雑記 2007年4月前半分

2007/04/01
■あー、えーと、豆腐の角に頭をぶつけたら脳挫傷で入院しました。とかこんな感じで。あとアカイイト関連は今年はやらないと言っていたのが嘘でした。

■荷物の玩具類が山ほど届いたわけですが、とりあえず超合金魂イデオンを。

 箱もダンクーガとかガンバスターと比べて特に大きいわけでもないし、開封しても重量はともかく(Cメカは異様に重くて誇張でも何でもなく凶器になりそうです)大きさはそう極端でもない・・・と一瞬思ったのですが、何しろAメカとCメカは合体状態からパーツを縮めたり折りたたんだりした状態なわけでして、

 合体させるとえらい大きさに。いや、ガンプラの1/60よりは小さいのですが、合金使用率がけっこう高くて重量感が凄いというか普通に重いです。

 バッフクランの機動メカが色々付属するので巨大感を演出できます。

 波動ガンは発光ギミック付き。手指の保持力が弱いので、支柱を使わないと構えられませんが。

 イデオンソードは長すぎてまともに写真が撮れません。

 ちょっとわかりにくいですが、眼の奥にはスリット状のモールドが入っていて、光線の具合によっては劇中の眼に走査線が入っているみたいな感じに見えないこともないです。

 個々のパーツの変形は元の設定が嘘だらけなせいで複雑怪奇ですが、分離合体は割とスムーズですし変形させるだけなら余剰パーツは発生しないしで、割とストレスなくがしがし遊べます。スペースの占有も半端ではないので私は一通り動かしてからイデオン本体以外の付属品は全部箱に戻しましたが。

■購入物件は他にも色々ありますが、今日はこの辺で逃げます。


2007/04/02
■10年くらい前に買ったSFCのゲームのサントラCD(MOTHER2とオウガバトルとFF5とFF6)を思いつきで聴いております。あー、ビッグブリッヂとかファルコン号のBGMは今聴いてもぞくぞくするぜー。
 でもこういうことをするとそのゲームをやりたくなるわけですが、バックアップの電池とかの問題以前にそもそも遊ぶ時間がないのでした。

■アマゾンさんからヘルシングOVA3巻の入金番号が届いたよ。ちゃんと出るようで何よりです。で、今日入金したので順当に行くと届くのは水曜以降か。

■ARIA10巻通常版を購入。本編で全く出番がないキャラを表紙に持ってくるという荒技をかましていますが、それはそれとしてグランマの身長の縮みっぷりは作者自身も不自然だとは思っておられたようです。

■週末はアニメやらをたくさん見てごっちゃになっておりますが、とりあえずゾフィー兄さんがさっさと出てきていればザムシャーは死なずに済んだような気がします。
 武装錬金最終話はきれいにまとまっていてよろしかったと思います。読み切りのアフターがものすごい圧縮でしたが。放送開始前は悪い予感しかしなかったけど、全体にちゃんとしていたなあ、とか。
 スパロボは関西地区ではまだ最終話が未放送ですが、前半にほとんどゲシュペンストしか出てこないような地味な話を低速展開していた割に終盤は明らかに尺が足りていない圧縮展開で、とりあえずラス前の回はゲームで言うとイベントだけ抜粋してダイジェストで見ているような感じで、ここまで脚本がまずいと違う意味で面白いという世界でした。あと何か人類の命運をかけた戦いとかをしている最中のはずなのにどいつもこいつもラブコメっているのも違う意味で面白かったです。
 電王は列車から脚が生えて何をする気かと思ったら列車で格闘戦をかますとは。あと死にかけのクマの人をグーでぶん殴るハナさんのツンデレっぷりは殺人的(文字通りの意味で)だと思った。
 グレンラガンも1話は面白かったので、プリキュア5を切るかどうか検討中。あとあの顔ロボはワタルの敵メカを思い出します。
 マイメロ3期は30分枠の1/3というか、どうもアニメ2本メインでピエールその他はおまけ扱いっぽいですが。マリーランドの話ということで人間キャラは降板かと思っていたら1話目から歌さんが大暴れでした。
 その流れではやてじゃない方のハヤテも見てみました。日曜午前にやるような番組かは疑問がありますが、普通にキャラクター文具のCMが入っていたのでスポンサー的には本気のようです。というか売れるのかアレ。あと若本を使えそうなキャラがいないからってナレーションでねじ込むのはどうかとかそろそろ他作品の台詞をそのまま流用しただけでギャグだと言い張るのは厳しくないかとか思うところは色々ありますし、つまらなくはないけど土曜深夜〜日曜は色々集中しすぎだしなあ、とか。
 一騎当千の第2期も視聴。基本的な方針は1期と同じようなアレのようですが、とりあえず劉備の総受臭がものすごいと思いました。あと孫策は1話ではほとんど出番がないし(一応顔は出ているけど台詞なし)エンディングは関羽を中心に蜀関係者でまとめているしで、関羽が主役にしか見えないのは仕様なのか。いや孫策より関羽の方が百合臭が2000倍くらい強いので個人的には好都合ですが←お前いつもソレなのな。


2007/04/03
■ひこにゃんはかわいいなあ。しまさこにゃんも何か便乗臭いけどあれはあれで。

ミドリさんにBB戦士関連の情報が出ています。武者番長のときは2ヶ月おきとかいう展開でしたが、三国伝は6月に一気に3体リリースというやけに本気っぽい展開です。これでコケたらいよいよBBも終わ・・・いやいやいや、とりあえず私は全部買いますよ。関羽だけ値崩れしそうな気もするけど後回しにしたりなんかしませんよ?

