雑記 2006年10月後半分

2006/10/16
■週明け早々朝から電車は止まるし2KさんはWindowsアップデート→強制再起動のコンボをかますしでやる気がそがれる一方ですが、元からやる気なんかあってないような量だから平気です←おい。

■メカ娘2リペイントのフリアータのチャイナスキンのパーツ不足ですが、結局メール2往復の後で手元の現品を丸ごと郵送して先方で不足分を足して返送、という流れになりました。郵送から2日後に戻ってきたので対応そのものは早かったですが。
 あと送料は切手で返金で、私はDPSのハガキに使える(封書80円でまとめ送りにしています)からいいけど普通は切手なんかあんまり使わないし始末に困るよなあ、とか。

■武装神姫のストラーフのパーツ1セット分+ヴァッフェバニーのバックパックで人型を組んでみました。

 中の人を乗せることもできます。乗っているだけですが。

あと第2弾の2種はオプションパーツにそのまま着せる以外の使い道がないので応用が難しいですが(腕パーツは胸装甲とセットでしか装備できないし)、とりあえず上半身のパーツを丸ごと背中に回してみました。


2006/10/17
■NHKの受信料の件が北朝鮮方面の話題の陰に隠れているような気が。

■実写映画版トランスフォーマー(参考:国内公式サイト)の日本語版ロゴが初期シリーズと同じデザインでしびれました。

■メカ娘Vol.3の情報が出ていますが、ボーナスパーツでEL02が入るとかいうから絶対ガセだろうと思っていたら(※)本当だったので意外に思いつつ、Vol.2リペイントで失敗したので箱で予約するか発売後にセット買いするかを検討中です。
 ※デザイナーが同じという以外に共通点が無い代物で、えーと、例えばモリゾー&キッコロの食玩に「ぷいぷいさん」が混ざっているような感じですか。ちなみに「せやねん」の黄色くて目つきの悪い鳥もアランジアロンゾですが、「らいよん」はデザイナーが別です、などと関西ローカルな余談を。

 ところでアマゾンでジャンル指定を付けずに「メカ娘」で検索かけると「めがねっ娘○○」とかいう書籍が10冊くらいヒットします(中身は確認していませんが、大半は18禁臭い・・・)。メカ娘そのものは無し。アマゾンは神姫も扱っていませんが、コナミ製品でもネギま関連のフィギュアは入荷していて基準がよくわかりません。
 あとアマゾンでフィギュア類のバーゲンをやっていますが、軒並み30〜45%OFF程度の中でポピニカ轟天号(FINAL WARS版)だけ75%OFFでした。

■関西地区では2週遅れで今週からのデスノートを視聴。原作は未読なのですが良さそうなので当面チェックしてみます。あと月は普段からリンゴの皮を剥かずに食べる人なのだろうか、とか。


2006/10/18
■職場のPCのキーボードにはPowerキー(PCの電源が入った状態で押すと何の確認もなく問答無用でPCが強制終了される、悪魔のような代物)がついているのですが、こんなもん誰が使うんだ。
 F12キーの隣に配置されているので、WordでF12に機能を割り振っている私としては誤爆率が無視できません。というか面倒なのでPowerキーを引っこ抜いてしまいましたが。

■例のベンツ1台分フィギュアの方の新作ですが、1/6サイズ+各種ギミック搭載で頒布価格5000円台を目標にしているそうです。・・・素人考えだと赤字必至な気がするのですが、大丈夫なのかそれは。

■モンスタージャパンに何故かトランスフォーマー・クラシックのうちメガトロン、バンブル(海外版なので正確には“Bumblebee”ですが)、アストロレイン(これも正確には“Astrotrain”)の3種だけ入荷していたので、2分ほど迷ってからバンブルとメガさまを注文(※現在は在庫切れです)。
 できればロディマスとスタースクリームも欲しいのですが、G2以降全くリニューアル商品が出ていないバンブルと商品化が絶望視されていた「銃に変形するメガトロン」を押さえられただけでもよしとすべきかも。というか今月中くらいにコンボイだのロディマスだのがごっそり入荷しても予算足りないよよよ。

 ・・・そういうわけで、とりあえずアマゾンさんで予約していたDMZストライクドッグを断腸の思いでキャンセルしてきました。1/12タコくらい巨大で2割引いても13000円だしなあ。でも格好よさそうなんだけどなあ。うう。・・・などと未練モードに入りつつ、やけを起こしてついでにリンカーンの松本フィギュアとミクロシスターUNIもキャンセル。えーと、アマゾンさんはキャンセルが自由だから便利だよね←お前は鬼か。
 ・・・でも浅井7号が10月中に発送されたらストライクドッグをあきらめた分は丸ごと相殺されるわけで、やっぱり予算は厳しいのでした。

■ライオン丸Gを視聴。ジュニアが日曜大工に挑戦する話でした。ところでこの調子だといわゆる「怪人」とか「怪獣」に相当するものは出てこない雰囲気ですが、この作風ならまあいいか、とか。

■ネギま16巻の、例によって通常版を購入。普通の書店で買ったのですが、帰宅してからカバーイラストをよく見ると冷や汗が出ました。
 で、中身は武闘会が終わったと思ったら今度は戦争をおっ始めた、みたいな展開に。あと明日菜がセイバーのコスプレをしているよ(違)。それと千雨にちょっとしたイベントがありますが、ところでこの人はいつまでネコミミをつけているのだろうか。


