雑記 2006年2月後半分

2006/02/16
■JR西日本の大阪周辺が5分や10分くらい遅れるのは既に定例なのでいちいち書いていませんでしたが、今朝は人身で電車が20分ほど止まって40分近く車内に閉じ込められて、そして私は比較的下腹部の状態が不穏だったわけです。人間の尊厳はぎりぎりのところで維持できましたが、例によって死ぬかと思ったよ。ふう。
 というか6時10分に事故が発生して10時40分から振替輸送開始って・・・。

■中里一氏の1492の25回目がアップされています。メイドの遠野さんが初登場ですが、顔に油性ペンで「脇役」と書いてありそうな脇役っぽいキャラで萌え萌えです。

■かしましを視聴。やっぱり原作より粘性が高い。あと大筋で同じセリフでも使い方でずいぶん印象が変わるものだと思いました。

■DHM誌によるとムラサメライガー可動化改造パーツがネット通販限定で受注生産とのことなので、こちらに予算を回すことにしてブルーソウガの具足はあきらめたのですが、例によって手遅れになってからやっぱり買っておくべきだったか、とか思わないでもない日々。

 あとDHM誌上通販スパロボAFの現在の受注はガーリオン。・・・けっこう気になります。基本的に量産機ですし、あのアルテリオンと同系列の機体ですし。でもDHM誌のガーリオンの原型が載った号は持っていないうえに電撃スパロボにも未収録なので、あの小さい写真だけで購入を判断するのは厳しいものが・・・。
 それに量産機だけあって色違いも存在しているので、後でカスタムとかトロンベとか出るのはほぼ確定事項っぽいのもネックです。まあイベント限定だと買いに行けないしボークス限定だと手に入れられる可能性はあってもかなり面倒臭そうなので、買うならさっさとノーマルを押さえておくのが確実っぽいですが。


2006/02/17
■本日のオープニングトークは恨み節なので、回避したい方は以下の文章を飛ばして2個目の■から読んで下さいねー。お手数をおかけしますがー。

 今日は家庭の事情でケーキを調達する必要があったので梅田阪急のアンリに寄ったのっすが、混雑していて2回連続で割り込みを食らったうえに3回目は意図的にアプローチをかけに行ったのにインターセプトを食らったあげく店員におあずけをかまされて、何か腹が立つとかより涙腺にくるくらいへこみましたよ・・・。とか、そういう話。まあ自分でも打たれ弱いとは思います。

 というか3タテは珍しいにしてもケーキ屋は順番待ちがあやふやな場合が多くてむしろ割り込みを一切受けずに注文が通る方が珍しい世界ではあるのですが、あとこれがソレ系のショップで見るからに社会性に問題のありそうなオタクちゃんに迷惑をこうむるとかデパ地下でもいわゆるオバタリアン(死語どころか古語)が相手ならまだ気持ちの整理はつくのですが、ケーキ屋だと見た目普通のOLっぽい娘さんとかが空気を吸うように自然に他人の権利を侵害し倒してくれるのっすよ。
 そういうわけでけっこう本気でもう三次元とかありえないと思いました。

 あとケーキは地元で調達しました。閉店ギリギリできわどいところでしたが、安いし混雑もしていない割においしかったのでもうアンリには二度と行かない所存。アンリで買い物するよりはクリスマス前にヨドバシで買い物する方がまだ精神的負担が少ないです。はふう。

 と、いうことで、恨み節は以上です。

■イベント前ということで浅井真紀氏のサイトが更新されていますが、BBSによるとヘルシングDVDのアーカードの眉毛が塗装されていないのは仕様だそうです。眉の部分を盛り上げた造型にすることで、影で黒っぽく見えるように意図してあるそうです。
 実際、普通に見る分にはちゃんと眉に見えます。ただ、正面ないし下から証明を当てたりするとナニですが。量産時の塗装のずれを考慮した設計だそうなので、気になるなら自分で塗ってしまうのもアリかも。私はやめておきますが。失敗したら怖いですしー。

th氏が某事件の話題を振ってきたので、直接言及するのは避けて関係あるのかないのかよくわからない話をしてお茶を濁しておくことにします。DPSを読んでいたら攻略対象がホストの乙女ゲー(PS2用)の記事が載っていたのですが、主人公が無職(高校卒業後に進学も就職もせず、ゲーム開始時点ではバイトすらしていない無収入状態)という設定が割とシャレになっていないような気がしないでもなかったですよ。
 あと当初は地味だった主人公の服装がゲームの進行に応じてケバく・・・あ、いや、ファッショナブル? に変化していくそうで、往々にして主人公が画面に表示すらされないことが多い男性向けゲームと対比すると面白いかもしれませんが、ところでゲーム方面はいまだに百合が少ないので文化的に後進だよね、とか暴言を吐いておきます。BLは家庭用でもそこそこ出ているのに。
 というか、アカイイトも廉価版が出るまで買わなかった奴の言うことではないですか。ですね。

