雑記 2005年10月後半分

2005/10/16
■北海道ではどうでしょう祭りが最終日ですが、私は公式サイトのおみくじを今日もひいてみたら
  願望:願わぬことが叶う
  待人:待ってない人が来る
  失物:他人の物を見つける
  恋愛:好意を持たぬ人に好かれる
などといいのか悪いのか判断に苦しむことが書いてありました。

■うっかりしてエウレカとマジレンジャーを見逃しました。うう。

 今週のゾイドジェネシスは世界の背景と第三勢力登場の前フリをしつつザイリンとの遭遇戦で新型の性能を見せて、さらにミィさま萌え大幅増強週間でもあったので盛りだくさんでしたねー。特にミィさまが圧倒的に強力で死ぬかと思いました。
 マイメロは学校がメインになると変態くさい話が多いような気がしつつ、黒い話を明るくまとめてしまう豪腕がステキです。あとマイメロママの教えがすごかったです。

 あと先週のぱにぽにを今頃見ましたが、飛ばし方がさらに加速していて戦慄しました。

■今日は地元のスーパーの駅弁フェアに買い出しに行きましたが、広告に載っているブツが10時10分に複数種売り切れというのはどういうことですか大丸ピーコック、とか実名を出しつつ空弁の鯖浜焼き寿司とか広島駅のかきめしとか買って帰宅。うまかったです。うめえ。
 あとついでにおもちゃ屋をのぞいて武者ターンエーを購入。あとテッカマンブラスターとかファイバードのプラモとか売っていました。

 ↑で、組んでみました。・・・金メッキのヒゲ以外はどの辺が武者なのかよくわかりません。胸鎧を外した中身はターンエーの胸装甲と同じデザインになっていますが、いっそ白いヒゲのパーツも同梱してノーマルなターンエーとコンパチにすればよかったような。
 このキットは設計段階でノーマルなSDターンエーへの金型流用が前提になっていたようですが(後でGジェネ枠で発売)、その割に肩や腕の形状がデザインとかなり違っていたりするのがちょっと謎です。
 足首はボールジョイントではないですが、腰と腕にロール軸が入っているので烈伝より前の武者としてはよく動く部類です。

■それと、2個目のAGスコープドッグUをリペイントしてみました。

 ↑オドン戦キリコ機です。・・・塗装ほとんどしてないじゃん、とかいう突っ込みは聞き流します。でも緑色はもう少し明るい方が正解っぽいですが。あと武器はショートバレルじゃないのが正解のようですがOVA見たことないし←雑。
 後ろのラウンドムーバーはてきとうに塗装したものをノーマル機につけています。

■あと、昨日の齋胡の写真を撮り直して差し替えておきました。大して違わないっぽいですが。


2005/10/17
■今年は輸入ものだと妙に安いものもあったマツタケですが、何か需要が減っているのも原因なのかも、とか。まあ旬のものというか縁起物に近いし、冷静に考えれば値段に見合った味かというとアレですがー。

中里一氏の1492の続きがアップされています。あと日記に直接リンクしないのはHoundに捕捉されるのが怖いからで、小心者ですから私。

■月9の新番を音だけ聞きましたが、えーと、この枠の担当者は性格がアレな女性がお好みなのでしょうか。

■BLEACHの19巻が百合だという神の啓示を受けたので査収。実質最初の20ページだけですが何とも格好いい百合でございました。燃えます。
 本筋も普通に面白かったですが、今から18冊揃えるのも大変だし、別に本筋は百合ではないからまあいいか←おい。

■テレ東のせいで舞乙の録画が大変です。とか言っていたらロッテが31年ぶりの優勝ですが。

■昨日見逃したエウレカとマジレンジャーが両方いい感じだったようでがっくりしている20代後半。まあ見逃さなかったゾイドとマイメロもいい感じだったので引き分けということで、今日はこのくらいにしといたるわ←錯乱気味。
 ところで昨日のゾイドでは「ハヤテライガーはムラサメと比べるとスピードが上昇しているが、攻撃力はそれほどでもない」ということが言及されています。もっともムラサメの攻撃はそもそもヴォルケーノに当たっていないので、ムラサメとハヤテでどちらがパワーが上かとかは不明ですが。
 で、TOMY公式のムゲンライガー商品ページ記載の設定によると、ムゲンはスピードを犠牲にして攻撃・防御を強化した形態とのことで、単純にハヤテよりムゲンが強いというわけではないようです。
 あとZポイントを使った2回目のプレゼントキャンペーンが実施されるそうです。私は前回にはクリアバージョンのデスザウラーに手持ちのポイント全部つぎ込んで見事に外れましたが、今回はどうしたものか考え中。


2005/10/18
■気温がようやく下がってきた印象ですが、この時期は電車の空調が止まるのでラッシュ時にはかえって暑いような気がします。はふう。

■舞乙の2話を視聴。用語説明とか状況説明とか登場人物紹介とかそういうノリの話にしては普通に面白かったです。あとなつきさんはどこに行っても苦労人だと思いました。それと前作に続いて「はいてない」ネタがありましたが、これは見られた本人が気にしていないとあまり面白くない気がしないでもないです。

■「よつばと!」の月めくりカレンダーは来年のも相変わらずキャラクターグッズとしてはそれはどうなのかというデザインでたいへん具合がよろしい感じですが、どうも検索してみた限りでは大手の書店サイトには未登録の様子。アニメイトの通販は送料がナニなのでとりあえず様子を見ます。
 そしてアマゾンでは「あずまきよひこ」で検索するとよつば関連の作品は一切ヒットしません。何故。「よつばと」なら出るのに。