2006/10/19
■Hyper EstraierのWikipedia全文検索が速くて便利なので利用していたのですが、いつの間にか名前が「超弩級Wikipedia検索 ちょっぴり早い大人の検索システム」になっていて吹きました。

■中里一氏の1492の73回目が更新されています。

■th氏のせいでジョフランのシュークリームが食べたくなって非常に困っている昨今。仕事帰りでも高槻店の閉店には間に合うのですが、そんな時間に行ってシュークリームが残っているかどうかが問題です。んがぐぐ。

■プララジショーでコトブキヤが可変R-1だのダイゼンガーだの可動コマンドウルフだので大暴れですが、バンダイもEXヒルドルブだのギャプランTR-5だの世間的には斜め上だけど個人的にはうれしい物件をぶちかましていて、とりあえず発売が楽しみです。
 TR-5は結局シールドがヘイズルのアレではなくてギャプランのと同じですが、胴体に初登場時には無かったパーツが追加されているようで。

 あと元祖SDの今後の展開についてはホビーショップミドリの日記に話が出ていますが、とりあえず状況さえ許せば旧製品の再販も可能、つまり「金型は現存している」ということが判明したのはよろこばしいことです。

■武装錬金を視聴。次回予告のぶちまけろ発言は毎週使わない方が有難味が出るのではないか、とか。あと原作どおりなら来週はカズキ(岸辺露伴ファン)の画力が披露される話ですが、その辺はやっぱりスルーされるだろうなあ、と思いつつ少し期待してみたり。

■ネギまを視聴。ほとんど丸ごとネギ対エヴァ戦で、戦術要素がばっさり切られた関係で原作よりエヴァが大幅に弱体化しているのが若干アレですが(というか完全に自滅・・・)、都合2話だけでエヴァ編を終わらせた割にはきれいにまとまっていたしよかったのではないかと。
 ・・・などと書いてみましたが、要約すると原作と違ってこのせつが最初からベタベタなのが非常によろしいなあ、とか思っている次第です。


2006/10/20
■昨日までの流れでシュークリーム分が著しく不足していたのですが、ジョフランまで行くのも面倒なのでビアードパパでエクレア買って帰りました。欲しいものを妥協して中途半端に手に入れる、それが私!
 ところでビアードパパのシュークリームは明確にパイシュー路線ですが、エクレアの生地は従来のものに近かったりします。

■トランスフォーマー・クラシックのメガトロンとバンブルは今日届いていました。・・・後で国内正式販売になったりしたらこれを見るたびに「DMZストライクドッグを買っておけば・・・」とか呟く羽目になりそうですが、江戸っ子は宵越しの(いやお前関西人だろ、という自分突っ込みも含めて前に使ったネタなので以下略)。
 でもメガさまガンモードはグリップが大人の手でも握れるサイズで(割とぎりぎりですが、一応小指までグリップに乗りました)、何かこう満足感ありますよ。

■コナミのメカ娘3はアマゾンで予約開始していました。この調子で神姫も扱ってくれると便利なのですが。
 あと、あみあみで武装神姫の3・4弾の画像が更新されています。

■「もうすこしがんばりましょう」3巻を購入。今回は2巻で1話しか出番が無かった姫がまさかの再登場を果たし表4を単独占拠、出番も倍増して2話(いや、まあ、2倍ではあるけど・・・)になったり、同級生の新キャラが3人登場して帯でも紹介されているけど実際にはそのうち2人は登場がかなり遅くて3巻での出番はやっぱり2話だけだったり、むつの家族が登場したり、大半のエピソードは学校が舞台なのに3巻にしてようやく教師が初登場したり(ただし出番は2コマ)、さらにはモブキャラですら女子生徒しかいなかったあの学校が実は共学だったことが判明する驚愕の展開になっております。・・・えーと、今のは共学と驚愕を・・・ごめん、やっぱり忘れて。というか大筋では相変わらずです。
 それにしてもふみはむつに対して所有権を主張するし姫はむつにべったりでひよはそれに反発するしチョーさんと梅もむつを意識(というか敵視)しているし、見事にむつ総受けですな。などと脳の腐った発言をしておきます。

■コードギアスを視聴。戦闘シーンはほとんど皆無ですが、SEEDのそういう回よりはずっと面白かったと思うよ。あと今回は女性キャラがわんさか出てきましたが、1話からアレだっただけにこの人たちも虐殺されたり拷問されたりろくな目にあわないのだろうなあ、などと不吉な考えしか浮かばないうえに結局ルルはやおい側の人だったというオチなのでした。
 あと個人的にはとりあえずグラスゴーの中の人で。


2006/10/21
■けっこう長いこと「半分の月がのぼる空」を夢枕獏の格闘技小説だと思っていました。「上弦の月を喰べる獅子」も格闘技の話ではないのですが、こっちは未読で「上段の突きを食らう猪獅子」を読んでいたのが勘違いの原因のようです。というか「の月」しか合ってないし。
 あと「半分〜」の方はそもそもどういう話なのかいまだに知りませんが、こういう場合は下手に調べるより間違った想像をしておいた方がだいたい楽しいのでそのままにしておきます。

■ペルソナ3を再開。メサイアが一向に「明星の靴」の物理回避タイプを受胎してくれませんが(魔法タイプは既に3個入手)、真球は2個目を受胎しました。・・・本当に確率1%なのかこれ。