 ちなみに日本一ソフトウェアのマール王国シリーズは、本筋こそノーマルですが脇筋に素晴らしく百合妄想を喚起するような要素が入っていたのですが(エトワールなんかシリーズ全編に渡って存在そのものが百合です)、ラ・ピュセル以降はその辺が皆無になっていて残念です、とか。もう強引な妄想をねじ込む余地すらない鉄壁のヘテロっぷりですよ・・・。むしろファントムキングダムなんかゼタ×アレクでやおい臭い←おい。
 あと部屋の整理に伴ってDPSのバックナンバーを読んでいたら(「部屋を整理してバックナンバーを読まない奴隷」などというのは存在し得ないのです)私はけっこう昔から百合臭いネタを小出しにしていたことに気がつきました。というか要するに当時はまだ百合がジャンルとして確立していなかったので自分の嗜好に気がついていなかっただけ、ということですか。

 そういう感じで話題の横滑りっぷりをひどいことにしてみました。いえーい。


2006/02/18
■はろーえぶりにゃーん←何事か。19日0時からのマックス限定品通販祭りに参加するかどうかまだ決めかねている昨今ですよ。あと部屋の整理を続行中なので部屋の中が引越し直後みたいなことになりました。それと先週セイザーXを見逃したので同じ轍を二度とは踏まんと録画予約しておいて再生したらオリンピックでした。むはー。

■貧乏姉妹物語の2巻を購入。姉妹愛の話なのですが、百合における愛情は恋愛である必要は特にない、というのがわたくしの個人的見解なので、もうね、胸が高鳴ったり心がときめいたりで大変ですよ! というかとらのあなでもらった特典ペーパーのイラストを見るに意図的にフルコンタクト百合のちょっと手前に調整しているのではないか、とか疑念が。
 キャラの年齢分布は私の守備範囲を下回っている感じなのですが(メインの姉妹が中3と小3)、これだけ愛に満ちていればその程度はどうということはないです。ええ。

 内容はタイトル通りに貧乏な話で、親が借金作って蒸発していて姉がバイトしつつたまに電気が止められたりもするという割と洒落にならない貧乏っぷりなのですが(ちなみに作中世界では法律が変更されていて中学生のバイトは認められている、という設定があります)、ギャグにも悲惨な話にもなっていません。展開は地味ですが、何かもう愛があればそれだけで生きていけるよね、とか勘違いしそうになる勢いです。うっとりします。
 あとほとんど1話完結形式なのにラストの話だけ引きがついていたので続きが気になっているわけですが。

■並行輸入で買ったFF7ACクラウド&フェンリルの写真撮りました。

 付属のゴツい剣もいいのですが、ハンドルを握る用の手首を使えば武器類の流用もけっこう可能なので、とりあえず余っていた鋼牙の剣を持たせてみました。

 で、SICのデルタを乗せてみたら、ちゃんとペダルに足を乗せて腰をシートにおろしたうえでハンドルにも手が届いてライディングフォームがきっちり成立しました。このサイズのアクションフィギュア+バイクだと尻が浮いたりペダルに足が届かなかったりすることも多いので、ちゃんと乗れると気持ちいいです。

 ハカイダーだと可動範囲が足りない感じ・・・。


2006/02/19
■マックス系列の限定品通販ですが、10分前くらいから待機しておいてコスモX注文通りました。相変わらずサーバ負荷が大変で危ないところだったというか、財政的にはむしろ買えた方が危険なわけですが。
 あと今日も部屋の整理をしましたが、成果が上がったものかどうか判断に苦しむ昨今です。それと前に通販で買ったおゆまるを利用した計画は少しずつ進行中。時間ないうえにパテの硬化待ちも必要なので鈍足進行です。うう。

■ボウケンジャーはスコップで攻撃するロボがステキすぎるのぜー。あとレッドがバカキャラじゃないのはずいぶん久しぶりだと思いました。

 カブトは話は面白いと思いますが、今のところマスクドフォームの存在意義があまり無さそうなのが気になる設定オタです。あと先週はカブトと他の物体の落下速度に差があったし、クロックアップは時間の流れを操作している、という解釈でよさそうですね。それとカブトのライダーキックが3回連続でカウンターの回し蹴りだったのはちょっと予想外。あれだと相手が突っ込んでこなかったら出せないですし。

