雑記 2006年3月後半分

2006/03/16
■玩具・模型系通販サイトの新着ページを見ていて宮沢模型はどれだけ限定品を企画する気かと戦慄しました。ちなみに私はCM'sのゼルベリオス通常版を予約済みですが、あれはメタリックよりつや消し塗装の方が似合うように個人的には思うので特に問題はないです。

■コンビニで神羅万象チョコスナックを2個買ったらテッシンとドロールをヒット。言った先から泥人形ダブりだーぜー。というかチョコスナックが増える一方なのでぼちぼち購入頻度を落としてみます。
 ところでこれの袋には「カルシウム入り」という表示がありますが、裏面の成分表によると含有量は1袋(20g)で22.4mgで、調べてみたら1日の必要摂取量が資料によってバラつきもありますが大体500〜600程度、牛乳200gで200mg程度入っているようです。
 あとカロリーは1袋で108kcalで、これがどの程度の量なのかはこちらのサイト等で比較してみてください。

■かしましを視聴。はずむの駅員に対するフォローだけは妙に的確なので、普段の天然くさい言動が怪しくなってきました。
 で、次回以降は修羅場に入ってオリジナル展開でまとめるようですが、その駅での誤解の件も割とベタな手のうえに、その後の展開がやす菜の逆恨みにしか見えない(そもそも先に手を出したのはやす菜ですし、それを考えるとあの約束もとまりに不利な内容のような)ので、まあ、その。今週の話は三角関係が深刻化する分岐点なのに、やす菜にはいいところが皆無のような・・・。
 そういうわけで私は性格の悪いキャラは割と好きなのですが、性格の悪いキャラはクレバーであってほしいとも思うのでした。

 あとDPSに載っていたPS2版の記事を見たら、あゆきの扱いがおかんと水谷優子より悪くて不憫でしたよ。新キャラまで追加されているのに。・・・というか、記事とか広告とか見ているとおかんと水谷先生の扱いが妙にいい(メイン3人>新キャラ>>年増チーム>>(壁)>>宇宙人>ジャン・プゥ>あゆき≧明日太、という印象)のが何故なのだろうかと疑問なのですが・・・ま、まさか攻略対象だとでも?!

■FF12が発売ですがディスガイア2でそれどころではないです。後で集めるのも面倒臭いのでぼちぼち前科をつけていくことにしましたが、あれ前科表示でユニット名が隠れるのが地味に不便・・・。あと装備品に「○○大好き屋」が複数発生しているので順次回収中です。


2006/03/17
■新しい靴下を下ろしたら靴の中で足裏が中敷の上をすべりまくって非常に歩きにくい。

■今日は久しぶりにコンビニで神羅万象チョコスナックを買ったりしませんでした。チョコスナック部分は在庫がまだまだあるので1袋食べましたが。

■帰りはヨドバシ梅田へ。前の改装で玩具とゲームのレジが分割されたので、ガンプラ買うのにFF12の混雑に巻き込まれることもないぜー、とか思っていたら昨日は玩具レジも動員してえらい混雑だったという話で、不安に思いつつ行ってみたら、FF12は玩具レジでも購入可能でしたが玩具側はそんなに混んでいなかったのでさっさとHG-UCメタスとキュベレイのパールVer.を購入。あとグリプスセットとTFのG2コンボイも入荷済みでした。
 ちなみにパールキュベレイは箱絵が描き下ろしになっています。Mk-Uのメッキ版も新規イラストでしたが、あれの場合はエゥーゴカラー単品入りの通常版が存在しないせいで、他のメッキ版は全部背景色変更のみの流用なので、どうしてこれだけ新規なのだろうか、とか思いつつ、格好いいから満足です。

 それと電撃PS2とスパロボ本をポイントで買っておきたかったのですが、ゲーム方面レジは行列が長くなっていたので、来週ファルケンのついでにでも買いますよ・・・。何しろ2冊合わせると3000円くらいするのでポイントカードの無い書店で買う気は毛頭ないぜ!←ケチ。

■とらのあなのMe109(島田フミカネ氏のアレ)は品質は割と良かったけど顔が原型段階で全然似てないよなあ、とかいう話は発売当時にもしましたが、第2弾のMig60がぼちぼち各所で予約開始しています。元絵では淡い金色っぽく塗ってある髪が試作見本だと見事にレモンイエローなので原型に続いて色彩設計まで似せる気なしかよ! とか思いつつ、予約したものか迷い中。まあ髪だけなら自分で塗れば済む話ですが。
 個人的には島田メカ娘は航空機より車両の方が好みなので、そっちを大き目のサイズで出して欲しいのですが、全体に車両系の方がメカパーツ多くてコストに影響しそうなうえに露出少ないし無理っぽいなあ、とか。

 あとコトブキヤの1/100ヒュッケバインMk-Uのプラモデルも発表(参考:あみあみ)。・・・って1/100? 1/144でMk-TとMk-Vが出ているから、Mk-Uが出たら3種類並べられると期待していたのですがー。
 それと前に原型の写真だけ発表されていた小さいブリットのフィギュアは、ワンコインではなくこれに付属するそうです。

■ディスガイア2でアイテム界に潜ってイノセントを回収して10回まで突破して帰還してからセーブする前にソフトリセットしました。どうよ。・・・ううう。
 あとモンスターを戦力化しつつあります。おかげで只でさえ多いユニットがさらに増えて、もう主力級で戦えるユニットだけでも出撃上限の2倍くらいいますが。とりあえずアルラウネは手が長いので割と便利。見た目的にリリスやネコマタよりは声が人間じゃなくても納得できますしー。・・・というかディス1のときは容量の都合かと思っていましたが、日本一さんはネコサーベルやレッドアイドルには声をつけてもリリスやネコマタにはつけないと、そういうお考えですか。ううううう。