■ちょっと前にオクタゴニアンを読んだ流れで帝銀事件のことを調べたついでに横溝正史の「悪魔が来たりて笛を吹く」を読もうとしたら書店で見当たらなかったので、特に帝銀と関係ない短編集を1冊買って読んでそれっきりとかいう尻切れトンボそのものなことをやったわけですが、横溝作品は登場人物が変態で異常者な話が多い割には文章が妙に明るいというか、読んでいて狂気が伝染しそうな雰囲気が無いなあ、とか思いました。江戸川乱歩あたりは読んでいてもっとアレな感じがします。
 そういえば新潮文庫版の短編集が自宅にあったのを私は小学生当時に読みました。二銭銅貨とかD坂とか載っているからミステリのつもりで読んでいたら屋根裏とか赤い部屋とか人間椅子とかでだんだん雲行きがあやしくなってきて、最後は「鏡地獄」→「芋虫」の推理要素皆無な狂気変態小説2連発で終了、という配置で読後感は果てしなく暗黒でした。小学生に芋虫はバトロワなんか目じゃない勢いで教育に悪そうです。
 で、同じ配列のものが今でも売っていますね(参考:7&Y)。

■ザらスの通販サイトはリニューアル以降、登録しなおしてもメールマガジンが届かなくなったうえにサイトそのものは相変わらず重いというか余計重くなったような気もするので、チェックが甘くなりがちで困った昨今です。で、エクスプラスのネロンガがいつの間にか発売されていましたが、5999円という価格に腰が引けたので今回はスルー。可動が強化されているとのことですが、いくら何でもケムールとかガラモンの倍の値段は・・・。
 あと再販のライガーゼロイクスは通販だと予約可だったこともあって当然のように買えなかったわけですが。


2005/10/19
■こないだ日本橋に行ったときにソフマップで神羅万象チョコ(2弾)が売っていて、もう全然見かけないから都市伝説の類かと思っていたけど本当に発売されていたのか、とか思いつつ(←嘘)2個買ったらカードが両方とも男キャラだったので絶望しました。チョコ部分は割とおいしかったけど。
 そして今日コンビニで第3弾が入荷していたので2個買ってみたらまた男キャラ2枚だったので心拍数が上昇しました。チョコ部分はやっぱり悪くないですが、続けて2個食べたら軽く胸焼けしたよ。というか胃が弱っているのかも。風邪気味だし。

■ぱにぽにを視聴。原作では出番が異様に少なくて何のために存在が設定されているのかすら疑問な6号が、アニメ版では割とキャラが立ってきたなあ、とか。
※今日現在の積みビデオ:60分

■ネギまの12巻を購入。ベタといえば一貫してベタな話ですが、それを狙って当てられる力量というのはやはり尋常ではないと思いますよ。ええ。
 今回は刹那とかエヴァがメインの吊り目強化特集(仮)ですが、脇役支持派としては千雨の出番が地味に増えているのがポイントです。

■帰りはヨドバシ梅田でMGガンダムMk-UのVer.2を買うつもりが未入荷。ゾイド新作も未入荷。ついでに買うつもりだったレジェンドだけ入荷済みでしたが、何かくやしくなったので意味もなくスルーして手ぶらで帰宅しました。
 あとTFGFのマスターガルバトロンは完売した様子なので、晴れて購入断念が決定です。残念な気もしますが、買ったら買ったで後悔しそうな気もするのでまあいいか、とか。

 ゾイドのヴォルケーノは買う予定ですが、ギルドラゴンは・・・どうしたものか。どう考えてもあんなものを置く場所は無いのですが、発光ユニットまで青色に変更されているのはいいなあ、欲しいなあ、とかそういう気分です。というか青い発光が好きなのですよ私。PS2もパイロットランプが青くなかったら購入時期はもっと遅かったと思います。
 とりあえず旧バージョン未購入のデカルトドラゴンを買って成形色の質感とか色味の様子を見てみようか、とか。でもそういうところで半端に浪費するくらいなら一気にギル行っちゃった方が結果的に無駄が少ない気もするし。

■あみあみから仮予約扱いだったRAH-DXのミーアが満数入荷の見込みとメールが来ました。今のところ10月はこれしか注文していないので何かついでに買っておこうかなあ、とか無駄遣いの原因になりそうな考えになっております。

 


2005/10/20
■モデグラのバックナンバーを掘り起こしてダンバイン特集の2冊を再読。浅井氏が巨人兵とか虫人間を造っていたアレです。全体に面白かったけど、宮武氏と富野監督のインタビューを含めてここで語られたことは後のシーンに大して影響していませんね・・・。宮武リファイン版ダンバインの方向性もすっきりしていて格好いいと思うのに。

■TFGFプライマス国内販売けっていー。しかもザらス限定とかトイカード限定とかじゃなく一般流通ー。(参考:あみあみ)わーい。ということで予約しておきましたよ。割引率とか大きさとか考えるとヨドで買うよりあみで通販した方が得っぽいし。

■ARIAを視聴。アリス登場編に暁の話を混ぜていますが、今回はアレンジ強めですね。TV版では灯里と一緒にいるとき以外の場面が追加されたり、アリスの心境の変化に重点を置いて見せている感じです。
※今日現在の積みビデオ:90分

■ヨドバシ梅田のMGガンダムMk-UVer.2は、昨日は未入荷ではなく昨日店頭に出た分は早々に完売した、ということのようです。で、出荷予定表には19日と20日に併記されていましたが実際分納だったようで、今日の夜には売り場には無かったけどレジ奥に段ボールで在庫があったのでがっつり購入。あとヴォルケーノも購入。
 ヴォルケーノはさっき組み立てました。とりあえず内部フレームは足首に可動軸が追加されたり胴体と腰の接続部が抜けやすかったのが固めに調整されていたりで、しっかり改善されていますよー。