■アマゾンさんは昼までに入金してもたいてい翌日発送なのですが、何故かヘルシングOVA3巻は遅い時間に入金した割に即日発送になっていて、でも今日は日中自宅が留守なので受け取れなかったわけですが。

■関西地区の火曜深夜はアイドルマスターとなのはが重複しているわけですが、他にヒロイックエイジも入っていててんやわんやです。というか2話以降はてきとうに取捨選択して切る予定。
 今期の月曜はほとんど何もないのですが。あと関西地区では鬼太郎の放送は2週遅れの予定だとか。

 で、普段使っていないビデオデッキを持ち出したうえにKBS京都は共同アンテナの設定が変更になっていたので、その辺の調整で30分ほど浪費しました。はふう。

■スパイダーマン(TV版新作)を視聴。検索しても旧作と東映版と劇場版に埋もれて素性がよくわからないのですが、とりあえずKBS京都の深夜枠で今週から放送しています。ピーターは既にスパイダーマンになった後でまだ世間的に正義のヒーローとして認知されてはいない、という時期の話のようで、劇場版と比べるとピーターがちょっと陽気になっていますが割とまっとうに主人公が悩みつつヒーローになろうとする話をしている感じでした。1話から何の説明もなくピーターがスパイダーマンになっていたりMJとラブラブだったりで背景設定を知らないと話に入りにくい気もしますが、スーツのデザインも劇場版準拠だし、あっちを先に見ているのが前提っぽい。
 で、作画が完全に3DCGですが人物の顔も特に不自然ではないですし(かなり濃い目のアメリカン風味ですが)、止め絵だと安っぽく見えそうですがアクションシーンはスパイディが高速で立体的にびょんびょん動き回っていて面白かったですよ。

■キミキス漫画版1巻をちょっと前に読了。年上属性があるならとりあえず行っておいていいのではないかと思いました。ヒロインが元・眼鏡という設定なのが眼鏡ウェルカム派としては非常に遺憾ですが、その辺は作者じゃなく原作ゲーム製作者の罪なので仕方ありません。というかそれは罪なのか。
 それにしても百合要素が皆無のラブコメ漫画とか買って読むのは割と久しぶり・・・とか思っていたら巻末のおまけ短編が何か妙なことに。


2007/04/04
■リボルテックの量産機限定版(武器付き)とクロを予約して、量産機(羽根付き)と井上トロについてはそもそも購入予定も未定という、そういう人間なんですよ私は。

バンダイホビーサイトの出荷予定が更新されて、ブルー2号機とBBヴェルデが両方今週だったりMGザクとHGアッガイも同日予定だったり。

ミドリさんに6月のBB再販ラインナップも出ております(このページ参照)。何か前回の再販と重複が多くて、店頭で普通に余っている物件(天零とか飛閃とか黒龍とか黒龍とか、あと黒龍とか)も入っていたり相変わらず○伝は闘我だけハブられていたりするのがアレですが、とりあえず二代目大将軍と白龍とデスサイズは欲しいなあ、とか。
 で、6月の三国伝第1陣がNo.300〜302で確定してとりあえずBBが300直前で打ち切りという事態が回避されつつ300番は何になるのかという謎もあっさり解明されたわけですが、No.295のブルデュエルが5月予定で残り4個分が空白という新たな謎が。個人的には「296〜299は300より後で発売する」という夢も希望も無い説が一番ありそうな気がします。

 あとバンダイの他の新作情報も来ていて、1/20スコープドッグの「B社」はバンダイで確定。パーツ構成はガンプラとはちょっと違う感じみたいで楽しみです。定価4000円と非ガンダムの大型キットにしては抑えた値段なのも安心ですが(RSCとかラウンドムーバーとかが出たら5000円超えそうですが)、通常版の他に受注限定で倍近い値段のスペシャルVer.(仮)が出るとか。
 HCMPの1/144サイズのRX-78も気になりますが、定価7000円か・・・。

■ヘルシングOVA3巻は無事到着。可及的速やかに視聴します。

■アイドルマスターを視聴。隕石を処理するために地下鉄と高速道路をレール代わりにしてロボを打ち上げてパンチで破砕、というどう考えても無駄の多い方法は個人的には割とウェルカムです。喋ったりはしないけど勝手に起動してパイロットを保護するロボとかも割と好物です。登場人物の男女比率が異様に女性寄りなのも露骨にやおい臭いロボアニメよりは好都合です。そういうわけで個人的には割と好みでした。ロボの作画も悪くなかったし。


