雑記 2006年6月後半分

2006/06/16
■巨人があんな感じなので、アンチ巨人だったうちの親父がアンチ阪神に鞍替えしました。やれやれだぜ。

■地元の書店に武装錬金の10巻だけ置いていなかったので、9巻まで読んで「打ち切りとは聞いていたけど、まさかこれで終わり・・・?」とか一瞬焦りました。9巻最後のエピソードが別冊読みきりの「武装錬金ファイナル」だし。

 そして今日の帰りにその武装10巻と絶望先生の4巻を買いに寄った書店にDMC1巻の在庫がありましたが、私は昨日の午前中にDMCを7&Yに注文して今日の夜の時点でまだ「梱包準備中」なのでした。うおう。

 あと3ヶ月ぶりの電撃PS2も購入。薄々そんな気はしていたのですが、3ヶ月前に残り1話で休載していたKiller7小説は載っていませんでした。うおう。

■あとヨドバシに寄ってHCMPヤクトドーガも購入。初回限定特典付きですが、限定のアッシマーとかゼータとは違って通常の新製品並みの数は入荷しているようで、たっぷり積んでありました。この調子ならリ・ガズィも普通に店頭で買えそう。
 あと百式では黄色いプラの上からイエローパールを吹いて表現してあった金色は、今回は普通にメタリック塗装です。というかヤクトの黄色って金色だったのか。

■イーエスでSIC響鬼・紅&轟鬼の予約枠取れましたよ。ふう。おかげで発売日に有給使うとかしないで済みます←本気で使う気だったのか。
 というかもうSICの発売日は平日にしないでいただきたいと切に願う次第。あと、これでヨドバシにGFFのZUを買いに行ったら紅トドが山積みで余ってたりしたら大笑いですが(←去年のカイザ&デルタで実際にあった現象)。

■ボトムズAGのターボカスタム1stレッドショルダーとやらが、あみあみにも登録されています。仕様は不明ですが、既出のターボカスタムがOVAのラストレッドショルダー版なので、「野望のルーツ」あたりのレッドショルダー在籍時の機体かと。・・・単に肩を赤く塗った「だけ」じゃないだろうな、と思いつつも不安です。

■錬金3級を視聴。Aパートは何の説明もなく延々と英会話+罰ゲーム大会で、とにかく意地でも説明台詞は使わないと言わんばかりの展開が面白かったですよ。あとBパートは最終回っぽい雰囲気もしつつ結局は恒例の「はいてない」オチですが、そういえば今まで博士とセットだった助手が今回は不在。


2006/06/17
■風邪の症状は相変わらず継続しておりますよ。発症から3週間突破です。発熱と頭痛だけはないので生活に支障はないのですが。

■中里一氏の1492の48回目が更新されています。

■シムーンを視聴。この番組には珍しく全然百合要素の無い恋愛話でしたが、オチが見事にバッドエンド。あと見た目がおっさんで声がおばさんなキャラにはまだなじめません・・・。

■今日は思いつきで大阪まで買い物に。というか定例どおりヨドバシととらのあなに行っただけですが。ふ。
 で、ヨドでは再販武者が入荷済み。魔星や闇元帥といった敵役の連中だけ売り切れたのかスペースの都合で出していないのか在庫はほぼ皆無でしたが、黒魔神だけ4個くらいあったので1個確保。あと棚の奥に魔刃が1個あったので買っておきました。
 あと、リボルテック初号機を触っているうちに脳内がアナクロ懐古モードに突入したので、ヤシマ作戦いいよね、とか言いつつとらのあなでリボルテック零号機を購入。というかポイント還元を入れない価格はヨドもとらも同じで、とらには販促の透明ライフルが残っていたのでそっちで購入したわけですが。梅田店ではエヴァ片方買うだけでもらえます。

 それと、神羅万象カード本がとらにあったので購入して速攻で帰宅してアマゾンの分はキャンセルしました。こないだ「24時間以内発送」の商品をカートに入れたら放置されて数日後に在庫エラーだとか言われてキャンセルされたからお互いさまです←根に持つタイプ。
 で、本の中身ですが、版型は攻略本とかと同じでゾイド本より縮んでいて、代わりに紙の質がよくなっている感じ。カードのイラストと裏面の記載事項はおおむねフォローされていますが、ホロとシルバーのイラストはエフェクトが付けてあってディティールが欠けていたりもします。他にはコロコロに載ったイラストの使い回しらしいものが載っているくらいで、特に初出の情報は無かったっぽいです。私はカードにかなり抜けがあるので補完に役立ちましたが。

 あと、「集中ドリル かいへい2ねんせい」を衝動買い。

■で、写真ネタですが、まずは零号機の透明武器。

 ポジトロンライフルの他にショットガンも付属します。透明版には指を開いた手首は付属しないので、銃器の両手構えは不可能ですが。

■あとTF:CYBERTRONのEXCELLION、というか海外版TFGFのエクシリオン赤版。ところで「エクセリオン」とか「EXCELLION」で検索かけるとリリカルなのは関連ページが大量にヒットします。個人的には剣を通して理解を深めるフェイト・シグナム組と、逃走するヴィータを背中から主砲で撃ち抜こうとするなのはさんの対比が面白かったというか、なのはさんの戦術的判断はあれはあれで正しいと思うのですが、魔法少女アニメとしても熱血バトルアニメとしてもおよそ主人公のすることではないとも思ったよ。余談が長いですね。

