雑記 2007年1月前半分

2007/01/01
■新年あけましておめでとうございます。

■今年もth氏のところで恒例のアレがナニされていますが、毎年似ない似ない言ってばかりでは進歩がないのでモノクロより色つけた方が同じ絵でも似て見えるのではないかと思って試してみました・・・って、それは進歩とは言いませんか。
 あと彩色には普段フィギュア用に使っているアクリルガッシュを流用しましたが、筆で絵を塗るのはかれこれ10年くらいぶりなので調子がつかめなくて大変だったよ。時間なくてぶっつけ本番だったし←練習しろよ。

(※ここにあった1/144ヒュッケバイン・ボクサーの記事は玩具・模型写真に移動しました。)

■で、とらからクベルタが今日届いたのでそれも。ちなみに店頭売り分は営業が休みの三宮店を除くと開店前にほぼ全滅したそうです。・・・ティファナも予約しておくべきだったか。

 顔の造形というか絵柄にクセがありますが、出来はいいと思います。塗装のはみ出しがある個体もあったらしいですがうちのは特に問題なし。ただ、武器は黒ABS樹脂で刃のみ銀塗装なので黒い部分の質感が他と比べると軽いです。
 中空ソフビ+ジェルで成形された胸は、やわらかくはないような気がしますがそれなりに弾力はあります。あと中身の色が薄いみたいで顔や脚と比べると肌色の透明感が若干強め。

 表示スケールは1/6ですが、エンターブレインの1/6よりは一回り以上大きいけどマックスファクトリーの1/7と大体同じ、くらいの大きさです。同人誌込みで6300円ですが、同価格帯のメーカー品と比べてもそんなに割高感はないかと。前回のトゥアレタ+2000円にしては異常なボリューム増です。
 で、上の写真はマックス1/7コトナとの比較。

 あと表面の油のふき取りには洗顔用ウェットティッシュが指定されていますが、とりあえず用途の指定されていない普通のウェットティッシュでも大丈夫っぽいです。
 匂いについては窓を閉めて組み立て・撮影をしても部屋に匂いが充満したりする程ではないですが、手元に置いておくとかなり臭いので干して揮発させる作業は必須っぽい。酢酸系の匂いです。というか実験室で氷酢酸のビンのフタを開けて放置したような匂い。

 ※追記:ネット上で破損報告が複数出ているクベルタの肩パーツの留め具ですが、どうも長さが足りないと思ったらうちのも割れて欠けていました。いちいち交換を頼むのも面倒なのでとりあえず接着で対処してみますが。

■ついでにマックス1/7コトナの写真も貼っておきます。勢いで予約したら例によって延期が重なって届く頃にはテンションが底を打っていたという感じですが、出来には特に問題はなかったので一安心。

 ・・・でもこれを水着と言い張るのは無理があると改めて思った。というか原作の普段のコスチュームの方がよかったなあ、とか。
 浮き輪は中空の透明硬質プラで、あとブーツ部分は水着とは色が違っていて表面はつやありのブルーパール仕上げになっています。水着はつや消し。


2007/01/02
■年明け1回目のマイメロを見逃しました。

ホビーショップミドリでお年玉キャンペーン中です。というかSD関連のアンケート(例によって結果はバンダイの担当者に提出されるとか)に答えると抽選でレア化しているSDのガンプラがもらえるかもしれない、という企画。

■お笑いウルトラクイズを視聴。全体に仕掛けのコテコテ感がすさまじくて、シュークリームにわさび詰めて食べたくらいでリアクション芸とか寝言抜かしてんじゃねえぞ若造が、とかそういう感じでした。昭和生まれの私としては何かもう懐かしかったよ。そういえば火薬を使うバラエティは最近あまり見ませんね。

■クベルタさんの胴体を昨日の午後から窓の外に出しているのですが、今日の夜になってもまだ匂いが抜けていないよ。うう。

■せっかくなので梅田まで買い物に行きました。ヨドバシではHGミーティアとか1/100セイバーとかスローターダガーとかMGクロスボーンとか色々半額。MG陸ジムスナイパーとF91ハリソン機もあったらしけど既に完売していました。
 で、HCMPサザビーのメタリック塗装版も半額だったのでそれを購入。あとBB戦士のフルアーマーガンダムと神槍丸、SDGFのT様を買って、ついでに新作スペースに積んであったアーマードコアのヴィクセンを衝動買いしました。

