雑記 2006年7月後半分

2006/07/16
■エアコン取り付け工事に伴いばたばたしております。あと最新号の電撃4コマにちょっと懐かしい続編が載っていて驚きました。

■ストロベリーパニックを視聴。三校の生徒会長の性格が出た話(ミアトル:苦労人、スピカ:政争が好きだけど下手、ル・リム:マイペース)ですが、そもそも悪百合コンビによる被害の原因の何割かはスピカのおでこ会長が自分の政治闘争趣味に天音を巻き込んだせいだよなあ、とか。
 そういうわけで今週の見所は本筋とは関係ないところでどんどんグダグダになっていく中等部の会議だと思いました。

■バンダイ1/72ゼーガペイン・アルティール仕上げました。というか付属のマーキングシールを貼るのを忘れていたことに今気がついたので厳密にはまだ作業完了していませんが。

 まずホロニックアーマーを外した状態。アーマー内側には蛍光グリーンのホイルシールを貼る仕様ですが、私はメッキシルバーで塗っています。クリアパーツ以外の部分は色分けがけっこう省略されています。眼もシールで色分けする仕様。
 なお、手首は平手1種類のみ付属。

 ホロニックアーマーをつけた状態。関節構造はガンプラ1/144HGとか非MGの1/100と似たような感じです。

 武装をつけてスタンドに乗せた状態。脚が大きくてけっこう重いので、脚を広げて伸ばしたポーズだと股関節の保持力にやや不安があります。
 ちなみにランナーを差し替えればガルダやフリスベルクも出せそうなパーツ配置になっている割にランナーに刻印されている商品名は「ゼーガペイン」ではなく「アルティール」で統一されていて、でも羽根のクリアーピンクのランナーだけ「ゼーガペイン」になっています。

 1/100のガンプラとサイズ比較。けっこう大きいです。

 発光ギミック作動。LEDは青色で、目視だと装甲の中に青い発光部が見えるのですが、写真だと青は見えませんね。発光ユニットにはLR43を3個も使うので、電池代だけで500円前後必要・・・。
 なお、インストにはLEDを蛍光グリーンで塗装するとより自然な発光になるとの記載があります。
 あと、このキットのクリアパーツは蛍光材で、ブラックライトで発光するらしいです。私は持っていないので試せませんが。

 そういうわけでクリアパーツの表現はけっこういい感じですし、非ガンダム作品の放送期間中に出たプラモデルとしてはかなり充実した内容だと思いますよ。
 あと、ゴールドフレーム天に続いてこれもインストにカラーガイドが無いので、バンダイとしては塗装は積極的にはおすすめしない、という方針になったのかも。それとインストに記載されているパイロットはガンナー:キョウ、ウィザード:シズノとなっています。


2006/07/17
■エアコン取り付けが済んだので部屋から運び出した物品を戻しつつ配置を変更して、1/144のデンドロビウムの置き場所を30分くらい思案していた雨の祝日でした。

■中里一氏の1492の54回目が更新されています。

■ボウケンジャーのサイレンビルダーはあのジャッキアップを変形だけでなく戦闘に組み込んだりして面白かったですが、3機合体でうち2機は無人とかパトカーが空中で高速機動をやらかしたりとか突っ込みどころが満載でもありましたが。あと自分で改造したクエスターが全然言うことを聞かないうえに自分で作ったロボを勝手に持ち出される大神官がちょっと萌えます。
 カブトは次回予告にあの人がいた件だけでもうノリノリですが、相変わらずな加賀美の親父の発言に対して眼鏡男がいつもと違うリアクションを見せたのが伏線だとしたらどうなのだろうか、とか思いました。

■食玩ゴーゴージェットを塗ったりしました。

 ↑製品状態。ほぼ組み立て済みで塗装までしてある豪華仕様ですよ。そのせいで既出アイテムよりやや高額ですが、ロボの顔(合体パターン別に2種あり)が塗装してあるのはいい感じです。
 なお、仕様が変更になったせいか、ミニプラとの合体は可能ですがこれ自体には「ミニプラ」という名称は使用されていません。

 ジェット形態。羽根の色分けはスジ掘りが1本足りなくて、塗装では5色塗れません・・・。玩具版にあった5〜9号機を懸架するギミックも再現されています。

 ドスコイロボ(仮)。というか正式名は「ダイタンケン」らしいですが、本編では出番がないままサイレンビルダーに2号ロボの座を奪われたうえに、食玩の説明書にはこの形態への合体の手順も記載されているのに名前は書いていないという不遇っぷりです。劇場版には出るみたいですが。
 ミキサーとクレーンにはこの状態のためのヒザ関節がありますが、股関節が横にしか動かないので無意味になっているのが残念なところ。

 で、10機合体・アルティメットダイボウケン。ボリュームもけっこうあります。おととしのスーパーデカレンジャーロボには負けますが。というかあれは1/100のガンプラよりでかい化物でしたが。