 あとヨドバシ梅田にはギルドラゴンの店頭在庫は1個だけでしたが(たぶん奥にはまだあると思います。確認はしていませんが)、でかいです。

■そういえばトミーのゾイド公式サイトにゾイドの改造を紹介した記事が載っているのですが、メーカー側で改造を推奨するなら塗料の乗らない軟質樹脂の使用は控えてほしいなあ、とか思いました。あれ真似したら確実に塗料がはがれてがっくりすると思うのですが。


2005/10/21
■どうでミー賞の結果が公式サイトでも発表されましたが、セリフ部門で「パイ食わねえか」がぶっちぎって1位という結果は予想外でしたよ。いや私はあれに入れましたが。もっとベトナムとかサイコロとかが上位に来るかと思っていたら企画部門でも夏野菜スペシャルが意外と上位に入っていますね。

■IGPXを視聴。関西地区では今週が第2話です。初戦で惨敗した(チーム全体としてはドローですが)主人公がへこんで立ち直る話ですが、立ち直るきっかけがあれというのがよくわかりません。あとドローなのに勝ち誇ってみせる顔傷の兄貴もよくわかりませんが、全体としては普通に面白かったですし、展開が早くてあまり湿っぽくないのはいいと思いました。これがMBS毎日放送なら主人公が立ち直るのに1ヶ月くらい浪費しかねません←おい。
※今日現在の積みビデオ:60分

■今日も帰りにヨドバシ梅田に寄って電撃PS2とか塗料とか購入。装着変身のオルタナティブがあったら買うつもりでしたが未入荷でした。ギルドラゴンは10個くらい積んでありましたが圧迫感がすさまじいです。隣に積んであるデッドリーコングと1000円くらいしか違わないとは思えない巨大っぷり。
 あとMGガンダムMk-UとHGレジェンドは売り場に在庫なし。売れているのか入荷数を減らしたのか倉庫の在庫を出していないのかは不明ですが、今後のガンプラ新作は競争率が今までより上がるのかも・・・。

■中里一氏の日記に1492の続きがアップされています。3回目。あとこちらで紹介されていた「滅びのマヤウェル」を読んでみようと思ったものの、店頭在庫を探すのは手間がかかりそうなのでさっさとbk1に注文。これだけだと送料が発生するので、前々から気になりつつ予算の問題でスルーしていた「メカフィリア」(押井守氏が自作中のメカについて語ったり出渕氏をバッシングしたりする本)か「蛇の目の花園」(岡部いさく氏がイギリス空軍機について語るアレな本)のどちらかを買うことに。
 で、30分くらい長考して(←優柔不断)、結局「マヤウェルの発送時期が24時間以内だから、それに合わせた方がいいじゃん」という割と必然性の薄い理由で蛇の目にしておきました(メカフィリアは現在「2〜3日」)。メカフィリアは今度1500円以下の本を通販で買うときにでもついでに買います。
 そして注文から2時間半後にbk1から発送連絡が来て、しかもメール便だから到着まで2日以上はかかるはずが、今回は何故か1日で届きました。早い。早いよ。

 でもってコンビニにその代金を支払いに行ったついでにまた神羅万象を2個買ったらようやく女性キャラが1枚出ましたよ。ベリルとかいう獣耳の人。残念ながらケモノ娘属性は持っていないのですが、男キャラでしかもおっさんでも獣人でもないようなのよりはずっといいので、とりあえずベリル様と呼ばせていただきます。
 残り1枚は相変わらず男キャラ。あと合計6枚のうちシルバーカードが5枚で、今日はじめてノーマルカードを引いたという偏りっぷりです。
 カードの出来自体は悪くないし単価もそう高くないので、いっそ箱で買おうかとも思いますが、1箱買うとチョコが20個付いてくるのが地味に悩ましいところです。1個が意外とボリュームあるから、数を買うと加速度的にしんどいことになりそう。なまじ味がまともだから捨てるのは罪悪感がぬぐいがたいですけど、かといって大量に食べると健康とか体重とかピンチです。ウエハースだから開封後の保存性にも問題がありますしー。

 ところで1492年にはコロンブスのアメリカ大陸到達、グラナダ陥落によるレコンキスタ完遂、スペイン人によるユダヤ人の強制改宗といった出来事が起こっています。

 


2005/10/22
■今日は高槻の駅前のフランス料理屋(参考:ぐるなび)でフォアグラ丼食べてきましたよ。人生初のフォアグラです。人生初のフォアグラがどんぶりでランチタイムはサラダとスープが付いて1200円(ちなみに夜なら単品900円)で20代後半です。庶民派とか言っていいですか。
 で、そのフォアグラ丼、醤油っぽい味でフランスよりは明らかに和食寄りでしたが、いやもうすげーうまかったですよ。鶏レバーを脂っこくした感じで想像していましたが全然違いますね。もう山岡士郎はアンキモでも食べてりゃいいんだよってなもんです。でもこれはフォアグラの実力なのか調理がいいのか割と判断しかねますが。
 あと、安いだけあって量は少ないのですぐに腹が減りました。

■それとザらスのサイトを見ていたら茨木店は行って行けないこともなさそうなので挑戦してみました。茨木駅からバスに乗る必要がありますが、降りるバス停を間違えなければ見えるところにあるので行くのは割と簡単でした。バスの待ち時間を平均値で計算に入れると茨木駅から片道20分くらい。
 でもってライガーゼロイクスかアクロマノンがあったらいいなあ、とか思っていたら両方無かったわけですが。うう。そういうわけでその気になれば店舗に車を使わずに行くことも可能だということはわかったものの、イクスはともかく昨日発売のマノンが今日無いようなら競争率高くて通販で変えないようなブツを狙うのには役に立たないっぽい、という結論でして、要は骨折り損。はふう。
 ちなみに都島店も行くことは可能っぽいですが、こちらは大阪市内だけに競争率的にはいよいよどうしようもない感じでして、結局欲しいものがあるときは上手いことページに接続できる可能性に期待して通販に網を張るしかないようです。というかもうザらス限定とかやめて欲しいと思いました。

