雑記 2006年1月前半分

2006/01/01
■新年あけましておめでとうございます。管理人・雨五は今年もコミケのサークル参加を目指して精進する所存です。

 ・・・などとスケジュールを3ヶ月ほど前倒しにして嘘を書いてみましたが、今年もこんな感じのうすら寒いノリで更新して参りますので、よろしくお願いされてくれると、うれしいな←誰だよ。 あと今年は戌年なのだから犬つながりで犬狼伝説のプロテクトギアの写真は昨日ではなく今日貼ればよかったのだと今頃思いました。

 ちなみに大晦日は結局Wizには手をつけずに日テレのネタを横目で見つつ漫画とか読んだりしつつ、小林幸子とボビー・曙はチェックするという普通にミーハーなことをしていました。いくら負け続きとはいえ自分の倍くらいある相手と対峙する羽目になったボビーはけっこうプレッシャーだよなあ、とか1ラウンド目では思っていましたが。

■新年早々、中里一氏の1492が更新されています。16回目。

■さて、毎年恒例の年賀状がth氏のブログに晒され・・・あ、いや、アップされております。相変わらず仕事が早いよ。・・・というか画像でかっ! 消しゴムで下書きが消しきれていない辺りがバレるくらい解像度高いよ←というかちゃんと消して送ろうよ自分。
 今回のネタ選択は、とりあえず重複を避けつつ氏のブログで話題になっていた眼鏡物件というとアレかなあ、とか安易に決めましたが、エマについては完全に忘れていました。いや正直自分でも何故あれを忘れていたのか理解に苦しむというか、・・・老化? ううう。 あと服は2回チャイナをやったので何かマニアックなネタがよいのだろうか、とか考えたのですが(うろ覚えですが原作でも着ていたような気がするし)、メイド服の方がよかったですか。
 そして普通紙を使ったおかげで去年より作業は格段にスムーズでしたが、基本的に画材と絵の出来には大した相関関係は無いのでした。

■で、プラモデルとか作ったので写真を。まずはコトブキヤのアーマードコア・C01-GAEA。

 ↑細かいところは塗装も少ししていますが、おおむね成形色でこの仕上がりです。すげー。金属色のプラは質感が軽くなったりする場合もありますが、これはかなりいい感じでした。分割が細かいので組むにはそれなりに時間がかかりますが、パーツの合いは良好ですし時間さえあれば難易度は低めかと。
 ところで私はアーマードコアはPS版の初代しかやっていなくて、最終面の縦穴で詰まってそれっきりですが。

 ↑で、オプションも3種買って武装がたくさんあるので、当然こういうことするよね、ということで。何が当然なのかわからない人は血液にロボ分が足りないと思います。

 そういうわけでデザインが好みなら問題ない出来ですし、私は第2弾のキットも買う予定。

■それとタチコマ。これが年内最後のプラモで、GAEAは30日に組んでいました。

 付属の1/24少佐も塗ってみましたが、とりあえず顔はアップに耐えられない感じですが。というかガシャフィギュアより小さいし面相筆でもよう塗らんわいな。
 キットは青い部分以外ぜんぶ白っぽいプラなので要・塗装ですが、出来はいいと思います。曲面が多いので脚とかコクピットに合わせ目が目立つ箇所もありますが、その辺を気にしなければスムーズに組めます。可動範囲は・・・元々多脚メカはフル可動でも意外と面白い動きとかできなかったりしますが、これの場合腕の動きでけっこう表情が出るのが楽しいですよ。

 ↑足をタイヤモードにして軍曹を乗せてみました。緑色に塗ってコクピットを開口すると普通にアリかも、とか。

■あとギルドラゴンの箱を開封して、中のパーツ数の予想外の少なさと個々のパーツの巨大さに驚愕しつつ、そのまま元に戻しておきました。ちなみに白い部分はパールっぽい樹脂で成形されていて、写真に撮っても白いだけに見えそうですが現物はけっこうきらきらしています。


2006/01/02
■人間は失敗から学習して成長する権利以上に義務を有しているのです、というか具体的には年末のTFGFの録画は失敗したけどマイメロの年明け初回は録画できました。つくづく安い人生です。

■th氏のところの年賀画像がサイズ縮小されています。・・・「でかっ!」とか書いたせいだろうか、とか焦りつつ、仮面ライダー響じゃなくて響鬼ですが。

■今日は梅田まで買い物に行ったよ。目当てはゾイドのデカルトドラゴン・・・って2ヶ月くらい前に発売したものを何故今頃、という話ですが。で、朝の10時前に行ったらかなり空いていました。年末だとこの時間でも混んでいたし。
 で、デカルトとあとついでにラプターグイも購入。SICアクマイザーとかビランビーも山積みで、他も年末の新製品はおおむね在庫ありましたが、箱物の新作は無かったかも。女神転生とかあったら1個くらい買おうかと思っていたのですが。あとマスターレプリカのライトセイバーのアナキン仕様とベイダー仕様が大量にありました。
 ちなみに特価品はモビアクのディアッカザクが500円でしたが、他には特に無かったような。1日には1/60電飾ストフリ半額とかあったらしいですが。

 あと、とらのあなに寄って久坂宗次氏の新刊を買う・・・はずだったのですが、昨日付けの出庫リストには載っていたのに全く見当たらず。遅すぎたのか早すぎたのかは判断しかねますが、以前のイベント明けだと梅田店ではコピーのサンプルが無いものがけっこう目立ったのが今回はおおむね全部付いていたので、店頭に出すまでに時間がかかっているのかも。憶測ですが。というか結論としては無駄足でした。
 で、梅田店も10時台ならけっこう空いているというか客が3人くらいしかいなかったよ。あと例のベンツフィギュアのリニューアル版は、漫画再販付きの緑版だけそこそこ在庫あり。レポート漫画付きの赤版は無かったです。けっこう迷ったのですが、同じ本を2冊買ってもアレなのと(←フルドド3個買った人の言うことではないですね)、この時期4000円はそれなりに大きいのでとりあえずスルー。