 コトブキヤのヒュッケバイン関連キットは店頭在庫が見当たりませんでした。12月まで複数残っていた箱がベコベコの008R(旧パッケージ版)とかも売れたのか。
 あと玩具売り場はそうでもないけどゲーム売り場は午前10時前の時点で既にレジがけっこう混雑していたよ。

■SICブレイドは結局年が明けてから開封しました。これについてはレビューサイトとかでさんざん既出だと思いますが、ブレイドは歴代でもかなり好きなので1枚貼っておきます。

 ブレイラウザーのカードホルダーが差し替えなしで扇状に展開するのには驚いたよ。あとSICにしては換装用の外装パーツが外れにくいです。
 SICでは換装のために装甲響鬼や龍騎サバイブのカラーリングがアレンジされたりしていますが、ブレイドの場合は逆にキングフォーム優先でノーマル状態のカラーリングが変更されています。爪先が金色なだけでなく、素体も紺色じゃなく黒。


2007/01/03
■IMEが「いく」を何回変換しても「い」+「く」に分割しやがるので「行く」を名詞扱いで辞書登録するという強行策を取ってみた昨今です。

■web拍手のレスです。
 >今年も応援しています。SDはやはり瞳が入ると魂が入った感じがしますね。
 どうもです。Gジェネとかスパロボのガンダムは小さいだけで人が乗る機械なのであれはあれでいいと思いますが、独立したキャラとして扱うなら黒目はあった方が、と思う次第。

■丸2日経過してクベルタさんの匂いがようやく薄くなってきました。ふう。

■ガンダムさんの2冊目を購入。カバー背面側のゲルググが胴体グレー・手足ライトグリーン、巻頭カラーのゲルググはザクと同じようなグリーン濃淡2色になっているのですが、とりあえずそれ両方とも量産型ゲルググのカラーリングとしては間違ってんがな、と一応突っ込んでおきます。
 ※量産型ゲルググは胴体がグリーン、手足はグレー。
 あと1冊目と同じような漫画は半分以下で、残りは彗星ヒヨコとかザク隊長とか、読み終わってから「・・・いや、これをガンダム漫画に分類していいのか・・・?」と疑念がわきあがる作品が収録されております。ガンダム度は風林火嶄の3巻(機馬軍団編)の方が上のような気が。だってあれフラナガン・ブーン(に顔と名前がよく似た学生)がグラブロ(そっくりのカウルがついた水上航行も可能な改造バイク)に乗って戦ったりするよ? 敵のリーダー格の人はジオング(みたいなカウルがついた改造バイク)に乗るうえに妹もいるし。
 で、結論としては風林火嶄はもう絶版っぽいので店頭で見かけたら確保しておくといいよ、という話でした。・・・あれ? あと個人的には大魔法峠の方が好み。

■クロスボーンとZガンダム1/2は高値安定という感じで面白かったよ。でもあれで長谷川絵じゃなかったらエウロペさんが気になって他のことはどうでも(略)とかいう感想になるところでした。
 レビル将軍の「ジオンに兵なし」演説は結果的に戦争を長期化させて犠牲を拡大した、という面もあるよなあ、とか思わないでもなかったのですが、オリジンではあの演説に至る経緯にも独自の解釈が入っていて面白かったです。あとオリジン版のマ・クベは性格はともかく原作版より頭は良さそう。

 ・・・そういうわけで年末に固め撃ちされた角川のガンダム漫画を「妹ガンダム」以外全部買ったわけですが。

■今日もまだ写真ネタで、ゾイドLBアイアンコングMk-Uとレッドホーン。

 例によって写真は部分塗装しています。コングはクリアーパーツが赤と緑で2セット入っていて選択式になっています。なお、平成版のコングPKは全て緑で、旧シリーズ版Mk-Uは眼のみ赤、単品売りの強化パーツも緑でしたが、旧シリーズ版の量産型Mk-Uのみ強化パーツも赤でした。
 レッドホーンのクリアパーツはスモークで旧版準拠。背中の第二コクピットまでキャノピーつきで再現してあります。

 それにしてもこの2つ、骨格(胴体ブロックと手足のフレーム)は全く同じパーツを使い回していたりします。


2007/01/04
■今日で正月休みも終わりなので何をしようかと考えつつ、気がついたらパソコンの中身を整理しつつGyaOで刃牙を見て半日くらい消費していました。

■出版社の公式見解としては「本格美少女麻雀物語」というジャンルになるらしい漫画「咲」が百合だという情報を受信したので単行本1巻を査収して読んでみましたが、先に結論を書くと受け手によって友情とも百合とも取れるリバーシブル仕様でした。個人的には充分百合で読めます。