2006/07/18
■鬼太郎版バックベアードは「触手が生えた単眼の球体」ではなく「空間に生じた亀裂から覗く眼」だと聞いて、言われてみればなるほどそういうことか、と納得した・・・のですが、鬼太郎(原作)の「妖怪ラリー」あたりを見ると明らかに球体として作画されている(真横から見た絵もあります)ので結局どっちが正しいのかわかりません。

島田フミカネ氏のサイトに、兵器少女の設定やら位置づけに関する話がアップされています。

■E&P暴走牙狼(心滅獣身)を買うかどうか迷っていたのですが、彩色状態の画像(参考:あみあみ)を見て予約しちまいました。馬セットより安いのに小型の炊飯器並みのボリュームという、どう考えても置き場所に困る代物ですが。というか劇中の比率より小さめでもよかったのに、などと思いもしますが、縮小されていたらいたでやっぱり文句を言っていたと思うのでまあいいか。いいのか。
 あと11月予定の羽根付きはさすがに牙狼本体は既にノーマル、烈火、親父と3体もあるし、別にカオルとか欲しくないからもういいか、とか思っていたのですが(むしろ変身前のコダマが欲しいですが。もしくは麿赤児)、試作原型の羽根が予想外にボリュームあって、これまた置き場所には困りそうだけど格好いいので困ったものです。ただ、あの状態では自立しそうにないので、ちゃんと飾れるスタンドが付属するかどうかは気になります。

■ホスト部を視聴。私も本編開始直後に放送事故を疑ったクチです。

■ARIA9巻を購入して読了。表紙は藍華ですが、中身も姫屋チーム担当回が多め。ところで応募者全員サービスのクリアー素材しおりセット(社長・先輩・後輩の3枚セットが会社別に3種)の告知ペーパーが封入されていましたが、そこに載っているのとほぼ同じデザインの灯里のしおり(紙製)も封入されていて、まさかこっちも全9種だったりするのだろうかと思いました。
 あと封入ではないですが、買ったときに何故かジンキのしおりを1枚もらえました。

■ゼノサーガEP3はぼちぼち進行中。EP2では完全に脇役と化していたシオンがEP3では一点の曇りもなく主役でバリバリなので何事かと思っていたら、DISC2に突入すると急に影が薄くなったのでやっぱりシオンはこうでないと、とか思いました←おい。


2006/07/19
■大雨でバスが遅れたり電車が遅れたり。

■ふたばの模型裏で拾ったネタですが、私が小学校の図書室で読んで心に深い傷を負った古典怪奇SF小説「合成人間ビルケ」が今では改題されてこんな表紙で流通しているという話。昔は「禿げた白人のじいさんのしなびた生首(パイプとかの器具でデコレート済み)」をどぎつい色調で表紙全面に描いてあるという狂った装丁だったように思いますが、新装版のもこれはこれで、図書室に置いておくと学年で1人くらいは大人になってから白衣フェチになったりするのではないかと思います←おい。
 ちなみにゴセシケこと「合成怪物」もやっぱり図書室で読みまして、自分内部での印象は最初に読んだビルケの方が強いものの、内容の暗黒っぷりはゴセシケの方が上ですね。どちらも題材は古くなっていないし、面白いのは面白いと思いますよ。あとこれを児童書に入れようとたくらんだ人が何を考えていたのかにも興味があります。

 ところでうちの小学校には何故か落語の本もあってそっちも読んだのですが、それはそれで「らくだ」とか「首提灯」とか割と教育によろしくなさそうな作品もちらほら。

■神羅万象2章2弾は例によって女性陣と鎧だけシングル注文。コストパフォーマンスを考えると箱で買った方が安いような気もしますが、自分のくじ運は信用できないし、2箱以上買うとチョコを処理しきれなくなるのは必至なのでまあいいか、とか。
 ところで皇魔族の将軍3人が揃って復帰したわけですが、シルバーカードからレアに飛び級で昇格したベリアールや女性キャラのアスタロットと比べると、アリオクだけシングル価格が極端に低くて不憫です。

■ちょこッとSister(←ワープロで正確に表記しようとすると地味に面倒臭い)を視聴。どうもラブコメではなく被保護者としての妹がお題のような気がしてきました。

■ゼノサーガEP3はじわじわ進行中。中盤以降は敵がやけに固いので、漫然と通常攻撃を繰り返しているといつまで経っても戦闘が終わりませんが、最大EPが増えてアーツやエーテルの使用回数に余裕が出てくる後半は大技を連発していけばけっこう楽に進める印象です。ただ、今回は基本的にEP回復アイテムを購入できないのが厳しいですが。
 そういえばブーストゲージをブーストに使ったことが1回もないよ。