 アリラトから完全神柱を入手して、あと対・隠しボス用ペルソナの仕込みも済ませました。といってもアナンタにハイパーカウンタ+魔術の素養+治癒促進・大を継承して、インフィニティ連打で攻撃はカウンター頼りという手抜きコースですが。でも材料を揃えてからスキル3個残したアナンタを作るのにきっちり1時間かかりましたよ。ふう。
 そしてアナンタの「耐」が90超えるくらいまで強化して隠しボスと戦ってみたわけですが、一応ハイパーカウンタで1回400程度のダメージが通るものの、ダメージ量やら回復量やらを考えると緻密な計算とかなりの精神的持久力が必要っぽいので、何かもうしんどくなって投げましたよ。真球はもう2個持っていますし。

■トランスフォーマー・クラシックのメガトロンの写真を撮りました。

 G2タンクメガトロンとビーストメガトロンは顔以外ほぼ別物でそれ以降のメガトロンは顔まで別人ですが、これは初代の雰囲気がけっこう残っていると思います。

 関節は腰が回らないくらいで、ほぼフル可動。大半の関節がクリック式なので大砲付きの右腕も含めて関節が自重に負けるようなことはありませんが、特に下半身は微調整ができないのでポーズをつけるのがちょっと難しいです。でもヒジ・ヒザに横ロールがあるし爪先・カカトを曲げて接地角度を調節したりもできるので、TFとしてはかなり動く部類です。あとこれもTFには珍しく首がボールジョイント。

 ガンモードはトリガーにクリックがついていて引くとカチカチしますが、他には特にギミックはありません。スコープはレンズが入っていたりはしませんが、十字モールド入り&両端がクリアパーツで覗くことは可能。

 ちなみに中身はこんな感じ。各部のパーツは全てアームでつながっていて組み替えなしの完全変形ですが、かなりバラバラに配置されています。

 あと同時に買ったバンブルもですが、どうも他のTFと比べてもクラシックは塗装の塗り分け精度が甘くて塗膜も荒れ気味です。
 それと手にはここ数年のTFと同じ径の武器穴が開いていて手持ち武器を流用可能ですが、手首以外にはジョイントがほとんど無いのも最近だと珍しいかも。


2006/10/22
■今回は前情報のみだと特に欲しいものは無かったのでWHF神戸は結局不参加です。というか予算的にも行って買い物するような余裕はないわけですが。

■諸般の事情で当サイトに5年くらい前に載せていた文章を読み返したのですが、・・・過去の自分を直視するのは身を切る思いです。はふう。
 というか私が中高生の頃にまだネット環境が普及していなかったのは幸せだったと思うよ。あんな頃に書いた文章が一時的にでも公開されていたら、とか想像するだけである意味死ねます。

 ・・・いや、今の文章だって数年後に読み返すと普通に死ねそうですが。

■トランスフォーマー・クラシックのバンブルビーの写真です。

 まずビークルモード。後ろにくっついている物体はパッケージの記載によると"WAVE CRUSHERTM AND TRAILER"とのこと。要するにジェットスキーと台車です。このウェーブクラッシャーという名前の出典がどこかは検索で調べてもよくわかりませんでしたが、GIジョーに同名のジェットスキーが付属するフィギュアがあるらしいのでその辺が由来なのかも。
 あとこの台車はバンブル本体から取り外すことも可能。

 ロボットモード。首・肩・ヒジ・股関節がボールジョイントでヒザは前後曲げと横ロールの2軸があるので、おおむねフル可動です。初代バンブルはおもちゃとアニメで顔が全然違いましたが、クラシックはアニメ版準拠のデザイン。

 先述の台車は変形してジェットパックになります。手持ち武器は付属しないのでとりあえずエネルゴンウェポンを流用してポーズをつけてみました。

 ビークルモードもまとまっているしロボットモードはG1バンブルのイメージを残しつつよく動くしで、出来はいいと思います。今のところ並行輸入のみで割高なので、価格的にはオススメしかねますが。

■武装神姫を乗せる用に、通販でニューレイの1/12バイクとバギー(ATV)を購入。MVアグスタのブルターレ2001とヤマハのラプター660R。予算がどうこうとか言っていたのはどこのどいつだという話ですが。
 ちなみに両方とも正規輸入されていて、だいたい1500円くらいで入手可能です。バイクの方はザらスの店頭に在庫があれば599円で買えるとか。

 バイクの車種はニューレイで出ている車種の中では比較的シートとハンドルの距離が短いのと、あとイタリア車って何となく格好よさそうやんかいさー、という割とどうでもいい理由で選びました。
 バギーの方はシートの横幅がちょっと広いので、無改造だとお尻がシートから若干浮く感じですが、一応手足をハンドルとペダルに配置してライディングフォームを取れます。
 バイクはステアリングとスタンドが可動、バギーはサスペンションが伸縮可能です。

 タンデムも一応可能。バギーの方は白子さんのお尻が完全に浮いていますが、股関節の左右開脚が限界で太股がシートにつかえているのでこれ以上腰を下げるには改造が必須です。

 ニューレイ製品は他者製の同サイズのミニカーと比べると極端に安いのですが、現物はエンジンまわりのモールドがけっこう省略されていたり塗装が荒かったりはします。でも全体に丈夫そうなつくりですし、単独でのディスプレイ用ならともかくアクションフィギュアを乗せるのにはむしろ向いているのではないかと。
 それにタミヤ製とか出来はいいけどニューレイの5倍はしますしー(ザらス特価を基準にするとそれこそ10倍以上・・・)。