 男も1人だけいてキャラ配置は一見ハーレム漫画っぽいのですが、とりあえず1巻の範囲だとこの男は完全に脇役扱いなので無視して問題ないと思います。むしろ不憫になるくらい存在感が薄いです。
 1巻は自覚のない天然強キャラの咲(主人公)に対し努力家お嬢の和が反発するも結局和解して一緒に全国大会を目指す、という流れで、2人の出会いから話が始まったりとこの2人の関係が話の本筋になっています。個人的には咲に「一緒に全国に行こう」と言われて赤面する和が1巻の見所だと思いました。
 あと「はいてない」疑惑の強い作画も一部で話題ですが(お尻のラインが見えている場面でも下着は絶対に見えないという倫理的なのかまずいのかよくわからない仕様)、あの学校は学年によってスカート丈が変化するようで、1年の咲と和ともう1人は過剰に短い一方で上級生の部長と眼鏡は現実でもここまで長いのは今だと珍しくないか、という感じです。そして作中ではスカート丈と出番・扱いのよさは反比例しているっぽい。

 ・・・あ、そうそう、一応麻雀の話なのでたまにルールとか用語の説明もありますが、その辺は読み飛ばしても問題はないと思うよ←おい。というか麻雀は全然わかりません私。

■正月休みの連日写真ネタ、最終日はコトブキヤ・アーマードコアの1/72ヴィクセンを。正式名は「ミラージュYC07 クロノス ヴィクセンVer.」だそうですが、原作はPS版1作目しか知らないのでどういう位置付けの機体なのかはインストを読んでもよくわからなかったよ。

 まず武装を外した状態。全高はガンプラの1/144よりちょっと高めですが、腕・脚は1/144より細いです。
 成形色はメタリックで、白はパール。

 キット付属の武装一通りと、武器セットの8番(ハンドガンとガトリング砲)をセットした状態。股関節の開脚はこの程度が限界です。
 右手のマシンガンは新規パーツですが、左腕のシールド的なパーツ(設定上はブレード内蔵の格闘武器)は既出の武器セットの流用で、同じランナーに丸い肩武器も入っていますが、インストでは完全に無視されています。


2007/01/05
■私は今日から仕事始めというか明日も出勤ですが、それはそれとしてビーストウォーズの再放送は結局テレ東とテレビ愛知のみらしいよ。リュウケンドーを同じ枠でネットしていたTV大阪では、とりあえず1月7日に放送がないことは確定しています。
 ・・・個人的には玩具の再販はして欲しいのですが、このネット状況で一般流通なんかした日には不良在庫化がほぼ確定のような・・・。

■アマゾンの45%引きDMZストライクドッグがまだ「在庫あり」で不憫です。

■ガンプラ出荷予定が更新されましたが、年末商戦明けのせいか新製品は少なめですね。いや1/350ヤマトとかいう大物もありますが、個人的にはクゥエルだけでいいや。
 あと月末にザブングル関連の再版があります。

■帰りはヨドバシ梅田に寄ってみましたが、正月の特価品のポップの大半が撤去されていたり半額になっていたザビーゼクターとドレイクゼクターはポップは残っていても商品そのものが消えていたりで減ったものはあっても増えたものはない、という印象でした。で、せっかくなのでBB戦士の怒貫丸を買って帰宅。標準サイズのBB戦士は量販店だと通常価格でも薄めの文庫本より安いのがいいですねー。塗装に手を出すとえらい時間食いますが。

■ジオシティーズ内の攻略サイトの関連サイトとして引っ張られるらしくて、ここ数日Googleで「OT技」を検索するとうちのサイトが上から2番目くらいに出るという異常事態になっております。
 で、ついでに進行状況を書いておきますが、とりあえず惰性で進めて青年期後半まで進行しました。レベル上げの必要が一切ないうえに戦闘もスラりんが1ターン目に灼熱使えば大体終わりなので、幼年期終了から4時間もかかっていない感じです。

 基本的に本来の攻略ルートに沿って進行している(丸ごとスキップ可能なラインハット関連のイベントやチゾット経由の山越えも順番どおりにこなしている)ので今のところ致命的なバグは特に発生していません。
 ただ、ルーラ習得時にコマンドウインドウを開こうとしても会話になってしまったり(移動もできないので詰まったかと思いましたが、視点を変更したら脱出できました)と、OT技が原因っぽい異常も若干あります。

 あと、青年期前半の時点でも本来ならまだ行けないはずの場所(妖精の森、エルヘブン周辺等)では敵が出現しないのは相変わらずなので、後半に登場する仲間モンスターを集めるためにはシナリオを進行させるしかないようです。