 ゾイドジェネシスはコトナさんの全身に隠された武器の数々が披露されたりしましたが、とりあえずルージに仲間だと言われてロンが赤面するのが一番のポイントだと思いました。

 マイメロは何かもう色々とぐちゃぐちゃでした。すげー。あと現役のレスラーの人が実名でゲスト出演なのにああいう勝ち方はいいのか、とか思いました。

■ロボットで二足歩行をする場合は足裏の面積をある程度狭くしておかないとスムーズな重心移動ができない、という話があってそれは実際そうです(ガンダムなんか人間で言うと足の裏にビート板をつけているような比率ですし)。ただ、最近ライダーとか牙狼とかのロボではない人型アクションフィギュアをけっこう買うようになって思ったのですが、人間程度の足裏面積だと直立時の安定性は明らかに悪いので、特に商品化が前提のロボだとデザインがドタ靴っぽくなるのは避けられないというか無闇に避けようとするのも考え物だと思いました。
 FSSのモーターヘッドのカカトについているパーツとかジェノザウラーのアンカーみたいな、歩行時には折りたためるパーツをつけておけば合理的だと思うのですが(射撃時とかには接地面を増やして安定させた方が有利だろうし)、そういうデザインはあまり普及していませんね。というかSICとか装着変身を複数並べて飾っていると、何かの拍子に1体が倒れてそのまま連鎖して雪崩を起こすことが割とよくあるので、足裏につける板状のベースみたいなのが付属していると便利なのですが、とか思う昨今です。


2006/02/20
■今朝もJRの信号機が故障(中略)下腹部が(中略)死ぬかと思いました。

■昨日のワンフェスで撮影されたマックスの風見みずほYシャツ仕様完成品のサンプル品の画像がネットに流れるなり、アマゾン内のランキングを急上昇したりあみあみでも特に画像や情報の追加があったわけでもないのに新着にピックアップされていたりと大反響です。でもこれは「美少女系フィギュアには固定客がついているけどユーザーの層はけっこう狭い」という説が正しくて、だからユーザーが濃くて少ないのでこの手の情報が流れると反応が出やすい、という話なのかも、とか思ったりも。
 個人的にはあまりピンとこないのでスルーしていますが。眼鏡+年上属性ですし本来ならかなりツボのはずなのですが、自分でも理由はよくわかりません。というか裸Yシャツがツボじゃないのかも。そういえば裸エプロンよりは水着エプロンの方が萌えるしなあ。とか誰も聞いていない話をしてみました。

 あとアマゾンではLOBビランビーが4割引きになっていましたが、ダンバインはそのままなのでビランビーだけ購入済みのわたくしとしては比較的しょんぼりです。DHM誌の竹谷氏の作例記事に「早い段階でズワァースとか出してしまうとシリーズが終わってしまう」という主旨の発言がありましたが、4〜6月辺りには新作の予定は無いようですし、むしろ第3弾のゲドの売れ行きによってはそこで打ち切りになりそうな気がして非常に不安な昨今です。というか私はドラムロが欲しいだけですが。

こちらのサイトでハヌマーンが仮面ライダーと共演するタイ映画が紹介されています。「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」(参考:Wikipedia。というか独立項目で掲載されていたのがちょっと意外)の方は知っていましたが、あの猿神さまがライダーとも共演しなすっていたとは知らなかったです。
 あとその記事内のリンクからウルトラの方の動画が見られます。例の怪獣めった斬り+皮はぎ惨殺シーン。特撮がかなりチープなのでスプラッタホラー的なグロさはほぼ皆無ですが、首と腕を落とされた怪獣の妙な動きとか無駄に飛び跳ねるハヌマーンとか、かなり悪夢っぽい映像で悪酔いしそうです。

■現在は資金難かつヨドバシのポイントを使わずにいたら残高がけっこうなことになっていたので、週末を避けて今日ヨドに寄ってポイントで電撃PS2を購入。ところで最近の電撃PS2の付録ROMはトールケース入りがデフォルトなので、毎号買っていると意外と場所を取りますね。
 Killer7の小説はあと1回で終わりですが、今回はお休みで代わりに須田氏の解説がいつもと同じページ数であります。もう終わるのは残念ですが。あと漫画の連載は月刊で8ページしかないのに普通にストーリー漫画で、密度が低くて話が進まない割には絵で押し切るだけの腕力もないし、個人的にはけっこうしんどくなってきました。


