雑記 2006年10月前半分

2006/10/01
■Wikipediaの「鏡」のページの「関連項目」に「植草一秀」を書き込んだ人は後で職員室に来るように。

■NODA-YAで予約していたSIC鬼3体セットは日没頃に届きました。午前中指定を付けていたのですが、佐(以下略)。
 フィギュア3体+新規造形を含む武器多数(裁鬼用のウクレレみたいな弦はグリップが細いせいで保持が安定しませんが)+これまた新規造形を含むディスクアニマル山盛り(既出のものからポーズが変更されているもの多数。「アカネタカのパーツで応急修理したアサギワシ」まであります)と、紅トドやイブザンと1000円しか違わないにしてはやけくそ気味に充実した内容でしたよ。
 でも何か今回は納品数が大幅ショートしたそうですが。

■カブトは諸般の事情でヒロインを交代させる羽目になった、というのがここ数週の展開のようで、先週あたりはかなり不安な感じでしたが、それなりに安定してきたような。あと影山に先週の状態からさらに転落する余地があったとは。

■「スズナリ!」1巻を購入。ある日突然双子の妹(ネコミミ搭載)が現れて主人公にべったり、という感じの萌え4コマですが、重要なのは主人公が兄ではなく姉だという・・・って、前にもこういう文章を書いたおぼろげな記憶がありますが。でびるBOXのときか。
 百合とノーマルな姉妹愛の境界線に乗っている感じが個人的には大変よろしかったです。ただ1巻だけで主人公が進級して2年目の正月まで行っているので、このまま年を経過させると2巻で終わるような・・・。

■今日も今日とて写真ネタです。

 鉄道むすめ3のタリア艦長(違)。カバンの出来がやけにいいです。

■武装神姫EXウェポンセット・ヴァッフェバニーを購入。

 プロテクターっぽいパーツは取り付けると体型がけっこう変わります。バックパックは他のパーツを取り付けるジョイントとして便利そう。ただ、既出の他のアイテムと比べると軟質パーツ使用率が高いのが個人的には気になりますが。
 なお、胸のパーツと一体化している襟が髪と干渉するので、白や猫の頭部との併用は不可能です。あと基本的に既出のどの素体を使っても、パーツの組み換えだけでイラストや見本写真と同じカラーリングにすることは不可能。
 第2弾の2種には同梱されていた汎用ジョイントパーツは、これには付属しません。それと写真では使っていませんが、このセット独自の顔パーツと、余った顔パーツをそのまま胸像っぽく飾れる台座も付属しています。

 ブーツ以外のプロテクターを外して武器だけ流用した状態。足裏が広いので立ちポーズでの安定性は高いです。


2006/10/02
■大学の講堂の廊下に設置されていた冷水機の下からゴキブリが這い出してきたのを見たときは、本気で命の心配をしたものです。

■京極堂の「邪魅の雫」は800ページ強ありますが、土日で500ページくらい読みました。話が集束に向かいだした感じなので残りは一気に読めそうですが、一気に読むと寝不足必至なのであと2日はかける予定。
 そういうわけでペルソナ3は止まりっぱなしです。

■「GA 芸術科アートデザインクラス」の1巻を購入。ちょっと重い話も混ざっていますが棺担ぎよりマイルドな内容で、形式も棺担ぎが実質的に「4コマのコマ割りを使ったストーリー漫画」だったのと比べるとこっちは割と素直に4コマになっています。
 個人的には気に入りましたが、ただし男がほとんど出てこない割に百合的な裏読みがかなり難しいです。

■MPスタースクリームは例の一次試作を発表せずに、さらにマスターピースではなくバイナルテックの派生企画ということにするなりもっと明るめでアニメ版に近い色味にするなりしておけば普通に大絶賛されていたのではないかと思う昨今。
 ビークルモードが機体下面以外はスケールモデル並みにまとまっている割には、構造は適度に丈夫で変形もそれほど煩雑ではなくロボットモードの出来もそれなりですし。一次試作と比べてしまうと脚のアレンジが目立ちますが、胴体や主翼をほぼ原作どおりのラインにまとめつつあのビークルモードを成立させているのは充分に評価できると思います(なお、手足以外は河森氏の監修が入る前から製品版とほぼ同じ構造だったそうです)。バイナルテックなんか基本的にビークルモード優先でロボットモードは顔以外ほぼ別人だったわけですし。
 そういうわけで何か一部で不当に評価が低い気がしたので愚痴ってみたわけですが、でもタカラはやっぱり技術力はあっても商売は下手、ということの象徴ともいえる商品になってしまったのは否めない気もします。

 あと、以下の話は基本的に憶測なのでご了承願いたいのですが、

(1)MPコンボイには腕に通信機が内蔵されているギミックがあり、左右のモニターにはバンブルとスタースクリームが映っていた(というかシール貼ってあるだけですが)のに対し、コンテナ追加のコンボイ完全版ではメガトロンとグリムロックに差し替えられており、なおかつハイパーホビー誌にこの変更が今後の企画への伏線であることを匂わせる記述があった