 あとロボ戦は相手の属性や行動パターンがわかっても有効な対策を取りにくい(攻撃属性は機体ごとにほぼ固定なので弱点を狙いにくいし、必殺技以外に技やエーテルはなくアイテムも回復系しかないので、基本的に正面から殴り合う以外の選択肢がない)ので、特に後半のボス戦が厳しいです。とりあえずボス戦に入る時点でアニマゲージは上限まで上げて、後は敵が必殺技の準備動作をしたら防御しておく、くらい。


2006/07/20
■大雨でバスが遅れたけど電車は遅れなかったよ。

■ミサイルは飛ぶし豪雨の被害も出ているし畠山容疑者の供述はどんどんややこしい方向にスライドしているしで物騒な話題が山盛りの昨今ですが、とりあえず東京タワーは放送延期が決定したとのこと。洋さまの勇姿は見たいけど山本はどうよ、と思っていたわたくしとしては渡りに船です←おい。
 あと全然関係ないですが、ニュース記事ついでにヒトES細胞とキリスト教の話

■電撃限定のコトブキヤ1/144ヒュッケバインMk-Vトロンベが届きました。今週末は土曜日に出勤が入っているので、組む時間があるかどうか怪しいですがー。ちなみに金色はツヤ消しメッキで、追加されたフォトンライフルはヒュッケバイン009付属のものと同じ。手首パーツはグラビトンライフルのものを使い回す仕様です。
 そういえばHG-UCのGP02Aも今週末ですし、ヴァイスリッターもぼちぼち出荷されているようで。

■貧乏姉妹物語3巻を購入。2巻の引きを受けた叔母編がメインで叔母の過去とか割とどろどろした展開もありますが、その一方で出番の増えた越後屋金子・銀子姉妹がトンチキな言動を炸裂させているのでバランスはとれているような。あと主役姉妹は相変わらず姉妹愛が突き抜けています。

■ゼノサーガEP3はゆっくり進行中。どうも大詰めが近いようです。ところでES用装備には両手用を中心に消費ENが倍くらい高い武器がありますが、基本的に攻撃中に1回でも回避やカウンターが発生すると残りは全てキャンセルされますし、連携攻撃は消費ENとは関係なく1回のみ攻撃なので、武器はENより威力を重視して選んだ方がよさそうです。
 あと後半のボス戦ではカウンターやリベンジを避けるためにも、刀しか装備できないルベン以外の3機は遠隔武器をメインにした方がよさそう。


2006/07/21
■大雨でバスが(中略)。かれこれ3日降り続いていますが、梅雨だからこのくらいは普通か・・・と納得しかけたけどもう7月下旬で夏休みやん。

■模型誌早売りでは2年前のボール以来沈黙が続いていたマスターグレードVer.Kaの新作が発表されていてものっそい楽しみですが、そのついでに発表されているヘイズル2号機も楽しみ。

アルター公式のサイト内ブログで、PVC完成品フィギュアの保護用に使われているシリコンスプレーのせいで中身が変色しているように見える件についての話がありました。

■タカラトミーのゾイド公式サイトのブログによると、新作(というか既出アイテムの色変え詰め合わせですが)のヴァルキリーシーザーに付属のLBムラサメライガーは、たてがみの部分が塗装済みになっているとのこと。
 ところで私はネオブロックスの帝国機3種を買ったわけですが、色々とバラして組み立てたりした結果、「自分にはこの手のブロックトイを組むセンスが無い」という旧ブロックス初期と同じ結論に至って、そのまま封印しております。

あずまきよひこ.comが2ヶ月ぶりに更新されて、よつばと5巻の話の第2弾が掲載されています。

■帰りは玩具売り場が地下2階に移転したヨドバシ梅田に寄ってみましたが、ヴァイスリッターもGP02Aも未入荷。ホビットには両方あったのでそっちで買ってしまいました。
 で、ヨドの新しい売り場ですが、とりあえず地下道から入る場合は1段降りるだけで到着するので玩具売り場以外に用がない私にとっては非常に便利になりましたよ。売り場も特に狭くなったりレジが減ったりはしていないようです。あと書籍類はゲーム用レジ以外でも買えるようになっていました。

■ゼーガペインを視聴。リセットの件に加えてカミナギさんの扱いも変化球です。あと序盤の警告を誰が何のために出していたのかがようやく判明しましたが、そうするとロストする前のキョウとシズノの関係も単純なものではなかったということでしょうか。
 それと最近ロボの動きがよくなっていますね。今週はかなり派手。

■ゼノサーガEP3はのっそり進行中。おととい「ブーストゲージを使ったことがない」とか書きましたが、終盤のボス戦で追い込んだときにはブースト→ブレイク属性技の連打でブレイク状態に持ち込んでそのままゴリ押し、というのがけっこう有効です。というかボス級の敵はBL値が高いので、最初からある程度ブレイク技でダメージを乗せておく必要がありますが。
 あとエルデカイザーは終盤でもザコならほぼ確実に一撃でブレイクしますし、HPダメージが属性防御で無効化されてもブレイクダメージは通るし、ダメージ大きめで全体攻撃なので1回でブーストゲージも1〜2本分上昇するので、消費EP減少アイテムを入手してからのザコ戦は初手からエルデカイザーを出して全体必殺技につなげる、という乱暴な戦法を常用しております。