 エクシリオンは変形ギミックも含めてG1ホットロディマス(ロディマスコンボイではなく)直系っぽいデザインですが、ビークルモードはともかくロボットモードは並べると違和感がすごいですね。旧ロディマスもはタイヤがゴム製だったりダイキャスト使用で重量感あったりで、手に取ったときの感触は現行のよりいい感じだったりもしますが。
 あと海外版は国内DVD特典版にはないファイヤーパターンが追加されてロディマス度が上がっていますが、このパターンはロボットモードだと全部背中側に隠れて正面から見えません。


2006/06/18
■今日は父の日でおかんが外出していたので私は夕食のカレーを作ったりなんかしたわけですが、えーと、父の日ってこういうイベントだったっけか。

■ボウケンジャーとカブトを録画予約しておいたけどゴルフでした。そういうわけでストロベリーパニックを視聴したわけですが、何かいつの間にか渚砂がエトワールさまにラブラブなので玉青絡みの筋は今後あまり期待できそうにないのが残念です。

 あと先週のゼーガペインを今頃視聴。割と定番の展開とはいえ、最後のクリスとアークのやりとりとか重くてやられました。

■タルガの1/48戦車、商品名は「ティーガー」じゃなく「タイガー」ですね。そういえばタミヤのプラモデルも「タイガー」表記。原語の発音だとティーガーで英語読みがタイガーでしたっけか。
 あと私が買った分は1331号車で、箱の写真と色が違うと思ったらレアカラーらしいです。調べたらクルスク戦でヴィットマンが乗っていた機体らしいですが、えーと、それはガンダムで言うとルウム戦役でシャアが乗っていた赤いザクUC型みたいなものですか。などと戦車方面への知識の薄さを披露してみました。

 同スケールのスコープドッグと比較。設定上は戦艦と航空機の勝負みたいなもんで、機動性の差でATが有利なはずですが、感覚的にはこんな小さいので戦車に勝てる気は全然しません。

 ↑上面装甲を外すとこんな感じ。この状態で砲塔を車体にセットすることも可能です。

■あとHCMPヤクトドーガのサイズ比較写真。

 右がHCMP、左のプロトタイプはMIAです。でかい。


2006/06/19
■昨日の夜のアクセス推移も一応チェックしてみたところ、やはり22〜24時は減少傾向ですが前回より若干多めでした。具体的には前回2時間で1件だったのが今回は2件になっていました。・・・などと週明け早々からあなたの今後の人生に1ミリも役に立たないであろう情報をお送りしてみました。

■DMC1巻は本日到着しました。ようやく。この更新済ませたら読みます。

■武装錬金10巻まで読了。後半は打ち切りの影響で構成が色々変更されたようですが、それでも面白かったと思うよ。満足。主人公が他人のために戦うまっとうな話を面白く書いてあるのは割と貴重だと思います。

 あと絶望先生4巻は千里がどんどん狂気の人になっていて素で怖いです。

■電撃文庫の「でびるbox」を購入して読了。要約すると1人暮らしの主人公のところに6人の姉が押しかけてきてその正体は悪魔でさらに別の悪魔が主人公の命を狙っているのでさあ大変、みたいな、つまりは定石というかベタというかありがちな設定ですが、ここで主人公が弟ではなく妹というあたりが20世紀のライトノベルとは一味違うぜ、という感じです(主観的判断)。
 で、中身は文庫2〜3冊分の小説のダイジェストを読んでいるみたいな感じで、そもそもメインキャラが7人もいる時点で文庫1冊で捌くのは無理だよなあ、という話ですが、とりあえず「妹を溺愛する姉と、姉を信頼している妹」というシチュエーションだけで個人的には割と満足なので、そういうのがお好きな方限定でおすすめです。
 というか企画の都合で仕方なかったのだと思いますが、この話で文庫1冊分なら姉は3人もいれば充分だったと思うよ・・・。あとラスボスも女性ですが、イラストだと顔が男に見えるのはどうかと思った。

■ところで先週買った電撃PS2は本誌内に紙ケース綴じ込みのDVD-ROMとトールケース入りの映像DVDの2枚付きですが、そのトールケースが見事に割れて穴まで開いていてケース内のホルダーからディスクが外れて中でカラカラ言っていました。うおう。
 雑誌部分の奴隷にはタイムリーにケース破損ネタのハガキが載っていて、そういう場合は連絡すれば交換してもらえるそうですが、開封してみたら盤面には傷がなくて普通に再生できたのでそのまま放置することにしました。
 で、DVDにはゼノサーガEP3のPVが入っていて、イベントパートの映像はかなり少なめでしたが、とりあえず戦闘の演出はEP2より派手になっているようで一安心です。というかEP2がEP1より地味だったわけですが。
 あとついでにスパロボOGのPVも見てみました。戦闘演出はシュッツバルトがキャノン砲を撃つだけでも巨大なカットインが入るというやりすぎ感あふれる代物だったので、難易度が下がっていたら買います。
 難易度がGBA版並みだったら買っても途中で面倒臭くなって投げるのはほぼ確定なので、実売価格が2000円台くらいになるまで待ちで。