2006/03/18
■結局劇場版Z第2部は見ていないのですが、第3部はチェックしておきたいと思いつつ、春休みなので時期を遅らせても混雑回避には無意味そうな気も。

■中里一氏の1492の31回目がアップされています。ところでオーウェルのエッセイ本を読もうかと思ったら通販だと在庫があまり無いですが。

■ディスガイア2は相変わらずアイテム界で泥沼です。楽しいのですが本筋は全然進まないぜー。

■食玩ミニプラのダイボウケン組みました。例によって塗装はそれなりに時間かかりますが、塗らないよりは見映えがよくなった・・・ような気がするのでまあいいか、とか。で、とりあえずロボ形態の写真を。

 プロポーションと可動範囲についてはデカレンジャーロボやマジキングよりいい感じだと思います。マジキングと比べると変形はかなりシンプルですが。 
 玩具版には無かった上腕のロール軸が追加されているので、ヒジが曲がる構造をより活用できます。ただ、手首が回らないので武器を構えにくいですが。

■あと例の「おゆまる」を使った計画がとりあえず一段落。

 トイズワークスのラミアは顔が怖いので、別のフィギュアから顔面を複製して移植してみました。表情とかもう少し微調整してみるつもりですが、土日しか作業していないうえにパテの乾燥待ちに終始して一向に形が見えないのがしんどくなったので、とりあえず一旦塗装してみた次第。


2006/03/19
■XP用のメディアプレイヤーってCDからMP3への変換機能もデフォルトで付いているのですね、とか「君は今更何を言っているのかね」みたいなことに気がついた昨今です。あと金曜に絶望先生の3巻を買うつもりで忘れていたことに今頃気がついてがっくりしました。

■『小説』更新しました。多少妙な雰囲気ですが、大筋ではいつものなアレです。

■ゾイドジェネシスはこの期に及んで地形を利用した戦術が云々、とかいう話をしているところが実にいいなあ、とか思いました。内容的には近代戦争より前の話ではありますが、昨今のロボアニメとしては戦争の描写が格段にまともな感じで一貫していたのが大変好ましいです。

 カブトはザビーの人が登場2回目にして失策を連発していて、今後残りのライダーが登場したときの役回りが不安な感じです。それにしても豆腐屋のおっさんは無駄に存在感がありますね。

 あとマイメロはバクの心意気に泣けましたが、この期に及んでナスビの神様とかトンチキなネタをかました挙句にオチが壮絶で全然油断できないぜ。

■ディスガイア2はシステム上修得できる魔法数に上限が無いのはいいのですが(ファントムキングダムの場合は魔法1種類でスキル1個と同じ扱い)、実質的に転生すると必ず技経験が目減りしてレベル1以下になると修得済みの魔法も削除されるので、使用頻度の低い能力上昇・低下系魔法を残しておくのが地味に面倒でしたり。
 あと例によってハガキを書く都合でしばらく中断です。

■そういうわけで今日も写真ネタですが、まずはHG-UCメタス。

 予想外に巨大です。Mk-Uとかゼータと並べるとスケール合っているのか不安になるくらい大柄。
 それにしてもモビルスーツというよりヘビーメタルっぽいデザインですね。異様に細い腰や巨大なスネ・足首はアローンに似ていますし、スネ側面の装甲が開いてバーニアが展開するギミックもあるし、「エルガイムMk-Uをベースに反乱軍が開発したB級HM」とか言われたらそれで納得してしまいそうな気も。

 あまりにも大きいので乗せてみました。あと、関節の自由度はけっこう高いのでガウォークとかのオレ変形も色々できそう。

 あ、ちなみにパールキュベレイはまだ手付かずです。

■食玩ミニプラ・ダイボウケンも写真追加。

 分離時の赤ダンプ以外の4機はかなり小さめ。100円ガシャのカプセルに納まりそうです。

 そしてゴーゴートレーラー形態。トレーラーというか・・・ブレーメンの音楽隊?

■あとラミアさんを昨日の状態からちょっと修正。

 眉毛をちょっと吊り上げて(複製流用した元パーツは眉毛がモールドで入っていたので、それを埋めて描き直しました)、ついでに毛先がかなり丸いので削って尖らせています。
 作業そのものはそれなりに面倒臭いですが技術的には簡単ですし、コストもそれほどかからないので、けっこう使えそうな手法です。ただ、「顔の出来に問題があるけど胴体は出来がいい」というフィギュアを持っていないと使う意味がないわけですが(全身出来悪いなら顔だけ差し替えてもどうしようもないですし)。


2006/03/20
■あー明日は例の野球の決勝か、でも平日だよな・・・とか思っていたら私が出勤日なだけで世間的には祝日ですね。海外では違うような気もしますが。というか昨日の試合の時間にはラミアの顔にパテ盛ったり削ったり塗ったりしていました。

■そういえば、牙狼の殺陣は相手の脚を狙う攻撃が多いですね。

■ゾイドジェネシスでは結局ハウンドソルジャーやヘビーライモスの出番が全く無かった一方で、ここ数年全く再販されていないエレファンダーが最後まで準レギュラーだったのは少々意外でした。やっぱりジェネシスのラインナップには入っていないセイバータイガーも実質的に討伐軍の主力ですし。でも一番意外なのはギルドラゴンの出番が結局あれだけだったことですがー。
 あと緑色のランスタッグの槍がバイオケントロの武器と同じものなのかどうかが気になっていたり。

■ディスガイア2で主力に使っているユニットの反撃回数が軒並み0〜1だということに最近気がつきました。基本的には相手に反撃させないように戦っていますし、敵を誘導するためのオトリならアデル1人で充分なので、あまり問題ではなかったりもしますが。