 ところで茨木店には通販で買った去年のガルバトロンUSAエディションが半額でまだ余っていてさらに追い討ちを受けた感じですが、今年の巨大スタースクリームもだだ余っていたので半年後くらいに行けば安く買えるかも、とか思いました。

■TFGFのアニメの方はギャグキャラ化が激しいノイズメイズがようやく何か動きそうな雰囲気を見せつつ、バレットとガスケットの純正ギャグキャラチームが暴れたりコンボイ司令官もボケてみせたりでノリノリでした。あと来週も予告を見る限りは割とトンチキな話っぽい。
 ※今日現在の積みビデオ:30分

■土日はここのところ毎週写真を貼っていますが、今日はガンプラも途中でネタが無いので明日貼ります。ではでは。


2005/10/23
■今日はweb拍手レスからー。
 >トイザラスなら香里園店に行けばどうですか?(香里園駅から徒歩10分くらい)
 情報どうもですー。で、調べてみましたが、どうも京阪沿線は私の環境だと電車に乗るまでが大変なので、行って行けないことはないですがちょっとしんどい感じです・・・。あと阪急山田店も乗り換えが多少手間ですが一応射程内だと判明しましたが、どのみちマノンさんはもう無理っぽいので次の機会に試してみます。
 あとザらス限定ミクロマンは今までにマテリアルフォース、サンダーバードともに再出荷があったので、マノンさんももう1回くらい出荷がある「かもしれない」という話があるようで、一応期待だけしておきます次第。

■今週のゾイドジェネシスはコトナさんの意外な過去が判明したりラカンが白兵戦では意外と頼りにならないことが判明したりプテラのフェルミ姉さんは意外と小物っぽいことが判明したりと意外尽くしでしたが、新EDが色々とアレで全て吹き飛んだ感じ。
 エウレカはますますランバラル編ですが、オマージュとしてはあれよりよく出来ていると思いました。マイメロは相変わらず。あとマジレンジャーは燃え展開ですが、ウルザードよりブレイジェル戦闘モードの方が造形が悪役っぽいような気がします。

■そういうわけで今日は写真ネタを行きます。まずはMGガンダムMk-UVer.2。

 白以外は全部塗装しちまいましたが、関節はもうすこし明度上げた方が良かったかも。ちなみに白の成形色は今までのMk-Uのキットとはちょっと違う色です(塗装指定はグランプリホワイト100%)。

 ↑可動範囲はこのくらい。・・・ってどういうポーズだ。手首に曲げ軸があるのがポイントですね。あと手指と武器保持の構造はガンダムVer.O.Y.W.0079と同様ですが、指の保持力が上がっているのであれより武器の安定性は高めで、キット付属以外の武器もそれなりに持てます。
 妙に甲高な脚とか極端に短い胴とかやたら細長いヒジ関節とか無闇に分厚いシールド基部とか、MG旧キットの欠点はおおむね解消されていますし、いいキットだと思いますよ(というか旧Mk-Uの出来がアレというか・・・)。

 ↑インストには特に記載されていませんが、バックパックにはGディフェンサー用ジョイントがあるので(カバー付きで露出しません)合体も可能。ただ、重量バランスはかなり悪化します。というか立たせにくいです。あとロングライフルは構えることも可能ですが、銃身が長すぎて背中側のパーツと干渉するのでポーズは制限されます。ついでにバルカンポッドは外さないと首がほとんど動きません。
 そういうわけで、スーパーガンダムが欲しいだけなら1/144HG-UCか来月に出るHCMPを買った方がストレスが少なく済むと思います。ギミックはほとんど同じですし。

■あと前に組んだバリュート百式にパールを塗ってクリアーイエローを塗ってみました。

 ↑現物は筆塗りしちゃったせいでムラが目立つものの光を反射させるとそれっぽい質感だったりしますが、写真だとそもそもパールの粒子がさっぱり見えませんね・・・。アップでも色々撮ってみましたが全滅。

 ↑Mk-U付属のベースと絡めてみました。けっこう雰囲気が出て楽しいです。あとカタパルトは百式の足はぎりぎりで収まります。ハイザックとかディアスは無理。


2005/10/24
■先日話題にしたのを覚えておられる方もいるかもしれないので一応ご報告しておきますと、尿検査の結果は特に異常は出ませんでしたよ。ふう。

■何か模型誌のフライング販売は避けるように申し入れがあったとかいう噂があったりなかったりですが(←相変わらずあやふやな発言)、結局のところ今月も先週末にはスキャン画像が出回っていましたが、それを問題にするなら模型店ルートの出荷を遅らせればいいのではないか、とか思いました。
 で、メガハウスがようやくSEED以外のガンダムでフィギュアを出すようですが、ロランは出来次第ではすごく欲しいので自分内部でイザークが急激にどうでもよくなってきました←おい。しかし服装がややこしいとかの理由もあるにしても、ディアナとかソシエとか飛ばしていきなりロランとは。
 それとAGのスコープドッグ+ATフライは黒箱=初回限定という話が・・・。