2006/06/20
■ようやくDMC1巻が手に入ったと思ったら、今度はアマゾンさんのMCあくしずが24時間以内発送になっているのに私の予約注文は放置プレイです。基本的に予約は7&Y、在庫はアマゾンというのがベストなのでしょうが、取り扱い商品やら受注開始時期やらの違いもあってそう都合よく最適化できるもんでもないというか。

■web拍手レスです。
 >アクセス数の話、更新時間帯が早くなったのが原因では
 他の日(平日、土日両方をいくつか参照)と比較すると、普段は20〜1時頃のアクセスは分散しているのが、例の試合の2日だけ22〜24時のアクセスが前後より減っている・・・のは一応事実ですが、アクセス数そのものがあまり多くないので、この程度の変動は誤差の範囲のような気もしてきました。
 ちなみに更新時間帯は、平日はおおむね21時以降、土日はそれより前倒しにしています。イレギュラーな用事で帰宅が遅れない限りは、毎日23時までには更新済みかと。ここ半年くらいは時間帯に大きな変化はない・・・と思いますが、特に時間を決めたり更新時刻を記録したりはしていないのでよくわかりません。

■今日あたり食玩ガンダムUO+4がコンビニに入荷、ということで出勤前にコンビニへ。とりあえずジムVを買うのは決定事項として、後は前回νを買ったからサザビーを買うと並べて飾れるけど、でもサザビーはHCMPが来月には出るから小さめのサイズで商品化予定の無いZZを優先すべきか、などと思っていたのですが、フタを開けてみたら店頭在庫がジムVとZZ各1個だけという壊滅的状況で最初から迷う余地は無かったというオチでした。そういうわけでこの2個を購入。
 ジムVは顔がC型ジム寄りにアレンジされていますが、個人的にはTV版よりこっちの方が好み。シールドのダメージ表現はちょっとやりすぎというか、どういう攻撃されたらこんな状態になるのかよくわかりませんが。

■古橋秀之氏の「冬の巨人(仮)」、とりあえずアマゾンでの著者名検索の結果に表示されなくなっていて、以前の雑記で商品ページに直リンク張ったアドレスは該当ページなしになっていました。そういうわけで延期どころか発売するのかどうかもかなり怪しくなっています。

■ホスト部を視聴。猫澤先輩編。環がボケ倒しつついい話っぽく締める、といういつものアレですが、今回は話の前提がおかしいのでいつもより輪をかけて馬鹿っぽい話になっていて大変よろしかったです。

■DMC1巻読了。クラウザーさんと観客の無駄なテンションが何ともいえません。根岸の苦悩とかは正直どうでもいいです←おい。


2006/06/21
■絶望先生を読んでから改蔵を読むと、絵が萌えっぽいような気がします。

■涼宮ハルヒTV版12話を視聴。えー、30分使ってCDの販促かよー、などと言いつつアマゾンと7&Yで初回分が完売しているのを確認して打ちひしがれたりしつつ仕事帰りに店頭在庫を押さえたわたくし。見事に乗せられていますね。
 音楽方面には疎いので楽器担当の人の作画の出来とかはよくわからないのですが、登場人物の歌が上手くて凄い、というのを演出できているのは凄かったと思いますよ。いや、ほら、アニメとかで歌ないし演奏が上手いという設定になっているのに見ていてそうは思えない、ということも多々あるわけですよ。レモンエンジェルプロジェクトとか←比較対象がソレかよ。
 歌っているときの顔の作画も、あのキャラデザインでの限界まで行っている感じでインパクトありました。

 でもってCDも聴きましたが、事前に覚悟していても1・2曲目と3曲目の落差が激しくて大変です。

 あと「めがっさ」というのは鶴屋さんの造語ということでいいのでしょうか。個人的にはあれを聞くとペガッサ星人を思い出します。
 そういえば「ラブやん」の舞台は大阪府内で、明記はされていませんが作者の田丸氏が在住している枚方市のようで(「最近のヒロシ。」に枚方ローカルな話題が色々出ています)、でも登場人物は標準語がデフォルトですが、「めっさ」はたまに使っていますね。などと関係なさそうな話を。

