左手に持つことも可能。ただ劇場版フィギュアにあった中折れギミックはありません。手首に曲げ軸があるので銃を持ったポーズは色々と自然に決まりますが、この人あんまり銃使いませんよね・・・。
 他にZINCOのロゴ入り通信機と蹄鉄も付属します。

 ↑ロブスター・ジョンソン。特に股関節周辺は見た目がちょっとアレですが、可動範囲はヘルボーイより広くて色々できます。これも銃は収納可能。あと左手にはちゃんとロブスターのハサミの焼き印が再現されています。
 ちなみにこの人は原作では「正義のヒーロー」です。あと原作にちょっとだけ出てきた変な脳味噌みたいなのも付属。それと、2種類とも頭や手首等の差し替え用パーツは一切付属しません。

 ↑サイズ比較。SICより大きめです。
 けっこうボリュームありますし関節も固めでがしがし動かせますが、基本的にPVCのかたまりで重いので将来的にはへたってくるかもですが。一応並行輸入ではないからそこそこの値段で入手できますし(定価2730円)、個人的には満足でした。

■続いてメガロコンボイ。

 ↑1/144サイコガンダムとの比較。ユニクロンやオメガあたりより細長い体型なので、値段の割に身長は高めです。というかでかいです。

 ↑可動範囲は割と広め。足首があまり動かないのとほぼ全身ラチェット式で自由度はやや低いですが、基本的な関節はフルに動いて、さらに腰を曲げたりひねったりできるのでTFとしてはかなり動く部類です。
 あと、眼はクリアパーツで採光ギミックあり。

 ↑変形を説明書の手順8で中断するとできあがる、身長が縮んだロボットモード。一部で指摘されているようにこのモードへの変形でしか使わない機構がいくつかあるので、当初は正式な変形として想定されていたのかもです。

 まあそういうわけで、とにかくでかいしTFの大型アイテムとしてはよく動くので(そのぶん変形はシンプルですが)、大きいロボが好きなら悪くないと思います。あとこれを動かしていてこのくらいの大きさのイデオンとか欲しいなあ、とか無謀なことを思いました。


2005/10/10
■もし日頃からエイベックスのCDとか聴く習慣があったら今頃心情的に面倒だったろうなあ、とか思う昨今。元から全然聴いていないのでへいちゃらです。

■CD-R版サテライトハウジングを閲覧して和みました。はふう。

■タミヤのウェザリングマスターとウェザリングスティックですが、とりあえずプラの表面や半光沢の塗装面に塗ってもほぼ定着しませんでした。指でふくだけできれいに落ちます。で、フラットクリアーを塗った面に塗ると、上からクリアーでコートしたりしなくてもそこそこ定着します。

 ↑AGスコープドッグに塗ってみたらこんな感じ・・・って、あまり違いがわかりませんね。現物は質感がよくなったのか薄汚れたのか判断に苦しむ感じです。

 ↑ついでにこちらはウェザリングなしでフラットクリアーだけ塗った状態(ノズルとかマシンガンを部分塗装していますが)。
 それにしてもアクティックギアはいじっていて楽しいですねー。分解も考慮した構成なので塗装とかしやすいですし。

■あと前に買って積んでいたタミヤ1/48ジェリカンセットを一部組み立てたので並べてみました。

 ↑スケールは合っているはずなのですが、雰囲気が出ているのかというと・・・どうなのだろうか。
 ちなみに写真に写っているのはドイツ軍仕様のジェリカン2種×8個とドラム缶6個で、キットには連合軍仕様のものも同数入っています。他に車載用のシートとか布袋とかも。


2005/10/11
■さっきあみあみをチェックしたらメガハウスの12〜1月の新作を予約開始していたのでとりあえず可動ルナさんを予約してみました。ええ予約しましたよ。高いですよ。製品版の出来はまだわからないので地雷度も割と高いですよ。さっそくブルってますよ私。でもまあボークスとかのイベント限定品よりは割引き効くぶん安いし、服か素体の出来が悪かった場合は市販の汎用品と交換すればいいし。とか書いていて肝心のヘッドの出来が駄目だったら(試作を見る限り造形はまともですが、ここから収縮するので大きさがおかしくなる可能性はあります)もう致命的だと思いましたよ。ははは←乾いた笑い。

20Q.netというサイトがありまして、人工知能研究所の何かだとかで要するに「20の扉」形式でこちらが想定した語を人工知能が当てる、というものです。で、語によってはかなり少ない質問でも当ててきますが、簡単そうな語を選んだつもりでもこじれる場合もあって、割と面白いです。