■とりあえず「滅びのマヤウェル」は読了。個人的には好みでしたがそれは作中のとあるギミックによるところが大きくて、でも裏表紙のあらすじで割れていないネタだけに一応伏せておくべきだろうし、そういうわけで何も書けません。ただ、正直に言ってあのあとがきはちょっとどうかと思いました。

■昨日は地元の、江戸川乱歩の文庫を創元と春陽社の2種類揃えている書店(他はそれなりなので、たぶん店員の趣味)で乱歩作品の中でも変態度が高いと評判の「孤島の鬼」を買うつもりが腰が引けて代わりに「陰獣」を買って、それはそれでどうかという感じですが、そこにメガミマガジンクリエイターズの4号が置いてあって久坂宗次氏の連載はまだ続いているようだったのでついでに購入。久坂氏の漫画は相手役の男キャラの天然っぷりが素敵です。あと陰獣にはしおりが付いていなかったのでレジ前の「ご自由にお取りください」コーナーからてきとうに1枚抜いてきて後で見たらハーレクインコミックスので使い物にならなかったとか。
 公式には週明け発売の「いばらの王」6巻と「犬狼伝説 紅い足痕」は週末に入荷していたので購入済み。いばらはこれで完結です。

■バイオヴォルケーノをいじっていますが大変いい感じです。やっぱり足首が動くと立ちポーズが決まりやすいですし、各部の装甲から透明なパーツが生えているという表現がまた面白いです。
 外装にはボルト状の突起とか、よく見るとあちこちにメカ的なモールドが入っているのもいいですねー。単にトゲとか生やしてパワーアップというだけじゃなく、他の機体と比べると「生物寄りの機体を改造・強化した」という雰囲気が出ています。材質は合成ゴムですが、部分塗装程度なら充分可能ですし。

 そういうわけでディティールを強調する感じでちょっと塗装してみました。


2005/10/25
■昨日は風邪で体調がぼろぼろもいいところでしたが、今日はだいぶ復調。朝はちょっとノドが痛かったのでコンビニでVC3000のど飴を買ったらその後痛みが退いてしまって無駄っぽい気がしつつ、ついでに神羅をまた2個買ったらクリスとかいう人とサモンナイトに出てきそうなロボメカが出ました。何か神羅のキャラはランクが下がると見た目が一気に小型かつシンプルになりますね。

■中里一氏の1492の4回目がアップされています。

■ヒューキャストとレイキャシールの写真を見ていると、やはり週末のWHF神戸には行くべきかと思う昨今です。今回は別件で予定が埋まることも無さそうですし。
 とか言いつつ当日になって「雨が降ったから行くのはやめました」とかカメハメハ大王の息子みたいなことを言い出す可能性も割とありますがー。基本的にヘタレなので人が多い場所に行くのはおっくうです。

 ・・・とか言っていたらWHF神戸が初売りの中山栄治氏のプリエも良さそうですが(キャラデザのRyoji氏のサイトに彩色状態の画像があります)、どのみちレイキャシに並んだら他のものを買うのは無理っぽいですが。

■アカギのTV版(関西地区では昨日の深夜から開始)は絵柄の再現度が凄いと評判なので視聴してみましたが、実際斜め前から見た顔と横顔が完全につながっていない絵をちゃんと動画で見せているのは凄いなあ、とか思いつつ、私は麻雀はさっぱりですがわからないなりに本編も面白かったです。圧迫感でぴりぴりします。2話以降もこの出来なら今期で一番面白いかも。
 そういえばToHeart2の3話は見るの忘れていました。巷で人気があるらしい委員長2号の話なので一応見ておきたかったのですが。

■帰りにヨドバシ梅田でDHM誌(ボトムズAG用マーキング目当て)を購入。マーキングはそれだけ売るなり商品に同梱するなりがベストだとは思いますが、雑誌付きで多少高くつくとはいえ普通に全国流通で入手できるのは有難い話です。水転写じゃなくシール式ですが、個人的には余白をナイフで切り込んでおけばこれで充分ですし。
 装着オルタナティブも買うつもりだったのですが見事に売り切れていました。通販サイトの在庫状況とか見るにタイガより多めに出荷されていたっぽいのですが、ヨドでは装甲響鬼も残り少なめでタイガだけたっぷり在庫。再入荷を待つのも不確かなので、結局ホビットで購入しました。
 装着はアーマー外した状態で封入されているので開封して組み立てないと出来を判断しづらいのですが、これは開けてみたらものすごく格好よかったよ。太股の装甲はぼろぼろ外れるので要対策ですが。とりあえず私はボンドを塗っておきました。
 あとついでにワンコインのキングゲイナーを1個だけ買ったらキングゲイナーが出てああよかったとか思いつつよく見たら封入率が2箱に1個という噂のハート顔バージョンでした。普通のがよかったよ。はふう。


2005/10/26
■放置中のハセガワテムジンをせめてハッター軍曹の発売前に完成させておこうと思ったものの、その途中状態のテムジンが自室のどこにあるのかわからなくなって無駄に疲れました。しかもキット本体とデカール違う場所にあったし。というか自分が違う場所にしまっておいたせいですが。

■舞乙を視聴。主役の人が自分の夢を認識するに至った動機付けの説明が弱いのでメインの2人の対戦よりしずるさんと鎧男の対戦に目が行くというか、それは単にお前の好みの問題ではないのかと言われると返す言葉はないのですが。というか今回は次回予告での「4話」についてのなつきさんのコメントが一番のポイントだと思いました。
 あとなのはAsも視聴。レイジングハートとバルディッシュがパワーアップして名前まで変わる話。これは関西が他の地域より放送が先行しているっぽいですね。

■ミリタリークラシックの11号がかなり壊れていると評判なので買おうと思ったのですが、書店3件回ってようやく1冊見つかった・・・と思ったら10号でした。うおう。梅田で紀伊国屋とか旭屋とかハシゴしないと駄目ですか。うう。