■ところで10年くらい前のCD屋にはアニメ関連売り場という実質的な隔離スペースがあって、踏み込むためにはそれなりの覚悟を要求されたものですが、いつの間にやら一般向けのCD屋では売り場面積に相当の余裕がない限りはアニメ関連CDをほとんど扱わなくなっていますね。とりあえず私の行動範囲内ではソレ系のショップ以外だとヨドバシくらいしか取り扱いが無いです。地元駅前はほぼ壊滅。
 というか私のアニメ関連CD購入履歴が∀のサントラからゾイドジェネシスに飛んでいて5年くらい空白期間があったので、しばらく見ないうちに状況が激変していて驚いたとか、そういう話です。

■ゼノサーガの発売が予定されているバンダイ箱フィギュアの新レーベル「フィギュアマイスター」ですが、その第1弾のケロロ軍曹(※女性キャラ限定)がぼちぼち発売されています。で、コンプ売りやバラ売りをやっている通販サイトによると、箱買いしても揃わない可能性があるアソートになっているようです(複数のショップで同様の記載があったので、それなりに強度のある情報かと)。
 アソートミスの可能性もありますが、意図的な仕様かもしれないのでゼノを箱で予約するのはやめておいた方が無難かも、とか。まだ予約開始していませんが。


2006/06/22
■アマゾンさんが私のMCあくしず(+合計1500円以上にするための文庫1冊)の予約注文を入荷から丸2日経っても放置中で、在庫状況は「24時間以内発送」なので試しにキャンセルかけて再注文したら30分でコンビニ前払いの支払い番号が届きました。・・・とりあえず問題は解決しましたが、このまま放置していたらどうなっていたのかはあまり考えたくないです。

■中里一氏の1492の49回目がアップされています。メイド長の美園さんが久々に登板。

■HCMPアッシマーのグリーンダイバーズVer.はやけに出荷数少なくて品薄でしたが、MIAでも同じカラーリングのが出るそうです(参考:あみあみ)。こちらも出荷数少なそうというか、私が最初に見たときには既に注文不能という有様だったので実際少ないようです。・・・HCMP版を持っているから一応あきらめもつきますが、それなりに残念。

■模型誌早売りによると可変イデオンが決定だそうで楽しみです。あと私はやまと1/12スコープドッグを購入済みだったので、タカラ1/18スコープドッグは見送ってバリエーションが出るのを待っていたのですが、シリーズ第2弾はスコタコのバリエーションではなく完全新規の1/18ストライクドッグという驚愕の展開に。ここ最近バンダイも狂っていますがタカラもかなり乱心気味です。
 そういうわけでストライクドッグは購入を前向きに検討しておりますが、スコープドッグは再販で買うかバリエーションが出るまで待つかでかなり迷っております。

 あと前のWHFでキットを買ったhow(s)(現・とれぱんぐ)の波乗りライダーさんがPVC完成品化(ただし一般流通じゃなくHJ誌上通販限定)ということで、ついに私も「イベントでレジンキット買ったら後で完成品が出てがっくり」デビューです。うわーい。
 もっとも価格的には、フィギュア本体と雑誌の代金を合計したらキット版のイベント価格と200円くらいしか違いませんが(キット版は内容の割に価格設定が低めでしたし)。組み立てと塗装も楽しかったし、まあいいや。
 ・・・いや、余程激しく劣化しない限りは私が塗った分よりそっちの完成品の方が仕上げはきれいだと思いますし、キット版にはデカールは付属しなかったのでボードにエンブレムがプリントしてあるのはかなりうらやましいですが、その辺の事実からは目をそらして生きていきますよ。うう。

■7&Yのセブンイレブン受け取りで予約していた涼宮ハルヒ自主制作映画DVDは公式発売日前日の本日到着だったのでさっさと回収しました。セブン受け取りだと発送から到着まで2日かかるので、店によってはもう1日くらい早く売っているのだろうと思っていたら、とりあえず日本橋方面では昨日はまだ入荷していなかったそうです(参考記事:せなかblog)。
 あとDVD版本編はエピソードを時系列順に並べなおしてあるそうですが、公式や通販サイトを見ても本編2巻(DVD3本目)以降の収録内容はまだ明記されていないのでよくわかりません。時系列順12話(今週の)と13話(キョンが電気屋でストーブをもらう話←追記:これは14話でした)が1本にまとまっているならそれだけ買おうかと思うのですが。
 それにしても普段はノイズ交じりの共同アンテナ+VHS3倍録画というどうしようもない環境でアニメを見ているので、たまにDVDを見ると画質が全然違います。というか普段の環境をもう少しどうにかした方がいいと思った。
 ところでうちのモニタは4:3なので、16:9がデフォのソフトは設定いじらないと表示が妙なことになったりしますよ。というか画面の上下が黒ベタになるのはともかく左右にも余白が出現するというのは何事なのかと思いつつ、PS2の説明書なんかどこにしまったかも忘却の彼方なのでてきとうにやっています。


