雑記 2007年5月前半分

 

2007/05/01
■個人的な話なのですが、うちの職場は基本的に完全週休2日=祝日がある週はその週の土曜日が出勤日になる(別の休日への振り替えは原則自由)という、まあ2日休めるだけマシといえばマシという仕様でして(盆と正月には別枠の休暇があります)、でも1週に祝日が2日以上ある場合2日目以降は代替なしで休業扱い+金曜日が祝日の場合のみ出勤日は発生しない、というややこしい例外措置もあって、その結果として今回の連休は珍しくカレンダー通りに休めて振替出勤不要です。
 ・・・ですが、問題なく休めるときに限って仕事がタイトなのはマーフィーさんのアレですか。

■最寄りのコンビニは食玩のスペースが減る一方だったのですが、結局ゲキエレファントは入荷しないっぽい・・・。あと帰りにスーパーを1軒覗いてみましたが、ゲキトージャは普通に在庫があってエレファントは皆無だったので未入荷なのか売り切れなのか判断しかねます。

■とかとかさんのトップページの下端に数日前から「あと○日」というカウントダウンが表示されていて一体何をやるのかと思っていたら、完全に予想外の展開でした。

■TV版らきすたの監督が来週から交代するそうです(参考:京アニ公式)。ところで「かがみはこなたに片思いしている」と強引に思い込んでしまうとあのステロタイプなツンデレっぷりがものすごく百合臭くなるのでそういうのが好きな人は試してみるといいよ。

■あみあみから色々到着。靴コンボイの箱が妙にコンパクトでした。で、セイバーさんはやけに破損やエラーの報告が多いので、まず両腕の関節をこわごわ動かしてみたら上腕のロールが妙に固いけど一応破損はなし、続いて両脚をバラしてLRの刻印を確認しましたが問題なかったので今回は良品が当たったようです。ふう。

 あと、あみ子さんのぬいぐるみがついに受注開始です。全高34センチと脅威のビッグサイズに腰が引けますが(いや、ぬいぐるみとしてはそんなに大きくないだろうけど)、割と安いし気になります。でも「通常版」と書いてあるのは後でバリエーションが出るということなのかしらん。
 それにしてもサイトのイラストだと服の構造がわかりにくかったけど、意外と地味なデザインなのな。

■P3フェス継続中。無印では「法王」のランク10解禁ペルソナ・コウリュウの合体材料に「節制」のランク10解禁ペルソナ・ビャッコが必要=コウリュウの作成には2つのコミュをランク10にする必要があったのですが、フェスでは節制の解禁ペルソナがユルングに変更されています(ビャッコは自由に作成可能に)。
 私は無印で節制をランク10にしたのですが、その場合も引き継ぎでちゃんとビャッコではなくユルングの作成キーアイテムを所持した状態になっています。

 あと私は平気でしたが、7月の満月イベント時にハイレグアーマーを装備しているとフリーズする場合があるらしいです(※未確認情報)。


2007/05/02
■みどりの日が5月4日になっていたことを昨日知りました。

■劇場版TF関連商品の規制が外れたようで、今日付けでe-HOBBYに写真がアップされたりアマゾンにも登録されたり。あとハズブロのサイト(http://www.hasbro.com/transformers/)にも海外版初期アイテムが写真付きで公開されています。バンブルビーの窓が国内版はクリアパーツで海外版は塗装処理という話なので、他も仕様が違ったりするのかも。
 CGに似ているかどうかはともかく全体に好みの造形ですが、スコルポノックのロボットモードは斬新というか何ですかアレは。

 ところで登場TFの名前のほとんどがG1初期からの引用なのに唐突にヘッドマスターのスコルポノックが混ざっている件については、「連作にするために初回でメガトロンと決着をつけるわけにはいかないから、代わりの中ボスとして抜擢された」という説が出ていましたが、玩具の価格帯は低めだしどうもボス格の扱いではないようで、でもメガトロンとプロトフォーム以外でビークルモードが実在のメカではないのはスコルポノックだけなので特別なキャラのような気もして、結論としてはよくわからないということですが。