2006/07/22
■web拍手についてはメッセージへのレスしか反応を出しておりませんが、ボタンを押していただくだけでも有難いことだと思っておりますですよ。

■中里一氏の1492の55回目が更新されています。あと主役級4人の妄想キャスティング付き。そして名前を見て声がイメージできるのが半数以下の私は勉強が足りないと思いました。
 ところで私は能登という名前を「アカイイト」で覚えたのですが、どうもアカイイトの奈良陽子は能登キャラとしてはかなりイレギュラーな部類のようで、結果として他で能登声を聞いても能登だと識別できないという有様に。大して困りませんが。

■久しぶりにマクドナルドで昼食を買いました。トマトグリルチキンサンドは皮とか脂の見当たらない鶏肉を焼いたのがメインで油脂分は控え目に見えますが、味が濃くてボリュームもあって攻撃的な食べ応えでした。というか「あっさり」とか「さっぱり」とかそういうのを希望するならとりあえずファーストフードは避けるべきだ、という話ですか。
 あとついでにマクドナルドの公式サイトを見てみましたが、ハンバーガーやマックチキンよりフライドポテトの方が価格・カロリーともに上、という事実は、理屈はともかく感覚的に納得のいかないものがあります。

■ヨドバシ梅田の地下2階ですが、現在は店内のエスカレーターから直通になっておりますよ>th氏。ということで半分がた私信ですが、アクセスはけっこう便利です。

CHOCOLATE SHOPのゼノエミッションの2冊目が夏コミで出るそうです。私は例によって委託の方をチェックする予定。

■昨日買ったヴァイスリッターとGP02A、あとおととい届いたトロンベの3個が積んでありますが、今日は出勤日だったので全然進んでおりません。
 GP02Aはカラーリングを変更しようかと思って検討中ですが、そうすると塗装に時間がかかるのでヴァイス優先で後回しコースかも。とりあえずヴァイスとトロンベのパーツ表面の油分を落とします。
 あと何かGP02Aは関節の破損報告がけっこうあるみたいで、とりあえずD19、25・26あたりが危険なようです。などと某掲示板の記述をそのまま横流ししてみたので自分ではまだ確認していません←おい。

■シムーンを視聴。コールテンペストにおける2回目の「翠玉のリマージョン」使用により1機のシムーンが消失する話。・・・ううう。
 アムリアのときと違って機体ごとロストしているのでますます生死不明ですが、亡くしてしまうには惜しい人とはいえ終盤に「実は生きていました」とかFF4や舞-HiMEみたいなことをされてもそれはそれで興醒めだなあ、などとどっちつかずなことを思いました。
 で、母艦も復帰してメッシス編は今回で終了の様子。


2006/07/23
■ボウケンジャーを視聴。クエスターにロボを持ち逃げされた挙句に爬虫類の人にも詰め寄られて弱腰になるガジャさまは、もうすっかり萌えキャラだと思いました。
 あとカブトは最終的に4つの事件が同時進行するという展開で、面白かったけど話を追うのが大変でした。そして待望のドレイク復帰。

■神羅万象2章2弾は通販のシングルで取り置きにしていますが、せっかくなので1個くらいは普通に店頭で買ってみたらサイデールが出ました。2章以降のイロモノ皇魔ではなく普通の獣人ですし、あのアスタロットの部下だから個人的には当たりの部類。
 ・・・というか1章のギュウキといい、アスタさんはこういう人がお好みですか。

■わざわざデザイナー監修を入れた結果として元デザインから遠ざかった例のマスターピース版スタースクリームですが、模型誌での発表からもう1ヶ月になるのに通販サイトでは軒並み監修前の画像を載せたままで、ほとんどのサイトには「画像は試作で最終版とは異なる」云々の記述があるとはいえ問題にならないのかこれは、とか思う昨今。しかもおもちゃショーに展示されていた彩色試作が現用機のロービジを意識した配色で、さらに元デザインから遠ざかっているという・・・。
 個人的にはガンダムにおけるカトキ版とか藤田版とかそういうものだと思えばこのくらいはアリだとは思いますが、こういうアレンジはバイナルテックの派生企画でやった方が、とかそもそもあの一次試作を公表したのがまずかったのでは、とか詮無いことを思ったりもします。

 ちなみに河森正治氏とTFの接点は、「TFの初期商品に流用された『ダイアクロン』のカーロボットのうち、一部のアイテムのデザインに参加していた」というかなり薄いもので、そもそもTFの大半はタカラ社内もしくはアメリカ側でデザインされています。でもタカラとしてはデザイナーやら原型師やらの名前を表に出す流れに乗りたい、という思惑の結果として今回の起用に至ったのではないか、という憶測が流布していて、私も割とありそうな話だと思いますが。