(2)ちょっと前にM1エイブラムスに酷似した戦車に変形するG1風メガトロンのデザイン画がネットで流出しており、その後も海外版も含めてこれに該当する商品は発表されていない(劇場版新作のメガトロンもこのデザインとは完全に別物。というか既出のどのメガトロンと比べても別人ですが)

 以上2件と今回のMPスタースクリームの仕様を合わせて考えると、同様の仕様で戦車に変形するメガトロンの商品化が企画されているのではないか、と思う次第です。あくまで憶測ですが。


2006/10/03
■零号機が黄色から青になるのは、あれはドラえもんじゃないのか、ということに10年以上気がつかなかったという話。

■「邪魅の雫」は残り120ページくらい。この更新済ませたら今日中に読了する予定です。

■e-HOBBY限定のブレンダルとモールダイブは10月中旬予定でしたが、昨日(2日)から順次発送を開始したとのこと。発送は注文順らしいけど私の分は受注開始翌日に注文して今日の時点で未発送ですがー。
 あと10月上旬予定だったはずのトイズドリーム限定USAコンボイ(アルマダSTDコンボイのリデコ)も先週末には発売しています。私はあみあみで予約して10月分の一括発送に組み込んでいたので都合1ヶ月放置です。

■ホスト部の25話を視聴。れんげさんのテンションがやけに普通なので別人かと思いました。

■SIC鬼3体セットですが、設定上は他の鬼より身長がかなり低い鋭鬼も素体は使い回しで身長は同じです。あと胸の金属パーツは既出アイテムよりは外れにくくなっている印象ですが、左肩の装甲は相変わらずぼろぼろ落ちます。あと3人とも股関節が右だけ妙に外れやすい・・・。
 でも7体並べると充実感ありますよ。えらい場所取りますが。

■ミクロアクション・キン肉マンのウォーズマンを購入(写真は土日に何回か撮ったのですが、何故かことごとくピントが合わないので呪いか何かだと思ってあきらめました)。Ver.2素体がベースですが上半身は通常のミクロマンよりかなりマッチョです。関節は充分よく動くし、個体差はあるようですが私が買った分は特に強度や保持力が足りない部分はありませんでした。格好いいよ。基本的に素手での格闘、それも投げや締めがメインになる作品なので、ミクロマンの可動範囲の広さが生きてくるうえに、武器パーツがやたら外れやすいというミクロマンの欠点は問題になりませんしー。
 視線や表情が固定だとポーズによっては違和感があるように思いますが(技をかけられている状態でも真顔なのはちょっと・・・)、ウォーズマンは元々無表情でどこを見ているのかわからない顔なので、顔パーツが1個しか入っていないことが欠点にならないのもいい感じです。
 ただ、ウォーズマンスマイルのマスクが入っていないのは非常に残念。あと、できれば対ラーメンマン戦のベアークローをゴングで受ける場面を再現できるパーツもあればなおよかったのですが、そっちは普通に無理か。

 それにしてもウォーズマンのスクリュードライバー1200万パワー理論は突っ込みどころが山盛りですが、最初に強すぎたせいか対キン肉マン戦以降は

・悪魔超人編:バッファローマンのかませ犬
・悪魔騎士編:自分の体内を試合会場にされ、文字通りの背景扱い
・超人タッグ編:ヘルミッショネルズのかませ犬
・王位争奪編:死んで生き返ったけど決勝戦には出場すらできず

 と、基本やられ役のうえに出番そのものも少ないですね・・・。


2006/10/04
■数日前までコードギアスをBLOOD+の後番組だと思っていました。

■web拍手のレスです。
 >そして言われるまでドラえもんということに気付かなかった私。
 みんなとっくに気がついていたのかと思っていたのでちょっと安心しましたよ。
 そういえば放送当時は書籍やらにボアビールの元ネタは云々とかやけに細かい話が色々出ていましたが、この件に言及しているものは見た記憶がないです。

■コトブキヤがヒュッケバインボクサーのプラモデルを出すそうです(参考:直販の商品ページ)。既にMk-Vとトロンベを持っている私としては中の人が丸ごと余ってしまうのがアレですが、これは買うしかないだろうと思った。1/100のMk-Uよりさらに大きいので関節が自重を支えられるのかも不安ですが、もう棒立ちでもいいよ。

 あと、せなかブログさんでコトブキヤの1/8読子さんのサンプルが紹介されていますが、眼鏡は樹脂パーツの他にエッチングのものが予備まで付属するそうで、全体的にやけくそ気味に気合が入っている印象です。場合によっては眼鏡を五菱重工のに交換することも検討していましたが、とりあえずその必要はなさそう。