 あと家族のおつかいでケーキとか買って帰ったのですが、正月に梅田のデパートで買い物とか無理。いや本当に。10時台でも死ぬほど混んでいます。まあ人数の割に実際に買い物をしている客は少ないので、カウンターに取り付いてしまえば買うのはすぐでしたが。
 グラマシーニューヨークのアップルパイを買ったのですが、けっこうおいしかったですよ。ホールの他にハーフもあったから人数少なくても平気なのが素敵ですね。というかケーキ屋さんにおかれてはホールのみ販売とか勘弁してほしいです。

■そういうわけでぐったりして帰宅しつつ久坂氏の新刊はさっさと通販で買うことにしましたが、とらの通販はリストに該当が無いし、メロンブックスはサーバ負荷が限界なのか時間帯によってはあらゆるリストが表示不能だったりで割と手間でしたが。

■そしてデカルトドラゴンの購入を決めたのはギルドラゴンの成形色のパールがきれいだったからなのですが、デカルトの白は成形色違いました。・・・え?
 ギルより乳白色っぽい+パール度低め。ギルは材質がPSだけどデカルトはABSなのが原因なのでしょうか、とか。


2006/01/03
■バンダイのバイファムとドラグナーのプラモデルが再販するそうですが、ドラグナーはドラグナーだけなのが残念というか、わかりにくい文章ですが私は量産機が欲しいのですよ。具体的にはドラウとシュワルグとガンドーラとドラグーン。シュワルグは放送当時に購入して組み立てて動かしていたら速攻でヒザがへし折れて「腕の生えた航空機」と化した苦い思い出があります。あとD1かD2が欲しかったのに両方売り切れていたからD3だけ通常版とリフター付きを両方持っていたりとか。・・・というか量産機はともかくファルゲンすら再販見送りですか。
 あとドラグナーの原作は主人公(成り行きとはいえ一応軍人)が人質になった母親を救出するために機体ごと敵軍に投降したあげくに友軍に発砲するという、SEED-Dのシンなんか目じゃない無法者っぷりでしたね、とか。

 そういえば子供の頃はよくプラモデル壊していましたよ。最近のキットはABS樹脂を使ったりして強度が上がっていることを差し引いても、どういう力の入れ方をすればあれだけ折れるのか、というくらいパーツをへし折っていました。一番ひどかったのはZZのドライセンで、全身が完成する前にヒジが片方折れて、さらに完成した次の日にはもう片方のヒジも折れました。
 あとはソファの上にD1カスタムを置いておいたら父親が上に座って全身バラバラとか。

■今日は部屋を整理して玩具類の大幅なリストラを断行したので(や、捨てたわけじゃなくて箱に詰めただけですが)、どうにかギルドラゴンを置けないこともないくらいのスペースを確保できました。なので明日以降着手予定。
 あとデカルトドラゴン仕上げました。

 ↑例によって半端に塗装しています。なお、金色っぽいパーツ(ツノとか)とメタリックブルーのパーツ(羽根)は軟質で、塗装してもはがれやすそうです。合体状態だとパラブレードのパーツが豪快に余りますが(脚としっぽと武装以外はほとんど丸ごと)、普通に竜っぽいフォルムはゾイドだと珍しかったり。

■Wizエクスはレベル30くらい。どうにかメルキオロードを突破してイカロスロードに到達、エンディングを見てからリセットして装備を集めています。聖剣が3本に国光と双頭の斧も入手しましたが、人間の神女はどれも装備できないのでいまだにカシナートです。うう。
 メルキオ中枢あたりは敵のレベルが高いうえにコンクエストが劣勢でエンカウント率もかなり高くて大変ですが、アイテムはともかく経験値だけならハーツロードでエンコと戦った方が効率いいような・・・。
 あとエンディングあたりの流れはかなり唐突に重ったるい展開ですが、個人的にはリリスとかアスカよりマーフィー派なので割と平気。それとレオンが見事に見たまんまな人だったのには逆に意表を突かれました。


2006/01/04
■明日から仕事なのですが、「ひょっとして今日も仕事じゃなかったっけか」とか不安になって雑記のログで毎年5日開始なのを確認したりした小心者な日々です。サイトに日記書いているとこういうときに便利だね!←というか予定はメモしておくべきだと思う。

■人志松本のすべらない話3を視聴。関東では去年に放送したようですが、関西では昨日の深夜。面白かったけど、何故ナレーションが若本氏なのだろうかと毎回疑問に思ったりも。
 あと鍵姫(中略)アリス(後略)を視聴。関西地区ではアニメ新番組の1発目ですが、とりあえず1話を見た限りでは、百合的には特にチェックする必要はないのではないかと私のゴーストがささやくのですが。

■Wizエクスはメルキオロードの5Fで延々宝箱を狩って、所持品が一杯になったら全部捨てて別働隊が廃物箱から回収、というのを繰り返していましたが、金箱とか銀箱からレベル20未満の廃品しか出なかったりしてへこみつつ、とりあえず鎧とか盾はレベル40前後のものを入手できました。武器は七星天球とかあずみを入手。
 で、受けるダメージもけっこう馬鹿にならないので、アイテム集めは中断してハーツロードでエンコ狩りをしれレベルを上げることにしました。経験値だけならメルキオでグレーターデーモンとかキーパーを倒すよりもエンコの方が効率いいし。

 ・・・そういえばアカイイトが放置中でしたが。

■ギルドラゴン組み立てましたよ。

 でかいぜー。体積はそう大したことはないのですが、4脚+羽根としっぽのせいで同じくらいのボリュームの人型ロボと比べると占有スペースは3倍くらい必要なのぜー。あと旧シリーズの連動式カスタマイズパーツに対応したジョイントも残っているけどそのパーツは絶版で何も装備できないのが残念です。
 ちなみに電飾はLEDじゃなく電球で白色光ですが、一応青っぽく光って見えます。