■で、書店の文庫棚のライトノベル地帯に1冊だけ背表紙のデザインが違う本がぽつねんと挿してあったのでよく見たら魔法少女リリカルなのはのノベライズでした。本編のシナリオの人が書いているらしいので査収。
 中身はなのはとフェイトの決闘を軸にそれまでの経緯を複数視点で俯瞰したような感じで、原作もそんな感じとはいえ見事に燃え戦闘路線です。相手の次の手を読みつつ攻撃魔法をぶちかまして拳で語り合うような話。
 そしてあの2人が前作の時点で9歳だと明記されていて頭がくらくらしました。1桁かよ。

■装着オルタナティブの銀色のリング状パーツのうち塗装が省略されている部分を塗って、ついでに眼の部分も他と同じ黒色なのでパールを塗ってからスモーククリアを重ねてみました。

 ↑相変わらずどこが塗ってあるのかわかりにくいですが。あとタイガはサイコローグを買うとデストワイルダーが抱き合わせになるから、それと並べる用に買っておきました。何か私のは右手の指が妙にゆるゆるでデストバイザーを保持できないのでボンドで補修中。

 あと装着変身といえば、初回分は品薄だったブレイドKフォームがいつの間にかヨドバシあたりでは鬼のように余っていますね。梅田ではそのうち投げ売りになりそうな山積み加減です。ギャバンも同じくらい余っているけど。
 これはSICでブレイドを飛ばして響鬼が出るという噂もあながちガセとは言い切れないかも・・・。ブレイドも後半は面白いと思うのですがー。前半は半端じゃなくアレですが。


2005/10/27
■とらのあなの通販に表紙がギロロとクルルで女性向18禁という本があって中身がさっぱり想像つかなかったのでサンプルを見てみましたが、・・・自業自得という言葉の意味くらいは知っているつもりですが、まあ。
 あとギロロは受ですか。

■先週に島田検定の特番をちょっとだけ見たのですが、境界条件の設定が甘いうえに番組側で指定した正解があまり上手くないので、盲点をつかれたというよりは理不尽な言いがかりをつけられたような気分になりました。

■タカラのミクロマン対応1/18スコープドッグの発売が決定したりマックスの1/35スコープドッグも模型誌に試作の写真が出たりとボトムズ関連は展開が活発ですが、ある程度数が出てくると今度はスコープドッグ以外の機種がほとんど出ないのが不満というか不安な昨今です。

■ミリタリークラシックスの11号を求めてさらに書店を2軒回って空振り。というかミリタリー関連の雑誌そのものが店頭にあまり無いです。スケールモデル専門の模型誌より少ないよ。

■興味の無い人にはどうでもいい話ですが、レズと百合を同一として扱うのはどうかと思うのですよ。個人的には百合は女性同性愛を包含しているというのがより正解に近いのではないかと考える次第。というか友情と恋愛と家族愛の境界線を規定するような無粋な真似は、百合には不要だと私は確信しております。根拠は特にありませんが←おい。
 いや、実際、言葉で規定することで取りこぼされるものはどこにでもあるわけですしー。とか知ったようなことを言ってみました。というかマリみても1冊しか読んでいないのに百合について語るとは我が事ながらいい度胸をしていると思いました。


2005/10/28
■SIC響鬼は3月予定・装甲とコンパチでほぼ確定の様子。・・・紅はTHN限定ですか。

■近畿地方は今日と明後日は曇りで明日だけ雨という予報なので、今のところWHF神戸への影響は無い・・・はずですが。まあ去年みたいに台風がニアミスする可能性が無いだけだいぶマシですね。

■帰りは梅田に。ゼータのエクストラフィニッシュVer.とコトブキヤのヒュッケバインMk-Vを買うつもりでしたがヨドバシには見当たらなかったのでさっさとホビットで購入。あさって神戸に行くとなると明日も大阪まで出ている暇は無いですしー。
 そういえばユージンのミィさまを店頭で現物見て判断するつもりでうっかり忘れたりしていました。ヨドバシにはHCMPのSEED-D灰色箱は入荷済みです。

 あとミリタリークラシックスの11号を紀伊国屋で購入。ざっと見てみた感じでは9割くらいはまっとうな軍事記事で残りが唐突に萌え路線で妙な感じですが、「ケンペーくん」が凄すぎてそれどころではない気もします。

これ(あみあみ)を予約しておくべきかどうか迷っている昨今。価格や大きさを考えると通販の方が得だろうけど、とりあえず劣化が怖いので最低でも同社の年末製品の仕上がりを見てから判断した方が無難だ、と私の中の白い人は判断していて、でも黒い人が「そんな悠長なことを言っていて買いそこねたらどうする気だ手前」とか言っております。
 しかし今頃になって新製品が出たりするから、町田先輩の商品化をあきらめきれんのですよ。ふう。あと予科生の制服はどう考えてもセクハラだとあらためて思いました。
 それと、予約していたメガハウスのミーアさんは今日入荷連絡があったので届くのは明日以降です。

 そういえば模型誌にエクスプラスの新作が載っていましたが、11月にはガボラが出るそうです。あのネロンガを上回る脅威の高価格でついに7000円超えです。そういうわけで私としては特に迷わずスルーできて好都合・・・なのかなあ。でもこの値段でギャンゴとかゼットンとかダダとか出たら迷うところです。
 あとザらス限定ソニックコンボイ箱も通販では早々に完売した様子。