■去年神戸サンテレビが龍騎の劇場版を唐突に地上波放送したのですが見逃して惜しいことをしたと思っていたら正月にまた放送したので視聴。王蛇の噛ませ犬扱いとかいきなり出てきて最後まで正体が説明されないままのリュウガとかうやむやにフェードアウトするゾルダとか唐突に出現するサバイブのカードとか尺が足りないせいか突っ込みどころが満載ですが、勢いがあってけっこう面白かったです。
 それにしてもミラーモンスターはデザインが凝っていても結局は戦闘員扱いですね。

■コードギアスを視聴。相変わらず怒涛の展開で目が離せませんが、それはそれとして11話ラストで生存が確認されていたみんなのアイドル・ジェレミア卿がブリタニア軍の死亡者リストに入っていて今後いよいよろくでもない目にあいそうな雰囲気。
 あと生徒会眼鏡のアレについてはコメントを差し控えさせていただきます。


2007/01/06
■そういうわけで今日は出勤日でしたが今日の私は割と気分がよくて活力もそれなりなので今なら素手でバナナに釘が打てるくらいの気分ですよ。

■コトブキヤがR-2をキット化するそうです(参考:コトブキヤ通販)。R-1は1/144なのにR-2はノンスケールなのが少し気になりますが、こういう箱っぽい重ロボは好物なので楽しみ。

■DHM誌限定の武装神姫1弾リペイントVer.は受注生産なので期限までに申し込めば買えるはず・・・だけど、電撃屋.comの方(このページのちょっと下の方参照)には受注期間とかその辺の表記がないのが不安な昨今。

■年末にギャラクシーエンジェる〜んの最終話を見ましたが、一発ネタのはずの合体ロボのCG作画が本来ロボがメインのはずのスパロボよりしっかりしていて、しかもその一方でキャラ作画がハイレベルに崩壊していてリソースの配分が明らかに間違っていると思った。
 あとシリーズ通して話の前提が旧作並みに壊れている割に半端にブレーキをかけたような展開になるのがどっちつかずでどうにもこうにも、という印象。

■ボンボンの横井SD漫画復刻本ですが、武者、騎士、コマンドの各エピソードはそれぞれ初期シリーズ(天下統一編、ジークジオン編、対フューラーザタリオン戦まで)に限定して収録されているので、それより後のエピソードをまとめた2冊目が出る可能性もあるかも。
 選り抜き形式ということでスカスカになっているのではないかという危惧もあったのですが、割とまとまった編集になっていてよかったですよ。

■ハチワンダイバーの1巻を購入。奨励会くずれで自負心の強い将棋指しの主人公が惨敗し、さらなる高みを目指すために泥をすすって再起するという熱くて重い話のはずが、最初に主人公に圧勝した相手が普段は出張メイドをしているという妙な展開のせいで何だかよくわからないことになっています。絵柄は萌えとは無縁でメイドの人もガタイがよくて殴り合いになったら勝てる気がしませんが、これはこれでアリだと思いました。
 あと特に将棋の専門知識は要求されないというかそもそも試合の展開を具体的にはほとんど説明していないという豪快さなので間口は広いです。


2007/01/07
■そういえば今年はまだ初詣行ってなかったな、それを兼ねて散歩でも行くか、でも何か今日えらい寒いな。とか思って窓から外を見たら世間一般で言う吹雪に近い状態でした。うおう。

■セイントオクトーバーを視聴。要約すると「王子様コスプレの変態社長に無理難題をふっかけられたサラリーマンが時間外労働の果てに出くわした変な幼女にボコられたうえに最後は逮捕されてしまう」という救いも何もあったもんではない話でした(仮)。
 というか丸っこいキャラデザの変身ヒロイン3人編成なので第一印象が赤ずきんと被っているにも程があるのですがコナミは何を考えて・・・と思ったけどメカ娘と武装神姫とスカイガールズを同時期に展開してしかも全く連携しないのがコナミですか。

 あと具体的な根拠は全くないのですが、この番組に百合を期待するのは無理筋だと私は判断しました。


2007/01/08
■今朝の朝日新聞の1面を見て何ともいわく言いがたい気分になったよ。いや、本文のバランスとしてはオマケ扱いのネタをでっかく写真に持ってくるあたりには素で朝日的悪意を感じますが、使用されている物件のラインナップ、特にデフォルトでは裸眼の私服委員長に自前で眼鏡を追加してある辺りに安易なやらせ写真にはない生々しさを感じた次第。
 追記:でもあれよく見たらコトブキヤ1/8読子さんに2種4個も付属している眼鏡の余りを使い回しただけか。