■マックスの1/35ボトムズは既出のブラッドサッカーと同時期にターボカスタムが予定されていて、最初にスコタコと同時にトータスを用意していることからも2機を絡めて遊べることを意識したラインナップのようです。この辺はタカラ1/48AGの唯一にして最大の弱点でもあるので(敵役の機体はメルキア仕様ドッグとブルーティッシュくらいしか無いし)、気になります。
 ただ1/35で定価約5000円というのは相当に割高ですし(※ボトムズの1/35はガンプラ換算だとせいぜい1/144程度。以前に海洋堂から出ていたアクションフィギュアも1/35です)、とりあえず第1弾の評判待ちかなあ、とか姑息なことを考えています。
 あと今年の夏のワンフェスではやっぱりスコープドッグの肩を赤く塗って売るのかなあ、とか思いました。


2006/03/21
■今日テレ東系でやっていた旅行番組が凄すぎました。芸能人とその家族が観光地で云々、という定石パターンですが、VTRを家族愛的オチで締めた後にスタジオで「この家族の中でニセモノは誰でしょう」というクイズ番組に移行します。ってニセモノ混ざってたんかい! ・・・というパターンを延々2時間です。というか芸能人とニセモノ本人はともかく、残りの素人家族はこの企画をどう思っていたのか気になります。
 何かシュールというか狂っているような番組でしたが、今後もこの調子でおかしい番組を作っていただけると個人的には楽しいのですが。

■今日は休日出勤なので仕事を早めに切り上げて日本橋あたりに寄り道でもするべさ、とか思っていたのですが、・・・えーと、ストリートフェスタって何? というわけで混雑が読めないのでとりあえず回避したヘタレ加減です。

 で、梅田のヨドバシに寄ったらGFFアクトザクが1365円(26日まで)という大暴落っぷりで、1個持っているけどこれはもう1個買うべきか・・・と思ったら、HCMP紅白ザク箱が今日まで半額だったのでそっち買いました。あと「でっかいケロロ軍曹」入荷していましたが実際でけー。あれ家に置いてあると生活が潤いそうな気もしますが、半端なくでかいしなあ、とか。
 それと電撃PS2と電撃スパロボ3をようやく購入。何か採用されたハガキより加算されたポイントの方が1枚分多いみたいなのですが、自分の見落としかもしれないので落ち着かない気分です。

 スパロボ掲載の新情報としてはコトブキヤの1/100ヒュッケのテストショットと、あと1/100Mk-Vトロンベが通販限定で発売予定とのこと。それと文字情報のみですが、1/144シリーズのサイバスターの次はヴァイスリッターだそうです。これでようやくエクセレンを乗機と並べて飾れるぜー。
 八房氏の漫画はジガンスクードが主役。敵は毎回漫画オリジナルですが、何か回を重ねるごとに八房氏の得意分野に突き進んでいるような・・・。今回のアレとかそのまま宵闇に出てきても違和感なさそう。いや面白いですけど。

■数日ぶりにコンビニで神羅万象チョコスナックを2個購入したらエドガーとオルティガをヒット。なのでこれは流れが獣牙族→続けて攻めればナタージャが出るのでは、と読みをかけて追加で2個買ったらシリウスと魚人でした。予想大外れ。というか2枚ダブり。わっふー。
 そして減ってきていたチョコスナックの在庫が急増したので、またしばらくは購入を控えます。

■舞乙を視聴。怪の四谷怪談と時間帯が重複して以来なのでかなり久々ですが、舞衣の扱いが色々と予想外。もっとも、まともに本筋に絡めると最終話のスタッフロールでアリカが舞衣より下に、とかいう展開になりかね(以下略)。
 あと温泉に入るくだりで台詞の無いナオがちょっと挙動不審気味でしたが、これは各自でてきとうに邪推しておけ、ということでしょうか。

■ディスガイア2では転生すると魔法の威力が妙に落ちることがあるような・・・とか思っていたら、属性値って防御力だけじゃなく攻撃力にも影響するのですか? うおう。


2006/03/22
■HCMPの黒アッシマーをあみあみで予約しておこうかと思った当日に予約締め切りになって、以来こまめにチェックしていたのですが状態が「予約一時停止」(「予約終了」ではなく)のまま発売当日に至ってそのまま完売。他も軒並み壊滅しているようです。んがぐぐ。
 ちなみに今日はヨドバシ梅田に寄ってみましたが、まだ入荷していないっぽかったです。

■昨日からビージェイでは決算セールで、店舗の方には何と復刻版ガルバトロンが2000円だったとかでかなりうらやましいのですが、通販のラインナップには特に欲しいものはなかったのですが、それ以前に昨日は出勤日かつ職場のLANが完全に沈黙していてそれどころではなかったのぜー。
 でも復刻版ガルバトロンはヨドバシ梅田でけっこう余っているようなので、そのうちスターコンボイみたいに特価対象になるのではないかと今から構えています。

■怪の化猫2話を視聴。ミステリとパニックホラーの合わせ技といった様相ですが、スピード感もあって面白いです。

■ハガキ仕上げたのでディスガイア2をちょっと起動して、攻撃魔法の威力と魔法使用者の属性値に関係があるのか検証したところ、関係大ありでした。要素の影響の度合いは「自分のINT値>敵の属性>自分の属性>魔法の技レベル」という感じ。魔法の射程は技レベル補正と杖補正の合計で7が上限のようなので、杖のWLが充分上がっていれば個々の魔法の技レベルはあまり重要な要素ではなさそうです。
 INTが1000越えの魔法使いが技レベル6のクールを「水−50%」の敵に使っても今ひとつダメージが伸びない・・・とか思っていたら魔法使いの属性が「水−50%・風+50%」だったので、技レベル2のウインドをメイン魔法に切り替えたらダメージがあっさり4桁突破して脱力しましたよ。というか使い方を間違えなければやっぱり今作でも魔法最強のゲームバランスはちっともゆるがない感じです。