■陰獣を読了。ページ数の割には濃さが足りないような気がしないでもないです。あと作中作としてどこかで聞いたような名前の小説がいくつか言及されていますが、ギミックとしてはそれほど強く機能していない感じで、これはメタ構造というよりは単に読者サービスというアレなのでしょうか。


2005/10/29
■トーク番組でキャラを作らずに喋っているギター侍やHGを見ていると、何かこう名状しがたい感覚が湧き上がってくるような気がしないでもないです。あとトリビアはガセビアの「うそつき」がメインになりつつあるような気がする昨今ですが、ノッポンのことはそっとしておいて欲しかったよ。とかかなり今更なことを。

■今週のTFGFは珍しくローリがメインでしたが、表情がアグレッシブにも程があるというか萌えが見たけりゃよそに行ってくんな、くらいの勢いでしたが。あと気合負けしているフレイムコンボイとかサンダークラッカーと互角の勝負になってしまう副指令とか、密度が高めで面白かったよ。
 でもその後のセイザーXがもう圧倒的ですが。敵の宇宙人が無駄に濃いバカキャラで楽しいです。

■あみあみからミーアさん届きました。出来いいですよ。胴体にけっこう目立つ分割ラインがありますが、ここが未接着なのでスカート(なのだろうかアレは)が着脱可能になっています。
 あとついでにMG1/35ダンバイン(再販)と神羅万象チョコ2弾を1箱購入しました。神羅は食べられる量しか開封できないからストレスになりそう、とか思っていましたが、とりあえず手前の2個だけ開けたら両方ホログラムでシリウスとポラリスでした。というかポラリスが出た時点で目的の8割くらいは達成したので後はゆっくり食べますよ。
 ダンバインは塗装をどうしようかとか先週から妄想中でしたが、明日のWHFで目標の確保に成功すると向こう2週間以上は放置することになりそう。

 それとSICのカイザとデルタはビージェイで予約していましたが、入荷が今日なのでまだ届いていません。

■とりあえずコトブキヤのヒュッケバインMk-Vを組み立て。

 パーツの色分けや可動範囲は相変わらず進化が継続しています。ただ、足首は多重関節で見た目の割にはよく動きますが、でも派手なポーズをつけようとするとここがネックになるかも。ヒジにはシリーズ初の2重関節が導入されています。
 これでポリパーツの割れがなかったらもうガンプラを越えたと言っても過言ではないくらいの勢いです。や、ガンプラと比べると大きさの割に高いけど。

 あとゼータのエクストラフィニッシュも組み立てましたが、写真は明日以降に。とりあえずメガランチャーの砲口のパーツは、取り付け軸のコーティングを削り落とさないと上手く組めないかもです。他は特にコーティングの厚みの影響もなくスムーズに組めました。


2005/10/30
■さーてWHF神戸に行ったらF-Face整理券が目の前で終了して見事に難民と化したうえに列がはけるまで待っておけばID3ユニットは購入可能だったことを後で知って耳から変な汁を流した、どちらかというと自業自得っぽい管理人が今日もお送りして参りますよ? とか妙なテンションで言ってみましたが、まあ結論としてはそう悪くなかったっす。ういっす。
 そういうわけで今日はWHF神戸の話しかしませんが、会場にはデジカメを持っていかなかったので(というか接写可能でバッテリが死んでいないデジカメなんか最初から持っていませんが。うう)、写真レポートもなくだらだらと文章だけでお送りします。

 とりあえず購入報告をしておくと、こんな感じ。↓

 ・クレイマンさんの可動素体ピンホール(5000円)+専用外装アラガミ(5000円)+拡張武器(2000円)※素体と外装の一部はネット通販も可能なようです。
 ・五菱重工さんのエッチングメガネキット01、03、06(各1000円)
 ・ビーストウォーズのTM2チータスとTM2ダイノボット国内版・未開封(各1000円)
 ・ユージンSRいちご100%Vol.2ノーマルのみ6種(900円)
 ・83℃さんの1/6町田初佳(8000円)
 以上、順番は購入準です。

 ピンホールは現物を触らせていただけましたが、関節は全てビス止めの軸関節でかっちりした印象です。外装のデザインも好みだったのでがっつり購入。この時点で可動ロボ分は満たされたのでレイキャシ難民の件はあっさり吹っ切れつつ、予定の無い買い物に12000円を突っ込んでネジが飛びました。
 眼鏡フレームは前々からいいなあアレ、とか思いつつイベント以外では売っていないのであきらめていたブツなので見かけたのを幸いに購入。
 それから町田先輩を見つけつつ、何しろ値段以上に敷居も高いのでとりあえず保留して古物系エリアに流れて人の多さにぐったりして離脱しかけたところに、たまたまガシャ系メインのブースにぽつねんとビーストウォーズが置かれていました。ダイノボットは個人的BW最萌えキャラですがTM2版の現物を見たのはこれがはじめてで(ちなみにメタルスじゃない方は日本橋で見かけましたが、鬼のようなプレ値だったのでスルー・・・)、しかも新品で半額だったので即決で押さえつつ、ついでに同じブースでチータスといちごも購入。いちごは原作1冊しか読んだことないですが。
 でもって散々長考した末に町田先輩を結局購入。前日まで買う予定がなかったものだけで合計で25900円(交通費・入場料別)というアレ加減で途方に暮れつつ、ついでにオタ系ショップの巣窟・三宮センタープラザ西館3Fを見物して模型店でレジンプライマーとホワイトサフの缶スプレーを買って帰りました。