■web拍手レスです。
 >久しぶりの「小説」堪能させていただきました。
 >風はいつのまにか外れてたのですね。
 > あと、雑記で小説の更新が言及されていないのは…

 お読みいただきどうもです。そういうわけでこっそり更新していました。雑記で言及しなかったのは一応ページの上の更新履歴に書いてあるからいいか、というのと、あとはその、微妙な心情のうつろいとか色々とあったわけですよ。七草粥の具って半分くらい雑草じゃないのか、とかそういう←全然関係ないし。
 以前は「小説風」だったわけですが言い訳がましいのもどうかと思って去年頃に外したわけですが、でも初期の「コロッケ」辺りは素で小説なのかどうか判断しかねるアレ加減だったので開設当時としてはあの名前で妥当だったのか、とか後で思いました。

■ゼノエミッションE3の委託が開始されていて、とりあえずとらのあな通販には今日付けで登録されていたのでさっさと注文しておきました。なお、イベントで数量限定だった3冊収納できるボックスは委託分には一切付属しないとのこと。ちょっとだけ期待していたのですが残念。

■あと年末に発売がずれ込んであみあみの荷物発送がぎりぎりになったとかいう話をしたプライズフィギュアの写真を貼っておきます。

 プライズにしてはグラデ塗装までしてあって無闇に出来がいいですが、プライズフィギュアは製品がサンプルから大幅に劣化することも多いので予約で買うのは基本的にバクチですよ・・・。


2007/01/09
■結局初詣は休みのうちに済ませましたが、祭壇の奉納品が並んでいるスペースの前列中央に年季の入った三毛猫が丸まって毛づくろいをしていて鈴を鳴らそうが拍手を打とうが完全無視で堂々と毛づくろい続行なので「あなたが神か?」とか思いました。というかカメラ持って行けばよかった。
 あと例の朝日の写真ですが、うちにはエア・ギアのりんご(メガハウス)とRODのミー姉(ユージンSR)は無いし、読子さんのユージン版もうちにあるのはボックス版ではなくカプセル版のカバンが無い方だけなので無理です>th氏(私信)。なお、あの写真1枚でメーカー名まで含めて特定する程度のことは呼吸をするくらい簡単なのです。いや本当に一発でわかって正直ちょっとげんなりです。

■HK-DMZさんからの孫引きですが、声優による日本昔話朗読CDが発売されるそうです。女性陣2人はどうでもいいので(←おい)若本分だけシングルカットして売ってほしいと思いました。というかとらのあなあたりで普通に売っていたら勢いで買ってしまいそうです。
 でも「かちかち山」のイラストサンプルのキャラが若本声で喋るのだと思うと何かこう、すごいと思った。

浅井真紀氏のサイトが移転されました。トップページに天獄3巻の特典とおぼしき可動フィギュアの写真が1点だけ掲載されていますが、見た感じ可動軸が大幅に増えているっぽい。

■ドラクエ5は2周目をクリアしてエスタークを倒してすごろく場で破壊の鉄球を購入したらいよいよすることが無くなったのでぼちぼち終了します。でもエスタークはレベル99でも油断すると死ねるね。というか「いてつくはどう」でフバーハ無効化→同ターンの2回目の行動で輝く息or灼熱炎のコンボを連発されてレベル99スラりんが死にました。

■かなり今更ですが中里一氏の「1492」の有料版をダウンロード購入して読了しました。というか気がついたら書籍版が売り切れていて選択の余地が無くなっていたわけですが。
 内容についての具体的な言及は避けますが、とりあえずホメロスがオデュッセイアでデウス・エクス・マキナがどかーん、という話でした(仮)。個人的には満足。あと作品紹介ページにアップされたもの以外のイラストが4点くらいあります。

■神無月の巫女2(←違う)を視聴。とりあえずナレーションの代わりにヒロインとおぼしき人のモノローグが頻繁に挿入されるのですが、この人はポエマーレベルが非常に高いのでモノローグを聞き流さずに全部内容を咀嚼するだけでもネタアニメとしては一級品です。
 問題のロボはロボというよりはスタンドというかアルターでした。神無月では最後まで本筋と親和せずに異物感を放射していましたが、今回は意外と馴染んでいる印象。あとバトルシーンはきびきびと派手に動き回っていて、ゼーガペインの1クール目とかスパロボあたりとは格が違う出来です。
 そういうわけで関西地区ではデスノートと時間帯が被っているのですが、私はこっちを見ることにしました。なお、真の主役こと千歌音さまは1話の時点では顔見せだけで台詞なし。