■HCMPのザクウォーリア2個セットですが、やっぱり出来はいいです。このサイズでもガナーの折りたたみは差し替え不要で、ブレイズのミサイルランチャーやフィンの可動も再現されていますし、本体の可動範囲も充分。
 ただ、左手用トマホークとシールド裏の予備マガジンが白ザクの分しか付属しないのは謎ですがー。元々単品売りの緑ザクでも省略されていたようですが。何故かHCMPはSEED系だけパネル塗装が省略されているので、何となく割高感が・・・。


2006/03/23
■もう模型誌早売りの情報が出回るとは日にちの経過が早い・・・って、そういうところで時の流れを感じるのはどうなのか。
 で、ボトムズAGの新作はファッティーだそうです。クメン編のEX-10側ATは全種揃ったし、次はタートルかストライクドッグかと思っていたのでかなり予想外。でもファッティーがアリなら原作本編に出た機体はおおむね時間の問題という気もするので楽しみです。というかファッティーも出たら買います。いやDビートルも品薄傾向なので買おうと思って買えるかどうかが問題ですが。

■HCMPの黒アッシマーはどうにか確保成功。何か同時発売のハンブラビと比べると店頭在庫が異様に少ないので、出荷数もそう多くなさそうです。下半身のグレーっぽい色は金属色の樹脂むき出しなので質感がどことなく素組みのゾイドっぽい気もしますが、色が違うだけにしては印象だいぶ変わっていますし、アッシマー付属のベースは使い勝手が非常にいいから複数持っていても困りませんし。
 ちなみに説明書はわざわざ限定版専用のものになっていますが、黒版独自の設定はおろか設定文のスペースが丸ごと削除されているので資料性は皆無です。
 あとこれが出たということはいずれゼータの3号機(紫色)も出るものと予想されますが、今までのHCMPのリカラー商品は2個セットが定番なのにどうしてこれだけアッシマー単独なのかなあ、とか。

 そのハンブラビも購入。フェダーインライフルのグリップと手首の形状が不整合っぽくて保持が安定しないのが残念ですが、モノアイが顔だけじゃなく後頭部や肩までクリアパーツで質感がいい感じです。
 それとEXモデルのファルケンも購入。ヨドバシ梅田はガンダム以外のプラモデルの割引が不安定ですが、今回はちゃんと3割引でした。元が高いからそれでもけっこうしますがー。
 さらにフロントミッションの箱フィギュアが再入荷していたので1個だけ買ってみましたが、強盾のノーマルカラーが出ました。格好いいし可動も充分でグラップルより保持力も安定していていい感じです。
 加えてGFFアクトザク1365円も買ってしまいました。これでアクトザクとザクフリッパーを同時に並べられるのぜー。でもこの値段で手に入るのは非常にお買い得とはいえ、換装用の余剰パーツの量がけっこう壮絶なことに・・・。何か使い道はないものでしょうか。

 あとこれは買っていませんが、スターウォーズ・トランスフォーマーの第1弾もひっそり入荷済みでした。

■タクティカルロアを視聴。相変わらず主人公をめぐる三角関係の心情描写だけ飛躍していますが、脇キャラの描写は面白かったと思います。ところで戦闘シーンが無いにも関わらず終始シリアス展開というのはこのアニメでは初めてのような。

■ディスガイア2は9話と10話を終了。例のキャラがようやく仲間になりましたが、レベル1なので戦力化する前に飽きそうな予感で胸がいっぱいです。一応育てていますが。


2006/03/24
■さて、ぼちぼち春なので豆ごはんを食べるのが人類の義務です。とか大嘘をぶっこいてみましたが、エンドウマメは生のを買ってきて調理するのと冷凍や缶詰では全然違うのだということはこの機会にぜひ主張していきたい、と!
 ・・・でも、生の方が香りが強い→あの匂いが苦手だと保存品より余計にまずい、というのは否めないところですが。

■ストライクノワールには僚機としてデュエルとバスターの改装型がつくようですが、バスター改(仮)の両肩についている大砲が旧バスターの腰に接続されていたものと同じ形状っぽいし、この2機はパーツ流用で商品化を意識したデザインなのだろうか、とか。ノワール自体は少なくとも1/144では既存キットからのパーツ流用はなさそう(というかデザイン段階で無理っぽい)ですが。
 あとイージスとブリッツを外してこの2機というのは、ザフトが強奪したのと同じ機体が連合に出戻って改装された、とかいう設定なのでしょうか、とか。

 あとMGギャンとHG旧ザクは当然うれしいし買うのも決定事項。ただHCMPも5月は1年戦争ネタみたいで、ゼータ祭りが来月のHGガザCとHCMPハイザックで実質終わりなのはちょっと残念ですが。

■MGガンダムMk-UVer.2のティターンズカラーを買おうかどうか迷った挙句に「最近のバンダイ大型キットのリカラー版は値崩れの確立が高いのでとりあえず様子見」という結論を出したものの、これは「どうせ安くなるから今買うのは損」ということではなく、「ほぼ色が違うだけのエゥーゴカラー版を購入済みだし置き場所にも余裕がないので、本来は買うべきではないけど、安くなったらそれを言い訳に突撃してしまえ」という心情の表れなのでした。
 というか値段が下がるまで待っていられるかどうかも怪しいのですが。

■そういうわけで他の新製品は購入済みだからヨドバシに寄る必要もなく、とらでエヴァ10巻買うとイラストカードがもらえますが別に表紙とか口絵と同じ絵柄ならいいか、とか思ったので地元の駅前でDPSだけ買って帰りました。梅田のとらは店内よりもそこまでの道のりが混雑していて、到着するまでがしんどいのよ・・・。