■e-HOBBY限定のブレンダルとモールダイブはまだ発送されていません。あと鉄道むすめ3の台座は今日届きました。

■「邪魅の雫」を読了。・・・例によってネタバレに配慮すると感想が書けないという話ですが。あと、あらすじの「あの男」が誰かを裏読みしすぎて見事に外しました。

■ライオン丸Gを視聴。旧作については名前とあらすじを知っている程度ですが、その知識とGの1話だけ見た印象で判断するならゴジラとGODZILLAくらいの別物っぷりです。勇者ライディーンと超者ライディーンほど別物ではないですが←おい。
 1話は導入だけで終わった感じなのでまだ何とも言えませんが、何となく面白そうな気はするのでしばらく様子を見ます。


2006/10/05
■サイトに眼鏡絵ばっかり載せている作家さんがショップのポイント景品のイラストを描いたというから楽しみにしていたら眼鏡じゃなかったときには人生に絶望を感じました。などと言いつつ一応は確保しておくわけですが。

■中里一氏の1492の70回目が更新されています。

■ウモ屋のハルヒ本(「キョンさん」)を購入。ウモハルヒは不憫でかわいいなあ、とか。今回は総ページ数の5割がゲスト原稿だったりしますがー。

■ミクロアクションのメロウリンク+軍用バイクがあちこちの通販サイトに登録済みです。メロウリンクは1/18DMZスコープドッグと絡めると脳から変な汁がどばどば出そうですし、バイクは実車っぽいデザインで汎用性も高そうなので楽しみですよ。

■ホビーショップミドリその他にバンダイホビー事業部11〜12月の新作が掲載されています。今年の年末商戦向けアイテムはガンコレ1/400デンドロ&ノイエ、HCMPジェットストリームアタックセット、MGストフリといった辺りで・・・個人的にはコトブキヤのヒュッケバインボクサーが楽しみです←おい。
 でもシールドライガーが1ヶ月延期しているので、ヒュッケも来年にずれ込むかもしれませんが。

■元祖SDガンダム ミニコレクションを購入。パーツ割りや関節構造は変更されていますが、基本的に当時品をそのまま縮小して再現されています(刀の鞘はパーツの厚みを確保するためか、太めになっていますが)。で、私は元祖初期シリーズ直撃世代なので、この形状・配色のリニューアル一切なしというところが実に懐かしくて、もうね、遠い日々に思いを馳せる秋の日の午後みたいな感じですよ←どんな感じだ。PVC完成品にするとかの選択肢も捨ててあえて組立式とか泣けます。しかも説明書には当時と同じ横井画伯のプルのイラストが載っていたりと琴線にピンポイントです。それにそもそもSDの、それも原作アニメ版MSではなく武者と騎士がコンビニに並ぶというだけでも感動ですが。
 パーツ構成は変更されているとはいえサイズの割には細かいので組み立てはそれなりに手間ですが、塗装済みなのでBB戦士とかよりはずっとお手軽に見栄えがします。縮小されたぶん密度は上がっていますし。
 で、私は2日で合計3個買って武者Z、ナイトガンダム、ブラックドラゴンと重複なしで引けたのですが、せっかくZが出たから馬も欲しいけどここで手を引かないと泥沼にはまりそうな気もするしで迷っております。箱フィギュアのコンプ売りとかしているショップでもほとんど扱ってないし。

■武装錬金を視聴。キャラデザは原作準拠で戦闘シーンも割とよく動いていたし話にも特に余計なアレンジが入っていないしで、予想をマイナス側に見ていたせいもあって好印象でございました。あと個人的には声にも特に違和感はないのですが、妹の人の声がハルヒハルヒ言われているけど同じ人だということに気がつきもしなかった私はそもそも声とか割とどうでもいいみたいです。
 原作を最後までフォローするには半年でも足りなさそうなので、どういう構成になるのかが気になるところですが、とりあえず斗貴子さんのバルスカ戦闘シーンが見られて「臓物をぶちまけろ!」発言が聞けただけでも充分満足ですよ。後はヨンさま覚醒シーンの演出に期待です。


2006/10/06
■前回までのあらすじ:新規造型のレアアイテムが封入率カートン2個などといった鬼アソートを続けざまに繰り出すコナミが、メカ娘2リペイントVer.ではカートン5個という大盤振る舞いに出た。しかし管理人・雨五は箱買いを決行したにも関わらず、その天性のクジ運によって確率1/6のシークレット無し箱を引き当ててしまったのだった・・・。

 そういうわけでついカッとなって通販でフルコンプ1セット注文して昨日届きました←おい。最初の箱が届いた時点で通販のシークレットの単品売りは軒並み売り切れていましたし、うん、ここで退いたらルーザーかなと思って←攻めても負け犬だと思う。
 で、結果としてノーマル5種のボーナスパーツを揃えないと完成しないティーガーTが3機も組めるというアホの極北のような事態になったので、てきとうに加工して別キャラに仕立てて戦車小隊でも編成してみようか、などとやけくそ気味に思っている昨今。