2007/01/10
■「魔女の呪いで死ぬまで幼女」(『百合星人おゆうぎうた』より)

■そういえば超合金魂ウォーカーギャリアは今週末発売でリボルテックのマグナスの中の人も週明けには発売ですが、私はこの2つとコトブキヤのR-1を一括発送にしているのでたぶん2週間くらいおあずけです。

■DHM誌限定の武装神姫1弾リペイントVer.は結局注文済ませました。2種類1個ずつ。でも髪型・表情違いの頭部とかブックレットはともかくジョイントパーツは普通に売ってほしいと思った。

■まなびストレートを視聴。私は最近になってようやく多少はスタッフクレジットの情報を読めるようになったのですが、これの企画と製作の組み合わせだと素人考えとしては「1話で全力投球して完全燃焼し2話以降は燃え尽きた灰のように推移、さらに予算は逼迫するしスケジュール管理は泥縄だしで状況は絶望的な消耗戦に至り、でもCDはうんざりするくらい沢山出る」というどす黒い未来予想図しか見えないのですが。
 で、中身についてですが、とりあえず髪の陰影とかほっぺたの赤みとかにグラデーションをかけた絵がそのまま動いている辺りに科学技術の進歩を感じました。1話については別にパラシュートで降下したりガンアクションを展開するような話ではなかったけど深夜枠の萌えアニメとしては直球で高水準なのではないかと思いつつ、でもあの小学生にしか見えないキャラデザが個人的にはネック。

■SEED-Dスペシャルエディションは今まで1回も見ていなくて、それも意図的に見なかったのでもなく毎回気がついたら放送が済んでいたわけですが、今回は放送前に気がついてしまったので録画して後半1時間だけハガキ作業のBGVにしました。で、やっぱりあのオチについての個人的印象は1年やそこらの冷却期間では特に変化しなかった、という話。
 あとエンディングの新規作画の見所は白服キラよりもバルトフェルドだと思いました。私的にはマリューに捨てられたうえに公的にもラクスに捨てられたっぽくてしょぼくれ加減が半端ではないです。それと評議会仕様のラクスは白い陣羽織的なパーツが削除されたうえにインナーの黒服がロングドレス化したせいで偏見を抜きにしても「悪の女幹部」っぽい気が。


2007/01/11
■歴戦のスーパー傭兵が行く先々で紛争を解決し最終話では世界平和を達成する連続ドラマ「傭兵の品格」という企画を思いついたのですがどうか←知らんがな。

■前に言っていた「ちょこパフェ」1巻がビーケーワンから届きましたが、古本屋に持って行ったら確実に査定が落ちそうな状態の初版が届いたので別に重版がかかったわけではないようです。

■帰りに梅田のヨドバシに寄ってみたら武装神姫の3弾が1割引から18%引になっていましたが、それはスルーしてBB戦士の時防流覇利丸を買って帰りました。あと他のヨドでは値下げもあったという噂のTFキスぷれオートルーパーはレジ前に積んでありましたが、まだ1割引。

■ホビーショップミドリその他にバンダイのプラモデル2月の新作がアップされていますが、Hi-νのシールドはカラーリングのパターンに合わせてパーツを分割してしまうという豪快な仕様だとか。

■関西地区の深夜枠で再放送していた「海のトリトン」の最終回を視聴。小学生の頃に再放送で通して見たこともあるのですがエンディングが実写だった件以外はあまり覚えていないのですが、やっぱりこのオチは凶悪で生臭くて非常によろしいと思いました。

■「最後の制服」3巻と「青い花」2巻を読了。どちらも直球のストロングスタイルで恋愛をやっていて登場人物の何割かは報われなかったりもするし儚いとか切ないとかそういう話なので感想を書こうとすると照れが入ってきて平静ではいられないのでした。

■PS2版SDガンダムフォースが中古で1180円とかいう捨て値だったのを見つけたので保護しましたが、これが意外と拾い物でした。イベントはフルボイスだしBGMも原作の楽曲だし元々CGアニメだったのでポリゴンでも違和感はないしでキャラゲーとしては蝶ステキな出来です。シナリオと敵キャラは原作無視でT様とかコマンダーとか騎馬王丸とか全然出てこないし、操作キャラはフォームチェンジ可能だけど原作のハイパーキャプテンとか爆心丸とかはやっぱり出てこないけどその辺は原作放送中に発売されたせいなので仕方ないさ。
 ただ、序盤からザコをきっちり狩って操作キャラを育てておかないと最終面で詰まるとかいう噂もあるのでACTが下手な私としては不安が山積みです。