■あみあみにはTF関連の新着はありませんでしたが、メガハウスのソシエさんが来ていました。やっぱり飛行服の方がよかったなあ、と思いつつ、公約通りに速攻で予約。

■アイドルマスターを視聴。インベルさんはあれで女性の好みがうるさいという話でした。あと、あやふやだった雪歩のポジションが定まる話。
 ところで真とデコはインベルの起動試験もしているのに春香と雪歩は本編中ネーブラに全く触っていないのは何故なのだろうか、とか。

■P3フェス継続中。いい加減防御力が不足気味なのでハイレグアーマーを外して普通の防具に変更しました。あとビーストタイツを装備させた場合も同じ台詞が出ますが、こっちは見た目が変わりません。超健康サンダルとかアミーゴポンチョとか虎皮の腹巻を装備させても何も言われないのですが、ビーストタイツのどこがそんなにまずいのかは謎です。
 それと、レベル20〜30くらいのペルソナで2回、属性見切りがスキル変化でハイグロウになりました。無印では前半でハイグロウが出たことはなかったので、変化のパターンも変わっているのかも。
 キルラッシュが混乱ブースタに変化とか明らかに劣化する場合もあるので、やっぱり重要なスキルは無闇に変化させない方がよさそうですが。


2007/05/33
■web拍手のレスです。
 >今日も5月1日だったことを今知りました。
 ぎゃーす。
 ・・・いやアレだよ、数値なんか只の目安であって足りない分は結城心一の委員長で補えばいいって言うじゃない。言わないか。そういうわけで日付けを加算しておきました。サービスで大盛り。

■高槻のジャスコへ買い物に。やっぱり食玩のゲキエレファントが売っていないというか角煮バズーカとハンマーも皆無なので、ひょっとして関西はまだ出荷していないとかですか。バンダイ公式だと4月下旬全国発売なのですが。
 あとゾイドのネオブロックスが全品半額以下の処分セール中でした。NBの初期アイテム6種は全部300円なのにそれを3個セットにしたバイトグリフォンとグランドラーゴが1200円でしたが。
 ソフビのモモタロスが残っていたら買うつもりでしたが見事に売り切れ。プラットフォームと猫師匠と黒いのは全部複数あったのに。

■トニーたけざきのガンダム漫画2巻を購入。模型の写真で漫画を作ってしまうというトンチキなネタですが、わざわざMGザクを10個組み立てたりしまいにはフル可動シャアとか赤鼻までフルスクラッチしてしまう無駄な労力を投入した逸品です。すげー。あとカトキハジメ氏描き下ろしの1/100シャア専用ボールの偽パッケージも収録。

■マギーペール1巻を購入。帯に百合とか書いてあって学園+魔法という、ちょっと前にトラップを仕掛けてくれた「暁色の潜伏魔女」と似たような条件には読む前に不安を感じましたが、結論としては一応百合っぽいけど展開が遅いです。導入が済んでこれから主人公と相手役の関係が進展しそう、というところでお供の小動物が出てきて尺を食いまくってそのまま1巻終了なのでどうにも消化不良。
 ただ、作者はPUREまりおねーしょんでものすごい剛速球を投げた実績がある方なので、2巻以降には期待できると個人的には思っているのですが。あと主人公が陽気で外向きかつ若干うっかりという割とスタンダードな主人公タイプの割に相手役への態度はツンデレっぽい、という点が見所かも。
 ところで掲載誌が一騎当千と同じですが、これ自体は特に過剰なことはしていないのでそういうのが苦手でも問題ないと思います。

■P3フェス継続中。アイギスの防具の名前が全部変更になっていて若干混乱しました。
 ところでセーブデータを無印から引き継いだ場合、ペルソナ全書から自分よりレベルが高いペルソナも召喚・装備可能です。初期状態だとスキルが少ないしオーバースペックなペルソナを装備してもSP消費が激しいしで使い勝手は今ひとつですが、これを合体武器の材料にすると割と便利です。だいたい20万円前後でゲーム中最強クラスの武器も入手可能。終盤まで店売りの武器を買い続けるよりは経済的っぽいし。
 ただ、システムが特殊なのもあって武器だけ強くなってもそんなに楽にはなりませんが。魅了を食らって同士討ちで攻撃が当たるとほぼ確実に即死なのでリスクもけっこう高いです。
 あと武器の攻撃力は物理系特技には上乗せされないみたいです。とりあえず満月時に「月影」を使うより普通に殴った方がダメージが大きかったので。