2006/06/23
■一応アクセスログを見てはみましたが、午前4時とかだと普段からアクセスがゼロに近い時間帯なので影響は無さそうです。

■リーンの翼公式サイト内の裏トミノブログがここ数日やけに更新頻度が上がっていて内容的にも面白いですよ。

■帰りはヨドバシ梅田で先週には入荷していた赤獅子頑駄無を今頃購入。ところで私は赤獅子頑駄無を「あかじし」と読むものだとばかり思っていましたが、「せきじし」が正解でした。あとオシシ仮面みたいなのに変形できるとなおよかったのに、とか。
 あと投げ売りコーナーでバンダイのスパロボヒロインズ2が1個100円だったので1箱分(8個)購入。ヨドバシの箱フィギュアは開封防止のためにテープでみっちり封印がしてあるのが基本ですが、これは定価の1/4以下の捨て値だけあってテープも省略してあったので開封が楽でした。
 コトブキヤ・アーマードコアのクレストは多分まだ並んでいなかったように思います。見落としかもしれませんが。

 あと本屋に寄ってDPSとキングゲイナー漫画版5巻を購入。電撃4コマは隔週刊化に伴う掲載作品の入れ替え(というか実質的には追加)があって、ペンネームが違うけど奴隷でよく見かけるような気がする人の新作とか電撃マニアックス掲載作品の加筆訂正版(非4コマ)とかが載っています。単行本についての具体的な情報は無かったはず。

■錬金3級の最終回を視聴。AパートはデジタルTVとVHSのデッキを接続するためにD/Aコンバータを探しに行く話で、普通にVHSのデッキをビデオ端子でTVに接続して使っている私としては普通にへこみました。

■涼宮ハルヒ自主制作映画DVDの画面の上下左右全部切れて云々、とかいう話を昨日しましたが、これは仕様みたいです。本編は16:9で、映画パートはその16:9の画面の左右端に黒い余白を入れて4:3にしてあるので、これを4:3の画面で見ると全周が黒枠で一回り小さくなってしまう、という。設定をいじってもどうしようもないみたいです。
 あとこの話のOPは映画用のものが入っていますが、限定版の特典映像のノンテロップ版OPは2話以降で使っているものになっています。それとメイキングクリップはCM(実写の、グレイ型宇宙人が出てくるアレ)のメイキングでした。
 それと昨日の記述に間違いがあったので訂正しておくと、ストーブの話は時系列順13話ではなく14話でした。DVDは6巻まで各2話、7巻は1話収録なので、6巻に12・13話(学祭ライブと艦隊戦)、7巻が14話のみになりそう。


2006/06/24
■シムーンを視聴。先週のオチがそれとなくえげつないノーマル恋愛話に続いて、今週はどこを切っても真っ黒な姉妹百合話。ラストの血を舐めたときのセリフを筆頭に、遠回しな表現でとんでもない話をしていたような気がします。

■とりあえずBB武者番長の赤獅子頑駄無を組み立て。↓何か既に武者でもガンダムでもないような気もするデザインですが、そういうことは気にしない。

 前回の白凰頑駄無は妙にクセの強いスタイリングでしたが、今回はけっこうバランスよさそうな気がします。例によって変形は全身バラバラにして組み換える仕様ですが、黒龍や白凰みたいに手足をジョイントごとにバラバラにするほど複雑ではないし、比較的遊びやすくなっている感じです。人型と獣人形態では余剰パーツも発生しませんし。
 ただ、関節は一通り可動するのですが、組み換えの都合で首関節の軸が頭の中心からずれていて、首を横に回すと頭の位置が胴の中心から外れておかしくなるので、ポージングはやや制限されます。

■「まりたん集中ドリル かいへい2ねんせいよう」(参考:公式サイト)を先週末に購入したわけですが、一応本業で英語を使っているので(読み書きだけで会話はさっぱりですが)何かネタが拾えないものか・・・って、前に「もえたん」買ったときも同じこと言ってましたね私。言い訳ですか。
 で、まず前提を説明しておくと、これは「魔法の海兵隊員ぴくせるまりたん」という、アメリカと安保条約を結んでいる魔法の国からやってきたプリンセスがアカを叩き潰して世界を民主主義化するために戦うとか言いつつ具体的には焼き芋を作ったり花見に行ったりする話(仮)の単行本です。全体に不謹慎なネタが多いというか作品そのものが割と不謹慎。

 中身は全ページカラーで、とりあえず小林源文氏と上田信氏のゲスト原稿が載っていました。本文はハートマン軍曹的な台詞を含む1P漫画+その台詞を例文とした解説1Pを見開きで掲載、という感じです。基本的には「『フルメタルジャケット』を原語・字幕なしで見る」くらいしかそのまま役に立てられる機会が思いつかない感じですが、例文解説の補足には使えなくもない英語関連の小ネタもありますし、口語表現における語順の変化とかも拾えるので、ちゃんと読めば役に立たないこともないと思います。
 あと軍曹の台詞が原文で掲載されている資料としても有用かも(全く同じ文章かどうかは確認していませんが)。訳文と対比させるとけっこうな意訳になっていて面白いです。
 他には巻末に海上自衛隊用語集(部分的にアレな記述あり)が収録されていたり、萌え戦車本イラスト担当の野上氏のゲスト漫画で秋山教官とじえいたんのキャラデザがもろ被りという自虐ネタが炸裂したりしています。