■古橋秀之氏の「ある日、爆弾がおちてきて」を読了。短編集で、時間軸のズレを題材に入れてSF寄りだけど大筋ではラブコメです。中にはどう考えてもコメではない暗黒な話も含まれていますが。ギミックがひねっていて面白かったですが、古橋作品としては萌え成分が多めで割とマイルドな仕上がりでしょうか、とかてきとうなことを言ってみました。

■お知らせ:先週まで月曜深夜はDCSSを見ていましたが、今週から舞-乙HiMEが開始したので今後はそちらを見ることにします。で、その舞乙はキャラだけ一部共通していて話は世界観から違うわけですが、とりあえずしずる姉さんが強くて格好いいしなつきも健在だったので個人的にはそれだけで見る理由は充分です。というかメインの人はもう少し年齢が上ならいいと思いました。

 ついでにth氏がネタを振ってきたガンパレードオーケストラですが、正直あんまり興味ないです←おい。いやメカデザとキャラデザがあんまり好みじゃないですし、例によって原作との関連も薄そうですし、1週以上先行している他地域でのリアクションを見るに出来は特に悪くないけどひっかかりもない、みたいな感じっぽいですし。とか。
 ただARIAとは放送時間がぎりぎりで重複していないので、とりあえず1話は録画して時間がとれたら見ます。


2005/10/12
■ハガキの展開が遅延気味でしたが、どうにかリカバー。ふう。あと季節の変わり目なので当然のように風邪気味ですフォォォウ。

最近のモトヤさん。個人的にはモトヤ母の方がキャラ的には向いている気がしないでもないです。

■ビアードパパのコロネを食べました。おいしかったけどシュークリームと同じ値段でこの大きさというのは割高感が否めないと思いました。

■あみあみのメガハウス新作予約は今朝の時点ではまだ全種注文可能で、これは予定生産数を増やしているのか単にキャラ人気の問題かどちらなのだろうか、とか思っていたのですが、昼過ぎにもう1回見たらRAH-DXはおろか巫女の人ととっこさんも含めて全て予約停止していました。何事かと思いました。
 というか夜になってもそのままなので実際予約枠埋まったようです。

■IGPXを視聴。CGのロボを含めて作画は割ときれいだし話の展開もまっとうで面白かったです。別に深夜枠じゃなくてもよさそうな気もしますが。
 あと昨日の深夜枠はぱにぽにとなのはAsを録画してあるけど、今日はARIAとGPOがあって・・・えーと、GPOはやっぱり見るのやめます。というか無理。時間ねー。

■メガロコンボイの写真を載せたときに、説明書の変形手順を途中で止めると胴と脚が折りたたまれた中間形態ロボができるという話をしましたが、どうも「正規のロボットモードより上半身だけ縮めた状態の方が格好いい」という意見の方が主流のようですね。まあ実際そんな気もします。
 あとメガロさんは海外では"Metroplex"という名称(=G1メトロフレックスの海外名)になっていますが、胴と脚を両方縮めた状態だと実際メトロフレックスに似ています。カラーリングから青味を抜いてモノトーンにすればそのままリメイク版と言っても通用しそうな気が。
 ところでアニメ版では先週がメガロさん初登場の回でしたが、私は出勤日だったうえにビデオの録画設定を見事に失敗したので見ていません。うう。


2005/10/13
イグ・ノーベル賞の授賞式が行われたそうです。・・・世の中には色々な人がいるものだなあ、とか。

西在家香織派サイト内の中里一氏の日記に、フィガロのSSが掲載されています。

■帰りはヨドバシ梅田に鉄機武者齋胡を買いに行ったけど入荷してなかったですよ。ゾイドの武器も無かったっぽい。
 あとタイムセールをはじめて見ましたが、あれは店員さん大変そうですね実際・・・。というかアレはこちらも手に取りにくいので逆効果ではないかと思いました。PS2のガンダム1年戦争が980円でちょっと迷いましたが結局スルー。他にHG黄色グフと1/100緑ザクウォーリアがありましたが、これは普段と1割くらいしか違わなかったです。

■ARIAのTV版2話を視聴。メインは原作3巻にあった藍華の家出話で、これ原作では灯里と藍華の外出中に晃がアリシアに藍華の話をするくだりがあったのが、TV版ではばっさりカットされているのがちょっと気になったですよ。とか。他の変更はエピソードのスケジュール繰上げやらに伴うあれやこれやを割と上手いこと処理してある印象なので、全体としてはよかったような気がします。
 そして現在の積み録画ビデオは90分です(アニメ2本とガキの使い)。土日も見るものあるし大変です、とか大人気ない話を。