2007/01/12
■コードギアスの録画を失敗しました。あと帰りに買い物をするつもりだったのが札入れを家に忘れていて銀行のカードもそっちに入れていました。で、小銭を700円ほど持っていたのでとりあえずDPSだけは買えたぜー、とか思っていたら本誌に挟んであった電撃4コマの表紙が何故かシワシワのベコベコになっていました。そういうわけで今日は勝ち負けで言うと負けの日だったよ。

■PS2版SDガンダムフォースはジャミング体を2回倒してようやく最初の追加フォームを獲得したのでこれを育てつつ他のフォームも集めるのぜー、とか思ってわざと敵をパワーアップさせてから倒したりしていたらステージクリア前にビグザムに乱入されてボコボコにされて稼いだ分が全部消えたのでPS2の電源を落としてしてフテ寝しました。子供かよ。
 難易度は3段階から選べますが、最低にしてもACT下手な私には油断していると速攻で死ねるレベルなので子供向けだからといって手加減はしない方針のようです。あとステージ途中でやられるとそれまでの稼ぎは還元されないとか(基本的に1ステージは3エリア構成、ただしエリア間にランダムでビグザム乱入あり)、敵を倒すと出現するHP回復アイテムは一定の数を集めないと効果が出ないうえに効果をストックして後で使うこともできないとか、携行可能なアイテムは1ステージにつきランダムで1個だけ入手可能(ステージクリア時に一定以上のスコアが必要)かつ使うと消滅するとか、ガードのタイミングがシビアで単にダメージを回避するのが目的なら歩いて攻撃をかわした方がまだマシとか(ガードを成功させると必殺技のゲージが溜まりやすいので、主な用途はそっち)、オートロックオン機能付きだけど余程育っていない限りはこまめに手動でロック対象を切り替えないと敵に囲まれるとか、システム周りも地味にハイレベルなことを要求してくるよ。
 もっとも「オバケのQ太郎ワンワンパニック」みたいな理不尽な鉄壁ぶりではないので、練習すればある程度は何とかなると思いますが。

■武装錬金を視聴。相変わらず展開が早いですが、今週はエナジードレインで消耗したり原付に乗ったり水着だったりで斗貴子さんアワーでした。それにしてもあの水着ってあんなにハイレグだったっけか、と単行本を確認してみたらやっぱりあんな感じだったので原作を読んでいた当時はその辺には目が行っていなかったのか、などと思いつつ、ところでここ数年足らずでローレグという概念がずいぶんと普及したなあ、とか。いや普及って言っても二次元限定ですが。
 あと原作で地味に謎だった、ブラボーがシルバースキン・ATでどうやってムーンフェイスを倒したのか、という件の描写があったのは個人的にはよかったよ。

 それと、年明けからの新EDは蝶ステキ仕様でした。

■銀魂を視聴。年明けの初手から直球で下ネタをぶちかましたのもアレでしたが、新ED曲のCMのぶっちゃけ加減が本編以上にナニでした。


2007/01/13
■本日の孫引きネタ:ルー語変換ジェネレータ。あらゆるテキストを無駄にカタカナ混じりのくどい文章に変換してくれます。

■昨日財布を忘れて買い物が出来なかった欲求不満を晴らすべく大阪まで出かけました。で、とらで玄鉄絢氏の冬コミ新刊でも買うべ、とか思っていたのですが、1月中は梅田店の開店時間が全曜日12時からになるという告知を見ていたのにすっかり忘れて10時頃に到着してまた黒星が増えたのでした。うう。
 で、ヨドバシ梅田でBB戦士の武王頑駄無と、あとムシャ戦記のアイテムのうちデスサイズ以外全種を一気にどーんとヤケ買い(合計2500円くらい)。というかデスサイズだけ売っていません。ホビーショップミドリでもデスサイズだけ在庫切れだし。
 あと超合金魂ウォーカーギャリアは山積みでしたが、例によってあみあみで予約済みなので見なかったことにして帰りました。


2007/01/14
■ガンダム占いではMS-06Eザク強行偵察型というやたら地味でマイナーな機体が当たったわたくしですが、適正ザク診断ではザクキャノンでした。シロッコにいらない子扱いされます。