■1日作業してHG-UCのGP02Aは完成。

 カラーリングはこんな感じで。赤味を抜いて白青2色、というのは何度もやっているのでそれ以外にしたくて、とりあえず緑をベースにしてみました。ネロとかジムVみたいで連邦っぽいし。 
 いや、ガトーはいかにもジオンっぽい配色が好きそうなので全身緑色とかドムの色をそのまま塗るとかも検討してみたのですが、塗る面積が増えるとめんどいので(←おい)ライトグレーはそのまま残しました。

 今回関節はかなりポリパーツを減らしてABS樹脂メインになっています。腕なんか全部ABS。で、破損報告もあった肩基部の前後スイング関節とヒザの軸は、やっぱりちょっと過剰にキツい印象です。軽く軸を削るくらいで丁度いいかも。
 あと元デザインのせいもあるけど、色分けは割と不完全です。シールド側面のダクトとか股間とヒザ下の赤い四角とかは、このサイズでも色分けして無理は無さそうな気がするのですがー。ただ、1/100MGより武器の保持力や足首の接地性が改善されているのでポージングの自由度は上がっています。

 とりあえず片手でシールドを保持できるGP02Aの商品はかなりレアですし、飛行姿勢で飾れるスタンドがつくのもいい感じなので、この機体が好きならオススメですよ。

 ちなみにヴァイスリッターは大体組みあがりましたが、トロンベはほぼ手付かず。


2006/07/24
■カリモフとか言うからロシア人かと思った、などと書こうと思ったら、ウズベキスタンの大統領が実際にカリモフ氏でした。イスラム・カリモフ。Wikipediaで写真と経歴が見られますが・・・何かこう、どうにもネタにしづらい線です。

中里一氏の日記からの孫引きですが、著作権存続期間の延長に関する記事。一見して自明だとは思いますがあえて説明しておくと、当該記事では映画における「公開から70年」とそれ以外の「著作者の死後70年」を同じ期間であるかのようにさらっと流していて、しかし例えば80歳で死んだ作家が30歳のときに発表した作品の場合「著作者の死後70年」=「公開から120年」になるわけで、70年という数字の妥当性以前の問題だという話。
 これに限らず、どうも今の日本の知的財産権制度は文化だの産業だのの振興よりも「より多くの税金を納める納税者の権利保護」を目的にしているような気がしないでもないわけでして、例えば音楽業界だとエイベッ(以下略)。

■ここのところ夜間にはあみあみの本店に全然つながらない感じですが、とりあえず楽天支店の方にはゾイドLBアイアンコングMk-Uとか登録されていました。

■公式には明日あたり発売のガンダムオリジン13巻が先週末には売っていたので購入して読了。延々と続く過去編で、今回はブリティッシュ作戦〜ルウム戦役の開始前後まで。シャアとセイラの亡命の頃のラルは若いなあ、とか思っていたのですが、開戦当時のラルも発言がアグレッシブというか、あれから半年で何があったのか。
 あとジャブローでアムロに投与されていた抗精神剤をセイラが捨てるくだりは、セイラが医学生だったから薬剤の知識があった、ということなのかと今更気がつきました。

■トランスフォーマー劇場版(注:オーソン・ウェルズの遺作になったアレではなく、実写+CGで製作中の新作。ちなみに日本での公開予定は今のところ無し・・・)のトレイラーが海外の公式サイト(日本語非対応)で公開されています。火星に降下した無人探査車両が「人型ロボットらしき影」に破壊される、という内容で、これだけ見ても詳細はさっぱり不明ですが、とりあえずアウトラインは以前「スタースクリームの劇場版コンセプトデザイン」として流布していた画稿みたいな尖った感じではないみたい。


2006/07/25
■マイピクチャに「猫」フォルダを作成していますが、面倒臭いので犬とかハムスターとか鳥の写真も全部そこにぶち込んでいます。

■昨日の著作権の話からの流れで、th氏のところになかなか気が滅入る話がアップされています。とりあえず都合の悪い話をするときだけカタカナを使うのはどうかと思った。

東京タワーは秋までには放送する予定、とのこと。

漫画雑誌の発行部数に関する記事。発行部数と実売は違うので数値を鵜呑みにはできませんが、それにしても少年エースがガンダムエースの半分以下で電撃大王の約1/3という負けっぷりなのはちょっと意外でした。

■ホスト部を視聴。前回のラストで思わせぶりに登場したゲストキャラが只のネタ振り要員だったり双子のキャラが唐突に明確に描き分けられていたり双子の家のメイドが一瞬とはいえ2話連続登場を果たしたりで色々と意外でした。
 あとホスト部の男はノースリーブ率が異様に高いですが、環だけ袖がやけに長いのが王子キャラというものなのでしょうか。などと女性向の世界はよくわからないので思いつきで書いてみました。