 あとWikipediaを見たら、アグスタは経営が大変なことになっているようで。


2006/10/23
■通勤にJRを利用しているのでJR西日本サイト内の運行状況情報を習慣的にチェックしているのですが、今朝は変わった情報が出ていたので全文コピーしてみました。

美祢線 手負い鹿がいるため列車に遅れ  7:45 現在 
影響線区 : 美祢線 
午前5時28分頃、美祢線渋木〜長門湯本駅間で鹿と衝撃しました。鹿は生きていため、次の列車を長門市駅と渋木駅で抑止し列車に遅れが発生しています。

 ・・・「手負い鹿」という言葉は初めて見ましたよ。

■模型誌早売りによると武装神姫の素体がコナミ直販で販売予定とのこと。どうも頭部は未塗装で髪もついていないダミーヘッドになるようで、EXウェポンセットなり他のフィギュアから頭を持って来るのが前提っぽいですが。
 あと福井ガンダムのメカがちょっと公開されていますが、個人的には好みなので期待しておきます。

■中旬予定だったコトブキヤのゲシュペンストはようやく入荷したようです。通販の入荷連絡はまだですが。

■週末にそこそこの本数のアニメを視聴したのですが、一度に数を見たせいか何を見たのかも記憶があいまいです。で、とりあえずギャラクシーエンジェる〜んが意外と壊れてきていていい感じかも。1つの話に30分丸ごと使うので若干間延びしている気もしますが。
 あとオリンシスを見てみましたが、とりあえず絵が古臭いとかいう話は置いておいて話運びとかキャラの言動に妙な違和感を受けました。いや単につまらないというのではなくて、感覚がズレているというか、そういう。

■ジャイアントロボのアニメ新作は前のOVA版とは全然さっぱり無関係なようですが、何故かこの新作ではなくOVA版の方とつながっている漫画の戸田版は単行本が出たら買う予定。あと「蒼天の拳」を見ていたら脚本・シリーズ構成が今川監督とか書いてあって何事かと思いました。
 で、蒼天の拳は原作未読ですが、とりあえず朋友のためなら何でもできるし命も惜しくないのが男なのであって反論は全面的に却下するものである、とかいう感じの暑苦しくて男臭いノリが面白いです。
 ところで関西地区では水曜日にネギまと武装錬金とスパロボと蒼天の拳を放送していて全部見るはいい加減しんどいのですが、思いつきで見てみた蒼天がスパロボより面白かったのが誤算でした。


2006/10/24
■「月は東に日は西に」の省略形が「はにはに」なら発音は「わにわに」だよなあ、などとどうでもいいことを思いつつ、「夜明け前より瑠璃色な」が新聞のTV欄に「よあるり」と書いてあったので「けよりな」ではなかったのかと思って調べてみたらオフィシャルな略称は無いので色々乱立しているそうですが、本題としてはあの丸キャベツは動画で見ておくべきだったか、と後悔したという話。あとゲームはどちらもやったことがないです。

■中里一氏の1492の74回目が更新されています。相変わらず尖っています。

島田フミカネ氏のサイトに「幻の歩兵戦」掲載イラストの一部が公開されています。

■あれ以来メディアワークスの発売カレンダーに変更は無いまま発売日が3日後に迫っているのですが、まだちゃんと発売されるのか不安な昨今。初版の発行部数は少なそうですが、とりあえずアマゾンで検索しても出てこないので当日は梅田のとらにでも寄ってみるだべか。

■ペルソナ3をクリア。レベル99で、さらに余っていた宝石をカードに交換して主力ペルソナをドーピングしたら能力値もほぼ99になったという反則加減なので、まともに戦ってもリンチにしかならないと判断してラストステージは主人公単独+ハルマゲドン使用禁止縛りで挑戦。完全反射バリアに「漆黒の蛇」(敵単体に万能特大ダメージ。ミックスレイドと即死以外の魔法属性攻撃ではたぶん最強)を撃ち込んで一撃で反射ダメージ500超えたときは死ぬかと思いましたが、ラスボス自身の攻撃はダメージ30とかなので結局楽勝でした。というか難易度イージーですが。
 あとエンディングについては結局コミュイベントとか関係なく○○○○が正ヒロインだったという展開に驚愕しつつ納得しました。

 全体としては、タルタロスの設定で現代が舞台のRPGにありがちな不自然さを解消しつつ、システム面でも「ダンジョンに潜って経験値やアイテムを稼ぐ」という古風なスタイルをシナリオ固定RPGに組み込んであったりで、ビジュアル設計やBGMも含めて独特でよかったのではないかと思いました。
 本筋に絡まないイベントはほぼ音声なしだったりイベントムービーも作画が荒かったりペルソナはデザインも3Dモデルも大半は既出の流用だったりで、よく見るとけっこう低予算っぽいけど、ありがちにまとめると予算があればいいというものでもない、とかそういうベタなアレで。


2006/10/25
■今週のアクセス解析:Googleに「ちょっぴり早い大人の検索」と入れるとうちのサイトが2番目に出る(今日現在)のは意外でした(フレーズ検索にすると検索ページとうちの2件しかヒットしない・・・)。Hyper Estraierは速くて便利なのですが、あまり知られていないのかしらん。

■web拍手レスです。
 >毎日楽しみにしてます。あと、今晩の武装練金は野球中継で延長してます。
 情報どうもです。もう少しで見逃すところでしたよ。あと楽しみにされて光栄でございます。こんなのでよろしければ当面毎日更新いたしますので。