 ちなみに会場到着は30分前で、F-Faceの整理券は列が会場前まで届いたあたりで出尽くしました。あと前に話題にした鉄虎竜さんのプリエ姉さんは会場内で右往左往している間に完売していましたよ。
 今回はいつもより人が多かったようですが、それでもガレージキット寄りのブース周辺はそれなりに穏やかな空気でした。古物方面は血走った狩人の戦場と化していましたが。というか長居すると自制心がまずいことになりそうだったのでよく見ていませんが、何かメガハウスのミーアさんとか劇場版Zの透明百式とかがプレ値で売っていたっぽい。
 会場前の列は異様に長かったですが、それでも会場10分程度で中に入れたので、待ち時間はそう大した事はないっぽいです。人が増えてもこれなら、基本的には「並ばないと買えないもの」をあきらめてしまえば、かなりゆるい気分で楽しめるイベントのようですね。

 まあそういうわけで、買えないものもあったものの「散々並んだ末に骨折り損」みたいな展開ではなかったですし、ID3ユニットを買えなかった以外はおおむね満足です。模型系イベントは初参加ですが、ここならまた来てもいいかな、と思いました。逆に言うとワンフェスとかはもう一生行かなくていいや。

 ・・・で、予定外の出費にどうつじつまを合わせようかと考えてぐったりしているわけですが。ZのDVDとか欲しかったけど無理っぽい。

■クレイマンさんの可動ロボは次の休みに離型剤落としてから組む予定ですが(ビス多いから一度組んでからバラすの大変そうだし)、とりあえず町田先輩だけマスキングテープで強引に仮組みしてみました。

 ↑1/6だけにマックスの1/7やよいさんと並べるにはいささか無理があるサイズです。でも胸はやよいさんの方が大きいですがー。
 レジンキットは経験ほとんど無いですしイベント品は初なので色々と不安でしたが、出来には問題なさそうで安心です。表面には目立つ気泡とかほとんど無いですし、パーツの合いもすごくいいので特に修正の必要は無さそう。軸打ち用の穴のガイドまでモールドしてあるので、とりあえず塗装の手前までの工程はすんなり行きそうです。・・・問題は塗装ですが。肌の露出は顔と手指くらいなのでいっそ単色でも気にならなさそうですが、その代わりストッキングをどう塗ったものかという関門が。
 あと、当然中身は埋まっているものと思っていたタイトスカートは丸ごと別パーツでした。かなり薄いパーツですが特に歪んでもいないようでぴったり密着します。それと見た感じ上半身に対し下半身がかなり太いですが、個人的には細すぎるよりはいいかなあ、とか。

■昨日までに作ったプラモの写真とかもありますが、今日は長くなったのでそのうち上げていきます。ということで本日は終了。


2005/10/31
■ところでSICカイザ&デルタは昨日WHFから帰宅したら届いていましたが、これWHF会場では定価の1割引くらいで普通に売っていたうえにヨドバシ梅田では今日の夜の時点でまだ山積みでしたよ。あと私も最初にSIC版カイザの顔を見たときはこれはどうかと思ったクチですが、例によって現物を見たらこれはこれでいいような気がしてきました。
 で、今日もWHF神戸の話題の続きで終始しますよー。いやもうガレージキットが楽しいったら。

■レイキャシ難民の件については、どうも初参加かつF-Face専用列の案内が無かったせいで、一般列に並んでしまって買いそびれた、ということのようです、私の場合。もっとも始発で並んだとしても「買うことは可能だけど色や武器は欲しいものを選べない」という世界だったようなので、何かもうすっかりあきらめがつきましたよ。朝から何時間も並んであれだけ買うよりは、ゆっくり出かけて色々見て回ってノリで買い物する方が楽しそう、というか実際これはこれで楽しかったですし。
 あーでも何か通販の企画が水面下で進行中のようなので、それには期待しておきます。

■ピンホールの離型剤を落とす前にバリと湯口を落としてみました。小さいパーツが多いせいか気泡が多かったり逆にレジンがはみ出していたりで割と大変ですが(ビスの皿を受けるすり鉢状の凹部が丸ごと埋まっていたりも)、何かこう、自分で作っている感じがするというか、とりあえずガンプラの組み立てとは感覚がかなり違ってこれはこれで楽しいです。あとアラガミ(外装)のパーツはピンホールより成形がきれいなので、全部組み付けてしまえば見た目には問題なさそう。

 で、離型剤除去の手法について調べてみたわけですが。
(1)中性洗剤+クレンザーで磨く:主流派ですが、離型剤は中性洗剤には溶けないからさっさとペーパーで磨いた方がマシだ、という説も。
(2)市販の模型用離型剤落としを使う:「落ちない」という意見も複数あり。
(3)ブレーキシンナーを使う:効果は大きいようですが、樹脂を浸食するので用法がシビアっぽい。
 と、この辺が多数派のようです。どうも理論上は離型剤は中性洗剤で落ちるものではないようなので、離型剤落としに漬けてからクレンザーなりペーパーなりで表面をむいてしまう、というのが無難かなあ、とか。

■ちなみに私の人生初のレジンキットは中学生の頃に買ったBクラブのBB戦士フルアーマーガンダム用改造パーツ(当時価格で1400円くらい。パーフェクトかGアーマーに付属のRX-78と組み合わせる仕様です)で、2番目に買ったのはエヴァブーム末期に投げ売りになっていたコトブキヤのペンペンです(フルキットとしてはこれが最初)。レジンキットはそれ以来買っていなかったわけで、ステップアップが唐突かつ極端すぎますね。
 でもペンペンのキットは難物でしたよ。いきなりクチバシの先端が気泡で欠けていてげんなりしたうえに、本体と足首の接続がアバウトで角度を調節しないと自立しなくて、しかもツメとトサカはホワイトメタル製の複合素材キットという、価格とパーツ数の割には色々と敷居の高いキットでした。たぶん塗装以外は今回の町田先輩の方が楽っぽいです。

 


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system