2006/01/05
■仕事始めですが初日から電車が一部運休で乗車率が2倍くらいでした。うう。
 あと10月のダイヤ改正以降のJR西日本の大阪周辺の路線は、ダイヤの密度を下げない代わりに「多少の遅れは気にしない」という方針になったようで、通勤時間帯だと5分以内の遅れはデフォルトという感じです。
 というか事務所の引越しの前なら手頃な代替路線があったのですが、今は私鉄に切り替えると半端でなく遠回りなので選択肢が無いのでした。

■中里一氏の1492の17回目がアップされています。

■とりあえず紅白の視聴率はきっちり増加していたわけで、割と意外に思う人が多そうな結果ですが、メジャー路線で勝ちを狙うために学ぶべき戦訓がここにある・・・ような気がしないでもない昨今。例えば自分が数百億円からドブに捨てられる立場にいたとしても、あれに勝てる気は全然しません。
 や、別に勝ちたいとも思いませんが、「やらない」のと「できない」のは区別しておく必要はありますよね、とか。

■古畑ファイナルの1回目は見て2回目は録画して裏のドリームマッチを見たので、今日の3回目も録画して週末以降に見る予定。1回目の二段オチはけっこうきれいに決まっていたように思います。
 あと鍵姫(略)以外の新番はおおむね来週以降のようで。個人的には怪と練馬大根とFateをチェック予定です。どういうラインナップだ。

■ところで先月24日にUHF局でやっていた「裸のサンタクロース」を録画しておいて昨日ギルドラゴンを組みながら見ましたよ。レスリー=ニールセンの映画は内容とか関係なく邦題には「裸の」がついていますが(「裸の宇宙銃を持つ男」に至ってはニールセンかなり端役でしたし)、これもアレみたいな下品でトンチキな話ではなくて普通にいい話っぽいコメディでしたが、個人的には割と面白かったですよ。

■そういえばGyaOでビーストウォーズ・メタルスが無料配信中ですが、1話から13話まで全部7日の正午までって全部見る時間ねえよ、とか言いつつ1話と、あとダイノボット(メタルス化前)の最大の見せ場がある8話を視聴。久しぶりに見たけど吹き替えのアドリブっぷりはやっぱり豪快で、でも8話は思い出すだけでも軽く泣けます。あと8話はエピローグにSF的なオチがついているのも面白かったり。
 で、ダイノボット(メタルス化前)の玩具がまた欲しくなったけど、海外版の10周年記念再販版はどうも国内流通が無さそうで泣けます。当時品はメタルス版ならたまに見かけますがー。
 そういうわけで期限までに9話(トランスミューテートの話)も見ておく予定。あと国内版の最終話にも違う意味で期待しています。

 ただ、うちの環境だとGyaOは画像サイズを落とさないと動画がカクカクします・・・。あと無料だけあってCMを飛ばせないのが、仕方ないとはいえ面倒でしたり。一度に何本も見るとCMの時間も無視できないし。


2006/01/06
■さっき思いついたセリフ:「パンが無いならノコギリエイを食べればいいじゃない」

 何故ノコギリエイなのか、とかいちいち考えないのがコツです。何のコツだ。

■高山版SEED-Dの4巻を購入。後半は原作だと視点が振れまくっていたこともあって脇役の省略っぷりがすさまじいですが(4巻はアスラン脱走から最終話までですが、マリューとネオとメイリンとスティングは1コマも出番がないくらい)、シン視点の話としてはちゃんとまとまっております。面白かったよ。
 あとネウロの4巻も買いましたが、ネタが割れた後の犯人の表情がますます加速しています。

■バンダイホビーサイトの出荷予定が更新されています・・・が、1月予定だったはずのMGネモが記載されていません。「今月の新製品」にも掲載されていないので、どうも発売延期っぽい。
 あと一部の通販サイトにバンダイ新製品がいくつか登録されていますが、SEEDネタでも一部で投げ売り処分されたEXモデル艦船キットのメッキ版を展開続行したり、初版は盛大に投げ売りされた1/400ホワイトベースに続いて1/400ムサイを一般販売したりと、「守勢に回れば死あるのみ」と言わんばかりの商品展開に悲壮感がただよっていますが。
 なお、1/400ムサイはボリュームに倍近い差がある1/400ホワイトベースと同価格ですが(参考:旧ガンプラでは1/1200ムサイが300円で1/1200WBが1000円、1/2400WBが300円)、中身は空っぽなので大型キットになるとサイズ差の影響は少ないのかもしれないし、人気の差を考慮して金型償却分の上乗せを多めにとった、と考えれば妥当な価格設定なのかも。

■前に付録目当てで大王を買ったときに面白そうだとは思いつつ、原作者名に不穏なものを感じてスルーしていた「かしまし」の1巻を買って読んでみましたが、ちゃんと面白くて意外でした←暴言。というか最終的に「やっぱり男に戻りました」というオチになるのではないかという不安があったのですが、1巻を読んだ限りではその線はなさそうなので一安心しつつ2巻も購入。
 百合展開に持ち込むためにここまで大仰な設定が必要なものかという点については疑問が無いでもないですが、恋愛感情に至るまでの動機付けは明瞭ですし、心情の描写もわかりやすい感じなので、百合路線作品としては初心者にも敷居が低くて読みやすいかも、とか。
 というか主人公の性自認があやふやなので、分類としては百合とはちょっと違うような気もしますが、読んでいて割と悶えそうになったのでジャンル分けとかどうでもいいです。
(※明確な定義があるわけではないですが、個人的には主人公が身体的に女性でも性自認が完全に男なら百合ではないだろう、と思っております。割とどうでもいい話ですが)