2006/02/21
■ニュースで上野動物園の訓練を見ました。着ぐるみとか使うアレ。萌えます。

■週末のワンフェスには当然行かなかったのですが、全国のザらスのTF投げ売り祭りには心引かれるものがあったのですが、部屋の空きスペースを考えると買って1週間くらいで箱詰めして二度と飾らない、とかいう展開になりかねないですし(そもそも部屋に長く飾っておきたいような物件は値崩れする前に確保済み)、それに自宅から最寄の茨木店は競争率高いから土曜の午前中に行っても狙い目のブツは狩られた後という可能性も高いし、例の並行輸入ドカ買いのせいで予算も逼迫しているしで、やっぱり行かなくて正解だったのですよ、うん正解正解、とか思い込んで自分を納得させようとする日々です。要するに後悔しています。
 あと、ザらス限定スパスクとかソニコンとかの通販では早々に品切れになったアイテムが店舗では売れ残った挙句に定価の1/4で投げ売りというのは、それは入荷配分を考え直すべきではないのか、とか思いました。

■アマゾンだとボトムズAGのダイビングビートルは3月1日予定なので、出荷は今週末ではなく月末にずれ込むようです。なのでこれと一括にしているプライマスが手元に届くのも来週以降になりそう。というか未だに仮予約扱いで確保連絡がないので入金もまだです。もっとも今週末はアッグとゾゴックとバウンドドッグとパラスアテネを買うのでそっちで手一杯なので週末に届いてしまうとそれはそれで大変ですが、そういう大変は避けるにあたらんのですよ。

 あとターボカスタムのキリコ機と、AGでは定番になりつつある限定セットの残り3人分は、通販サイトの商品情報によればいずれも「ザ・ラストレッドショルダー」仕様になるようですね。「野望のルーツ」仕様だと細かい装備が機体毎にかなり違うのですが、これだと右手の武器は4機とも別になるものの、他は左腕の固定ソリッドシューター及び背面ミサイルランチャーの有無しか違わないのでちょっと残念。とか言いつつ予約しましたが。というか、これが5月予定=トミーとの合併以降もすぐに展開が終了することは無さそう、というだけでもとりあえず一安心です。
 むしろ4月以降の展開が復刻版マグナボスしか発表されていない(それも予約を開始しているショップがかなり少ない)トランスフォーマーの方がかなり不安です。海外では新作も発表されているバイナルテックも、国内ではアナウンスが無いですし。
 もっともアメリカではまだTFGF(サイバートロン)の展開が終わっていなくて、その後で次の展開(劇場版とか)をするようなので、それまでは国内で新規商品を出すネタが少ない、ということなのかも。とか希望的観測をしてみたり。

■タクティカルロアを視聴。例によって以下ネタバレ込みです。

 敵の新キャラが顔見せでハッキングをかましてロリ担当の眼鏡と双子が修羅場っぽいぶっちゃけトークを展開しつつツンデレかと思われていたパイロットの人が予想外の速攻でデレ期に突入というかむしろ別人と化してしまうという盛り沢山の展開ですが、直接戦闘は皆無ですが。主人公の出番そのものが少ないこともあってパイロットの人が何故惚れたのかよくわからない、というのは否定しがたいのですが、細かいことは気にしないで恋わずらいというよりはむしろ単に熱でも出ているのではないかという勢いののぼせっぷりをたんのうするのが一番かも。


2006/02/22
■何か最近クラウド&フェンリル海外版関連で検索して来られている方が多いようですが、とりあえず写真は雑記ログの2月18日のところに貼ってありますので、ご参考までに。

■板材を金具で壁に固定して棚にして、ガンプラとか箱に詰めて積んであったのですが、その棚が落ちました。惨状です。

■ゾイドの最初期アイテム5種が流通限定で復刻されるそうです(参考:NODA-YA)。何気にフロレシオスやペガサロス他数種が省略されているのが残念というか、このラインナップだとアクアドンだけ欲しいので予約したものかどうか迷い中です。

■あみあみで予約済みだった物件に3個くらい発売延期になったものがあったので、一括発送を整理しなおすべくメールボックスを掘り起こして注文番号と商品名を確認して、ややこしいなあもう、とか思いつつ文章にまとめてメールしたら、月別とかアバウトに指示した方が処理が早く済むのでその方がいい、という旨の返信を頂いて脱力したわたくし。
 あとプライマスは今日入荷連絡がありました。ダイビングビートルとメガハウスのロランが入荷しないことには発送されませんがー。
 それとPS.comからディスガイア2の発送連絡が。