2007/05/04
こちらのレシピを参考に角煮を作ってみました。匂い消しには生のショウガをてきとうに切ったものを目分量で投入。で、作業工程の大半は火にかけたまま放置するだけで特にややこしいことをしていない割にはかなり柔らかく仕上がりましたよ。赤身の部分にも箸が楽に刺さるくらい。
 時間だけはけっこうかかりますが、火の注意をしておけばいいだけなので並行して何か他のことをするのも充分可能です。作成から食べるまでに一晩開ける必要があるのもネックですが。
 味付けの前の段階まで済ませた肉を焼くなり揚げるなりカレーか何かの材料にする、といった派生もできそう。あと、最初に肉を焼くときに出る大量の脂と味付け前の煮汁は二次利用もできないことはないです。私はとりあえず煮汁に塩と醤油を追加して中華そばを入れて食べてみましたがそこそこの味でした。脂は捨てましたが、あれで焼き飯とか作るといいかも。

■鬼太郎原作の少年誌連載分にはサンデー版とマガジン版があって、ちくま文庫版はその両方から抜粋した内容ですが、講談社の文庫のマガジン版完全版と中央公論の文庫版(両方とも今年から刊行中)でだいたい両方揃うという話なのでとりあえず中公版の1巻を買いましたが、中身がほとんどちくま版と重複していて早速挫折しそうです。
 ただこの中公版1巻は誕生編、比較的まともな展開の中編・妖怪裁判、能力的には原作最強っぽい牛鬼の登場エピソード、さらには屈指の怪作「かまぼこ」まで収録した幅広い内容なので入門用にはいい感じだと思います。
 あとTV版5期をたまに見ていますが、けっこういい出来だと思いますよ。でも1回くらいOVAか深夜枠あたりで原作版のアニメ化とか見たい気もします。もしくは貸本版の、鬼太郎が小金欲しさに人間をだまくらかして地獄送りにしたりする救いも何もないアレとか。

■リボルテックのセイバーさんは上腕・ヒジ関節が購入時に既に破損していたり、脚のパーツが左右逆だったり両方同じだったりする場合があるらしいです。うちのは割と良品でしたが。
 ただ、上腕ロール軸と腰のサイドスカート基部の軸がかなりタイトなので、この辺は軸をてきとうに削って調整した方が遊びやすいし破損も回避できると思います。でもリボジョイントは樹脂に弾力があるせいか金ヤスリの切削性がえらい悪いし、ナイフで削ると表面がガタガタになったりしがちなのでおすすめはしませんが。
 手首等の交換パーツは付属せず、武器2種とスタンドが付属。今までのリボルテックとは別ライン扱いで定価も上がっていますが、そのせいか従来は全身1色で統一されていたリボルバージョイントの色が場所によって変えられています(肩は青、股関節は白等)。ヒジは軸関節で、他はほぼ全身リボジョイント。関節の調整がやや手間なのは従来品と同じです。
 で、これも写真はもう既出もいいところだと思うので別のフィギュアから武器を流用した写真を。

 関さんのアレ。軸径3ミリくらいのものなら安定して保持できますが、それより太いものはつながっている親指と中指の先を切り離さないと持てません。

 天獄1巻の可動砂姫のモップ。

 あと、リボルバージョイントの部分は他のリボルテックとパーツの交換も可能、ということで交換してみました。↓

 GR-2の腕。他にメガトロンやキングゲイナーのパーツも試してみましたが、これが一番似合うというか他は軒並み違和感がえらいことに。


2007/05/05
■投げ売りで有名なベルハウスには連休もお構いなしに連日商品がアップされておりますが、今日は前から欲しかったメタルスメガトロン(とメタルスコンボイのセット)が999円というどうしようもない捨て値だったので(定価だと税込み5775円)、他のTF投げ売り品をてきとうに見繕って速攻でカートにぶちこんでおきました。
 前に半額で買ったデプスチャージその他がさらに半額になっていましたが、それは見なかったことにするよ・・・。