 あと、当サイトでは割と定例なので一応報告しておくと、眼鏡は攻略対象外キャラに1人配置されています。


2006/01/07
■さっき思いついたセリフ:「DSの在庫が無いならX箱360を買えばいいじゃない」

 昨日のアレはネタ振りだったのかというとそんなことはなくて、本気でさっき思いついたというのがポイントです。だから何のポイントだ。

■来週のBLOOD+は序盤に出ていた陸上部の人が再登場するらしいので要チェックです。というか「ながら見」な感じなので話の本筋には既にさっぱりついて行けていないわけですが。
 あとリュウケンドーってトランスフォーマーの後番組じゃなかったのか。

■コンビニにゴジラの2個セット食玩が入荷していたので、年末の地上波放送の影響でファイナルゴジラとジラのセットを購入。

 塗装は省略気味ですし(何故か他のゴジラでは塗ってある足のツメがファイナルゴジラだけ未塗装・・・)、造型はこのサイズでソフビということもあって、一部パーツの分割が目立ったりちょっともっさりした印象もありますが、2個300円かつ中身を選んで買える仕様にしてはボリュームもあるしお買い得感のある内容でした。それにジラの商品化は今後あまり無さそうですしー。「やっぱりマグロなんか食ってる奴は駄目だな」とか言われるし。というかあの映画で一番の名セリフはこれだと思うのですがどうか。
 そういうわけでビオランテ花獣も買っておこうかと思ったら、あれとギドラ(これのみモスラとのセットでゴジラが入っていません)の2種だけアソート少ないのね。どうりで店頭に無かったわけです。・・・うう。 というかジラとか花ビオとかバラゴンとか、今回のラインナップの飛ばしっぷりは感動ものです。

■Wizエクスはエンコ狩りでレベル上げ・・・と思ったら、メルキオを突破するとエンコがいなくなっていたのでした。メルキオ中枢の魔軍部隊でも経験値は稼げますが、所要時間やこちらが受けるダメージからすると効率悪い・・・。
 そういうわけでぐったりしつつ放置していたアカイイトを再開して、1回エンディングまで行きました。烏月ルート。百合寄りですが、とりあえずこのルートに関しては明確に恋愛までは行っていないというか、終盤は割とバトル路線でした。1ルートだけなら短めですが、分岐は多そうですし何しろ今なら新品が2000円なので、充分なボリュームだと思いましたよ。
 セーブはメモリーカード1枚につき20箇所で普通に遊ぶ分には充分ですが、シナリオチャートやエンディングリスト(バッドエンドも収録されます)を全部埋めることを前提にするなら全然足りないので、今後はルート埋めを優先するか後先考えずに遊ぶかで迷い中。

 あと実質プロローグとエピローグにしか出番がないうえに顔がない(イベント絵でも見切れている)主人公の友達の奈良陽子というキャラがいるのですが、その少ない出番に能登麻美子声で喋り倒します。声優方面は疎いので能登とか言われてもあまりピンとこないのですが、何か端役にしては過剰な存在感を発揮していて攻略対象ではないのが惜しまれるというか、他の役を兼ねているわけでもなく単独で端役にメジャーな声優を配役した意図がよくわからないというか、まあその、メインキャラより脇役に目が行きがちなわたくしとしては非常に気になる人でした。
 ※どうもドラマCD(メーカー通販限定)に出たせいかその後顔が設定されたようで、廉価版ジャケット裏面に載っているイラストの中の1人がこの人らしいですが、何の説明もないので割と長いこと「誰だよこれ」とか思っていたわけですがー。


2006/01/08
■GyaOでビーストウォーズ・メタルスの14〜26話の配信が開始・・・ってまた1週間で13話とか無理だし! とか言いつつ本編ラスト2話の24話・25話と、あと日本語版BWの象徴ともいえるリミックス編の14話・26話をとりあえず視聴。リミックス編はスットコドッコイの極みです。特に26話収録の番組前5秒CM集が極まっています。「今日のビーストウォーズ・メタルスは相模湾で釣るエイとカニ」とか。あと声優陣が熱演するものまね大会もあるよ。

■今週のゾイドは篭城戦に絡んだまっとうな戦記ノリで展開しつつ、「自爆したバンブリアンが次の話ですぐに補充されたのも、全ては伏線だったんだよ!」「な、なんだってぇー!?」という展開に軽く驚愕。というかリーオ製の武器は貴重なはずなのにミサイルの弾頭に詰めてばらまいていた件もそのせいなら納得いきますね。
 あと昨日のセイザーXも見ましたが、シャーク隊長が無敵すぎます。

■諸般の事情で午後から日本橋方面に外出したら色々と人が多くて疲れました。スーパーキッズランドでボトムズAGに合わせられそうな1/48の車両を物色したところ、ミニカーの売り場に1/50スケールの輸入品で輸送・土木系の車両が大量にあったものの、トラックは一番安いのでも7000円近いね・・・。あと普通に廃品回収に使っていそうな軽トラとか欲しいのですが、輸入品はもっとゴツいのが基本のようで、タコを降着状態で3機乗せてもまだ余るような巨大なトレーラーとかが主でした。というか国産品はスポーツカーとか競技用ばっかりで泥臭い車は無いですね。
 で、せっかくなのでタミヤの1/48V突を購入。1/48はキットに2000円くらい上乗せすれば塗装済み完成品が手に入るし(しかも塗装とか明らかに自分で塗るより上手いよ・・・)、V突といえば新作の1/35がけっこうこだわった仕様のようでもあるしで、迷いましたが結局普通に1/48のキット版です。
 あと、「そういえば前にタミヤ1/48シュビムワーゲン買ったとか言っていたけどアレ作ったのかよ」と思われる方もおられるかもしれませんが、見事に積み在庫です。というか内装を塗装する必要があって塗装手順がややこしそうなのと、キットにドライバーのフィギュアが付属していないうえに手頃なフィギュアが見つからないので、たぶん先にV突作ると思います。