島田フミカネ氏のサイトに武装神姫の、本気かどうか判断しかねるイラストが掲載されています。

■HK-DMZさんからの孫引きですが、とりあえずこの地図サービスが凄いので皆様もマウスをぐるぐるしてみてください。

■フィギュア王のTF記事の端に「ビーストウォーズに新展開があるかも」みたいな記載がありまして、既にビーストウォーズ・リボーンの前科があるのであまり期待はできませんが、今のところ年明けから映画公開(アメリカが7月なので、たぶん夏以降)までの展開が全く発表されていないので、ここに場つなぎで入ってくる可能性はあるかも。
 あと国内商品の海外向け通販サイトにマスターピース・メガトロンが登録されている、とのこと。

■モンスタージャパンにTFクラシック6種が再入荷していたので、10分ほど迷ってからコンボイ(Optimus)とロディマスとスタースクリームを注文しました。※午後10時現在ではスタスクのみ注文可能でした。
 上記の来年前半の開き期間にクラシックが国内正式販売になる可能性も無視できないのですが、あえてタカラがそこを外してくる可能性もやっぱり無視できないし、まあ。

 で、帰宅してメールをチェックしたらコトブキヤのゲシュペンストとあみあみのイグニスと読子さんとUSAコンボイの発送連絡が・・・。一度に段ボールが何個も届くと家族の視線が痛いのですが。が。

■新番組のチェックを優先して外していたちょこッとSisterを2週ぶりくらいで見てみたら異様に目つきが凶悪でクールなメイドさん(金髪ツインテールロリツンデレお嬢のオプション付き)が出ていたので、脇役大好きなわたくしとしてはご褒美でした。
 あと花屋の人が退場して主人公(既に主役でも何でもない気もしますが)がフリーになっているのに管理人さんのポジションが全然変わっていないのも割とご褒美です。


2006/10/26
■武者ガンダムBB戦士のアソート再販が出荷されて、大方の予想通り各地で龍将飛将だけ狩られている昨今ですが、皆様におかれてはいかがお過ごしでしょうか。とか最近はあまり使っていなかったパターンの前フリを。

■web拍手レスです。
 >お宅の影響で我が家も武装神姫
 >二匹飼う事にしました。とうめんは世話が楽そうな犬猫です。

 おお、仲間だー。犬猫は組み替えがパターンある程度固定されているので扱いやすい・・・というか泥沼にはまりにくいですね。黒子と白子は組み替えの自由度が高くて複数セット分の組み合わせもできるうえにアムドライバーのパーツまで流用できるから楽しいよー。お金もめっさかかるけどー。などと泥沼に誘惑してみたり。

■あと関連して、コナミスタイルで素体の予約がもう開始しています。個人的にはこれは様子見の予定。というか既に6体も持っているから当面はそれで充分だろ、という話ですが。
 それと現在唯一品薄のストラーフは11月に再出荷があるとのこと。

■コトブキヤの白ゲシュペンスト+赤ファルケンとあみあみのUSAコンボイその他は無事到着。イグニスとかいう人は最初の発表の時点で眼鏡パーツが付属することは判明していたものの、公式にも眼鏡はそれ自体の写真だけで付けた状態の写真は載っていないうえに解説文にも「メガネパーツ付属」と書いてあるだけだったのですが、結論としては装備不可能でした。・・・えーと、これをどうしろと?
 (↑訂正:位置を上手く合わせれば顔に固定可能だそうです)
 で、イグニスは出来は問題なさそうですが、髪やら服やらがたなびいているせいか素直な立ちポーズのフィギュアにしてはやたら箱が巨大(同じ1/7のマックスやよいさんの4倍くらいありそう)なので店頭購入は物理的に大変っぽい。

 あとモンスタージャパンで注文したTFクラシックは、入金を遅らせて発送を来週にずれ込ませることにしました。というか今日は諸般の事情で入金できなかったというか。ちなみに昨日の夜に唯一残っていたスタースクリームは今日の昼頃まで注文可能でした。・・・意外と不人気?

■アマゾンさんでキスぷれホットロディマスを予約していたのですが発売日を過ぎても連絡が無いので、ああもうやっぱりアマゾンは当てにならないぜ、などと土壇場でストライクドッグをキャンセルした件はすっかり棚に上げてがっくりしつつ、とりあえずキャンセルをかけてヨドバシ梅田に行ったら大量に積んであったのでさっさと購入。1割引ですが。あとHCMPνガンダムとアーマードコアの肩ガトリングセットも購入しました。

■ネギまを視聴。4話以降は完全にオリジナル展開になったようです。本屋の声がえらく山岸風花に似ていると思ったら同じ人だったので、私もようやく能登声を把握できたのだろうか、とか。

■おかげさまで昨夜のテレ東系深夜枠も無事に録画できましたが(1時間40分も延長したもんだから、被害もけっこう多かったようで・・・)、とりあえずスパロボを先に消化。関西は1週遅れで今週が3話です。定番の増長した主人公が鼻を折られる展開ですが、ほとんどシミュレーターしかやっていない段階で増長されてもなあ、などと思いつつ、最新鋭のロボが性能を過信して戦車隊にボコボコにされるという展開は割と好みなのでまあいいか、とか。
 ただ、リュウセイの独断と判断ミスが無ければ普通に勝てた戦力差だったのかどうかは疑問が無いでもないです。PT3機に対し4両編成の戦車が少なくとも4〜5小隊は参加していたっぽいので(リュウセイが3個小隊に包囲、ライとアヤは2個小隊以上に挟撃されているはず)、戦車とPTのキルレシオが5:1程度だとしても普通にPT側が不利な条件ですし。
 対比されているテンザンはリオン1機で戦闘機を5機落としていますが、罠を張った布陣に正面から会敵したSRXチームと罠を仕込みようがない空戦でしかも模擬戦開始前に不意打ちを仕掛けたテンザンでは条件が全然違うし、これはそもそも対比になっていないような、とか思った次第。