■ザらスでHBS初代コンボイを買うと極小変形ホットロディマス(ブラインドで既出ですが、カートン買いしないと出ないという鬼アソートで評判だったアレ)が先着でもらえるそうです(参考:タカラのサイト)。ちなみに私は1週間ほど前にあみで予約しました。というか配布開始が平日なので予約していなくても無理筋でしたが。うう。
 というかTFはこの手の店舗限定キャンペーンの乱発が、小売が入荷を避ける原因の一つになっている面も否めないと思うのですが。


2006/02/23
■早いところでは昨日あたりから店頭に並んでいるけど私は来週までおあずけのプライマスですが、海外版にはダメージ仕様ユニクロンの生首が付属するそうで、またもやがっくりしています。
 あと恒例の模型誌早売りが出回っていますが、どうもSICの響鬼シリーズでは斬鬼も一般流通で出るみたいです。もっとも、THN限定だとしても「商品化決定」と言って間違いではないので、今後の動向には注意が必要ですが。

■中里一氏の1492の26回目がアップされています。

■ディスガイア2届いていました。とりあえずオープニングムービーと1話の開始前デモだけ見ましたが、ロザリンドの声が思ったより落ち着いていて母親の人の声は思ったよりはっちゃけている印象。あと緑川声で10代の少年の主人公というのが定番過ぎて逆に違和感が無いでもないと思いました。今までが筋肉派シスター→ショタ魔王→幼女のイタコ(違)→古本、と比較的イロモノっぽい人ばっかりだったせいかも。

■かしましを視聴。先週の二股宣言に続いて今週は親友をもてあそんだりと、いよいよはずむが天然なのか悪女なのかわからなくなってまいりました。
 そして来週は眼鏡の人メインですが、原作でもかなりの問題作だった(ような気がしないでもない)あのエピソードをこのアニメ版に持ち込むとどうなるのか想像しただけでぞくぞくします。
 ・・・ところで、「かしまし」だから舞台が「鹿縞市」なのですか←かなり今更。

■掃除の連鎖+DVDの流れでヘルシングを再読していますが、1巻の頃のアーカードは外見も台詞回しもかなり別人ですね。というかもう9年前ですかこれ。うわー。
 あと聖学電脳も読んでみたりしていますが、これが連載されて単行本になって一般に流通したという事実に圧倒される内容で、何回読んでもクラクラします。


2006/02/24
■Wikipediaは項目によって情報量のばらつきが目立ちますが、とりあえず「ぷりぷり県」(吉田戦車)と「アップルパラダイス」(竹本泉)は無闇に記述が細かくて面白かったですよ。単行本は両方とも絶版ですが。・・・面白いと思うのですがー。ということで古本屋で見かけたらお手に取られてみてはどうでしょうか。

■あみあみからメガハウスのロランの入荷連絡も来ましたが、ダイビングビートルはまだ確約が出ていません。あとバウンドドッグとゾゴックは明日買いに行く予定。
 ゾゴックとズゴックの共通部分は結局胴体フレームのみ、さらにアッグは股関節を共有せず胸部のみ流用らしいので、胸部フレームをエポパテか何かで自作して2個同時に飾れるようにしようかしらん。とか妄想中です。

 そういうわけで今日はDPS買って帰りました。ノドのネームに(魔)氏のヘルシングOVA版の感想がありましたよ。

■何かコナミが島田フミカネ氏デザイン、可動素体の設計が浅井真紀氏のアクションフィギュアみたいなのをやるそうです(参考:コナミの公式サイト。まだ準備中ですが)。どういう製品になるのかまだよくわかりませんが、とりあえず一般流通ならさっさと予約して確保する所存です私は。

■ビージェイ通販でバンダイボーイズトイの4〜6月新製品が予約開始しています。ネタはおおむね他店で既出ですが、当該時期の商品を一覧で見られます。何か装着変身ライダーがカブトの脇役ライダー複数+THE FIRST+ファイズの商品化漏れ組+ミラーモンスターズと、えらい商品点数になっていますが。
 私はゼロとかゴウテンとか予約しようかと迷いつつ結局スルーしましたが、今までの開始日時指定のSIC予約受付みたいな秒殺展開ではなかったですね。紅&轟鬼は日没前に完売したようですが、バジンとかカイザのときはものの5分で終わりでしたし。