 それからメロンブックスで保健所さんのガンダム種DESTINYを購入。ガンプラジカルは結局初版も再版も買い逃したのでこれは通販の店舗受け取りで確保しましたが、まだ普通に在庫があったよ。ぎゃふん。あと先日買いそびれた久坂宗次氏の新刊も一緒に注文して買いました。相変わらず絵がきれいで兄が馬鹿です。
 それとCHOCOLATE SHOPの新刊「CHOCOLATE GEOMETRY #0003」が入荷していたので購入。ゼノエミッションもそうでしたが装丁と紙面デザインが凝っていて、モノとして所有するだけでも満足感があると思いますよ。値段以上に分厚くてコストパフォーマンスも商業のムック類よりむしろ高そうですし、絵が好みならオススメです。ところでQRコードのアドレスはPCで読めるのでしょうか。

 ちなみに日本橋のとらのあなの同人フロアは相変わらず混雑していたので、とら梅田店かメロンに入荷している本はそっちで買う方が無難だと思います。とか。

■神羅万象チョコ4弾のリストを某所で見たのですが、どうも女性キャラの配置が偏っているというか、相変わらず番号順に20枚入っていると仮定すると「鎧と男のみで女性キャラがほとんど入っていない箱」を引いてしまう可能性も否めないし、とりあえず2弾のポラリスとアスタロットを引いた時点で割と満足したので今回もスルーしておこうか、とか思った昨今。


2006/01/09
■昨日のゾイドジェネシスは最後の方の展開のインパクトでそれより前のことを忘れ気味でしたが、最近パッとしなかったソードウルフとランスタッグが珍しく活躍していたり(ランスタッグの空中機動とか動きが凄いし)、端役にしては出番が多い割にほとんど何もしていなかったエレファンダーがちょっと活躍していたりと、ロボメカ的な見所は多かったですね、とか。そしてED曲の絵がよく見ると一部差し替えの別バージョン。
 あとエウレカはデューイが頭のいい人にも狂った人にも見えないというかボス級の悪役にしては器が大きくないっぽいので個人的にはあまり盛り上がらないというか、今週はセリフで状況と設定を説明する展開なので元から盛り上がる話ではないともいえますが。

■で、KBS京都でFateアニメ版の放送が始まったので視聴。ロボットアニメでは1話で主役ロボが出ずしまいになることがたまにありますが、セイバーの出番も2話に持ち越しでした。あと桜がいかにも正統派ヒロインと言わんばかりの言動ですが、これで実はかなり暗黒なキャラだという噂なのでむしろ萌えると思いました。

■昨日買った「CHOCOLATE GEOMETRY #0003」の奥付にはQRコードでアフターサイトのアドレスが記載されていたのですが、私の携帯電話はコード非対応とかいう以前にカメラも積んでいないので、とりあえずネットで検索かけてコードリーダーのフリーソフトを探して、それからスキャナでコードを取り込んで画像調整をかけたりして読み取りを試行して、どうにかアドレスが読めましたよ。リーダーはサイテックのを使いました。
 あとゼノエミッション記載のコード(当時使っていた機種はカメラ付きだったけどコード非対応だったのであきらめていました)も読んでみたらまだサイトが残っていてVXシリーズの待ち受け画像もあったのでこれは使おうと思ってアドレスを手入力でアクセスしたところ、うちの機種だと画像がサイズオーバーだとかで表示できなかったよ。このポンコツめー。まだ買って1年なのにー。

 ところでCG3には漫画版用にデザインしたけどお蔵入りになったという士魂号の画稿が掲載されていて、描くの面倒臭そうですが格好いいですよ。というか原作の士魂号はいいとしてGPOの人型を見て獣神ライガーのアニメ版(というのがあったですよ。タイアップ企画だったレスラーの人だけ定着して原作は速攻で忘却の彼方でしたが)を思い出したわたくし。

■ちょっと前に「かみさまのいうとおり」と「ドージンワーク」を買って読んだのですが、まんがタイムきららというのは女の子が下品なことを言ったりする萌え下ネタ4コマ誌、という認識でいいのだろうか、とか。
 とりあえず眼鏡率の差で個人的にはかみさまの方がよいと思います。・・・あ、いや、それだけが理由ではない・・・と思うよ。たぶん。あと黒いネタが好きか、眼鏡男が好きか、もしくは幼児体形がお好みでしたらドージンもよろしいのではないかと。


2006/01/10
■アクセスログを見ていたら、「GyaOの動画がカクカクする」で1件ヒットしていました。

■中里一氏の1492の18回目がアップされています。狙撃の初弾を回避することは可能かどうかについての考察付き。

■あみあみではメガハウスの宇宙服ルナさんを「11日の夜」に予約受付開始するそうです。って具体的に何時なのさ。 というか事務所を出る前には開始していなくて帰宅した頃には予約枠が埋まっているという展開が容易に予想できて比較的アレですが、先日のミーアと同じような生産状況なら2次出荷分まで待てば余裕で手に入りそうですが、そう都合よく物事が運ぶと思ったら、大間違いなんだからねっ!←誰だよ。

 あとハズブロのスターウォーズのトランスフォーマーが予約開始していましたが、国内販売はタカラではなくトミーになるようです。SW関連商品とはいえ商品名に「トランスフォーマー」と記載されているのに。
 ところで海外版ではグリーバスとオビ=ワンもラインナップされていたけど国内では出ないのでしょうか。個人的にはグリーバスだけ欲しかったのですが。

■落語天女おゆいを視聴。落語で戦うミスター味っ子(TV版)みたいな弾けた展開を期待していたのですが(「天才料理少年味の助」でも可←あかんがな)、とりあえず1話だけの印象だと大筋は凡庸な戦隊系萌えアニメで脇役に落語家が出ます、くらいの感じで、戦闘パートにどう落語の要素を使うのかは不明というかこのまま無関係に推移して落語協会に黒歴史扱いされそうな気がして不安です。もっとも、どう転んでも企画の段階で将来的な黒歴史化は避けられなかったような気もしますが。
 なお、最初にやっていたのは「目黒のさんま」のオチの部分。知らない人があれだけ聞いても意味がわからないと思いますが、本筋とは無関係に挿入されているだけのようです。