 リスニングCDは、本文の1P漫画がベースのCDドラマみたいなのと例文の朗読がワンセットで、声優さんの担当はほとんど日本語のみで、英文は別の人。そういうわけで声優さんがアニメ声で豚とかクソとかファックとかユダ公とか言わされているのをたんのうするのが主な用途でしょうか←どんな用途だ。あと倫理規制的には「アカの手先」や「ユダ公」はセーフでも「黒んぼ」はアウトだったようで、修正音が入っていました。
 なお、CD収録の英文は前に出た「かいへい1ねんせいよう」の内容もフォローしてあるとのことで、要するに収録内容の半分くらいは「2ねんせいよう」本文には掲載されていません。
 ちなみにショップ特典のCDケースが何種類か存在しますが、とりあえず私がとらでもらったものはイラストを印刷した厚めの紙をCD大の四角い袋状にしたもので、これにCDとか出し入れして盤面に傷がついたりしないか不安にならなくもないです。

 そういうわけで、ハートマン先任軍曹的な台詞の語彙・文法や発音を学習する教本としては充分使えると思います。それを学習したいという需要がどのくらいあるのかは知りませんが。


2006/06/25
■ベネズエラ出身です。などと意味の無い嘘を書いてみたくなったので書いてみました。

■最近は自宅でデスクワークをしつつレ・ミィ×コトナとかハルヒとか流していると調子いいので、今日は作業しつつ手持ちのCDをライブラリに追加していて、気がついたら録音が主になっていて作業はちっとも進んでいなかったというありがち展開でした。
 それとワーグナーの「ニュルンベルグのマイスタージンガー」が入っているCDだけケースのみで中身が消えていて他のCDケースを片っ端から開けてみましたが結局見つからず。そしてその探索中にゼノサーガフリークスの特典CDが出てきたので「ふたりのぜのぴったん」を録音して聴いたら脳が侵食されました。

■とりあえずガタックゼクターはツンデレなのではないかと予想してみます。あと、じいやはサソリ貴族の代わりに一般人に頭を下げる役かと思っていたら、勝手に食堂の厨房で料理を作ったりする愉快な人だったとは。

 ストロベリーパニックも視聴。友人というポジションに拘泥した玉青を静馬が出し抜いて渚砂を毒牙にかける話(仮)で、最終的には寸止めとはいえ静馬の踏み込みがけっこう深いのが意外でした。
 で、来週以降は静馬と玉青の直接対決で盛り上がる・・・のかと思いきや来週はスピカ編で悪百合コンビが久々に再登場、というか予告を見る限りミアトル勢は出番無さそう。

■ところでTMR西川氏がSEED-Dのハイネ本編登場前のインタビューで「グフならではの台詞」があるとか発言していて、結果としてはそれは例の「ザクとは違う」だったわけですが、私はランバ・ラルの台詞といえば「戦いに負けるとはこういうことだ」「いい眼をしているな」「そのモビルスーツの性能のおかげだということを忘れるな」がベスト3だと思っていたので放送当時は何だネタ台詞かよ、と思ったわけですが、今思うとこれはむしろ私の判断基準に問題があったような気がしないでもないです。

■先週コンビニでアオシマ原型の1/20ホンダ・モンキーを1個買ってみました。

 赤いのが出たのでミクロVer.2素体のアスカさんにご足労願ってみました。ミクロシスター素体の方が小さいので相性よさそうですが。
 アオシマのバイク関連の箱フィギュアははじめて買いましたが、ブラインドパッケージにこのサイズで400円とそこそこ高額なだけあって出来はいいと思います。


2006/06/26
■どうも今月後半〜来月は予算が逼迫していると思ったら、玩具方面の出費がいつも通りなのにゼノサーガEP3とかハルヒのDVDとか買って出費が上乗せされているから当然だという結論になりました。いや、必要なのは理由ではなく対策なので、問題そのものはちいとも解決していないわけですが。

可変全翼航空機の記事。何かもう、ものすごいデザインです。科学技術が凄いのかこれ設計した人のセンスが凄いのかよくわかりませんが、とにかく凄い。

■ちょっと前に講談社のファッション誌がクオリア体験とか訳のわからないことを言ってアレした執事喫茶ですが、とにかく人気はかなりあるらしいという記事。いや店名は出ていませんし同じ店かどうかは不明ですが。というか取材「できなかった」という話をそのまま記事にするのも豪快だと思う。

とれぱんぐさんに例の波乗りライダーさん完成品版の情報が。ボード両面にプリントが付いたり原型にもキット版から修正を入れたりしているそうです。・・・あ、いえ、買いませんよ? というか我慢すべく努力してみます。折れそうですが。

 ※以上3件のリンク付き記事はいずれもHK-DMZさんからの孫引きです。というか1日に3本も引いてくるのはどうかと思いましたが、全部気になる話だったので、その、まあ。