■かしましを視聴。オリジナル展開で、誤解がこじれて泥沼になるかと思いきやとまりとやす菜は2人とも意外と冷静だったので、結果的に「はずむが優柔不断なのが悪い」という一点の曇りもなく事実だけどそれは最初からわかっていたことだろうに、という結論になったわけですが、それはそれとして宇宙人の設定が原作と変更されたので、いよいよはずむが女になっていなくても成立する話になってきたような気がする昨今です。メンタリティは男寄りだし。
 あと百合的にはとまりメインであゆきかやす菜の2択というところではないかと思いました←知らんがな。傍観者ポジションに固執していたくせにとまりが泣かされるなり一転してはずむに牙をむくあゆきに萌え萌えです←おい。


2006/03/25
■サッカーくじ導入前には主に道義的な見地から反対意見が見られましたが、誰も公営賭博の胴元が赤字になるなんてことは考えもしなかったのだろうなあ、などと何故今頃そんな話を、みたいな話題を持ち出してみました。

■ディスガイア2は11話の頭で足踏み中。修得魔法と属性がばらばらになっていた魔法チームを転生しなおして属性を合わせたら鬼のように強くなって、近接戦闘チームの影がどうにも薄くなっております。

■EXモデルの1/100ファルケン組み立て完了。

 独特なスタイリングが何とも言えません。

 レーザー展開状態。眼みたいなセンサーは左右でつながっているので、片方から光が入るようにしてやれば反対側が光って見えます。それ以外のセンサーも全部クリアパーツですが、他は機種の中に電飾でも仕込まないと黒っぽくしか見えなさそうですがー。
 レーザーとミサイル、着陸脚、エアブレーキの展開が差し替えで可能で、完成後に組み替えることも考慮した設計っぽいです。着陸脚とかはディティールが一部埋まったりもしていますが、その分普通のスケールモデルより組みやすいです。

■あと前にフルメタルパニックのサベージさん(カエル顔)を入手したのですが、頭と上腕の関節軸が完全に固着していました。なので試行錯誤の末に冷凍庫で冷却してから強引に引っ張って分解、それから軸の塗膜を溶剤で落として一応スムーズに動くように修復できました。1時間くらいかかりましたがー。
※ちなみにこの手の完成品フィギュアの塗装はタミヤセメントの流し込みタイプ(ビンが四角くてフタが緑色のもの)を綿棒につけてこすってやれば、PVCやABSなら樹脂を溶かさずに塗料だけ落とせます(ただし本来はPS用の接着剤なので、PSは当然溶けますが)。

 関節まわりに干渉する装甲が少ないデザインのおかげもあって、固着の修復さえできればかなり遊べる出来でした。銃の構えポーズの自由度も高いし。

 あとサイズ比較。この大きさでちゃんと可動するロボが色々と商品化される時代が来ようとは、とか若干おおげさに言ってみましたが、実際幸せですよ。


2006/03/26
■2週連続で『小説』更新です。いや書いていた時期はけっこう開いているのですが。今回いつもと毛色のちょっと違う話でして、あといつもよりかなり長いので、お時間に余裕がありましたら読んでいただけると幸いです。ところで「幸い」と「辛い」って意味は正反対な割に字面がそっくりですね。

■ゾイドジェネシス最終回ですよ。終わるのが残念でもありますが密度高い高い。てきとうに切り上げてエピローグでも入れてくるかと思ったら尺がほとんど全部バトルシーンで、バイオティラノに味方がボコられるところをいちいち執拗に描写してあって迫力とか緊迫感とか凄かったし、レギュラーキャラほぼ全員に見せ場もあったしで(コトナさんだけ一方的に攻撃される場面しかなかった気もしますが)よかったですよ。8時50分回ってもラスボスが全然死なないので一時はどうなることかと思いましたが。
 で、終了後に後番組の牙と、あと特に関係ないゼーガペインの番宣が連続で入りましたが、何かジェネシスとは作画予算がかなり違うっぽくて別の意味で泣けましたが。

 あとマイメロディも一段落して、こちらは来週からタイトルがちょっと変わって2年目に突入。・・・今、ふと「メダロット魂」という言葉が脳裏をよぎって背筋が凍るようなのですが、大丈夫だといいなあ、と切に願うものです。

■ディスガイア2はレベル上げに終始しています。

■あと、ラミアに続いてエクセレンの顔を差し替えてみたのですが、

 自分でも元の状態より良くなったのかどうか判断に迷う感じです。分解して顔を新造・交換しただけで元のパーツは一切加工していないので、元の顔にも戻せるから失敗してもどうということはないのですが。

■それとAGベルゼルガの足首の可動範囲を拡大してみたのですが、上記の小説の更新でえらい時間取られたのでこれはまた今度。


2006/03/27
■昨日アップした小説の記述に、途中で修正を入れたことに伴う矛盾点が見つかりまして、これは他にも何かありそうな気がしたので公開を中止して推敲をやりなおすことにしました。というかアップするまでに3回くらいは読み返しているのですが、普段より長いせいかミスを消しきれていなかったのよ、とか言い訳で泣き言を書いてみる昨今ですが、いずれ万全な状態で再掲載させていただく所存です。
 いや、万全といっても、話の本筋の出来は昨日の状態で頭打ちですが、まあ、その。あと、ちょっと今週色々と立て込んでいるのと、同じミスは回避したいので仕上げてから時間空けて再確認したいので、とりあえず今週末とかにはアップできそうにないです。申し訳ありません、と一応書いておきますが、正直なところ需要があるのかどうかはかなり不安でもありますが。

■そういえば昨日の関西地区では漫才特番が12時から2局で連続して合計4時間もやっていて、結果として重複した出演者の一部はネタが同じだったりしたのですが、それは両方見る方がどうかしている、と言われると返す言葉もないので別にいいとして、海原やすよ・はるかが押尾学の奇行をネタにしているのをTVで見られる関西は楽しいところだと思いました。