■古畑ファイナルの残り2回を視聴完了。ミステリ方面では「証言の矛盾点を1箇所指摘されただけで犯行を全て自供してしまう犯人」というのも割と定番の突っ込みどころですが、2日目ではその展開に犯人のキャラで説得力を持たせているのは上手いよなあ、とか思いました。あと最後の話もミステリでは定番のネタでもある双子を扱っていたり、1回目もトリックの安っぽさに理由付けがしてあったしで、キャラ立ちだけで押し切るような展開ではなかったように思いますよ。というか私は面白かったです。
 ところで去年読んだ某小説のトリックが何年か前の古畑特番(検死医の話)と見事にかぶっていたので、TVは見ないとか宣言するのも勝手だけどミステリ作家は他人の作品もある程度チェックしておかないと危険だよなあ、とか思いました。トリックがへちょいだけならまだしもアレはキャラ萌え的にもトーンダウンしていたし・・・とか、名前は伏せつつ読んだ人にはわかりそうな感じで個人攻撃してみました。


2006/01/11
■今週は珍しくハガキの進行に余裕があってナイナイ以外のネタも描けるぜー、とか思っていたらゾイドのキャンペーン応募を忘れていたことに気がついて、あわてて空箱をサルベージしている昨今です。レドラー欲しいよレドラー。再販版の紫は持っていますが、ギルとデカルトを買ったから同じ色のを並べたいです。
 あとギルドラゴンってギルギルガンに似ていますね。名前が。というかすごいネーミングですねギルギルガン。

■話題にはしていませんがバーチャルFPたまきの保険入門は毎回チェックしておりますが、今回の更新では新キャラが投入されております。それにしても平均年齢の高い萌えキャラどもです。非常によろしいと思います。

■さて、昨日書いたあみあみ宇宙服ルナさん予約、どうも本店では午後7〜8時くらいに予約開始したようですがアクセスがかなり集中したようで、私も何だかんだで30分くらいリロード→表示待ちを繰り返してどうにか注文通りました。で、その後9時くらいには楽天支店でさくっと注文可能になっていて徒労感に包まれました。はふう。
 ちなみに9時の時点で本店はトップページが真っ白だったので、サーバが落ちたようですがー。
 ※追記:10時の時点で本店サイト復旧済み&本店・支店ともに予約受付終了していました。

■タクティカルロアを視聴。昨日見た落語天女が対比物になったせいか妙に新しく見えました←おい。1話を概説すると「イージス艦でラブひなをやる話」みたいな感じですが、添え物かと思っていた戦闘部分が意外と本気っぽい。
 年上属性の管理職をメインヒロインに持ってくるあたりチャレンジャブルで大変よろしいと思いました。いかにも「今はツンですが今後デレ化しますのでよろしく」と言わんばかりのキャラを対抗馬に配置していたり、端役を使ってロリ分の不足を数で補っていたりと、単に無策ではなくこの布陣で勝ちを狙うという信念も感じられます。いや、私が過剰に裏読みして勝手に感じただけのような気もしますが。
 そういえば「タラシで浮気性でだらしない伊達者」というキャラが女性(あとレズ)というのも百合メイン以外ではかなり珍しいような。あと、女性キャラの初登場時にいちいち視点を下から上げていく、という演出は、2、3人程度ならともかくあれだけの人数で繰り返すとギャグっぽいなあ、とか思いました。
 そういうわけで今後も視聴を継続することにします。戦闘部分をきっちりやろうとするとボンクラっぽいうえに正規のクルーですらない主人公の扱いが面倒なことになりそうな気もしますが、上手く捌いてくれるといいなあ、とか。

 ところでタクティカルロアは海上自衛隊が協力でクレジットされていて、航空自衛隊協力の「よみがえる空」と見事にバッティングしたけど方向性はえらく違うなあ、という感じですが、自衛隊の広報は積極的というか大らかというか割とそういう感じのようです。
 その昔バンダイ出版課が出していた、創刊当初は模型誌だったはずがその後暴走して迷走した雑誌「B-CLUB」(ガレージキットのレーベルはこの雑誌から派生)がゴジラ特集をやったとき(たぶんVSモスラの頃)に自衛隊にインタビューに行って、キャリアっぽい人(現物が物置の奥に埋もれているので役職とか確認できませんが)に「もしゴジラが出現したら自衛隊はどう対応するか」について意見を求めるという無茶をやらかしたこともありましたし。ちなみにその時には「希少な生物なので、可能であれば撃退ではなく捕獲を検討するだろう」という主旨の発言がありました(そういえば平成ガメラ1作目に捕獲ネタがありましたが)。他はどういう流れで自衛隊の出動が決定されるかとか、前提以外は真面目な記事だったように思いますがうろ覚え。

 あとこういう話もあるので、そのうち陸自も何かのアニメに協力したりするのではないか、とか。


2006/01/12
■ゾイドのキャンペーンの応募を完了。レドラー一点狙いでとりあえず10口分のポイントを入れてみました。
 この手のキャンペーンの記入事項にはたいてい「年齢」がありますが、これは単に購買層調査のためなのか、それとも「おおきいおともだち」を排除して子供を優先して当選させるための策なのだろうか、とか考えてしまって、実年齢を正直に書いたものか毎回少し迷います。
 あ、ちなみに「好きなゾイド」にはシーパンツァーと書いておきましたが、後でアクアドンの方がよかったかも、とか思ったりも←知らんがな。

■「かしまし」TV版1話を視聴。あの原作者の関連したアニメで一番最後に見たのがらいむいろだったこともあってかなり下の方の線で予測していたら、意外とまともな出来で安心しました。とか失礼なことを言ってみます。
 やす菜が花を植えるくだりは原作にない場面でしたが、今後の展開を考えるとあれを入れておいた方が自然ですし、適切な構成だったかと思います。というか原作3話あたりまでののやす菜は「単に女の子が大好きなだけの人」に見えるので、その後の展開との落差が激しいですよ・・・。いや、むしろ単に変態な方が個人的には好みですが。