2007/04/05
■電子制御の加熱調理器具とか、あとリモコン付き暖房器具とかは製造時期によってはノイズで誤作動して火災の原因になる可能性があるので気をつけた方がいいらしいよ。などとあやふやな情報を。

■ヘルシングOVA3巻を通常音声で1回視聴。南米の対トバルカイン戦までです。意外と細かい部分のアレンジが多いですが、違和感はないしよろしい感じでした。あと相変わらずおっさん共の声が渋いよ。
 ライナーによると4巻に例の演説が入るそうですが、まだ全文をノーカットで入れるかどうかは検討中だとか。ところで大塚芳忠の読みは「ほうちゅう」だということを今日知りました(※本名は同じ表記で「よしただ」)。

■スパロボの最終話を視聴。とりあえず動きとか演出はシリーズを通して明確にレベルが上がっているように思いました。前半が「ゲシュペンストが立ち止まって片手でマシンガンを撃つだけ」のシーンを毎週やるとかいうアレなので、半年かけてまともなレベルまで回復しただけのような気がしないでもないですが。
 対ビアン戦でやったのと同じ「連続攻撃でボス敵のバリア突破」展開が前回の間延び感を払拭していい感じになっていたり、展開を圧縮したぶつ切り感も先週よりはマシで、割と面白かったです。
 あとレビからの人類への降伏勧告に対してゼンガーが勝手に速攻で「断る」と返答したうえに他のメンバーは特にそれに同意する発言をしていない(いや、降伏する気は無かっただろうけど)あたりは突っ込みどころですか。

 で、関西地区ではこれの枠にギガンティックフォーミュラが入るので、やっぱり1週遅れです。というか今期は異様にロボが多いけどこれは何かの凶兆ですか。

■初恋クレイジー(東方の同人)を購入。1050円で212ページ+2色カバー付きとか費用対効果が無闇に高いです。で、要約すると百合です。読んでいて悶えつつ床の上を転がり回りたくなるくらい百合です。

■BASARA2継続中。まつのストーリーモードが利家に負けず劣らずな壊れっぷりで最高です。エンディングは半分くらい紙芝居でしたが。あとまつは性能が異常です。能力値に目立った穴がないし主武器がナギナタで通常技で側面・背面までフォローできるうえに固有技の性能が半端ではないです。というか太郎丸が鬼のように強いです。横幅の広い飛び道具で、発動前に隙があるものの一旦出してしまえば敵の銃弾・矢を打ち消して一方的に攻撃できるという鬼っぷりです。丸太も金棒もアウトレンジから封殺できるし接近戦に有効な技も別に持っていてまさに万能です。単純に数値が高い忠勝を別枠とすれば普通に最強じゃないのかこの人。
 まつの専用アイテムは入手条件が異様にシビアで、時間制限がタイトなので難易度「ふつう」で韋駄天とからくり殺しと下克上を装備して移動・戦闘時間を削ったうえでアイテムの回収もあきらめて敵の吹き飛ばし攻撃は全部回避もしくは受け身で対処してようやく間に合うかどうか、というぎりぎり加減でした。
 でもその専用アイテムはノーリスクで動物呼び出し技の威力上乗せ効果で、実際使ってみたら只でさえ強力な固有技がさらに凶悪になってもう手がつけられません。


2007/04/06
■春休みなので電車で行楽っぽい人を見かけるわけですが、とりあえず混雑した車内で都こんぶを開封するのは意外と破壊力があるという話。

■web拍手のレスです。
 >8年目突入ですね。これからも頑張ってください。
 どうもありがとうございます。とりあえず現状維持を目標に頑張りますよ。
 ところで7周年だった件は素で忘れていたのですが、雑記のログを読んでみたらおととしも去年も当日には気がついていなかった(というか去年はその後も数ヶ月忘れたまま)という事実が判明して、自分でもちょっとどうかと思った。

■帰りはヨドバシ梅田に寄ってブルー2号機とBBヴェルデを確保。店によってはブルーしか入荷していないという噂もありましたが、ヨドにはヴェルデもそこそこ積んでありました。あと∀再販が補充されていたのでカプルを1個追加購入。他にGジェネ系BB戦士再販(νガンダムとか)も並んでいました。

■鉄道むすめExpressを箱で購入。1〜3弾までのアイテムのリニューアル版で、とりあえず2弾以降と比べると出来がアレな1弾キャラの造形は元バージョンよりよくなっているように思います。
 基本的にノーマル6種+バリエーション(コスチューム・付属品等変更)4種で1BOX8個入り(ノーマル6種1セット+バリエーションのうち2種)、3弾からシークレット(これもノーマルの一部仕様変更)が1つ追加されましたが、今回のシークレットは3弾と違ってノーマル6種とは完全に違う造形になっています(設定上はノーマル枠に入っているキャラと同一人物の服装違いですが)。
 3弾のシークレットの封入率はバリエーションと同じかそれ以下のようで、とりあえず私が買った箱には入っていませんでしたが、そっちはともかく今度のは実質新規造形なので入っていないと痛いなあ、とか思っていたらちゃんと入っていて、でもよく見たら脚のパーツが2つとも左脚だったよ。うおう。
 で、トミーテックのサポート受付は電話のみで平日日中限定(12〜1時は休み)なので仕事を抜けて電話するしかないうえに、そもそも電話が全然つながらないのですが。・・・郵便での問い合わせも可能らしいのでそっちを試すしかないか(※メール非対応)。