 あと買い忘れていた竹本泉氏のビームの連載の単行本新刊やら犬ガンダム2巻やら鬼太郎マガジン版完全版やらをビーケーワンで昨日注文したら連休お構いなしに即日発送で今日届きました。早いよ。

■武装神姫バトルロンド(ネットゲーム)をダウンロードして試してみました。とりあえずうちのパソコン(3〜4年前に買ったDELLの安物)でも起動はかなり遅いものの普通に動作するので一安心。あとネット対戦も基本的にランダムでマッチングしてオートバトルをするだけで交流要素はほぼ皆無なのでネット引きこもりの私でも安心です←おい。
 メンテナンスやトレーニングでも神姫が無闇に動いたり喋ったりしてフィギュアのおまけにしては意外とゴージャスです。というかその開発費をフィギュアの方に(以下略)。

 で、アーンヴァルの頭+ストラーフの胴体という妙な取り合わせで設定してみましたが、課金アイテムの性能が半端ではないというか敵のメインウェポンがバルムンクだともう勝てる気がしないぜ。
 そういうわけで試行錯誤しつつ2回連続でボコボコにされましたが、3回目の対戦で課金アイテム複数装備の相手に残り体力2桁まで追い込まれたうちの神姫がそこから粘りに粘ってドローに持ち込んだもんだから、頭の中の変な回路が開いてしまって神姫がかわいくて仕方ないという比較的まずい精神状態です。

 でもその後さらに2試合した結果が5戦3敗2分という有様で、私のセッティングにも割と問題があるような気もする次第。

 あとバトルロンドのゲーム内における充電に使用するクレイドルの商品化希望、というかそのうち直販限定とかで出そうな気がしないでもないです。

■本日の写真ネタはトランスフォーマー・スポーツレーベルのfeat.ナイキ FREE7.0の2種を。まず箱。

 外箱の中にブリスター+紙スリーブの中箱が入っている二重構造で、中箱には窓がついていて外箱のフタを開くと中身が見えます。他のTFと比べると中身に対して箱がかなりコンパクトです。キャラクターカードと通常アイテムより凝った作りの説明書、あとTFの解説みたいなペーパーが付属。

 ビークルモードには別売りのパイロットフィギュアを搭乗させることが可能・・・ごめん嘘。ビークルじゃないです。
 靴紐はビニールで束ねた状態で封入されています。表面はソール以外全塗装で質感はかなり本物っぽいです。2種類の違いは基本的に色だけ。

 変形途中。

 ロボットモード。靴のガワと違ってこっちは主に成形色仕上げ。頭部はコンボイとメガトロンでそれぞれ違う形状ですが、他は色以外同じ。手持ち武器は2分割された状態でガワの裏側に収納可能で、靴モードでも余剰になりません。この武器もコンボイ、メガトロンともに同じパーツですが、2つのパーツの組み立て方を変えることで形状に差をつける仕様です。
 ガワが干渉するので可動範囲はそれなり。というか肩のでかいパーツが激しく邪魔です。

 靴のガワはおおむねビス止めで取り外しも可能で、とりあえず部分的に外してみました。ちなみにガワを全部外すと靴をロボから分離させて別に組むことも可能らしいです。

 ガワを外さない限りは可動範囲が狭いですが、変形ロボ玩具としてはかなり面白い出来だと思いますよ。バイナルテックやマスターピースよりは丈夫で変形も簡単ですし。
 あとここ1年ほどのTF新作では例外的に小型・低価格なのもポイントだと思います。キスぷれとかマスターピースとか出来はともかく高いし。


2007/05/06
■連休も終わりですが皆様におかれては有意義にお過ごしになられたでしょうか。私は・・・えーと、部屋の整理をして角煮を煮たくらいで、後は鬼太郎の原作を読んだりP3フェスをしたり・・・というわけで有意義って何それ、おいしいの? みたいな日々でした。