 ただ、服の色使いが全体に明るめに変更されたせいで、ジャン・プゥ(本編ではまだ出番なし)のカラーリングがミーア(SEED-D)にかなり似ているというかパチモノっぽくなっているのが気になって仕方ないです。原作1巻のイラストだと紫の部分が群青色っぽい色味なので、特に似ているようには見えなかったのですが。
 あと原作(2巻までの時点)では前半部分しか見えていなかった宇宙船の全体像が描かれていますが、単に円筒形かと思っていたら後部はあんな形だったとは。

 ところで原作序盤(3話)にははずむが下着を買いに行く話があったのですが、次回予告を見るとこのエピソードは削除したりカメラ位置でごまかしたりせずに直球勝負をかけるようで、テレ東の規制には今までにもたまに例外があったけど何か基準でもあるのだろうか、と思いました。

■メガハウスの宇宙服ルナさんはスーツがかなり薄くて密着している感じで造型されていますが(彩色状態の写真だとわかりやすいです)、「しすこれ」2巻でアニメの宇宙服は「だぶだぶ」と「ぴったり」のどちらがより望ましいかについて議論する話がありました(実際にその議論だけで丸1話使っています)。個人的には二択なら迷わずにだぶだぶ派ですが(∀でソシエが使っていたバケツみたいな宇宙服とか最高だと思うよ!)、ぴったりの「露出度は低いのに体のラインが見えている」というアレもそれはそれでむしろ好きですがー。
 あとヘルメットは実際に被れる仕様みたいですね。胸元が開いているのにヘルメット被っているというのはどういうシチュエーションだよ、とか言いつつ被れない仕様ならそれはそれで文句を言ったと思うよ←ひどい。


2006/01/13
■13日の金曜日です。ところで前にスターウォーズ・トランスフォーマーの国内販売元がタカラではなくトミー(トミーダイレクト)になっている件に言及しましたが、そもそもこれが発売される頃には合併しているからどちらでも同じだ、ということを完全に失念していました。不吉です。というか迂闊です。

 あと明日も出勤日ですが、当サイトでは管理人が出勤しようがしまいが雑記の更新状況に大した差は生じないので、つまりこれをわざわざ告知するのは単に愚痴なのではないか、という指摘は充分可能だと思われます。というか愚痴です。

■姪(1)が39度の熱を出したり姪(2)が40度の熱を出したり姉の旦那が足の指を骨折したりして母がそちらの戦線に異動したため、2日ほど前から食料を自前で調達することを余儀なくされております。
 近所に夜10時まで営業のスーパーもあるし(ただし最寄のコンビニは徒歩15分)、とりあえず食べるには困らないのですが、パック入り惣菜と電子レンジを駆使する食生活は心を貧しくしますね・・・。とか、学生時代から一貫して実家生活だとこういうところで打たれ弱くなる、という話。

■「少女セクト」の玄鉄絢氏の「さくらの境」本が本日付けでとらの通販に登録+出庫リストに記載されていました。これは最優先で確保すべきだと直感で確信したので、とりあえず今日の帰りにとらの梅田店に寄って探したのですが見つからず。まだ入荷していないのかと思ってDPSを買って帰ったのですが、後で出庫リスト(画像付き)を見返してみると何か今日見かけたっぽい表紙がちらほら・・・。
 明日も出勤日なので帰りにチェックして、それで駄目なら通販か。何しろ本の値段が送料の半分弱なので、他に買うものが無いとちょっと注文しにくい気分です。

 原田たけひと氏の冬コミ新刊は購入済み。総集編とはいえコストパフォーマンスは驚異的ですし、今後まとまって出版される機会の無さそうな雑誌のイラストコラムがごっそり掲載されていたりで、絵が好みなら大変よろしいのではー。あとウモ屋の新刊も買いましたが相変わらずで相変わらずでした。
 後は、まだアナウンスは無いですがRyoji氏のCG集はたぶん委託に出るのではないかと思うので、それと上記の本を押さえれば必要な物件は確保完了です。というか冬コミ新刊に合計でいくら消費したかとか考えないことにします。


2006/01/14
■1ヶ月ほど前の「さんまのまんま」に出たときに洋さまが「本日のスープカレーのスープ」をプロモーションして失敗していましたが(←おい)、あれ前に1回地元のスーパーで見ましたよ。そもそも関西のスーパーで客層の何割が大泉洋を知っているのだろうか、とか疑問に思いつつ、1食分が約600円でしかも具材は別途用意というハイブロー加減に腰が引けてスルーしたまま今に至っております。

■GyaOで来週からビーストウォーズ(初代)を配信するそうです。って何故メタルスが先で無印が後なのか激しく謎ですが、とりあえず楽しみ。

■「少女セクト」の玄鉄絢氏の「さくらの境」本を探しに今日も帰りにとらの梅田店へ。で、確保成功しました。そして読みました。雰囲気はかなり原作を尊重している感じですよ。原作よりえっちいですが。満足でした。・・・そういえば竹本作品の二次創作漫画を読んだのはこれがはじめてかも・・・と思ったら、のんのんじー単行本のゲストページはあれ二次創作みたいなものですね。オフィシャルですが。

 そして昨日は意識しなくても目につくくらい在庫があった神羅万象の同人が何故か今日は見当たらないので探してみたら1冊も見つからなくて(売り場には特に空きとか隙間もなし)、売り切れにしても減り方が不自然だしこれはまさか版元が警告でも出したのか、とか思ったのですが、通販サイトからは版権的に一番ややこしそうなオレ神羅も含めて在庫はおおむね普通に注文可能だったので、無くなっていた理由がよくわかりません。
 ちなみにガンダムとかスパロボの同人の在庫には特に動きは無かったっぽい。