2006/07/26
■事務所で北海道産のハッカキャラメルをいただきました。ラベンダーとかハスカップはともかくハッカは既に北海道と関係なくないか、と思いましたが、これが普通においしかったのでちょっと意外。

■帰りに梅田のとらのあなに寄ってヘルシングとトライガンと結城心一氏の「Heart2こみっくHeart 」を買って、あとガンダムMSVの復刻本も入荷していたのでついでに購入したら会計が4000円越えてちょっと焦りました。
 公式には明日発売のはやて×ブレード5巻も入荷していないものかと期待していたのですが、これは未入荷。というかDアストレイのDHM誌版下巻を買い忘れたので、どのみち明日買いに行かないといけませんがー。
 中身は更新の後で読みますが、とりあえずヘルシングに店舗特典のイラストカードが2枚はさんでありました。同じのが2枚。

とかとかさんにバンダイ1/72ゼーガペイン・アルティールのレビューが掲載されていましたが、前回のガンバスターに続いて文章がノリノリです。

■ちょこッとSisterを視聴。これは関西(神戸サンテレビ)の放送が他地域より先行しているみたいですが、別にネタバレを気にするような内容でもないからまあいいか、などと自己完結しつつ、管理人(二代目)登場編でした。キャラ紹介を主軸に、スタンダードな眼鏡キャラを相手に主人公が無自覚にフラグを立てるという定石展開も無難にこなしていて、作中での言及によると巨乳キャラということになっている割にはそれをあまりネタにせずにきれいにまとめているところが深夜枠的にはかえって新鮮でございましたよ。

■ザレゴトディクショナルを購入。戯言シリーズ用語集と付いていますが、設定云々より裏話がメインです。武装錬金の単行本おまけページと似たような感じ(作風は全然違いますが)。この手のファンブックとか副読本みたいな企画は割とよくありますが、これの場合ノベルスで1000円超えのボリュームで1冊全部作者本人が書いているのがポイントかと。
 こういう本を書く人はあまりいな・・・いや、頼まれなくてもこういうのを嬉々として書く人はけっこういますが、プロの作家が自分でこういうのを書いてそれが商業ベースで出版される、というのはけっこう珍しい話のような。
 装丁が以前の密室本と同じ本文袋とじなので立ち読みは不可能ですが、これは本文が既出作品のネタバレになっているための配慮、とのこと。あと関連作品の人間試験と人間ノックについての記述はネタバレにならない範囲に抑えられていて、だから記述自体他の項目より少なめです。
 個人的には「戯言遣い」の読みが「ざれごとづかい」だったのが非常に意外でした。ずっと「つかい」だと思っていましたよ・・・。あと「七愚人」も「ななぐじん」が正解ですが私は「しちぐじん」だと思っていました。七福神が念頭にあったせいか。

 で、当初はこの本はシリーズ既刊のボックスセットに同梱される予定とかそういう話だったように思うのですが、結局これは単品売りで、既刊を収納可能なボックスが限定販売されるそうです。というか本は付属しなくて箱だけ。

 ところでここには書くのを忘れていましたがネコソギラジカル下巻もちょっと前に買って読みました。個人的には推理小説の体裁をとっている話の方が好きなので、ネコソギ単体としてはあまり好みではないのですが、長期化して悲惨なことになる作品も少なくないだけに、オチがついたのはいいか、とか。
 個人的にはやっぱりクビシメロマンチストの性格の悪さが好みです。月並みですが。あと好きなキャラは萩原子荻とか形梨らぶみとか江本智絵とか赤神イリヤとかその辺。・・・基本的に出番の少ないキャラの方が好みなようです自分。


2006/07/27
■Wikipediaで調べたら、誕生年月日がセルビアのサッカー選手と同じでした。

■中里一氏の1492の56回目が更新されています。

男女共同参画法と教育の話。こんな方策で以前より状況がよくなると信じられる人は幸せだと思いますが、私は一生不幸でいいです。
 そういうわけで陰鬱な気分になったので、バランスをとるためにものすごくアホな記事をついでにリンクしておきます(※下ネタなので自己責任でどうぞ)。
 ※以上2件はHK-DMZさんから孫引きでお送りしました。

■ビージェイの通販に「萌えるゴミ箱」なる商品が登録されています。・・・この論法だとコタツだろうが風呂桶だろうが大抵のものは萌やせることになりますが、書籍の「萌える○○」路線と比べればこの方がまともで実用性もありそうな気はします。
 でも、一度にゴミ箱を4個買ったら普通は持て余しそうな気が。

■TFキスぷれコンボイがアマゾンで予約27%引きなのにホットロディマスは13%で登録されていましたが、いつの間にかこちらも27%になっています。以前のバイナルテック並みの生産数なら最終的な店頭価格はこれよりさらに崩れると思いますが(←おい)、今年に入ってからのTFは出荷数が全体に少ないので品薄になる可能性も無いでもないです。