 あと3弾にはQRコードがついていて携帯用の待ち受けをダウンロードできましたが、今回はそういうのは無いようです。

■銀魂を視聴。オープニングが背景しか映さない超省力作画+打ち切り回避に関するぶっちゃけにも程があるトークで、その後もぐだぐだに飛ばしまくった挙句に最後は中の人が出てきてシメという2年目第1回からある意味全力でした。すげー。
 それにしてもガンダムとかプリキュアはともかく「世界の料理ショー」かよ。

■名前が長いコードギアスの後番組を視聴。MBS関連のアニメってどうしてこうやおい臭全開か地味で売れ線を外した作りかの二極化が激しいのか、とか思いました。
 1話だけでは話が見えないのでまだ何とも言えませんが、とりあえず女性キャラの平均年齢が高いのが個人的には眼福でした。


2007/04/07
■先日かなり久しぶりにジョフランのシュームリームを食べましたが非常に素晴らしいですな。味もいいけど80円であのボリュームは反則だと思うので、大阪府北部にお住いでパイシュー的でないやわらかめのシューがお好みな方におかれてはぜひ一度お試ししてみるとよいと思う次第です。
 ただ、なまじ単価が安いせいでボリュームが充分でもシュークリームだけ数個とか買うのはちょっと気が引けますが。3個買ってもケーキ1切れ分未満だよ。

SDガンダム更新。BB戦士久々の新作なので速攻でアップしてみました。

■プラモデルを組み立てつつヘルシング3巻のコメンタリーを視聴。1巻では脚本の人が徹夜明け+缶ビールで妙なテンションになっていたし2巻ではヒラコー先生がサービス精神を大発揮して飛ばしまくっていましたが、3巻は相対的にかなり落ち着いたトークでした。

(※ここにあったコトブキヤの1/144 R-2の記事は玩具・模型写真に移動しました。)

■あとヘルシングOVA3巻初回版付属のアンデルセン。

 眼鏡はエッチング、銃剣は硬質樹脂製です。下半身はありませんが、頭や腕の大きさはだいたいSICと同じくらい。


2007/04/08
■らきすたの番宣は、とりあえずインパクトに関してだけは相当なものだと思いました。問題はあれを見ても番組の内容が1ミリもわからないことですが。

■桃華月憚を視聴。スタッフがヤミ帽と同じだとかですが、話の流れがややこしかったアレよりもさらに難解というか話の筋を理解させる気がなさそうなつくりで、他人が見た夢の話を再現VTR付きで聞かされるような感じでした。つまらなくはないけど。あと今回も百合になるのかどうかは1話の時点では判断しかねます。

(※ここにあったHG-UC1/144ブルーディスティニー2号機の記事は玩具・模型写真に移動しました。)

■写真ネタ、SOTAのストリートファイター ベストオブシリーズの豪鬼とリュウ。4月予定だったのが結局3月末あたりから出荷されていたわけですが。
 例によって一部のパーツが癒着していたり関節の保持力にムラが大きかったりしますが、造形と可動範囲は良好。なお、顔と上着・帯、足首(リュウは裸足で豪鬼は草履)以外のパーツは使い回しのようです。

 豪鬼もリュウと体格が同じなので、他のと並べると割と小柄に見えます。

 座らせてみました。

 バトルシーンっぽく。リュウの肌色は豪鬼と同じなのでサガットより色黒です。

■あとネタが鮮度落ちになりそうなので、とりあえずメカ娘3のEL-02だけ貼っておきます。

 見てのとおり速攻で塗装をひっぺがしましたが、胴体の白と黒の塗り分けが3弾の中では突出して粗いというか普通にはみ出しまくっているので、黒い部分もきっちり残そうとせずに後で塗り直すつもりでどんどんはがしてしまった方が早いし仕上がりもきれいです。
 髪の塗膜が厚くて若干もっさりしているのがアレですが、商品化しただけでも僥倖。


2007/04/09
■あみあみのメールマガジンでBB三国伝がプッシュされていましたが、ところでHCMPの素ザクウォーリアが税別1500円で限定ミーアザクが2000円ってよく考えたらボッ(以下略)。

■昨日の夜はリモコンで映画2本を切り替えつつハガキ作業をしていたので印象がぐちゃぐちゃです。ヤギと狼がBLっぽくなっているのと同時進行で機銃掃射。

■あみあみに木製ガンダムが登録されていました。狂四郎がプラモの発売前にわざわざスクラッチしたガンダムMk-Uをぶっ壊したアレを思い出しつつ、仏師が手作りとかならこのアレンジより原作版のデザインの方が似合うのではないかと思ったりも。