(※01/16追記:神羅に関する以上の話には事実誤認の可能性がかなり高いことが後に判明しました。詳しくは16日の記述をご参照願います)

■レモンエンジェルプロジェクトを視聴。関西地区(KBS京都)では先週開始のようですが、見落としていたので2話をはじめて見ました。既に局所的にかなり話題ですが、主人公のセリフがたどたどしいうえに声質がアニメ声から外れていて違和感・大です。しかも主人公のモノローグを多用する演出で発言頻度をさらに増やしていて、これは視聴者への嫌がらせか担当声優への嫌がらせかスポンサーへの消極的反抗のどれかだと思いました。
 話運びも割とよくある多人数アイドル話に陰謀ムードなシリアス要素を追加しようとしたら妙なことになった、という感じで、作品全域に強烈なB級ムードが漂っています。しびれます。しびびび。
 ちなみに2話では主人公が2回歌いますが、1回目の「わざと下手に歌っているバージョン」が妙に痛々しい下手っぷりで、ちゃんと歌った2回目がまるで印象に残らないのはどうなのだろうか、とか。

 というか、主人公が天才的な歌手だったり音楽家だったりする話というのは、基本的には音がない小説とか漫画でやらないと説得力に乏しい気が。

■あとBLOOD+を視聴。陸上部員の娘さんに萌え萌えです。あと定食を食べたり肉を食べたりで食べ盛りな沙夜に萌え萌えです。今までの話で一番面白かったよ(←暴言かも)。


2006/01/15
■中里一氏の1492の19回目がアップされています。堂々とああいう攻めをかませる陸子さまの度量に慄然としました。

■昨日は仕事帰りにヨドバシ梅田に寄ってうさ晴らしにLOBビランビーを買ったら予想以上に出来がよくて幸せ気分だったのですが、後になってまさにそのヨドの週末特価でEXモデルのガンペリーが1000円だった(※定価は税抜き6500円)という事実を知って吹いた週末でございました。ぐはあ。

■で、ビランビーの写真は下の方に貼っていますが、先に今日見たTVの話を。
 エウレカの視聴を1回休んでリュウケンドーを見てみましたが、ライダーあたりより対象年齢低めで同じ局のセイザーXと重複しているような。どうも平成ライダーを見慣れているとこういうシンプルで力押しな展開が妙に楽しく感じます。

 マジレンジャーは毎回面白くて尋常ではないですが、久しぶりに響鬼を見たらもう来週で終わるのか。

 牙狼は戦闘がやけに大規模で敵も味方も背景も全部CG、みたいなノリで派手でしたねー。でも装着変身はともかくSICみたいなアレのサイズで馬を作ると大きさがえらいことになりそうで、やっぱり商品化は厳しいか、とか思いました。

 ゾイドジェネシスは無敵団がまさかの再登場+先週差し替えられたEDのカットはそのまま、ということで、生死不明というかかなり死んでいそうなあの人も今後再登場したりするのだろうか、と少し期待してみます。
 で、本筋はザイリンが身を削ってヴォルケーノに乗っても自力でルージとケリをつけることができないうえに、上司には利用されて捨て駒扱いされつつ甘いことを言われて騙され気味という悲劇のヒロイン(違)っぷりを披露。もし自分にやおい回路があれば今頃ザイりん萌え萌えーとか悶えているところだと思いました。

■で、ビランビーです。大半のパーツが透明な樹脂の上から塗装して仕上げてあって、全体に半透明仕上げで独特の雰囲気になっています。こういう特殊な仕上げを使えるのは、プラモデルに対する塗装済み完成品の利点だなあ、とか。

 ↑透明に見えるような写真を撮ろうと照明とか色々試行してみましたが、普通に窓際において撮ったのが一番マシでした。はふう。
 中にフレームとかは入っていなくて透明なカタマリで構成されているので、「生物の外骨格を装甲に使ったメカ」というよりは「天然石を加工して作ったゴーレムみたいなもの」に見えなくもないですが、とりあえずいかにも異界のロボっぽい雰囲気は充分ですし、いい表現ではないかと思います。

 ↑ビランビーはオーラコンバータが中空で軽くて重心が低いのと、足が大きくて接地性もそれなりなので、ベースを使わなくても安定して自立可能です。でも付属のベースを使えば片足を浮かせたポーズでも安定するので、ベースを使った方が派手なポージングが可能。
 ただ、このベースの支柱と本体の接続がかなりタイトで、私はストーブで加熱してやわらかくしてようやく取り付けられました。加熱なしだとかなり厳しそう。あと翅も接続がかなり厳しいので加熱しないとかなり難しそう。
 逆にオーラコンバータは奥まで差し込んでも簡単に外れるのでこれも面倒ですが。ソードはコンバータに取り付け可能ですが、これが金属製なので取り付けると重くなって余計外れやすくなります(ちなみにオリジナルデザインの斧は樹脂製で軽いです)。私はとりあえず接続部にボンドを塗ってみたら何もしないよりはマシになりましたが。

 その羽根接続関連が面倒でしたが、他はおおむねいい出来だと思います。関節もけっこうよく動きますし、オリジナルの武器と頭部の差し替えで見た目の印象を大きく変えることが可能で、かつ余剰パーツの量も少なめです。欲を言うと武器保持用手首が右手のみなので剣と斧は片方しか持てないのと、シールドとオーラショットも左腕用なのでやはり択一になるのが残念ですが。

 あと、箱も大きいけど中身のサイズもかなり大きくて、MG1/35ダンバインとほぼ同じです。本来ダンバインの方が小柄なのが正解ですが、とりあえず並べてもサイズ的には違和感ないです。というかLOBダンバインと並べれば済む話ですが未購入なので。

 ↑とりあえず対決させてみました。

 そういうわけでかなり出来よくて満足です。ビランビーは元デザインから化け物っぽいのでアレンジも気になりませんし。ただ基本的にPVCのカタマリなので、動かして遊んでいると関節がヘタってきそうなのが怖いですがー。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system