2006/10/27
■サンテレビでは私が話題にした翌日が丸キャベツの放送日だったとth氏に指摘されたわけですが、くやしさとしてはホスト部の最終回を見逃した件の1/72くらいというか今週だけで録画してまだ見ていないアニメが4本くらい残っているのでそれどころではなかったりするのですが、それはそれとしてth氏も言及していた某所で仮面ライダーV3のオープニングを見たのですが火薬の量が半端ではなくてむしろ笑えました。

■電撃4コマのアレですが、「出荷部数を絞っていて書店をハシゴしても全然見つからない」という未来予想を否定できなかったので、とりあえず安全策を取って家族ゲームとゲーム部をアマゾンで注文しました。前払いで今日入金したので届くのは最短でも2日後ですが。
 で、これで店頭に出向く必要はなくなったかと思いきや「それでも町は廻っている」の2巻が発売日に地元の書店に無かったうえにアマゾンでも在庫切れ(8〜10日)なので、結局帰りに梅田で本屋に寄ったわけですが。もっともとら店頭で買うと特典の正月限定卓上カレンダー(1月の1〜6日にしか対応していない画期的アイテム。コピー用紙みたいな紙にモノクロ印刷で、要はいつものメッセージペーパーです)がもらえるから結果オーライってなもんですが。
 あと「○本の住人」1巻も購入。ところでナオコサンの単行本は出るのでしょうか、とか。

 そして電撃4コマの単行本は3種類とも面出しで並んでいて見事に杞憂だったうえに、DPSを買うのを忘れていたという二段オチで終了しました。・・・いいんだよ、単行本は描き下ろし以外全部既読だから1日2日遅れたって! ・・・うう。

■あみあみ等にコトブキヤの1/144ヒュッケバインMk-Uが登録されています。1/100だと他の機体と並べられないので1/144が出るのは有難いですが、これが12月予定。12月には他にボクサー、SRX、あとアーマードコアのヴィクセンも予定されているわけで、4つとも延期なしで発売するかどうかはかなり不安があります。
 あとR-1は1月予定とのこと。1/144で差し替え変形。

■アマゾンやあみあみににボトムズAGのファッティー地上用B型が登録されていました。12月予定。あと、あみあみにジオラマシリーズ3弾が登録されています。来年1月予定で、サンサ編の戦艦X内部のイメージだとか。
 私は仕様もわからないうちから1弾だけ予約してしまったのですが、2弾以降はそれの出来次第で検討します。

■とりあえずキスぷれホットロディマスの出来が予想外にいい感じで、価格とか商品構成とかアレですがそれでも買ってよかったと思うよ。
 あと説明書のストーリー解説はものの数行ですが、それだけで今まで不明瞭だったユニクロン戦争からTF地球追放・レギオン出現までの経緯がおおむね説明されていてちょっと意外でした。

■タカラトミーの内覧会でマスターピース・メガトロンの試作が発表された、とのことですが・・・ロボットモードでの大きさをコンボイと揃えて、「拡大サイズのワルサーP38」に変形するそうです。何かもうタカラの考えは全く読めないぜ!
 ・・・個人的にはロボットモードの出来次第で検討します。

 あとソースが匿名掲示板なので基本的に未確認情報ですが、内覧会ではこれ以外の企画(劇場版、クラシック、ビーストウォーズ、キスぷれ等)については新製品の発表が一切無かった、とのこと。劇場版は公開時期が夏以降なら来年前半に動きが無くても当然とはいえ、他の企画も皆無なら割と低調な展開になりそう。BWについてはDHM誌にも似たような告知があったので何もしないということはない・・・と普通は思うけどタカラは普通じゃないからなあ←おい。

■コードギアスを視聴。ルルが一世一代の博打を打ってスザクを救出するも、生来の素直になれないツンデレ気質のせいでふられてしまうという話でした(仮)。思想臭は相変わらず気になりますが、今のところ今期ではかなり面白い部類なのが複雑な気分です。
 あとランスロットの開発者の人が素で性格破綻者っぽいので今後の活躍に期待しております。


2006/10/28
■高校の単位の件はこれだけ話が広範囲だとは予想外でしたが、th氏の記述には特に間違いはなかったと思います(私信)。私は理系で世界史B+地理Aでした。

■衣料品20%OFF狙いでジャスコに行ってスーツは空振りでしたが、今使っている鞄がいい加減くたびれているので新しいのを買いました。これも2割引。タグにはUPrenomaとか書いてあるけどメイドインチャイナで販売元は大阪の会社で値段も通常価格3980円という、そこはかとなく胡散臭い逸品です。
 あとおもちゃ売り場にBB戦士武者再販アソートがほぼ手つかずで残っていたので魔星大将軍と闇将軍を購入。ついでにDPSも買っておきました。