■ヒロイックエイジは第一印象がやけにオリンシスですが中身はおおむね別物で一安心です。主役はロボじゃなく宇宙怪獣(仮)だけどな。
 藍蘭島を視聴。外界から完全に隔絶された孤島に男は1人だけ、という設定は呑気にラブコメをやっている場合では全然ない気がしますがその辺はお約束なので置いておくとして、テレ東の規制の有形無実っぷりは加速する一方だと思いました。ところでテレ東的にはさらしは下着に含まれないのか。
 グレンラガンは2話のオチのアレとかを見るに勢いで流すだけではないっぽいし、今後も期待できそう。あとヒロインの人がまっとうにヒロインなのも昨今では割と珍しい気がしつつ、同じ村の他の連中は地味な制服みたいなのを着ているのであのトンチキでご褒美なコスチュームの謎が深まる一方です。
 一騎当千を視聴。顔良・文醜とか于禁あたりと比べると胡車児はやけに扱いがいいなあ、とか。死んだっぽいですが。

 ところで鋼鉄神ジーグではミッチーが白髪になって再登場しているそうですが、公式サイトの設定画だと妙に眼光が鋭くてハニワ原人くらい生身で倒せそうなステキ老婆と化していて若い頃よりこっちの方がいいと思ったよ。

■ナハトイェーガーを購入して読了。主人公(女)が女子校で容姿端麗頭脳明晰かつ面倒見のいい同級生とか直球で百合な後輩とかに囲まれつつ、色々と普通ではない幼女に目をつけられる(百合的な意味で)という話でした。
 ジャンルとしては百合に入りますが踏み込みが甘いというか、続編も想定しているようなので今後進展があるものと思われますが。あと本文中で「百合」という語を使っているのに若干違和感があります。BLとかツンデレとかそういう属性を表わす語を作品内レベルでは普通あまり使わないだろう、と。
 そういうわけで百合作品としては不備もあるように思いますが、個人的には百合への意志は強いように感じたのでとりあえず続きが出たら読む予定。
 高飛車で世俗にうとくて意外とお茶目な人外幼女に振り回される主人公、という構図に何か感じるものがあるなら特に問題はないかと思います。個人的には幼女じゃない方が好ましいのですが、まあ。


2007/04/10
■色々あって仕事中に飲みかけのコーヒーを鼻から吹きました。どんな色々だよ。しばらく鼻の奥からコーヒーの匂いが抜けませんでした。

■ミドリさんで予約していたプライズの横井版SDフィギュアですが、13日入荷予定とのことです。

■本日はアカイイト設定本の重版発売日だったわけですが、どうも通販サイトは軒並み未入荷っぽいので帰りに梅田でとらとブックファーストを回って見事に空振りでした。・・・え? あと紀伊国屋の漫画専門店舗は入っているビルごと休業日。念のために地元の駅前も回りましたがやっぱり不発で、帰宅後に検索をかけて通販を総当りするも在庫があるショップはなくて(出版社直販にすらないよ・・・)、取り寄せ注文を受け付けているのも予約品以外の発送の遅さには定評のあるとらのあなとか評判に若干の不安がある楽天とかくらいしかないので(というか注文後にキャンセル可能なショップでは基本的に受け付けていないわけです)、保険としてとらに注文を入れておきました。最悪明日以降に在庫のあるショップを見つけてとらの注文も通ったら2冊買うことも覚悟しておくよ。はふう。
 ちなみにメーカー通販でサイン本を売る予定だそうですが(ほんまPのアレ参照)、それが普通に買える程度の競争率ならそもそもこんな事態にはなっていないと思うよ。

 追記:ほんまPブログによると出版社にはまだ在庫があるそうなので、さっさと注文すれば大丈夫・・・かも。大丈夫だよね? 大丈夫だといいなあ。

 あとずいぶん前に情報が出てから未定になっていた冬の巨人(古橋秀之)が通販だとぼちぼち入荷しているようですが、とりあえず今日の時点で店頭には無かったと思います。

■HK-DMZさんからの孫引きですが、世の中にはまだ開拓されていない奥深い境地があるのだなあ、という記事

■トップをねらえ2の漫画版を購入。要点をまとめるとノノ×ラルクです。というか原作2話までで話が終わっているのでそこが要点にならざるを得ないというか。

■らきすたを視聴。4コマ形式で延々とオタク寄りあるあるネタを繰り返すだけの異様にゆるい作風がある意味持ち味で個人的にも嫌いではないけどギャグが面白いかというと返答を保留させていただきたい、という感じの原作をどうアニメにする気かと思ったら、何か普通にゆるい会話を延々と続けるアニメでした。面白いと思ったけど何が面白いのかは名状しがたいです。
 OPはダンスで、ゲーマーズ限定のる〜ん仕様カバーがあてつけとしか思えなくなるくらい無闇に動きます。あとEDは平野綾がキョーダインを熱唱するよ。