 あとついでに注文した(というか順番としてはメカ娘がついで)仮面ライダー・アルティメットソリッドと200円ガシャのジョジョは凄くいい出来でしたよ。特にジョジョは塗装は200円なりですが、造型とボリュームは500円でも問題ないくらい壮絶です。

MW発売カレンダーが更新、というか11月分はまだなのでほとんど9月のが消えただけですが、一度アップされて削除された例のアレが復活していました。10月27日予定で、分類も「単行本」から「電撃コミックスEX」に変更されています。・・・ということは1冊7〜800円くらいするわけですか。
 あとゲーム部は順当に行くとあと半年ほどで主役(とおぼしき人)が卒業するのですが、今単行本を出すということは4年目以降も連載を続けるということ・・・なのかなあ。というか、それ以前に3冊とも連載続いているのにカレンダーには「(1)」とか書いてないのがちょっと怖いところですが。

■e-HOBBYのブレンダルとモールダイブは今日発送されました。順当に行けば明日届くはずです。明日は出勤だけどな!

■コードギアスを視聴。先に書いておくと面白いのは面白いです。この種のアニメの1話は説明に終始したり説明不足で置いてけぼり展開になったりしがちですが、30分退屈しないで見られましたし。
 ただ、やおい臭くて左翼臭くて流血と死体が大安売りという、「竹田P×サンライズ」と聞いて予想できる作風そのままだったのはどうかと個人的には思いましたが。もう1話から軍隊が市民を大殺戮です。
 ロボについては小型でトレーラーやヘリで輸送されてローラーダッシュやワイヤーで戦って、基本的に空を飛んだりビームを撃ったりはしない、という地味な扱いがいい感じでした。2話以降どの程度ロボ戦のシーンがあるかは割と不安ですが。
 あと主人公は「計 画 通 り !」とか言い出しそうなキャラだなあ、などと思っていたら終盤の展開でアゴが外れました。


2006/10/07
■アマゾンの「おもちゃ&ホビー」のトップセラーを見たら、メガハウスやらマックス系やらの新作が重なったとはいえ1位から10位まで全部美少女フィギュアでした。うおう。

■休日出勤だったわけですが、帰りはヨドバシに寄って未踏破領域に進攻、モチクリームを買ってみました。クリームはいいものを使っているようですし、甘すぎもしないしあっさりしていて乙な味でございましたよ。大きさの割に少々お高いですが。
 ちなみに前にth氏に話題を振られたときに書いた「地元駅前で売っていた似たようなもの」は、その後確認したのですが既に販売しておりませんでした。

 地下にも寄ってみましたが、連休にしては特に週末特価とかはなし。安いのは以前から投げ売りされているリボ参号機とかその辺だけです。あと現在ヨドバシ梅田は改装中で、一部のエスカレーターが利用不可だったり5階より上はフロアの一部が封鎖されていたりします。

■あみあみでバンダイのゼノサーガ箱フィギュアの画像が製品状態に近いものに差し替えられていました(参考)。ちなみに予約は既に終了、他も締め切っているところが多いようで。
 ところで私は同じレーベルのケロロが1箱で揃わない場合もあるアソートだったというから箱予約は避けて発売後に開封セットで買う予定だったのですが、いやもう品薄で買えないんじゃないかとか焦ったりなんか全然してませんから。余裕っすよ。俺が切れたら大したもんっすよ。というか不安です。

■そういえば書店でエマの単行本が平積みになっていて、帯にアニメ第2期決定とか書いてありました。あとマックスの完成品フィギュア(参考:グッドスマイル公式)は出来よさそうですが(1月予定なので店頭に並ぶのは春頃だと思います←おい)、そういえば夏頃に発表されたユージンのSR-DXは結局いつ出るのやら(箱のはもう出ていますが)。

■パワパフZの第2エンディングではメイン3人以外にアフロ姫(仮)と和菓子屋の人がそれぞれ1カットだけ出ていますが、準レギュラーのアフロはともかくゲストキャラの和菓子屋の人(注:眼鏡)をねじ込んでくるあたり、なかなか物の道理がわかっておるようじゃわい。などと偉そうな老人みたいな発言をしてみました。

■ネギまを視聴。リメイク? 最初からやりなおしだって? HAHA、何を言っているんだいジョニー。ネギまのTVアニメ化は今回が初めてだぜ? ・・・などという与太は置いておくとしても、時間帯が深夜から夕方に移動=新規の視聴者層開拓を図っている以上、前作の続編にしないのは妥当というか当然でしょうね。そもそも夕方にやるのが果てしなく無謀な気もしますが、連動してボンボンで連載を開始するくらいなので講談社は本気のようです。
 で、中身の感想ですが、話については都合32人分のキャラ紹介でいっぱいいっぱいなので2話以降で判断するとしても、作画は前作対比補正を外すと案外、その、えーと・・・。でも本筋はてきとうに流して黒板とか後枠のネタに集中すると楽しめると思うよ←おい。「東京都庁にジャムパン」とかを地上波のこの時間帯にぶつけてくるのはアグレッシブでチャレンジャブルだと思いました。
 とりあえず前作より格段にマシなのは確定事項ですし、私はネタだけでも割と充分なので当面チェックしておきます。・・・あ、でも、監督はソウルテイカーの人でもあるので対エヴァ戦とか戦闘シーンも期待していいかもしれないのだわ←誰だよ。