■そういえば超合金魂のザブングルも先週届いたわけですが、おまけのブラッカリィがすごく格好よくてブングルそっちのけという本末転倒な状況です。いやブングルも出来いいけど、評判どおり背中のパーツは異様に外れやすいですが。スキッパー後輪は固定軸を瞬着とかで太らせれば安定しますし、頭部アンテナについては変形させるときに首を外してしまえば済む話ですが、背中のパーツは羽根の交換ギミックを殺さずに固定するのは難しそうですね・・・。


2005/10/14
■北海道ではどうでしょう祭りが開催中ですが、私はとりあえず公式サイトで久しぶりにおみくじを引いたら
  恋愛:したいか? 無理だ
  転居:今日中に越せ
などと素敵なことが書いてありました。

■ビームライフルが実用化した暁にはぜひこの弓道場に持ち込もうと決意した昨今。

本日の法案

■今日は年に一度の検診に行ってまいりました。たまに採血とかありますが、普段は検尿・レントゲン・身体測定・視力・血圧・診察と比較的軽めのコースで、体重や視力、血圧あたりはおおむねたいした変化もなく推移しておりました。ふう。あとは尿に変なものが混ざっていないといいのですがー。

■魔法少女リリカルなのはAsを視聴。1話だと思っていたら2話だったので混乱しました。内容的には既に魔法少女では全然ないうえにあまりリリカルでもないような気がしますが、とりあえず合成音で英語を喋って所持者と意思疎通までしているレイジングハートとバルディッシュが鬼のように格好いいうえに、今回はドイツ語で喋る長剣とかハンマーまで出てきてもう大変なので、とりあえずナイトライダーとかあの手のメカが好きなら要チェックです。

■ヨドバシ梅田には今日の時点で鉄機武者齋胡とゾイド武器は入荷済み。ゾイドのは新作スペースではなく奥にありました。現物を見てもやっぱり割高な印象ですが、新規金型のバラ売りカスタマイズパーツはケーニッヒ用武器とかシュトルムユニット以来数年ぶりですし、バラ売りパーツは再生産が滅多に無いのでとりあえず全種購入。ちなみにAセットとCセットの金色のパーツは例の塗装できない軟質樹脂です。がっくり。
 TFGFのメガロコンボイはまだ余裕ありますが、マスターガルバトロンは残り2個に。ちょっと欲しいけど、やっぱり大きいしなあ・・・。
 前の号が1日フライングしていたDPSは、今回は発売日に入荷。例によって4コマ付きで、ハガキ枠にH・製作所さんのスパロボネタがあったのが何か懐かしい気分です。


2005/10/15
■昨日に引き続き北海道ではどうでしょう祭りが開催中ですが、私は公式サイトのおみくじを今日もひいてみたら
  金運:明日通帳を無くす
  病気:おでんを食べろ
などとまたもや素敵なことが書いてありました。おでんはともかく通帳は困るよ。

■ToHeart2の2話を視聴。前々から評判だけは聞いていたタマ姉という人の実力を見せてもらおうか、とか思っていたら実際かなりの強打者ですねー。素材勝ちというか基本設定だけでシナリオなんか無くてもどうとでもなりそうな勢いです。あと8年前バージョンが月姫のメイド姉妹の子供時代に見えて仕方ないです。

■例によって写真ネタを。まずはゾイドの武器セットです。

 ↑とりあえず3セット分を全部ランスタッグに装備してみました。基本的に各セットの対応アイテム2種およびムラサメライガーには装備可能な設計になっているようですが、それ以外の組み合わせだとAセット付属のジョイントパーツを使わないと装備できない場合もあります。武器のジョイントはブロックスと同規格なので、ブロックスの適当なパーツがあればジョイントの代用にできますが。
 金色のパーツは例の軟質樹脂。Bセットのみ軟質を使っていませんが、これは普通のゾイドに装備させるにはどうにも汎用性低そうです。ただブロックスを組むためのパーツとしてはけっこう良さそうな雰囲気。

 ↑とりあえず手近にあったDHM誌付録ブロックスに装備。ランスタッグ用の武器は小型機なら羽根としても使えますね。

■あと鉄機武者齋胡を組み立て。ほとんど全身ポリキャップ入りでよく動くし出来いいですよー。相変わらず塗装するのは面倒ですが。

 値段が倍するだけあってガタイも他の武者の倍くらいあります。組み換え形態によっては余剰パーツが発生してしまう場合もありますが、色々遊べて楽しいです。ジョイントが多めなのでパーツを混ぜてオリジナル形態とかもできそう。 
 今回は肉抜き穴も少なめですし、足首は接地性と変形ギミックを両立していたりで、設計に気合が入っている印象です。とても1/100のストフリとかと同じ会社の製品とは思えません←おい。

 というか、ちゃんと齋胡が出て7人揃っただけでも充分すごい事態ですが。年末には大将軍の別バージョンも出るし。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system