 ところでハルヒに続いて今回もKBSとサンテレビが違う曜日にネットしているので野球延長トラップを食らっても1回は平気だぜ。というか原作で何度も野球中継延長をネタにしていたこれ自体のアニメも野球シーズンの深夜枠で放送というあたりにどうでもいい因縁を感じます。


2007/04/11
■本日の割と面倒臭い話題:ニューカレドニアのニッケル鉱山が数年前から環境的にも利権的にもややこしい情勢のようです。

■あみあみにTF劇場版のコンボイ・・・というか劇場版だと日本語版でもオプティマスですが、それの大きいのが昨日登録されていました(なお、「関連商品」アイコンがついていますが同時発売のアイテムは昨日の時点で未登録)。1人1限のうえに速攻で注文不能とかいうどこぞの超監督フィギュアみたいな有様ですが(今日の時点で予約枠は補充されています。上限は1個のままですが)。コンボイはサイズ違いのが別にあるから大きい方は出荷を絞るのかも(※憶測)。
 それにしてもコンテナも付属しないのに定価が最近のTVシリーズの主役コンボイより高いって、どれだけ本体が巨大なのか。

■昨日アカイイト設定本を探し回って空振ったついでにとらでらきすた4巻を購入しまして、特典として柊姉とピンク眼鏡のイラストカードのうち片方がもらえるわけですが、まあ眼鏡だよなあ、そりゃ、とか思っていたら見事に柊姉でした。ところでこの人と作者のファーストネームが同じなのは有栖川有栖みたいなものですか。
 あとFate/Zeroの2巻を念のために確保。まだ1巻を積んだままですが。移動中に読むにはちょっとかさばるのがなあ。挿絵あるのも気になるし。などと言いつつ積んだまま文庫の北方版水滸伝をもりもり読んでいます。相変わらずものすごく男臭いぜ。

 あとアカイイト本はとらに注文した分の状態が現在「集荷中・入荷待ち」です。

■既にアニメ新番が多すぎて把握しきれていないというか1話も見ずに切ってしまっている物件がけっこう多い昨今ですが、とりあえずアイドルマスターを視聴。悪役っぽい男が舞-HiMEのアレと別人とは思えないと思ったというかやっぱり実質的第3部という解釈でいいのかこれは。

■「笑う怪獣 ミステリ劇場」を読了。短編集でミステリで怪獣とか怪人とかが出てきます。この人は超能力とか人格転移装置とかの露骨に嘘臭い前提を立てつつその前提の範囲内で論理的にミステリをやる、という作風なので今回もそんな感じなのかというとそうだったりそうでもなかったりで、異常なモノが事件の核心に関わるミステリもあれば異常なモノが謎の構成要件にはなっていないミステリもあるし、このオチはどう考えても凶器攻撃だろ、みたいなのも混ざっていて幅広い内容になっています。
 あと、特撮方面へのオマージュみたいな要素は無いと思っておいた方が無難です。


2007/04/12
■超弩級Wikipedia検索で「休載」を検索すると検索結果の上位2件が「冨樫義博」と「海藍」でした。

■ほんまPブログでアオイシロのイベント絵が1日限定で公開されております。あと例のサイン本に関する話も少々。

■武装神姫の素体再販決定+肌色の新色が出るそうです(参考:コナミ通販)。

■北方版水滸伝を文庫の2巻まで読了。とりあえず儒教思想的な要素は削減傾向で、国家の建て直しに関して保守と革新が方法論の違いで対立するような感じになっていて、描写は少なめですが政府側の人間もそれなりに立てた展開になっています(高?は普通に小物悪党扱いですが)。
 で、3巻を地元の書店で買うついでに冬の巨人が入荷していないか見てみたらそもそも徳間デュアルを置いていなかったよ。

■購入済みのらきすた4巻を読みまして、以前の巻では新キャラの初登場エピソードよりそのキャラの設定紹介の方が前に配置されていたことがありましたが、今回はそもそも4巻までのどこに出番があったのか全く記憶にないキャラのプロフィールが紹介されていて混乱しました。あと利き腕の設定があるのですが、大半(10人以上)が左利きという驚愕の事実が判明。
 それと、個人的印象としては4巻で若干百合度が上がったというか強引に百合妄想をねじ込めないこともない余地がちょっと増えたように思いました。百合を期待して読むようなものではありませんが。
 ギャグ漫画としては相変わらずですが、「DSの紺色(エナメルネイビー)=スク水カラー」というネタが変にツボに入ってしまって自分が少し嫌になりました。

 ところでTV版1話前半の会話内容、チョココロネやシュークリームはともかく焼き鳥のくだりは女子高生という設定を素で無視しているような気が、とか思ったのですが、私が知らないだけで昨今の女子高生は普通に養老乃滝とか村さ来とか行って焼き鳥を食ったりするものだったりしますか。

■ウエルベールの物語を視聴。一瞬ウイユヴェールと何か関係があるのかと勘違いしましたが。狙いすぎでも外しすぎでもない落ち着いた感じなのが好ましく思いましたが、OPとEDが動画の使い回し連発なところに若干不安がないでもないです。
 あと、喋る豆戦車が出てくるよ。