■ディスガイア2ですが、前2作のファントム系システムはほぼ全部捨ててディスガイア1がベースになっているようです。とりあえず移動+攻撃のアナログ方式が廃止されたので、射程と移動範囲を確認しつつ防御力の高いユニットで敵をおびき寄せて各個撃破、みたいな定石が使えるようになっています。武器を装備した状態でも「持ち上げ」が使えるのが地味に快適。ジオエフェクトも含めて基本はディス1と同じなので、前作プレイ済みなら割と簡単になじめそうです。
 あとアイテム欄が袋と倉庫の2つあるのもディス1と同じですが、アイテムの種類別に別ウインドウ管理とかは不可能なので、今回も所持アイテム数が増えてくると管理が面倒になりそうで不安・・・。
 それと、最初のチュートリアル戦闘(4回)が終わるまでは固有キャラ2人+作成済み汎用ユニット3体のみで、これを終わらせないと自分でユニットを作れません。

 で、私はまだ1話のチュートリアルが終わって汎用キャラを作成してようやくレベル3くらいまで育った、という感じです。戦力は固有キャラ、作成済みの戦士(男)、魔術師(男)、ヒーラーと、あと戦士(女)、魔術師(女)、盗賊を追加しました。今までの盗賊は戦力にならないうえに萌え度も低いけどアイテム収集には必要、という難儀なユニットでしたが、今回は萌え度が上がっているので弱くても無問題です←おい。
 今回も魔法は鍛えると射程と攻撃範囲が拡大する仕様なので最終的には今までどおりの魔法最強バランスになりそうな予感ですが、初期状態だと魔術師は移動力+攻撃射程の合計が戦士(武器射程1)より低いという絶望的な足の遅さなので序盤はむしろ不利です。あと主人公のアデルはウェポンマスタリーが拳A剣Bで他は全てC以下なので、育成の幅が狭いのが気になりました。
 それと、今回モンスターにはウェポンマスタリーが無いという仕様も復活しているので、序盤からモンスターを育てる意味は薄そう・・・。

■ところで前々から気になっていた戦国BASARAの廉価版が先週出たのでこの機会に買いたいのですが、今買っても時間が全然足りないのでディス2が一段落したら検討します。とか言っていると結局BASARA2の廉価版待ちとかになりそうな気もしますがー。


2006/02/25
■ぼちぼちハガキ投稿に使っているハガキ大の原稿用紙のストックが乏しくなってきたので買いに行かないといけないのですが、アニメイトに行くのは距離的な問題以上に心理的な負担が大きくて後回しにしている昨今。どうも店内で客層を見るに、とらとかだらけより格段に場違い度が高くてしんどいのよ・・・。

■あみあみからダイビングビートル入荷連絡がありました。でも土日は銀行が仕事をしないので最短でも月曜以降にしか入金できませんがー。

■さくらの境2巻を購入。最高です。

■今日はヨドバシに行ってGFFゾゴックとMIAバウンドドッグとHGパラスアテネを買いましたが、何か家族が模様変えをはじめたので塗装どころではなく、パラスアテネは明日まで放置です。あと先週落ちた棚を修理して荷物を戻したらまた落ちて人生に行き詰まりを感じました。金具買い換えて修復したけど不安で胸がいっぱいです。

 で、一時期は混迷を極めていたヨドバシ梅田の玩具フロアが、前回の配置換え以前の状態に近い配置に変更されてかなりすっきりしていました。1本の列を2台以上のレジに分配する構成は残っているので、今までで一番効率的になったのではないかと思います。そして何故かゲームソフトと玩具のレジが分離されたのでゲームはあまり買わない私としては非常に好都合です。まさに完璧。

■そういうわけでズゴックを分解してゾゴックとアッグにしました。余ったパーツでズゴックの胸像みたいなものも作れます。

 アッグの上半身フレームは青ズゴのを使ったので上腕が青いですが。ゾゴックの腕が意外と動かなかったりアッグの状態では余剰パーツが半端じゃなく多かったりもしますが、こんなトンチキな連中を商品化していただいただけで個人的には100点満点で256点です。ええ。
 で、1セットで2体並べるには胴体フレームはおゆまるで複製すればいいとして、上腕はHGのズゴックのキットを1個潰してパーツ流用するのが早いかなあ、とか検討中。

■あとフロントミッションの箱フィギュアを1個だけ購入してグラップルの緑が出ました。

 少々お高いですが、アクティックギアよりちょっと小さい程度のボリュームで関節もけっこう動きます。ただ武器や手首の軸が太くて組みにくかったり腕や脚の軸が部分的にゆるくて抜けやすかったりで、その辺の精度は若干アレですが。
 カラバリが多くてコンプ狙いだと大変らしいですが、バラで1個か2個買うにはいい出来だと思いますよ。はい。