2006/10/08
■本日の毒舌:ぶっちゃけロビンソンって邪魔だったような気が。

■今週もボウケンジャーはチーフがはじけていて最高でした。他のキャラがメインのエピソードでもバイプレイヤーっぷりが半端ないぜ。

 あとGyaOでゼオライマーを見たのですが、見事な打ち切りエンドっぷりに呆然としました。

■e-HOBBY限定・TFGFブレンダルとモールダイブは昨日届いたわけですが、海外版QUICKMIXとMENASORのパッケージ正面に「e-HOBBY exclusive」表記のシール、下面に商品名、タカラトミーの連絡先やら材質表記の日本語ラベルが貼ってあるだけで、基本的に仕様はそのままのようです。説明書も英語。
 で、以下このネタだけで写真が9枚続きます。

 まずは唯一国内でも一般販売されたメガロコンボイを含むギガロニア関係者の比較写真を。メガロさんが頭頂高ならプライマス以上という巨大っぷりなので並べると他の2人が小柄に見えます。
 ボリュームはブレンダルが国内版の定価2500〜3000円クラス、モールダイブは3500〜4000円クラスと同等です。

 ブレンダルの変形はTFGFデモリッシャーの構造をアレンジして簡略化したような感じです。ビークルモードはギガロニア勢では一番まともな車両っぽく見えます。右上の青いものはパートナーマイクロン。

 肩・股関節の位置が連動して移動するギミックがあって、ロボットモードでの体型を変更可能。ただ、メガロとモールダイブは単純に身長が変化するのに対し、ブレンダルはどっちもずんぐりしています。
 足首に2軸あるのでTFとしては接地性がかなり高め。ヒザ・股関節はクリック式でかなり固めで、股関節は前後軸が斜めになっていることもあって動かしにくいですが、可動箇所は多めです。あと右腕のミキサーはフォースチップで展開・ミサイル発射ギミックがあります。

 続いてモールダイブ。

 ビークルモードへの変形はメガロコンボイと同じで、ギミックはかなり単純、かつ何がモチーフなのかよくわからない物体になりますが、上下に薄いぶんメガロよりは「単に四つんばいになっただけ」感が軽減されています。

 股関節の位置をずらして、脚を180度回転鳥脚っぽい逆関節にした中間形態にも変形できるのですが、それを利用してこんな俺変形も可能。

 ロボットモードは末端肥大で変わったプロポーションですが、格好よくまとまっています。可動範囲もかなり広め。あと胴体が空洞になっていて中にマイクロンを収納可能ですが、このフタがちゃんと固定されません。勝手にカパカパ開くほどゆるくはないので特に問題はありませんが。
 フォースチップでライト&サウンドギミックが作動しますが、このギミックは電池ボックスごと全部左腕に内蔵されています。

 あとついでにパートナーマイクロンを。

 左からキリブル、ホリブル、ブルブル。・・・えらい直球のネーミングですね。ブルブルだけ妙に小さいですが、モールダイブに格納するギミックのために小型化したのかも。

 ビークルモード。ブルブル(ドーザーブレード付きダンプ)、ホリブル(ドリル車)はいいとして、キリブルは一体何なのかよくわかりません。ボーリング機とか?


2006/10/09
■某所で吉野家の「ぶーちゃん」のイラストをまとめて見ていたら、ちょっと泣きそうになりました。

■中里一氏の1492の70回目が更新されています。

アカイイト公式サイトのwebノベルに「髪長姫」がアップされていますが、最後のセリフで死ぬかと思いました。

■「ギャラクシーエンジェる〜ん」を視聴。一応ギャグ主体ですが、旧シリーズの投げっぱなしっぷりと比べると壊れ方が手ぬるいです。もっとも相変わらず原作は無視しているようなので個人的には今後のさらなる飛躍に期待しております。あと初代エンジェル隊で一番重要だったのはウォルコット中佐だったのか、とか再確認してみました。

■元祖SDガンダム ミニコレクションは結局合計5個買ってナイトガンダム(ノーマル・スペシャル両方)、ブラックドラゴン(ノーマル)、武者Z(スペシャル)、オラシオン(ノーマル)を引きました。武者ガンダムだけ出ていませんが、おおむね満足したのでそろそろ撤退します。というかこれ以上買うと「最初から箱で行っておけば・・・」というオチになりそうですし。
 これでナイトとサタンを並べて飾ったりナイトと武者Zで「今夜は俺とお前でダブルケンタウロスだからな」とか可能ですよ。うはうはです。