■BASARA2継続中。資金稼ぎについては「あぶく銭の財布」(獲得資金5倍、ただし攻撃を受けてのけぞりまたはダウンが発生するとそれまでの獲得資金が1/2)と「大噴火」(真田幸村専用アイテム。被ダメージ上昇の代わりに常時戦極ドライブ状態=のけぞりが発生しない)を組み合わせて自由合戦で本願寺(獲得資金が高め。さらに仁王像と本願寺顕如以外には特殊攻撃を使う敵が存在せず、攻撃を受けずに進むのも比較的簡単)に行くと6分で2万両近く稼げて、これが一番簡単に稼げそうです。
 というか大噴火がないと財布は大して役に立ちません。何しろ対ボス戦で2回クリーンヒットをもらうと差し引きでマイナスですし。


2007/04/13
■Vガンダムのコンティオの名前の由来は逆読みだと聞いたのですが(注:ソースのない噂)。リーンの翼(アニメ版)の脇役のあんまりなネーミングの数々を見た後だとこのくらいやりかねないような気もします。コットウ・ヒンとかツッコ・ミーレルはまだしもカマ(以下略)。
 そういえば10年以上前にロマサガ2の七英雄の名前の由来にえらく衝撃を受けたりもしました。それにしてもゲーム開始から1000年以上経過しても武器の性能が上がるくらいで文明が全然進歩しないとか、主人公陣営の行動理念が素で帝国主義だとか、「ラピッドストリーム+クイックタイムでどんな敵でも完全封殺が可能」という救済策があるせいかラスボスの攻撃が理不尽に強力(というか手数が異様に多い)とか、突っ込みどころが多かったけど楽しかったよ。操作性はそれなりに改善されていたし。
 いや、ロマサガ1の全ての敵が一直線にこっちに突っ込んでくるダンジョンとかすぐに所持金がカンストする不便な通貨体系とか多発するバグとか「殺してでもうばいとる」とかも今ではいい思い出ですが。
 ちなみに私はガラハドを殺さなかったうえに偶然からオールドキャッスルと最後の試練の両方に行けましたが、「普通に店に並んでいたうえにあのガラハドごときの所持武器」という先入観のせいでアイスソードが最強の両手剣だということに気がつかなかったですよ。あとそのガラハドを加えるために一時的にゲラハさんを外したら二度と戻ってこなかったのもいい思い出・・・いや、あんまりよくないと思う。
 (※SFC版ロマサガ1では主人公に選択可能な8人以外のサブキャラは、基本的に一度パーティーから外すとその時点で消滅します。グレイ編初期メンバーみたいにイベントで自動的に離脱する場合は例外ですが)

■帰りはヨドバシ梅田に寄ってEXオッゴを確保。あとBB戦士のスペースに何故か筋肉ダルマこと剛破さんが入荷していたのでνガンダムHWSとSガンダム(Gジェネ版パッケージ)を買って帰りました。・・・剛破さんは?
 あとS-HCMPの1/144RX-78のやけに紙がしっかりしたチラシみたいなのが置いてあったので1枚貰ってきましたが、写真そのものは通販サイトに出ている分と同じような感じ。
 DPSも購入。まだ読んでいませんが、とりあえず4コマのゲーム部については続編のような気もする新連載が開始しています。

■鉄道むすめExpressのパーツ欠けの件で、電話がつながらなかったので問い合わせのハガキを月曜に投函したのですが、今日無事にパーツが届きました。ふう。
 あとミドリさんで予約したSDプライズは明日以降到着予定。

■ダーカー(以下略)を視聴。背景設定はぼかしたままですが、とりあえずどういう話なのかは見えてきたような気がしないでもないです。来週も(前編)なので2話完結が基本なのか。
 地味なりに面白いと思うというか、とりあえず課長のために当分はチェックしておく予定。


2007/04/14
■録画していたアニメを消化していて、ヒロイックエイジの2話の録画を忘れていたことに気がつきました。というか本数が多くて把握しきれていないので他にも何か忘れていそうな気がする昨今です。

SDガンダムを更新。先週に続いて新製品のプライズフィギュアです。あと履歴には書いていませんが、SD戦国伝のムシャガンダムに写真を追加しました。軽装と鎧台座の分。

■とりあえず電撃4コマ最新号について箇条書きで。
 ・祥人氏の新作のキャラにゲーム部と同一人物にしか見えない人がいるのですが、他人なのかアレは。
 ・H・製作所氏の漫画は次回予告とは全然違う内容に。
 ・家族ゲームもゲーム部と同じで登場人物がリアルタイムに加齢していますが、こっちは何年でも続けられそうな勢いだと思った。
 ・ベガスは破壊力が上がる一方で悶え死にしそうだぜ。

(※ここにあったEXモデル1/144オッゴの記事は玩具・模型写真に移動しました。)