■帰りは梅田に寄り道して、とらのあなではやて×ブレード5巻を購入。Dアストレイ下巻は近くのブックファーストもチェックしましたがどちらにも見当たらず・・・。
 あとヨドバシのレジで店員に確認したらF91は「完売」と明言されました。・・・え? 明日あたり補充されていそうな気もしますが、どうなるやら。
 で、ホビットにも寄ってみましたがF91は入荷した形跡はなく、ただDアストレイ下巻が何故かあったので購入。

■無敵看板娘を視聴。よみうりテレビ(日テレ系の関西局)制作なのに制作局での放送が他地域より2週ほど遅れているのが謎ですが、とりあえず頭がゆるいうえに暴走したエヴァンゲリオン並みに凶暴な娘さんが頭の悪い暴れ方をするという愉快な話だったので当面はチェックしておこうかと思いました。


2006/07/28
■暑いしセミはうるさいしで夏本番というか割と不快だし自宅のパソコンは熱に弱いし、あと塗装時に扇風機を使うとラッカー溶剤が揮発しまくって塗料がどろどろになって塗りにくいったら。

■web拍手のレスです。
>「君」は(国会)議員以外使用禁止になったからだったりして?
 あー、あれはけっこう違和感あるというか、まさか幼児プレ(以下略)。

■例の青色LEDで話題になった、職務発明の「相当の対価」に関する別件の話。個人的には最終的な金額を企業が払える線まで落とし込むこと自体は妥当だと思いますが、あいまいな法律を作るから運用で困るんだろうに、とも思います。
 いや、そもそも大抵の製品には複数の特許が絡んでいてそれぞれの重要度を数値化するというのも難しいし、特許以外の要因だって色々あるしで、明確な基準を作ると今度はそれが正しいかどうかで大もめしそうですが。

■帰りにヨドバシに寄ったら、MGのF91は5個くらいありました。昨日は完売したと言われたわけですが、まあ1個確保。それとDPSを購入。
 あとGFFガルバルディも明日あたり発売でしたか。既にアクトザクとペズンドワッジを購入済みなのでこれも並べるつもりですが、週末だけで完売するとはとても思えない(←おい)ので私は来週以降に仕事帰りに買う予定。

■ゼーガペインを視聴。今週は復元者のオケアノス侵入がメインなのでロボ戦は小競り合い程度だったわけですが、やっぱり初期と比べると明らかに動きがいいです。蹴りから射撃につないだ辺りとか。
 話の方も色々と進展しつつ先が気になる感じです。

■今週買った漫画は一通り読了しましたが、ヘルシング8巻のアーカードの過去とトライガン12巻のレザードの過去に共通する場面があったのはどういうシンクロニティかと思いました。どちらも終盤に向かっております。
 結城心一氏のアンソロ再録4冊目ですが、表紙の構図は相変わらず「主役は保科智子ですが何か問題でも?」という感じで、中身もトゥハート1のパートはおおむねそんな感じ。
 はやて×ブレード5巻はひつぎ会長編と言っても過言ではありますまい。本筋でもネタでも大活躍。あと何か折込のチラシみたいなのに連載していた八房龍之助氏のイラストコラムがいつの間にか終わっていてがっくりしました。かなりの長期連載でしたが、単行本化とか無理だよなあ。ふう。


2006/07/29
■シムーンを視聴。色々と謎が示される話でしたが、予告だけ見ると来週はその謎がどうよりパライエッタがやっちゃう話になるようで。

■DHM誌版Dアストレイ下巻は上巻に準拠した仕様ですが、MS開発系統図がデルタとスターゲイザーを含めたものにアップデートされています。あとデザインは非公開ですが、アストレイ系列の末尾に「量産型アストレイ」(M1やレイスタとは別物)と、さらにその量産型から派生する機体として「ターンデルタ」という名称が掲載されています。・・・まさか∀とつなげる気か。
 それにしてもジェスとカイトの腐れ縁加減はディアイザに勝てそうな勢いなので、さすが外伝とはいえSEEDだと思いました。

(※ここにあった1/144ヴァイスリッターの記事は玩具・模型写真に移動しました。)

■あとF91もおおむね完成。

 まだデカール貼っていませんが、原作でも対ラフレシア戦のときには肩のナンバーは消えてたじゃんかー、とか。というかデカール2種類あってどっちを使うか迷っています。
 これも青と黄色を塗りました。旧キットでは何故か青い部分がビリジアンでしたが、MG版ではインディブルー系で、でも私はコバルトブルーの方が好みなので。こっちは下地を作ってから塗ったのでヴァイスよりきれいに発色しましたが、写真だとそうでもないです。何故。
 造形は好みが分かれそうというか、個人的には肩がちょっと大きすぎる気もしますが、ギミックは充実しています。HG-UCのGP02AではABSの軸関節が部分的に固すぎたりしましたが、こちらは全体に適切に調整されているように思いました。ポリ関節と比べると全体にやや固めでポーズの微調整がちょっと手間ですが、ヘタる心配はあまりなさそう。