■くじびきアンバランスを視聴。主人公の姉(元ヤンの猫かぶりで過剰にブラコン。要するに変人)が大暴れして30分どたばたするという非常に素晴らしい内容で感動しました。これで主人公が弟ではなく妹なら個人的に完璧だったのですが、とりあえず人類はもっと二次元の姉の価値というものを理解すべきですな、などと無駄にテンションが上がりましたよ。ところで地味に眼鏡率高いですねこのアニメ。

 あと2週ほど前から銀魂を見ているのですが、今週は主役ほぼ放置で白髪のおっさん(声:若本)が延々と暴走して若いおっさんがひどい目にあうというこれまた素晴らしい内容でした。おしおきだべー。

■コトブキヤ限定のゲシュペンストTTは現在組み立て中ですが、成形色変えだけではなく、白いパーツは上からパールが吹いてありました。いかにも限定っぽいゴージャス感があってこれはこれでいいかも。ただ、パッケージの完成見本写真は未塗装状態のもののみパールで塗装見本はつや消しホワイト仕上げになっていたし、インストの色指定もパールにはなっていません。ちなみにパッケージは白ゲシュ、赤ファル共に見本写真は新規に撮影されたもので、イラストは通常版を加工して色だけ変えたっぽい。
 あと、ゲシュペンストは1/100ヒュッケUを除くとはじめて眼がクリアパーツになっています。通常版も限定版もM950マシンガンやミサイルコンテナは付属しないので、その辺を追加したMk-U量産型が後で出る可能性もありそう。
 それと前に出た赤ビルガー付属のショットガンはレジンキャストでしたが、赤ファルケン付属のテスラドライブ展開パーツは他のパーツと同じインジェクション成形のプラスチックです。基部のパーツは元キットのものをそのまま使うので、ドライブ展開・収納のいずれか片方の状態にしか組めません(完成後の組み換えは、不可能ではないけど難しそう)。

■マックスの1/7イグニスの写真を撮ってみました。

 とりあえず髪の造形がえらいことになっています。服も塗り分けが細かいデザインの割に塗装精度は高め。あと肌色も自然できれいに発色しています。

 パーツの差し替え等のギミックは特にありませんが(刀は手首と一体化していないので、グリップの太さが合えば他のフィギュアとの交換も可能)、どの角度から見ても造形に破綻がないし、格好いいですよ。でもこういうのを「格好いい」とかいう感性は既にフィギュア汚染済みというアレで、一般的な視点だと単にエロ物件なんだろうなあ、とか思って少ししょんぼりしてみたり。いや、えろくないのかといわれるとえろくないことはないよなあ、と言わざるをえませんが。

 あとロディマスコンボイやUSAコンボイも写真を撮ったのですが、天気が悪くて光量が足りないせいか軒並み見られたものではなかったのでまた今度撮りなおしますよ・・・。


2006/10/29
■ドビルバンってボルテスVとかダイモスに出てくる宇宙人みたいな名前ですね、などとわかりにくいうえに今更感が強い話題をお送りしてみました。

■アマゾンさんから電撃4コマのアレが届きました。描き下ろしでカラー口絵とかキャラ解説とかコメントとかが追加されています。130Pで税別780円なのでページ単価はまんがタイムきららの単行本と同じくらい。でも使っている紙がきららのより薄くて、値段と手に取ったときのボリューム感にはかなり落差がありましたが。
 で、Vol.8までの掲載分収録なので(現在最新号がVol.30。ただし月2冊になった時期には休載あり)原稿のストックはまだ倍くらいあるはずですが、やっぱりどこにも「1巻」とは書いていないので続きが出るかどうかはまだ決まっていないみたいですね。

 そういえば電撃スパロボ掲載漫画も単行本が出るそうで、八房漫画だけ目当てで買っていたわたくしとしては脱力気味です。

■トイズドリーム限定のUSAコンボイの商品名は、パッケージの記載によると「USAエディション アルマダコンボイ」でした。マイクロン伝説(海外版ARMADA)のコンボイは国内版だと初代以外では唯一名前が頭に何もつかない「コンボイ」だったので(ビーストコンボイも放送当時は単に「コンボイ」でしたが。ちなみに海外版だとグランドもギャラクシーも全部同じ名前ですが、BW系コンボイは別名で別人扱い)、後で他のコンボイとの区別のために「アルマダコンボイ」という名称が紙媒体で使用されることがありましたが、商品名として使われたのは多分これが初。
 で、マイクロン版STDコンボイをフォースチップ対応にしたリデコ商品・・・かと思いきや、現物は色が違うだけでギミックは全く同じで、フォースチップが新規造型でマイクロンと同じジョイントが付いたものになっていました。つまり他のアイテムに付属のフォースチップではギミックを作動できません。

 そういうわけでマイクロン伝説版との比較。色分けの位置がけっこう変更されていますが、パーツの形状そのものは上述の通り全く同じです。

(※ここにあったコトブキヤのゲシュペンストTTの記事は玩具・模型写真に移動しました。)

■あとコトブキヤ1/8読子さんを、前に塗装した同社のナンシー(キット版)と並べてみました。

 どちらも原型は同じ人ですが、並べて飾ることは特に意図されていないようで、どうにも収まりのいい構図が見つからなかった次第。

 あとフィギュアつながりで、イグニス付属の眼鏡は顔に固定できるそうです。そういうわけでお詫びして訂正します。でもつけにくい・・・。


2006/10/30
■どろぱんだTOURSの新刊がとらに昨日入荷していたのを見落としていて、気がついたときには通販完売でした。そういうわけでがっくりしつつ一応梅田店に行ってみたら残っていたので速攻で確保。
 で、さっき読みましたが、今回は何故か静留と遥のやりとりがメインでなつきの出番がほとんど無いので百合度は比較的低かったのでした。