■バンダイ300円ガシャ・仮面ライダー アルティメットソリッド2は全体に出来よかったですよ。

 主に平成勢狙いで買ったのですが、アマゾンさんの出来が凄いよ。全身の赤ラインを塗装済みで胸はグラデ仕上げ、眼もクリアー+複眼パターン再現で完璧です。

 1弾は出遅れてコンプ売りは買えなかったのですが、カイザだけバラ売りで余っていたので購入してありました。でも2弾のファイズにはある複眼パターンがカイザには無いので並べると違和感が・・・。


2006/10/10
■今日の無駄知識:トランスフォーマー2010の作中における年代設定は2010年ではなく2006年です。

■相当に無駄な出費を重ねてメカ娘2リペイントのフリアータのチャイナスキンを入手したわけですが、よく見たら2組付いているはずのプロペラが片方しかないことに気がつきました。うおう。一応1個でも組み立ては可能なのでそういうデザインかと思っていたのですが、パッケージの写真を見たらしっかり2個付いていたよ・・・。

■バンダイのゼノサーガ箱フィギュアは今日あたりから入荷のようです。10月中旬予定でしたが早かったので焦りつつ通販でコンプセットを注文しておきました。でもどこで買ってもあみで1箱買うより500円は高くつきますね・・・。あみは既に完売になっていましたが。

■海外ではTFクラシックが発売したようで国内でもこの週末にはオークションに出ていたそうです。私は数日前にモンスタージャパンに登録されているのを見ましたが、その時点で全て「再入荷待ち」だったので手も足も出ないとはこのことか。
 ところで第1弾のラインナップはコンボイ、メガトロン、ロディマス、スタースクリーム、バンブル、アストロレインの6種ですが、何かアストロレインだけ妙に浮いているような・・・。向こうでは人気だったりするのでしょうか。

■ホスト部の最終話を録画予約して再生したらテレビショッピングでした。ぎゃふん。

■「Dear Emily…」の1巻を買って帰って読んでいたら折込のフライヤーに「まとちゃん」の単行本が10月7日発売とか書いてあってじゃあ何か、私は同じ出版社の同じレーベルで同日発売なのに見逃したってことでどれだけうっかりすれば気が済むのか貴様、などと絶望しつつ念のために公式で発売日を確認したら11月9日予定と書いてありました。・・・あれ?
 で、その「Dear Emily…」ですが、施設育ちの主人公が就職してメイドになる話です。ギャグはないし露骨な萌えも無い話ですが、主人公の周囲には悪人がいないし極端に重い展開も(1巻の時点では)無くて、大まかに言うとシャーリーとかARIAに近いノリでした。絵柄も線がかなり淡くて全体的に口当たりがソフトというか。個人的にはこういうのは好きです。
 あと主人公が先輩メイドとか雇用主の娘とかと人間関係を構築していく話なので、私くらい脳が腐っていると百合的な深読みも充分に可能です。

 それとどこかで見たような絵だと思っていたら、作者はバシレイスの挿画の人でしたよ。感想を書こうとして上手くまとまらなかったので話題に出していませんでしたが面白かったですバシレイス。


2006/10/11
■週末にホラー寄りの掲示板ログを見ていて、「風呂で髪を洗ってる時に『だるまさんがころんだ』のことを思い出すと背後によくないモノが現れるので云々」みたいな話を読んでうわ何これ怖えー、風呂入れねーよ、とか思ったわけですが、風呂に入る頃にはその話を完全に忘れていたことに後で気がついた、という話。

■ハガキ進行中につきペルソナ3は止まりっぱなしです。

■先日のWHF横浜で鉄虎竜のプリエ(通常コスチューム版)が再販されていたそうです。今度の神戸にもこれが出るなら狙っていきたい、とか思っていたらBBSに「次は有明」という発言があったので神戸はそもそも不参加のようで。今のところ他に気になる物件は特に無いので、今回はたぶん行かないと思います。

■ライオン丸Gを視聴。アクションシーンはけっこう派手に動いていましたが、何か意図的に動きを格好よく見せないようにしてあったような。マトリックス避け連発とか。

■関西地区では日曜の夜に「大阪ほんわかテレビ」という情報番組をやっていて、これのせいでガキの使いが平日深夜に移動していたりオープニングが何故かウルフルズだったりするのですが、それはそれとして関西ローカルなのに他地域にロケに行くことも多くて、今週は秋葉原でツンデレ喫茶を取材していました。どうも客を罵倒しつついい加減な接客をして、帰ろうとすると唐突に甘えてくる、というサービスのようですが、何かツンデレ萌えとかいうよりも若い娘さんに言葉責めをされたい人向けなのではないかと思いました。それはそれで需要ありそうな気もしますが。