■デイリーポータルの今日の特集記事の単色弁当ですが、個人的には白弁当もけっこううまそうに見えたのですが。そういえばポーションはまだ飲んだことがないです。

■あみあみのAGターボカスタムとクメンセット、あと牙狼のEPゴウテンの予約枠が復活していたので速攻で注文しました。ところでアマゾンの予約って発送前ならいつでもキャンセルできるから便利ですよね←鬼。
 あとぱにぽにの橘玲のフィギュア(参考:あみあみ)は1/6スケールでけっこう高額ですが、メーカーと原型製作が1/6やよいと同じ組み合わせなので、サイズを確認すると24センチ。1/6換算だと元は144センチということですが、マホとか芹沢ならともかく玲が身長150切るとか本気で言っていますか貴様、とかいう、要するにやよいさんと同じで1/6と言いつつ実質1/7以下というアレでした。
 というか前にも書いたけどはだワイはあんまし萌えないのでもうちょっと露出減らしてくれんでしょうか←知らんがな。

■ゾイドジェネシス全体の感想を書いておきますと、まず繰り返しになりますが、ロボに乗る少年の視点で戦争を扱ったロボアニメとしてはかなりよくできていたと思います。ルージの個人的な話からはじまって、彼がディガルド支配地域の現状を見て戦いに身を投じようと決心するまでの動機付けもしっかりしていますし、討伐軍旗揚げ序盤で足並みの揃わなさや戦力・戦術両面での劣勢を描写した展開も、あの時点ではけっこうストレスでしたが全体の構成上は有効だったように思います。それに兵站についての言及がけっこう多かったり、地形を利用した戦術や攻城戦の描写も地に足がついていますし、主要キャラの乗機が強くても雑兵の数と士気を欠くと勝てない、ということも示されていたので説得力もありました。あと個人的には戦争が人的犠牲を伴うということを、直接的なグロ描写を避けつつ示してあったのも良かったと思いますし。
 ただ、これも前に書きましたが、ここで扱われている戦争はどう見ても第2次大戦以前、実質的には戦国期とかその頃のレベルの話なので、例えばNBC兵器やテロといった近代の題材を扱った作品と同列で評価するのも問題だとは思いますが。

 それと、主題になっていないので別に構わないといえば構わないのですが、主人公周辺の恋愛描写はもうちょっとあっても良かったかなあ、ということもキャラ萌え視点では指摘できます。ミィさまがルージの成長に伴いツン期からデレ期に移行する過程はいいとして、途中までは正ヒロインになりかねない勢いだったコトナさんが後半何の説明もなくトーンダウンしたのは釈然としないものがあります。セイジュウロウの方に流れたのかと思ったらそっちも中途半端で。それにミィ→ルージの描写は多い割に、ルージがミィをどう思っているのかについてはかなり後半まで特に言及されていないので、終盤の展開がちょっと唐突な印象もあります。ソウタの存在も三角関係への布石のようで結局不発でしたし。
 ただ、直接的な萌え狙いの描写や展開が(後期EDを除くと)かなり少なかった割にはキャラ萌えでもそれなりに通用する出来になっているのは評価できるのではないか、と思います。何しろフェルミ姉さんを数に入れてもメインの女性キャラが3人しかいないので、実質ミィとコトナの2人だけで何とかしてしまったようなものですし。
 あとキャラ作画が全体に低調だったのはどうにも否めない感じですが、とりあえずネギまのTV版よりは全然(以下略)。

 そういうわけで、地味で爽快感に乏しい話も多かったですが、全体として見ると個人的にはここ数年のロボアニメでは格段に良かったと思いました。いや昨今ではロボアニメ自体そんなに本数多くないですが。
 最終回にエピローグが無いのは残念ですが、あのラスボスの強さをこれでもかと強調してぎりぎりまで戦闘で引っ張った展開も面白かったのでまあいいかと思いつつ、むしろこの作品ならDVD最終巻の特典映像に新作のエピローグを収録、とかいう商売をしてくれれば即決で貢がせていただくのになあ、とも思います。
 あと最後に大人気ないことを書いておくと、ラカンはバリアで助かったとはいえその時点でボロボロだったソードウルフはいつ修理したのですか。とか。

■あ、ちなみにウルトラマンマックス最終回の感想とか書いていませんが、ありていに言うと寝過ごし+ビデオ予約忘れて見逃しました。うわーい。でも打ち切りネクサスの代打+リメイク怪獣多用、という前提でかなりアレな印象を持っていた件については素直に謝罪したいくらい面白かったと思いましたよ。個人的には魔デウスとメトロンの話が特に好きですが(←ありがちな意見)、バルタンをボク女キャラにしてしまう豪腕には脱帽するしかないです。
 それとTFギャラクシーフォースの年末に見逃した最終回はKBS京都での放送で無事に録画できましたが、直前の51話も録画だけして未見なので、まとめて見る時間がどうにも。


2006/03/28
■中里一氏のサイトで技術的なトラブルが発生していたようですが、1492の32回目がアップされていました。そろそろ大詰め・・・かと思って予想が当たったためしがないですが。

■怪の化猫編最終話を視聴。密室でどろどろした因果が開示されたり派手なアクションもあったりで盛り沢山。前2作と比べると画面のつくりがかなり独特でしたが、話はあまり変なひねり方をしないでしっかり面白かったです。