SDガンダム更新しました。連休最終日まで引っ張った割には別に隠し玉でも何でもなくいつも通りですが。

■グレンラガンを視聴。大量に登場するどこかで見た顔のモブキャラが比較的かんたん作画だったり唐突にSEEDもびっくりの長尺回想が入ったりで違う意味で見ていてハラハラしました。・・・ちゃんと作った温泉のシーンがテレ東規制に引っかかったので仕方なく、とかじゃなく素でこの品質ならこの先の展開が非常に不安です。

■武装神姫バトルロンドをちまちま継続中。レベル8でレベル14+課金装備持ちの相手と対戦する羽目になってどういうマッチングだよ、とか思っていたら割とすんなり勝てて初白星。さらにレベル10でレベル34の相手と当たってこれはどう考えても消化試合じゃないのか、とか思っていたら危なげない展開で勝てました。でも他はレベルの近い相手に一方的に負け続きで(課金アイテムどころか、完全にデフォルト装備でレベルも同じマオチャオにドリルでボコられる始末)、現在の公式戦績は9戦2勝5敗2分。・・・どういうゲームバランスですか。

 ところで対戦相手の傾向としては忍者がやけに多いですね。9戦して猫とは1回だけ、犬と兎は1回も当たったことがありません。

■本日の写真ネタは通販で買ったユージンSRナムコギャルズなんちゃら7を。当然のようにKOS-MOSとT-elos目当てというかこのシリーズ買ったのは初めてです。全体に200円で出していた頃より評判がアレな300円SRですが、これはいい出来だと思う次第。

 KOS-MOS Ver.4。ゼノサーガ組は髪パーツの造形がすごいことになっています。分割も複雑で組み立てにくいと評判でしたが、実際組みにくいです。お湯で加熱すると組みやすいですが、高温になると表面のパールっぽい塗料が他のパーツに癒着する場合があるのであまりおすすめはしません。というかえらい焦った。
 バージョン違い2種で武器を持つ手が逆なので、2個分のパーツを混ぜると武器2種同時持ちになります。上の写真はその状態。

 で、余りパーツで組んだ武器なし。ヘッドギアは接着されていて一度外すとちゃんと固定できなくなるので外さない方がいい、というか髪の組み立てのときに邪魔なので外してしまったら戻らなくなったわけですが。あと写真ではつけたままですが、おでこの丸いパーツも顔・髪とは別パーツになっていて着脱可能です。

 T-elos。素立ちなので相対的に地味ですがやっぱり髪がボリュームたっぷりです。
 他の3種もけっこう凝ったつくりで、割といい感じでした。ソン・ミナの顔だけはものすごく残念なことになっていますが。


2007/05/07
■2日前に部屋の掃除をしたら翌日(昨日)筋肉痛になって、症状が出るのが2日後でないのはまだまだ若い証拠というものだ、などと思ったりしましたが、その筋肉痛が結局今日になっても抜けていないのでした。というか1日中自宅の中にいて特に筋トレとかしたわけでもないのに筋肉痛になる時点でかなりアレですね。

■GyaOを併用してウエルベールを4話まで視聴。あの流れでゲルニア王子が死んでいなかったうえに変態どころか連続猟奇殺人犯だったらしいという展開に驚愕したというか、そんなのに忠義を通している鎧の人って・・・。

■一騎当千を視聴。降って湧いたような「劉備と一緒に入浴権」を目の前で孔明にかっさらわれた関さんが悔し涙を流す、という話でした。うん、大筋では間違っていないはず。
 あとこの世界では基本的に戦力として重要なのは女もしくは美形キャラで、老人は特殊ポジション、残りの美形でも年寄りでもない男どもは基本的にザコとか空気とかそういう扱いですが(例:南陽四天王の一角でありながら周ユとか蒙ちゃんに戦力外扱いされているっぽい楽就さん)、このパターンで判断すると蜀の五虎将では黄忠からものすごい捨てキャラ臭が。

■P3フェス継続中。合体武器作成で逼迫していた資金も10月頃にはまた余りだしました。ただ、フェスでは屋久島旅行での水着その他の外見変更アイテムが装備品として購入可能で全品20万円オーバーという高額っぷりなので、それを全部揃えるにはまだ厳しいですが。