■10日くらい前にに塗装して写真撮ってサーバに上げてそのまま忘れていた写真を。

 LBアイアンコングが旧シリーズ版カラーだったので、それに合わせてLBゴジュラスMk-Uを旧カラーっぽく塗ってみたのですが、ライトグレーの青味が強すぎてマリナーに見えなくもないわけですが。


2006/10/12
■Wikipediaの「猫又」の本文中に「猫をいじめるとたたられるので、注意。」と書いてあるのがどこまで本気なのか判断しかねました。

■武装錬金を視聴。まひろの声がハルヒだというから注意して聞いてみましたが・・・トーンを落とした台詞は実際ほとんど同じですね。同じ人が同年齢のキャラをやっている以上は当然という気もしますが。テンションの高い台詞の声は言うほどでもないですしー。
 あとオープニングにムーンフェイスやヴィクターはおろか坂口照星&バスターバロンまで出ていましたが、このペースだと坂口は本編に出そうにないのですが、とか。

■ネギまを視聴。話の流れにかなりアレンジが入っているというか、一旦パーツを全部バラして組み立てなおした、という感じですが、けっこうきれいに整理されていてよいのではないかと思いました。

■「百鬼解読」の文庫版を購入。妖怪の成立経緯とかを解説した学術的な内容なのですが、鳥山石燕の画図の隠喩についての言及が多い割には石燕の画図そのものは掲載されていないので、別途角川文庫版あたりの石燕の本を用意しておかないと読みにくいと思うよ・・・。妖怪は京極堂と水木妖怪漫画くらいしか知らないような人間が軽い気持ちで手を出すと完全に置いてけぼりな内容です。というか私が割とそんな感じ。うう。
 あと扱っている妖怪の選択は石燕寄りで桃山人夜話の方には対応していないから、巷説百物語の副読本としては全く使えない点には注意が必要です。


2006/10/13
■13日の金曜日なので今朝は乗り継いだ電車がことごとく遅れましたが、事務所に到着してから腹痛をもよおしたので比較的幸運な部類の展開でした。これが電車の中だったらある意味死んでいたところです。・・・とか思っていたら帰りも電車止まったぜ。ぎゃふん。そういうわけでヨドでHG-UCゲルググ買うつもりだったけどぐったりしたのでパスしてDPSだけ買って帰ったら久々にナイナイで没ってました。追い打ちですか。

■で、DPSには例の単行本の発売日と、あと表紙が載っていました。でも値段が書いていないような。

■th氏がモチクリームを絶賛(←婉曲表現)していますが、とりあえずヨドバシ梅田内の店舗では土曜の夕方でも買うのに大して時間はかからなかったですよ。ただしあの一帯にはそもそも行列を作れるようなスペースの余裕がないので、処理が遅れだすと悲惨なことになりそうですが。
 ところで生クリームは植物性油脂の安物だと食後に油っぽい後味が残りますが、動物性の乳製品のは後味もさっぱりしていて、でも基本的に動物性は高いです。倍くらい違います。
 で、モチクリームの中身はけっこういい材料を使っているようなので、値段自体は不当に高いということはないと思います。・・・ただ、あのボリュームであの値段なら、モチクリームを2個買うよりは和菓子屋で大福を1個買ってケーキ屋でシュークリームを1個買って差額をプールする方が個人的には満足度高いような気もするのは否めないというか、まあ、その。

■コードギアスを視聴。ルルーシュが戦術で得た優位をスザク&ランスロットが理不尽な高性能でひっくり返す、という展開で、動きのいいロボ戦がたっぷり見られたり主人公が直接戦闘ではなく指揮で活躍したりと面白かったですよ。
 そういうわけで思想的な背景とかは置いておいてロボだけ見る分にはかなり楽しめそうですが、とりあえず予告を見る限りだと来週はそもそも戦闘が無さそうです。
 あと小さいロボだと人が乗るスペースをどうやって確保するかが問題ですが、背中に突き出してバックパックみたいに処理するというのはゼノサーガEP1のVXシリーズでもやっていて、麦谷氏自身もコクピットが中心軸からずれているので旋回時にかかるGが大きくなってしまう点を指摘しています、とか割とどうでもいい話を。


2006/10/14
■DPSにアデランスの広告が載っていたのはちょっと意外でした。

■中里一氏の1492の72回目が更新されています。

■何度かモチクリームを話題にしていましたが、別に嘘は書いていないものの事実誤認を招く可能性がありそうな気がしてきたので一応お断りしておくと、私は「宇治金時」1種類しか食べていません。餅なんだし最初は無難に和モノで行こうかと判断したわけですが、実際あれに酸味のある果物というのは想像すると(中略)。