 ↑可動範囲はこんな感じ。ちなみにパイルバンカーの槍部分も可動です。

■ディスガイア2は1話が終わったところでアイテム界に行ったきりそのまま泥沼です。10階単位でしか帰還できない(デールは10階のクリアボーナス以外では入手難っぽいし)ので手軽に潜れないのは相変わらずですが、そこそこいいアイテムも手に入るし楽しくて仕方ないですよ。
 職業は4つほど増えましたが、アーチャーはまだです。


雑記 2006/02/26
■牙狼のヒロインの人は巻き込まれてひどい目にあっている割に見ていて全然かわいそうじゃないなあ、とか思いました。あと今週の箱っぽい敵のデザインがステキで燃え燃えです。
 それとゾイドジェネシスはフェルミ姉さんの悪党っぷりに萌え萌えです。

■ディスガイア2は3話まで終わって職業さらに5種追加。各1体作成していますが、既に出撃枠が全然足りません。ファントムキングダムだと建物に詰め込んでおくだけでもそこそこ育ったから楽だったなあ、とか。
 あと今回は職業の作成条件を満たしたうえで議会を通さないといけないのが地味に面倒臭いです。あいつら評価を「かなり肯定的」まで上げても平気で反対票入れやがるのっす。ようやく通るかと思ったら伝説議員に台無しにされたりで確率50%の議案を通すのに10回リロードしたり。うう。

■あとゲームつながりで、かれこれ数年にわたって日本橋のソフマップで新品が980円で積んであるPS2版ジョジョ(第5部)を年末に買って先月にちょっと遊んだのですが、マンモーニ相手に死にまくった挙句に対ノトーリアス戦の2回目でどうにも詰まって投げましたよ←ヘボ。でも第3部は対ラバーソール戦で投げたから、それよりはずいぶん進歩していますね!←超ヘボ。
 この値段なら文句のつけようがない出来でした。って全然誉めているように読めないですか。割と楽しめましたが、原作を読んでいないと話の展開がかなり説明不足というか、唐突で不条理に感じそうな気はします。

■1/144HG-UCパラスアテネ組みました。

 シロッコはでかいMS作るの好きだなあ、とか思いました。Mk-UがGディフェンサーと合体した状態よりゴツいです。
 色分けは脚部の黄色いラインがシールになっていますが、それ以外はけっこう細かいので成形色仕上げなら塗装は楽な部類だと思います。ビームサーベルはちゃんと2本付いているのにサーベルは右手にしか持てないのがちょっと残念ですが、そのぶん手首の造形は良好。


2006/02/27
■「レ・ミィ×コトナ」とか書いてあるとミィさまは攻なのか、とか勘違いしかねませんね(嘘)。そういうわけで前にシングルCDが出たときは後でちょっと欲しくなったけど初回の在庫は全滅していて、まあいいか、とか思ってそれっきりだったのを思い出して、新作のマキシのDVD付きを7&Yで予約しておいて(参考)いらなくなったら後でキャンセルすればいいや、とか思っていたのを完全に忘れていて、気がついたら発売前に梱包準備に入ってキャンセル不能になっていた昨今です。あと通販サイトの商品情報を読んでいるととりあえずツンデレとか書いておけば売れるとか思っていそうな雰囲気というかミィさまはともかくコトナ姉さんまでツンデレ扱いかよ! というかヒロイン格のキャラが揃ってツンデレとかいうバランスの悪い布陣はあり得ないし! ・・・とか思っていたらゲームでは既に「攻略対象が全員ツンデレ」というのがあるそうですが。
 あと7曲も入れるならついでに「夜鷹の夢」もねじ込んでおいて欲しかったです←無理言うな。

■よみきりもの10巻購入。「表紙デザインが色使いまで含めて毎回共通」+「イラストも毎回全員集合な構図」+「ほぼ毎回読みきり=登場人物も大半は初登場なので個々のキャラの判別も困難」という条件が重なって店頭で見かけるたびに新刊なのか購入済みなのか判断に苦しんでいたのですが、今回はついに店頭で見ても判断がつかずに一旦帰宅して確認、後日購入という失態をかましてしまいました。不覚。
 そしてこの10巻が最終巻ですが、あとがきによると連載そのものはまだ継続していて、どの巻にどの話が入っているのかわかりにくいのでタイトルだけ変えて仕切り直しにしたそうです。