2007/04/15
■昨日はミドリさんのBB再販予約に備えて午後からこまめにパソコンでチェックを入れていたのですが、荒鬼さんの瞬殺っぷりが物凄かったというかお手上げでした。行動範囲内でアソートを入荷しそうなのがヨドくらいなので、とりあえず安全策でデスサイズとか二代目大将軍とかいくつか注文しましたが。
 というかデスサイズはシリーズ中1人だけ去年までの再販でハブられていたから妥当として、この時期にどうして超将軍の中から荒鬼だけが選抜されたのかはかなり謎だよなあ、とか。

■web拍手のレスです。
 >ムシャの追加写真を見て、プライズのと並べたのが見たいなと思いつつ開いたら載ってて嬉しかったです。
 どうもです。というかプライズの比較写真を撮るついでに足りなかった写真も撮り足してしまえ、という感じでああなったのですが結果オーライですね。

■ヨドバシ梅田が年度明けなのに年度末よりはるかにネジが外れた投げ売りをしていると聞いたので、どのみちリボのメガトロンは近いうちに買いに行くんだし、ということで朝から出かけてきました。で、MGノワール1500円・1/100アカツキ2000円(発売から1ヶ月で3割引からさらに半額以下・・・)、ボトムズAGのジオラマセット01〜04各1000円(定価は4000円くらい)のうち未購入の3種、MIAヅダ1号機500円、あとメガトロン(これは新作なので普通に2割引)を購入。ヨドでこれだけ一度にドカ買いしたのは久しぶりですが、全部合わせても金額的にはDS1台の半分くらいにしかならないぜー。
 あとプラモデルのエルガイムとオージのコーティングVer.が平常価格の半額くらい、ボトムズAGのトレーラー(STTC付属のグレーの方)2000円、魂スペック・レイズナー4000円、MIAメタス500円、武装神姫の侍1000円と全体的に半額以下で品数も豊富な壮絶な投げ売りっぷりでした。なお、今回の特価は16日(明日)まで。
 ・・・いや、色々安く買えたのはうれしいけど、そのうちヨドが玩具の取り扱いを縮小するのではないかとか不安を感じる昨今です。

 ところでノワールとアカツキより先に発売してたっぷり積んであるHi-νはまだ一度も特価対象になっていませんが、余っているようで案外在庫は動いていたりするのでしょうか。
 あとメガトロンの帯によると、リボルテックの7月の新作のうち1つはディスヌフとのこと。もう1個は伏せられていて、6月予定の2種も通販サイト等で発表済みの井上トロがまだ伏せられています。

 それとWiiが入荷していましたが(私は開店10分後くらいに到着しましたが既に完売表示)、何かWiiの入った紙袋を20個くらい3人で運んでいる集団を見かけて、うん、まあ、別にいいんだけど、何だかなあ。とか思いました。

■で、とりあえず破壊大帝陛下の写真を1枚。

 この手のポーズが似合うアクションフィギュアは割と貴重だと思うよ。背中のキャノン(ガンモードの銃身)が固定なのがちょっと残念ですが、塗装の質感もいい感じです。

■あと、ちょっと前にヨドで買ったシルエットフォーミュラの1/100 F90Yクラスターガンダムを。なお、形式番号はF90VYと表記する設定もありますが、キットの記載ではVが付きません。

 同スケールのF91(旧キット)は1400円、ネオガンダムに至っては1700円もしますが、こいつは一応コアファイターも内蔵しているのに1200円です。妙に安いと思ったら、他のフォーミュラ系ガンダムやVガンダムの1/100キットで採用されている単一パーツの多色成形がクラスターだけ省略されて普通のいろプラになっているので、多分そのせい。
 キットはバックパック以外にはF90と同規格のハードポイントを搭載していて、装備の流用も可能なはずです。手元に他のキットがないので試していませんが。
 三角形や数字のマーキングはパーツにモールドされています。左肩の「90Y」もモールドに沿って塗装しました。

 武装はライフル、シールド、サーベル(クリアパーツ)の他にビームバズーカが2個付属。バズーカは腰のハードポイントに接続すると本体からエネルギーを直接供給してヴェスバーと同等の機能になるという設定です。同じ形状のバズーカをガンイージも使っていましたが、そんな特殊な武器だったのか。
 あとコアファイターは胴体内部に格納されますが、コアファイターを外してバックパックだけ装着しても見た目は全く同じです(合体時はバックパックはコアファイターではなく胴体と接続)。

 コアブースター。初代コアブースターと同様に、この形態への合体時にはコアファイターの主翼と尾翼を折り畳むようになっています。コアファイターは差し替えなしで変形可能ですが、ガンダム本体への合体時には一旦バックパックを取り外す必要があるので厳密には完全変形ではない、というか元々そういうデザインみたいです。

 F91(MG版)との比較。
 顔の造形にクセがあったり脚のラインがもっさりしていたりしますが、いろプラ+スナップフィット+ボールジョイントを含むポリパーツ採用で組みやすさや可動は意外と良好で、10年以上前のキットにしてはいい感じでしたよ。


 

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system