 あとジョフラン(参考:公式サイト)はですね、最近のシュークリームはビアードパパとかのパイシューが割と多いですが、ああいうのではなく従来型のシュー生地がふにゃふにゃした感じがお好みでしたら鉄板です。うめえ。
 それと、阪急高槻駅前ならドエル(参考:公式サイト)のも割と良いですよ。これは小振りですがとにかく安いので(80円くらい)、10個くらい買い込んでブルジョワ気分も可能です←安いブルジョワだな。

■スパロボを視聴。スタッフクレジットの「メカデザイン」に記載されている人数に関しては歴代ロボットアニメでも空前にして絶後だと思います。以上←おい。
 ・・・とりあえずロボは全部CG作画ですが、1話を見る限りだと動きは悪いです。これはリュウセイが素人だということを表現した意図的な演出という可能性もありますが、原作を知っているならキャラが増えてロボの動きがこなれてくる(←予想というか希望的観測)中盤以降から見始めるのがいいかも。
 あと態度が悪いだけで正面から実力で圧勝したテンザンに理不尽な切れ方をするリュウセイに目頭が熱くなりました。

■家族の買い物に同行してヤマダ電機に行ったらUSB対応サターンパッドの純正品が処分価格で980円だったので速攻で狩っておきました。箱はベコベコでしたが動作は問題なし。あと前に方向キーが壊れたサターンパッド似のエレコム製パッドですが、あれの方向キーは地雷として有名だそうで・・・。

■で、ヤマダでHG-UCシャア専用ゲルググを購入。

 やけに細身だったMG版と比べるともっさりしていて、あまり格好よくはないですが元デザインのイメージには近いと思います。関節は最近の流れで部分的にABS樹脂。

 腰は360度回ります。ゲルググといえば山根という世代です。

 ランナーを見ると武装等の差し替えを前提にした設計のようです。アンテナは外せないっぽいので、量産型にもアンテナは付属しそう。あと何故か足の裏を差し替え可能な設計なので、ジムストライカーみたいな感じで陸戦用ゲルググとか出る予定があるのかもしれません。


2006/10/15
■相変わらずパソコンさまが離陸前のジェットエンジンみたいな音をたてています。一応側面と背面にはそれなりにスペースを空けてあるし、筐体を開いてみても中にホコリがたまっていたりはしませんし、去年の夏には同じような症状が出ていた割に今まで他には異常が出ていないしで、これは調子が悪いのではなく単に静粛性が低いだけなのかも。・・・作業中にかなりうるさいよ。うう。

■カブトは珍しくぼっちゃまの動向が本筋にリンクしていましたが、でも同じ場所に居合わせただけで相変わらず蚊帳の外っぽい。
 あと天道は集めたゼクターを返却したらしいけど、ザビーゼクターは今までの適合者が三島以外全員別のゼクターを所有中なので今は誰が持っているのやら。

 それとマイメロはエンディングが別バージョンで凄かったよ。

■GyaOでボトムズを視聴継続中ですが、クメン編はほぼ毎回カン・ユーの駄目っぷりを執拗に描写してくれるのでいい加減飽きてきました、とか。そろそろ転落っぷりを楽しめそうですが。

■創刊1号の誌上通販限定だったはずのフィギュアのパール塗装Ver.+テレホンカードを後でキャラアニやら電撃屋でも売って不評だったドラゴンエイジPureですが、2号の誌上通販の可動メイドガイはほぼ同じものが一般販売されるようです(ビージェイとかNODA-YAに登録済み)。でも写真を見る限りだと販売形態以前に出来がかなり凄いことに。

■TFクラシックは再入荷に期待している昨今ですが、TF:CYBERTRONのユニクロン(俗称:タンクユニクロン)を購入。

 パッケージには4つの惑星のエンブレムが全部印刷されていますが、付属フォースチップはノイズメイズやサウンドウェーブと同じオレンジ色でデストロンのエンブレムが入ったアレです。

 可動範囲もノイズメイズと同等でほぼフル可動です。ノイズメイズの弱点だった股関節のボールジョイントがゆるめで保持力が足りない点まで引き継がれていますが。
 脚に付いている細長いパーツは写真のように手にも持たせられますが、パッケージによると名前は"armor spikes"だそうです。ちなみに肩キャノンは"Anti-Proton missile"。

 顔はかなりアレンジされています。というか骨。脚もスマートだったりでユニクロンっぽさは意外と薄いデザインですが、これはこれで格好いいような気もします。

 脚側面の装甲がアームで接続されていて可動範囲が広いので、装甲をスネの正面に展開すると脚が太く見えて印象がけっこう変わります。

 変形ギミックはノイズメイズのマイナーチェンジという感じ。一応キャタピラと車輪が付いていますが、戦車と言われても納得しがたい気がしないでもないような。

 あとパッケージの英文によると(きっちり翻訳するのが面倒臭かったので流し読みですが)、サイバトロン側TFに体を破壊されたユニクロンが復活した新たな姿で、この状態ではまだフルパワーは出せない、という設定のようです。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system