■先週本屋に行くのを面倒臭がったせいで買いたい漫画がたまっていたので、昨日梅田のとらのあなに寄って、とりあえずエヴァ10巻とラブやん6巻と探偵儀式3巻と、あと「棺担ぎのクロ」を表紙買い。・・・いや、別に特典でペーパーが2枚付くのにつられたわけでは・・・。面白かったけど、コマの欄外が全部真っ黒なので読んでいて汚れが心配です。いや手指じゃなく、紙に指紋がつくのが気になるもので。そっちかよ。
 ちなみに今まで読んだ漫画で一番手が汚れるのは唐沢なをき氏の「怪奇版画男」です。何しろ全部版画なので手にインクがついてそれが紙の白い部分にもついてもう大変というか、保存用にもう1冊買っておくべきでした。
 続巻3冊についてはいずれも相変わらずですが、エヴァ10巻は昨日の時点でまだイラストカードが残っていたのが割と予想外。探偵儀式については謎がどうこうより箸井地図氏の絵を見るための漫画だと個人的には思っております。
 そして帰宅してから電撃4コマの家族ゲームの人の単行本が昨日発売だったことを知ってがっくりしたわたくし。今度また買いに行かなあかん。

 あと、先日話題にしたスパロボ50円とか白霞2000円はさすがにもう売り切れでした。現在は鉄道むすめ2がやけに大量に入荷中です。ちなみに梅田のとらは美少女系箱フィギュアが入荷すると開封した中身を展示してあることが割と多いです。

■ディスガイア2は2枚ほど入手していた「地図の切れ端」(前に界賊団に勝てないとか書いていましたが、あれは漂流としか遭遇していなかったせいで、ニワトリとかドクロなら割と余裕でした)のアイテム界に潜って手近な宝箱を集中攻撃で破壊→武器が出たらデールを使って速攻で離脱、ということを繰り返して攻撃力800オーバーの武器をいくつか入手しました。手持ちで一番強い武器でもアイテム界もぐりで強化してどうにか300越え、という程度なので飛躍的な打撃力アップです。特に不正なことはしていないのに軽く罪悪感がわいてきたりもしますが、問題はむしろ発売日に買って延々遊んでおいてまだ攻撃力300とかの武器しか持っていなかったのかお前は、というところですか。プレイ時間に対する育成効率はかなり悪いと自分でも思います。
 あと練武の洞窟1がかなり稼ぎやすいことに今更気がついてもりもり稼いでいます。レベルがむりむり上がります。というか今までどれだけ労力を無駄にしていたのかという話です。


2006/03/29
■仕事の締め切りの読みが微妙にアレだったのでちょっとナニです。まあ対処はまだ充分可能な範囲内ですが、小説に直しを入れている暇が無いというか、このまま先延ばしにすると面倒臭くなってそのままになりそうな予感が・・・。
 ところで追い込まれると仕事の効率が上昇するというのは、つまり普段は手を抜いているということですよね。とか他人事のように言ってみる昨今です。

 あと大阪では今日の最高気温が前日比マイナス10度です。この調子なら週末にはバナナに釘が打てますね。などと二重に間違っているので結果的に正しいことを書いてみました。

■あみあみの今月予約分(THSコンボイとか烈火牙狼とか色々あるので金額がえらいことに・・・)については、入金も完了したしボトムズAGと装着牙狼も今日入荷連絡があったので、これで今日明日中には発送される・・・かと思いきや、CM'sのゼルベリオスが未入荷でした。公式サイトによると31日発売だとか。
 ところで鉄道むすめ2は今回もショップによってはフルコンを作った余りのノーマルセットが安く売っていたりもしますが、送料を合わせるとあみで1箱買っても大差ないので結局そっちで。鉄道は外箱のデザインが好みなもので。

■電撃PS2は3ヶ月おきにDVD-ROMの体験版+セーブデータ入り付録を出して、残り2ヶ月は映像DVDが付録、という編成でしたが、次回以降この映像DVDの号を廃止して当面は3ヶ月おきの刊行になるそうです。・・・が、MWの発売カレンダーによると、とりあえず4月にはDPS本誌2冊の他にRPG増刊というのが出るそうです。5月以降は不明ですが、DVDがなくなるだけで刊行数自体は現状維持になるのかも。で、問題はこの増刊に奴隷が載るのかどうかですが。
 ところで電撃PS2の連載漫画もそのせいか今月で終了していますが、あと1回で終わるはずのKiller7小説は「前回までのダイジェスト」が掲載されていて、最終回がいつどこに載るのか(むしろ載るのかどうか)予断を許さない情勢です。

■ディスガイア2は練武の洞窟1で稼ぎつつアイテム界潜りでアイテム強化+罪状消化中。転生すると罪状がリセットされるので転生前にもらえる罪状は全部もらっておくことにしたら、倉庫のストックがえらいことになっています。
 ちなみにアデルとロザリーは前科が60強、他の主力は30弱で、レベルは平均がようやく50を超えたという鈍足展開です。


2006/03/30
■ゼルベリオス入荷連絡ありましたよ。なのでこの週末には届きそうです。あとAGターボカスタムとマーシィドッグは付属のヘビィマシンガンがフォアグリップ可動式にバージョンアップされているようですし、楽しみです。

■前に話題にしたぱにぽにの橘玲フィギュアの予約枠が2日ほどでおおむね壊滅という状況で、増産がなければ末端価格がえらいことになりそうです。

■帰りはヨドバシ梅田に寄って装着カブトとEXモデルのマゼラアタックを購入。たまたまDSライトが入荷していてもう少しで衝動買いするところでした。ちなみにカブトは2割引。
 AGターボカスタムとクメンセットはたっぷり在庫があって、あみあみでもまだ20個くらいあるしで今回は出荷数増えているようです。1/18スコープドッグとかHBSコンボイもありましたが、SIC響鬼は持ち歩いている客は見かけたもののフリーの在庫は見当たらず。

 そのSIC響鬼、私は通販で何とかして今日届いていましたが、よりによって平日発売だし予約できていなかったらけっこう危険だったかも。
 さっき開封しましたが、龍騎系やファイズ系より太股が細くなっていて上半身がやけにゴツい気もするものの基本的に格好いいです。今回は金属やクリアパーツの使い方もいい感じで質感も雰囲気出ていますよ。それにディスクアニマル山盛りだし。