公式サイトで今日はじめてデルタアストレイの設定画を見て腰が抜けそうになりました。既存のSEED系ガンダムとは全然つながらないラインが斬新というか、顔は割と素直なデザインですし、首から下もシンプルな人型ではあるのですが、モビルスーツとしては極端に丸いラインが異形感あります。
 もし商品化も考慮した上でコレだとしたらけっこう楽しみですよ。プラモデル化してどんな仕上がりになるのかちょっと想像つかないですし。でも正直に言うと先にマーズジャケットのプラモデルが欲しいですがー。

■「滅びのマヤウェル」2巻を購入して読了。1巻もそんな感じでしたが、基本的には伝奇寄りバトル要素の入ったラブコメで、ただしヒロイン格の女性キャラは軒並み業が深い、という感じです。バトルシーンのギミックも面白かったし、キャラの背景が黒くて話の流れも性格が悪い感じになっていますが、それを重くするのではなくて捌きが軽快なのがいい感じだと思いますよ。素直ないい娘よりもちょっと性格が難儀な娘さんに萌えるタイプの方には特にオススメです。


2006/06/27
■とりあえず職場のエレベーターはシンドラーじゃないので安心だ、と思っていたら駅でエスカレーターがいきなり止まってつんのめりました。駅関連の経験では15年くらい前に京都駅で曙を見たとき以来の衝撃です。

■中里一氏の1492の50回目がアップされています。

アキバBlog内企業コラムのグッドスマイル担当分が更新。今回は海賊版の話です。

■ウモ屋の「紅の女よ」を購入。というかローゼンメイデンは原作を2巻までしか読んでないのですが。前回のタイガー道場が驚異的に突き抜けていたのでそれよりはテンション低めに感じましたが、相変わらずひどいです。あとサイトに置いてあるハルヒ漫画は他人事ながら心配になるくらいひどいです。

 あとDアストレイ(DHM誌版)上巻も購入。レイスタの脚部クレーンとかジンアサルトの胸部ハッチとかの細部の画稿以外には、特に資料として新しいネタはないですが、書き下ろしが複数と漫画付きです。エピソードの並びは今回も雑誌掲載順ではなく作中の時系列順になっています。

■ホスト部を視聴。何だかんだで登場人物の大半はノーマルな中で1人だけ真性がいた、という話ですが、視点が引き気味なのでやおい・BL回路を持っていなくても問題なく楽しめました。

■マスターピース版スタースクリームは雑誌で先月に試作の写真と、この状態から河森正治氏の監修・修正が入る旨の記載が出て、今月にその修正後の試作が公開、という流れで、タイミングからしても単にその時点で出せる情報を小出しにした、ということではなく、意図的に「河森氏の監修で完成度がアップ!」みたいなアピールを狙っていたようです。
 が、監修後のバージョンはビークルモードのフォルムは改善されたものの、ロボットモードでは脚が細くなったり尾翼パーツが腰に移動したりで原作でのデザインから遠ざかっていて、どうもコアなファンには監修前バージョンの方が支持されているというトンチキな結果になったようで、世の中はままならないものですね、とか。
 というか個人的には、価格と名前がマスターピースなのにサイズはバイナルテック級という件に比べればその辺は割とどうでもいいのですがー。


2006/06/28
■個人的な好みとしてはフルーチェはちょっと甘すぎると思うのですが、牛乳を増やすと食感がぐずぐずになるし、どうにもままならないものですな。

■アキバBlogさんより、エンターブレイン製フィギュア新作についての記事。このフィギュアそのものについては個人的には特に興味はないのですが(←おい)、この記事からリンクが張られていたエンターブレインのフィギュア発注数に対する納品数についての記事が予想外にすごいことになっていたので。
 あと関連して、こちらのショップのサイト内ブログの27日更新分に、エンターブレイン製フィギュアの仕入れ値について記述がありました。具体的な数値は書かれていませんが。
 どちらも伝聞情報なので具体的なコメントは控えますが、まあ、その。

■ボトムズAGのSTTCキリコ機2つ目の商品名が変更になったようです(参考:アマゾン)。模型誌で写真も出ていますし既出ネタですが、正式にサンサ戦仕様で確定、ということで。

■コトブキヤ・アーマードコアのプラモデル1個目(ガイア)の限定ガンメタ成形Ver.がいつの間にやら発売していますね(参考:コトブキヤ通販。ここと直営店のみでの限定販売です)。これを買っておくと成形色仕上げで2個目(クレスト)とのパーツの入れ替えが可能になるわけですが、発売が決定している3個目(セレナ)も違う色になりそうですし、いずれ成形色仕上げで互換を図るのは無理がありそう。
 ところで頭部のみや腕のみのパーツセットも決定しているので、いずれホバーとか多脚とか逆関節のレッグパーツも出るのかしら、などと夢見がちなことを言ってみます。