■中里一氏の1492の75回目が更新されています。

■あみあみにバンダイホビー事業部の来年3月までの新作が登録されています。SICのギャレン&カリスとレンゲル&ブレイドJは少数のみ予約を受け付けたようですが、私は出遅れましたよ・・・。そういうわけで腹いせに超合金魂イデオンを予約してしまいました。予想以上に高額で腰が引けましたが、イデオンが新規で商品化される機会は今後あまり無いだろうし、まあ。
 ところでカリスはジョーカーとセットなりコンパチになるのではないかと思っていたのですが、この分だとジョーカーは無さそうですね・・・。

■デカレンジャーでスワンが変身した前例があるだけに、今週のボウケンジャーは斉木しげるが変身するのかと思ったよ。

■TFキスぷれ・ホットロディマスですが、とにかくロボットフォルムのプロポーションはバイナルテック系TFでもかなり良好で、しかも可動範囲もトップクラスという壮絶な出来です。すごいぞ。しかも恒例のエンジン変形武器は手に持たせる他に折り畳んで脚部側面にも固定できる、とか細かいネタもあり。あと頭部にはバイザー開閉ギミックがありますが、これが無色透明であまり見た目の印象が変わらないのでクリアーブルーとかの方がよかった気はします。
 そういうわけで塗ってみましたが、実はヘッドギアよりバイザーの方が上下に広いのでバイザーを上げた状態だと青い部分がはみ出してしまうので割と失敗。

 ↑可動範囲はこのくらいは余裕。
 ビークルモードもリアウインドウの中に変形用のパーツが見えるくらいで、他には問題なし。ボンネットが縦に真っ二つに割れていたりキャビンの床に穴が開いていたりドアを開けたらミサイルランチャーがこんにちは、みたいなことも無いです。釣竿ランチャーがビークルモードだと完全に余剰パーツになるのはちょっと残念ですが(一応キャビン内に収納できますが、見た目が激しく悪いです)。
 ただ、コンボイ付属フィギュアのメリッサは首がボールジョイント+手足の差し替えパーツ付きでポーズ変更が可能だったのですが、こっちに付属のシャオシャオは完全に固定ポーズで、座りポーズしかできないうえに何かに座らせないと安定しないというトーンダウンした仕様に・・・。代わりに蒸篭+中華まんが付属しますがー。
 あとキスぷれもビークルモードのモデルになった実車のメーカーにライセンスを取っているのですが、バイナルテックと違って説明書には実車の解説が一切ないのも個人的にはちょっと残念。

 ついでにコンボイと並べてみました。

 キスぷれについてはドラマCDが邪魔とかドラマCDは不要とかドラマCDを抱き合わせで売るなとか言いたいことも色々ありますが(←それ全部同じやん)、とりあえず実在のメカを題材にした可変ロボ玩具としてはトップクラスの出来だと思うのでそういうのが好きな人には強くオススメです。


2006/10/31
■10月前半は大阪と東京で最高気温が7度くらい違って大阪には秋がないという感じでしたが、最近ようやく気温が下がってきて結果的に軽く風邪引いてまんねん。

■最寄のコンビニに食玩のズバーンが入荷していたので確保。今回は他の戦隊ロボ食玩と違って1個買うだけでいいので楽でしたよ。組み立ての必要な箇所は皆無で、完成品状態のズバーンが丸ごと箱に入っています。色分けシールが付属しますが、ある程度塗装済み。
 この調子でダイボイジャーも普通に入荷してくれると助かるのですが、どうなるやら。

■あみあみのSICギャレン&カリスとレンゲル&ブレイドJの予約ページ(予約停止中)を見ていたら、今までの2体セットより値上がりしていますね。これはジョーカーにも期待できそうですが、レンゲル(フォームチェンジなし)&ブレイドJ(ノーマルとKフォームは単品版で先行発売)はどういう構成になるのか予想がつきません。

■デスノートを視聴。基本的に出来がいいので「日常生活の場面の背景にぼさっと突っ立って異物感をめりめり放出しているリュークが素敵」くらいしか書くことが思いつきません。

■「○本の住人」1巻はよつばスタジオっぽい装丁だと思ったらよつばスタジオでしたが、細かいネタが色々仕込んであるので購入したらカバーと帯を全部外してすみずみまでチェックすると楽しいよ。
 あと電撃4コマのアレは全部既読でも1冊で続けて読めると意外と印象が変わって面白いですが、家族ゲームはラブコメ展開に入る前で終わっているので印象が変わるというか割と別の話のようでもありますが。

■ここに書くのをすっかり忘れて1ヶ月経過していましたが、コオニライフ(竹本泉)は発売直後に購入済みで大変よろしかったですよ。「よみきりもの」と同じ枠の読み切り連載ですが、基本的には学園もの限定(一部例外あり)だったのが仕切り直し以降は何でもありになったようで、明らかに現代日本が舞台ではない話がメインになっています。
 あと今度は単行本のタイトルも収録作から取って毎回変わるようです。「よみきりもの」は共通タイトル+カバーデザインも色使いまで含めて共通で、後半になると店頭で現物を見ても購入済みかどうか判断に迷ったりしていたので、個人的にはこの方が助かります。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system