■web拍手のレスです。
 >るー語変換とは火星語に変換してくれるのかと思いました 
 竹本泉ファンとしては、ToHeart2発売からしばらくは関係ない文章に反応してしまったものです。あとあの火星人の眼の形状がいまだに把握できません。るー。
 >怒貫丸、赤い成型色の上に塗られた黄色も奇麗に塗れてますね。
 どちらかといえば赤よりも緑とか黒の上に黄色を乗せる方が手間ですが、最近は白とか黄色とかはガイアカラーのピュアホワイトを1回塗ってから乗せています。以前使っていたクレオスのベースホワイトより調子がいい・・・ような気がします。
 あとガイアカラーは金色の隠ぺい力が鬼のように高くて便利。

■とらで注文したゼノエミッションE3は5日後に発送されて今日届きました。けっこう本気で「放置→品切れ通知」の流れを心配していたので一安心です。

■今日の写真ネタ、まずはコトブキヤ・ワンコイングランデの青の騎士ベルゼルガ物語2章。1弾からシリーズ化する気があまり無さそうな全力のラインナップだったので2弾は結果的に残り物編成なわけですが、オクトバに加えてシークレット枠でライジングトータスまで入っているとなれば個人的には回避不可能なのでノーマルVer.の開封セットを購入。

 左からレグジオネータ、オクトバ、ライジングトータス。

 左からウォリアー1、カラミティドッグ・グリーンバージョン、ベルゼルガ・スーパーエクスキュージョン。 

 2弾のベルゼルガBTS2を1弾初版の初代ベルゼルガBTS(写真下)と比べると、全体にウェザリングが濃くなっているというかスミ入れのふき取りが甘いというか、何か薄汚れた感じになっています。あとBTS2はパーツの組み立て精度がかなりいい加減で接着箇所がもげたり足裏がちゃんと接地しなかったりします(個体差かもしれませんが、接地については他でも同様の報告あり)。
 2弾はアイテム間の品質の差が激しくてBTS2は一番アレな部類で、レグジオネータとかオクトバは1弾と並べても違和感のない仕上がりです。あと元々スケール統一は厳密ではなかったようですが、2弾のライジングトータスは明らかに大きすぎるような・・・。
 個人的にはこの値段でオクトバとライジングが手に入っただけでも割と満足ですが。


2007/01/15
■P3フェスの胴体に追加パーツの付いたアイギスさんを見て劇場版P2のイングラム(ジャケットアーマー装備)を連想しました。あと通常版とアペンド版の価格差は、通常版をさっさと売り払った方が明らかに得だった、という程でもないからまあいいか、とか。

■リボルテックはマグナスだけ買うつもりでしたが、メガトロンの発売が告知されたので赤コンボイも押さえておこうと思ってヨドで買ってきました。今日の時点ではマグナスも普通に積んであって拍子抜けですが。頭が小さい割に首が太長い気もしますが、メタリック塗装がきれいで顔もサイズの割にちゃんとした出来なのでこの価格帯のフィギュアとしてはいい出来だと思います。
 GR-1も気になっているので次に行ったときに残っていれば買うつもりですが、通販だとおおむねコンボイより品薄ムードな割にアマゾンではコンボイより安かったりで売れているのか違うのかよくわかりません。

■SDガンダムフォースが前半の山場に向かっているバンダイキッズチャンネルですが、何故かそのキッズ枠であずまんが大王を配信するそうです。色々とよくわからないチョイスですが。
 あとGyaOで昨日から配信開始のガンソード1話を見てみました。話は面白かったけど戦闘シーンは画面が暗くて解像度を低い方にすると何が何だかよくわからなくて残念。

■ちょっと前に話題にした昔話朗読CDですが、とらのあなに紹介ページが出たので店頭に入荷しそうです。・・・いや、3人分で3000円じゃなく若本だけ1000円なら即決で見敵必殺なのですが。
 あとCDつながりで、某所で「おしかりCD」の一部を聴いたのですが予想以上に効きました。やはり声優の演技力は伊達ではないです。繰り返して聴くと余計な性癖が開発されそうです。

■ビーケーワンからまた3000円以上の買い物で300円引きのクーポンが来ました。どうも先月の購入実績によって自動的に発行されているっぽいです。

■古橋秀之氏のデモンベイン小説を買って、でも原作は未見なので積んであったわけですが、原作を買う目処も立たないまま3冊になったのであきらめて小説だけ読むことにして正月で読了しました。密度が高くて無茶なネタもきれいに埋め込んであって面白かったよ。特に3冊目(短編集)は全編通してドクター・ウェストとかいうテンションが高くて頭がおかしいナイスガイが大暴れですが、ボケ倒しつつもきれいに落としています。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system