■例の誌上通販波乗りライダーさんの公式情報が出ていたので、一応。・・・これが普通に一般流通ならいっそキット版と並べて飾るか、とか本気で検討するところですが、やっぱり雑誌代780円+送料・手数料1000円が上乗せという事実は冷めるのに充分な気もします。
 DHM誌だと雑誌不要+送料500円+支払い手数料(入金方法は選択可能)ですしー。もっともDHM誌のボークス製品は商品そのものの価格が高めですが。

■涼宮ハルヒTV版13話を視聴。神戸サンテレビの放送でチェックしたので野球の延長がえらいことに。
 で、ハルヒが心情を吐露する話だったわけですが(あと古泉が何かしていた気もしますが、その辺はどうでもいいよね←おい)、この話はハルヒの後日の心情変化に関連したライブ話とかその辺より前に済ませておいた方がよかった気がしますよ。特に盛り上がらないし引きも強くない話だから、ラス前に配置する必要はあまり無さそうですし。


2006/06/29
■割とどうでもいい話ですが、涼宮ハルヒはメインに女性キャラが3人もいる割には百合的な妄想を介入させる余地がほぼ皆無のように思います。ハルヒがみくるにコスプレさせたりセクハラをかましたりしているからといってハルヒ×みくるが成立するのかというと心情的には大いに疑問ですし、ハルヒ×長門とか長門×みくるよりはまだ古泉×キョンの方が想像しやすいです。できれば想像したくないですが。
 メイン3人から2人選ぶよりは鶴屋×みくるとかみくる(大)×みくる(小)とか朝倉×長門あたりの方がまだ突破口になりそうな気もしますが、それにしても脳内設定を相当に上乗せしないと無理があるので、結論としては百合妄想をドライブさせるには他の作品を当たる方がいいようです。というか比較的「それは当たり前だろ」ってな結論ですね。

■ガキの使いのハイテンションSPを視聴。関東地区では6月18日放送分、ワールドカップのアレの真裏ということで、只でさえ意図的に痛いところを狙っている企画を総集編にするという、やる気の無さがこれでもかと伝わってくる内容でぐったりしましたが、でも面白くないのかというとそれはそれで即答しかねます。

■AOZのギャプランTR-5はガワを外したMS形態だと意外と素のギャプランに似ているというか、シールドと頭以外は大して違わないように見えますし、カラーリングも黄色ストライプで塗り分けのT3小隊カラーじゃなくヘイズル改と同じ白ベースのシンプルな配色なので、案外商品化もあるのかも、などと例によって夢見がちな発言を。


2006/06/30
■数日前には朝起きたら傘を差しても濡れそうな勢いの大雨だったのが家を出る頃には小降りになっていて助かったとか思ったわけですが、今日は家を出る5分前に雨が降り出して、しかもバス停についてからバスが来るまでにやみました。うへえ。

■あみあみではSIC響鬼・紅&轟鬼は昨日入荷して午後9時頃には在庫30以上でしたが、今朝には在庫切れで、昼過ぎには補充されて在庫1桁で、それも数時間後には完売。結論としてはけっこう厳しいけどタイミング次第で注文は可能だった、ということで後日の参考のためにメモ。
 イーエスで予約した分は昨日発送されて今日到着です。あみあみではAGファッティーとか予約していてその辺は全て昨日までに入荷済みですが、SICは昨日入荷しているけど牙狼の馬の入荷がずれ込んだようで今日発送連絡がありました。

 あと、あみあみつながりで前に話題にしたゼノサーガのバンダイ製箱フィギュアが登録されていて、けっこう詳細な写真と、あとラインナップ等の仕様も記載されています。

■仕事中にアマゾンさんを見てみたら(←仕事しろ)公式発売日が今日のGFF・ZUが24時間以内発送でいきなり39%OFFという処分価格じみた状態になっていました。これならポイント10%乗せてもヨドで買うよりちょっと安いし手間も省けるということで、とりあえずコンビニ前払いでカートにぶち込んでみたのですが、普段は24時間以内の在庫なら注文から30分かそこらで届く支払い番号が半日経っても届かないし、そもそも価格が不自然だからまた後でエラーとか言われてキャンセルされるパターンでは、とか不安になったので、結局キャンセル。で、すぐ完売はしないだろうしSICやあみあみ一括発送分と購入時期をずらした方が楽しめそう、ということでヨドに寄って買うのもやめて帰宅しましたが、その後もう一度見てみたらまだこの値段で在庫ありだったのでもう1回注文してみたら20分で支払い番号が届きました。そういうわけで週明けに入金する予定ですが、アマゾンさんの注文処理はよくわかりません。

■ゼーガペインを視聴。前半は妙に雰囲気が違うノリで、副会長のリアクションが見所でしたが、平穏に推移しつつも嫌な予感がビシビシと高まっていく展開に何事かと思っていたら実際とんでもないことに。
 あと展開に合わせて次回予告の締めの台詞も変更されていたわけですが、せめて今週だけでもその直後のアレを省略するわけにはいかなかったものかと思った次第。

■新耳袋(文庫版)第八夜を読了。毎回章立てやタイトルの付け方が変更されていますが、今回の演出は面白かったです。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system