 1/100RX-78との比較。1/144に近いサイズですが、全身に内部フレーム入りで可動範囲もMGのVer.2準拠です。ただ、小さいだけに色分けはMGとしては省略多めですが。
 ちなみにランナーのパーツ配置を見ると、ラフレシア削除&立ちポーズのシーブックのフィギュアを別のものと差し替えて、ハリソン機(カラーリングはGFF以降準拠)を出すことを想定した設計のようです。

 ラフレシアのベース。触手のポーズ付けが失敗気味ですがー。色分けはかなり省略されていますが、わざわざコクピットカバーがクリアパーツで内部まで再現してあったりで、おまけにしてはかなり充実した内容です。


2006/07/30
■今日は法事だったのでWHF神戸には行っていませんが、まあ暑いし、メジャーどころの新作は来月の関東のイベント合わせが主流っぽいからまあいいや。とか思っていたわけですが、どうも某所のギター装備ハルヒが阿鼻叫喚の様相を呈していたようで。
 ところで公式サイトに、今後「不潔な方」「住所不定の方」「身分証の提示に応じられない方」その他の入場を禁止する旨の案内が掲載されています。

■ボウケンジャーは「チーフが酸欠です」とか無茶しすぎだと思いました。あとカブトは加賀美の成長に伴い田所チームの結束が強化されたりサソリ貴族の過去とかワームの特性とか色々でしたが、あの、トンボの人は?

(※ここにあった1/144ヒュッケバインMk-Vトロンベの記事は玩具・模型写真に移動しました。)

■あとAGマーシィドッグ単品版も買っています。

 限定クメンセット版との比較。単品版のみエアーパージが追加されている以外は色がちょっと違うだけです。なお、平手はどちらにも付属しません(写真の限定版は色が同じレッドショルダーカスタム付属の平手を流用しています)。
 カラーリングも単品版の方が設定に近いし、クメンセットを買うメリットはほとんど無い気が・・・。セットのみの限定パーツもフィギュア3体だけだし。


2006/07/31
■事務所の配置替えで肉体労働でえらい疲れました。具体的には帰りにヨドに寄ってGFFガルバルディでも買おうかと思っていたのをしんどいから先送りにしたくらいめがっさにょろにょろです←使う機会がなさそうなので無理にねじ込んでみました。

■web拍手のレスです。
 >ここ数回、某電撃4コマでバカコラム書いてますか?
 うおう。・・・あのですね、この質問に「はい」か「いいえ」の二択で答えるなら「いいえ」なのですが、それは主に「ここ数回」ではなくてかれこれ1年くらい、ということで、えーと、一応当サイトとは別の名義を使っている件なので大々的に肯定はしませんが否定もしない、という感じで、その、よろしいでしょうか。というか気がつかれるとは思わなんだので割と焦っております。
 なお、あの名前も本名ではありませんので。

 で、先にお断りしておきますと、基本的にはメールで原稿を送っているだけで編集部の内情は一切知り得る立場ではないので、例えば「『家族ゲーム』の単行本はいつ出るんですか」とか聞かれても知らないから答えられませんのでご了承願います。というか『4人いるっ!?』の単行本が出るのかどうかは私も気になっています。出たらとりあえず2冊は買う所存。
 あと「原稿料は1本いくらですか」とか聞かれても常識的な判断として秘密なので察してください。というか相場を知らないので高いのか安いのかはわかりませんが、内容は一任していただいていますし、待遇は良いのではないかと思います。

 そういうわけで、なにぶん初めてのことなので予防線を張りまくった結果としてお断りばかりで恐縮ですが、読んでいただけるのは大変ありがたく思います。

■ガンダムMSV復刻本は、初代MSVの資料としては充分な内容かと思いますよ。今手に入る本だとこの辺のMSの記載は少なめですし、文庫サイズで840円×3冊とやや高めですが、1冊の値段が近い電撃のデータセレクションよりはずっと密度の高い内容です。というかアレが薄すぎるわけですが。
 ところで3冊がそれぞれザク編、ジオンMS編、連邦MS編になっていますが、連邦で1冊分もネタあったっけか、とか思っていたら実際足りなかったようで、後半にはジオンのものも含めた艦艇や航空機や軍装や歩兵用火器まで収録されていました。フライダーツやマングース、フラットマウス(いずれも連邦の航空機。アニメ未登場で、位置付けはセイバーフィッシュやTINコッド辺りと同じ・・・だと思う)の画稿も載っています。
 なお、MSVではない原作に登場した機体も一部収録されていますが、MS-X関連の画稿や設定は収録されていません。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system