 あとこれと同時にDOLLMASTER(藤岡建機)が発売になっていたことに後で気がついて、書店を3軒回ってようやく確保。ついでにかしましの3巻も購入。後で読みます。

■ディスガイア2は4話まで終了。魔術師チームとそれ以外のレベル差が広がる一方です。というか基本的には装備でHPを強化した戦士系を前衛に置いて盾とオトリにして、射程に入った敵を片っ端から魔法で撃ち落とす、という戦術が一番手っ取り早いです。
 新職業では重騎士が地味に便利。基本的に固いのでオトリに使えるし、投げの射程が最長なので変則的なマップでも重宝します。装備で移動力を底上げする必要はありますが。ジオパネル破壊でダメージを受けない賢者もアイテム界ではかなり重要です。あと今回はベースパネルから出撃、移動、攻撃と何かするたびにいちいちキャラが喋りますが、忍者は移動中にニンニン言います。
 シナリオは外堀を埋めるような感じで展開していますが、今回は基本的に全てのマップの戦闘前後にデモが付いているので「話が進まない」感はあまり無いです。


2006/02/28
■本日の私信:昨日は舞乙じゃなくアカギを録画したので平気でした>th氏。

■あみあみでE&P炎ガロとゼロの予約枠が追加されていました。あとNODA-YAによるとボトムズAGターボカスタムの限定ブラックバージョンは発売中止とのこと。

■昨日も書いたようについうっかりレ・ミィ×コトナのCDを買うことになったわたくしですが、そういえば現在は部屋にCDプレイヤーが無いなあ、とか割と根本的なことに後で気がついて青くなったりしましたが、パソコンで聴けばいいのか。ふう。
 で、セブンイレブンで回収してきてDVDを見ました。結局7&Yでは今日の時点でもDVDの仕様は記載されていませんが、中身はED2曲のノンテロップVer.です。当然TVサイズなので収録時間合計3分。要するに限定版専用ケースと3分しか入っていないDVDと12Pブックレット(※歌詞カード兼用)で定価1500円上乗せです。
 ・・・まあ、ケースは無駄に豪華なつくりだし、あと1ヶ月で番組も終わることだし記念品だと思えばいいか、とか思いつつ、1曲目のEDは映像が2種類あるんだからせめて両方収録してもバチは当たらんだろうに、とか思いつつ、ちなみにDVDに入っているのは無敵団再登場前の初期バージョンの方です。

■タクティカルロアを視聴。胡散臭い企業の顔見せや艦長と副長の過去話をねじ込んで来週以降の前フリをしつつ、1クールに2回も水着で海に行く話をぶちかます豪腕が炸裂する話。相変わらずカメラワークが粘っこいぜー。
 先週から唐突にパイロットの人のキャラが変わったのに続いて、今週は艦長まで過程をすっ飛ばして理不尽な切れ方をしていて、もう恋愛描写は壊滅的にぐだぐだです。「本来は6話と7話の間に数話分のエピソードが予定されていたが、諸般の事情で削除された」とかいう裏話でもありそうな勢いでヒロイン格2人の感情が飛躍しています。
 そういうわけで、やっぱり萌え路線で多数のキャラを運用する作品を短期シリーズで展開するなら、萌え戦力にならない男主人公は切って恋愛要素抜きにするか百合に振った方が無難じゃないのか、などと我田引水なことを思う昨今。

■かしまし3巻を読みました。百合的な話に持ち込むために初手からかなり大仰な設定を使っていましたが、話の締めに向けてまたもや大掛かりなギミックが投入されています。

■ディスガイア2はこのまま先に進むと魔法でゴリ押しになってレベル差が開く一方だし、かといって平日にアイテム界に潜るような時間もないので(デールは非売品で勿体無いので本気で全滅しそうなとき以外は使わない主義です。というか貧乏性)、ちまちまとレベル上げを。3話以降は地形が変則的で効率よく稼げるマップがあまり無いのですがー。
 あとうちの忍者は男女共に回避率が低くてすぐお亡くなりになります。むしろ盗賊の方が丈夫です。前作では味方の回復魔法まで回避する傍迷惑な超回避っぷりでしたが、今回は意図的にSPDを強化しておく必要がありそう。
 そしてアーチャーまでのつなぎのつもりだった盗賊が意外と強くて、ほとんどのS・RPGではアウトレンジ偏重な部隊編成になりがちなわたくし(例外:長距離砲は移動攻撃不可なスパロボ)としては今回も魔法と弓が主力で定着しつつあります。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system