 あとMGティターンズMk-UVer.2の箱絵がやけに格好よくて、これマゼラアタックと値段は同じなんだよなあ、とか思って複雑な気分になったりも。ちなみにマゼラは選択式の排気ノズル等のパーツも含めて2セット入っているので、両方とも砂漠仕様に組むとかも可能です。ザクに流用できるマゼラ砲も2個入り(旧キットと違って砲身は2組4本入っているので、マゼラ砲を作るとマゼラ本体の主砲が無くなったりもしません)。
 キャタピラが硬質樹脂(PS)だったのがちょっと意外。

■かしまし最終話を視聴。結論は要するに「あゆき×とまり」です←おい。
 選ばれた方はほぼ放置して延々と失恋を描写していく展開が面白かったですが(痛々しくてしんどくもありますが)、関西地区では本編のエンドロールの直後にMS IGOLOOのCMが入ってズゴック改造機がビームを撃ったりしていたので、余韻どころではなくズゴックに燃えたり萌えたりしていたわたくし。

■ディスガイア2はアイテム界の地下11階から潜るのにレベル8の裁判屋を移住させていて、そういえば裁判ゲートが出ないなあ、とかトンチキなことを思ったりしました。
 あと罪状が増えるとショップの価格設定が劇的に変わりますね。品揃えが最初から変わらないマナポーション屋あたりだと歴然です。


2006/03/31
■朝起きたら地元は吹雪いていました。うおう。

■明日はエイプリルフールで、今年こそは何かネタを仕込もうかと思いつつ思いつかなかったり直前で仕事がたてこんだりで、結局は例年どおり何もできないっぽいですが、以前モデグラに何故か常設されていたエヴァンゲリオン読者ページのイラストハガキにあったエイプリルフール関連ネタを引用してみます。ちなみに台詞はうろ覚えなので細部はかなり違っていそうですが。

アスカ「ねえ、今日は何の日か知ってる?」
シンジ「え?」
アスカ「大嫌い(はあと)」
シンジ「あ、ごめん、僕何かまずいことした?」
アスカ「・・・もう知らない!」

 とか、大筋ではそういう感じで、言葉で定義される前からツンデレ概念は存在していたのだなあ、などといい加減なことを言ってみる昨今です。

■昨日はEXモデルのマゼラを買ったわけですが、そういえばキュベレイのパールVer.も手付かずなので、どっちを先に組んだものか迷っています。キュベレイは装甲のピンク色のスリットがパーツ段階では色分けされていないのですが、これを付属のホイルシールで処理するか塗装するかでも迷っております。

■で、今日は急にエポキシパテが欲しくなったので(←どういう物欲だ)ヨドバシ梅田に寄ったらエポパテどころかプラパテすら売っていなくて(よく見るとパテじゃなくてコンパウンドとか)、手ぶらで帰るのも何なのでターボカスタムの予備でも買っておくかと思ったら1日で売り切れで、じゃあ行きがけの駄賃にDHM誌でもポイントで買って帰るかと思ったらゲーム側のレジが鬼のように混雑していたので、あきらめて離脱しつつ意味の薄い意地を張ってホビットに寄ってウェーブの軽量とミリプットのグレードSを定価で購入。地味に高い・・・。
 あとターボカスタムはホビットでも1個しか残っていなかったので、今後の新作も通販で押さえるのが無難かも。ちなみに限定クメンセットの方はマーシィ以外の2個が抱き合わせ臭いせいかSTTCよりは残っていました。

 そして帰宅後にとかとかさんを見たらあっさりカブトエクステンダーが欲しくなったのですが、ヨドに週明けまで残っているといいなあ、とか。

■装着カブトはリニューアル以降初の装甲2種同梱アイテムということで換装を考慮したのか、肩装甲がちょっと外れやすい印象です。あと首が実質左右回転のみで表情をつけにくいのも相変わらずですが、カブトクナイガンの分離も再現してあったりディスプレイ用のベースが追加されたりでおおむねいい感じでした。無可動のダミー素体(手はマスクドとライダーで形状が違うものを丸ごと交換して、余った方をダミーに取り付ける形式なので、手首と指は可動。あと肩の付け根も一応回ります)付きで2体並べて飾れるので、武器も2人分あれば完璧だったのですが、ライダーフォームは素手がメインだから別にいいか。
 ただ、中の人の顔は似ていないとかいう以前に髪型まで違う(ファイズや龍騎と同じ真中分け長髪タイプ)うえに、新規造型のはずのダミー素体頭部までそれに合わせた髪形にしてあります。カイザとか響鬼に入っている短髪ヘッドの方がまだ多少は似ているような気が・・・。

 ところで装着変身のパッケージには身長やキック力等のスペックが記載されていますが、マスクドフォームは打撃力がライダーフォームの倍くらいあるのな。

■タクティカルロアを視聴。どうにも用意したキャラやギミックが捌けていないというか、今までにも多少は前フリがあったとはいえ今週になって急にみんなしてノイントテーゼに言及しだしたような印象。

■ディスガイア2はぼちぼち。現在前科も付けて積極的に育てているのはアデル、ロザリー、雪丸、エトナ、戦士(女)、忍者(男・女)、盗賊、アーチャー、重騎士、ガンナー、ビーストテイマー、魔法剣士、ヒーラー、賢者、プリニー、あと魔法使い(女)が3人。・・・出撃枠制限を考えると、この半分でも充分用は足りるのですが。
 モンスターは「持ち上げ」が使えないのでタワーを組むと一番上にしか配置できない(=罪状1個で最大9人に前科をつけられるけど、そのうちモンスター系は最大でも1人まで)ので、前科をつけにくいのがネックです。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system