■苺ましまろ5巻を購入。相変わらずで素晴らしい。

■犬ガンダム宇宙編を読了。基本的に原作に沿って展開しつつも地上編でガルマが生き残ったあたりから話が徐々に脱線して、ちゃんとジャブロー→サイド6→ソロモン→ア・バオア・クーと順番に回っているのに色々ととんでもないことになっています。あと犬モビルスーツのデザインもガンダムとかザク辺りはまだ多少は元ネタの記号を入れていたのが、宇宙編の連中になると形式番号を見ないと元ネタが全くわからない暴走っぷりに。
 それと帯に引用されている富野監督のコメントが非常にアレです(全文も巻末に収録)。


2007/05/09
■2週間で気温が8度くらい上がったとか書きましたが、今日の大阪は最高気温30度で明日は20度との予報です。何それ。

■小樽のフィギュア公売のアレ、何か市場価値を無視した高値がついたようで。

■HK-DMZさんから孫引きの、中国製風邪シロップに関する記事。えーと、これ製造元で毒性物質の混入の可能性を認識していたとしたらまごうことなくテロですよね。

■公式の人気投票で主人公その他の女性陣を差し置いてインベルさんが1位になってしまったアイドルマスターを視聴。先週までで導入は済んだということなのか一気に急展開で新たな事実が小出しにされつつ危機的状況に。
 前の隕石処理にロボを使う理由の説明もですが、「人型には構造的に無理があるけど慣性制御のおかげで云々」とかの設定を本編中で説明してくれているのは個人的には非常に好ましいなあ、などと思っていたら今週の場合は慣性制御が機能しないと衝撃を吸収できないという件が本筋にも絡んでいたわけですが。
 ロボ戦がショートカットされたのは残念ですが、演出的には過程を見せない方が正解っぽいし、まあいいか。

 ところで先週の話で結局最後まで雪歩の「夢」が何なのか明かされなかった件が後半どんな鬱展開の伏線になるのかと戦々恐々です。

■P3フェス継続中。死神タイプ狩りを整備中です。追加のネタとしては
 ・アクシデントフロアのうち“敵が多い”および“敵がいない”フロアでは出現までの時間が半減するけど、味方が分散配置されるフロアでは通常と同じ
 ・死神タイプは通常のシャドウと違って段差を登ることも可能=段差での足止めができないけど、階段のあるブロックには進入できないのでここで待ち構えておけば先制を取られるリスクは回避可能。弓を使ってアウトレンジから仕掛ければさらに確実
 くらい。10分放置するより宝箱の回収をかねてアクシデントフロア(特に経験値2倍の“敵が多い”)出現まで粘った方が効率的ですが、この場合は待ち時間が減るから積み本を崩す方の効率は悪いのでした。

■ふおんコネクト1巻を購入して読了。大雑把に言うとらきすたにちゃんとしたギャグを入れ込んだような漫画です。というか「小柄で性格と趣味がアレな主人公+クールで現実的でそれなりに面倒見がいい友人+その姉妹その他、男は父親くらいしか出てきません」という人物配置が重複しているわけですが。
 らきすたは異様にゆるくてギャグ漫画として成立しているのかどうかも疑問な作風が持ち味ですが(いや、前にも書きましたが嫌いではないですよ?)、あれより普通の漫画っぽくギャグ漫画的展開とか笑いどころを入れてあって、とりあえず萌え4コマとしては手堅い感じではないかと思う次第。絵柄が好みに合えばそう大きく外すことはないと思うよ。個人的には割と満足。
 あと、男がほとんど出てこない割に1巻の時点では百合的に読むのが個人的には困難だったことを付記しておきます。妹の人がたまにシスコンになりますが普段はそうでもないし。


2007/05/10
■そういえばこの前の日曜の夜にNHKでちょっとだけトランスフォーマーを扱っていましたね。せいぜい劇場版かバイナルテック辺りの話だろうと思っていたらサイクロナスの可変ガレージキットが紹介されていてたまげましたが。

■帰りはヨドバシ梅田に寄って、BBブルデュエルが入荷していたので確保。で、既出デュエルの装甲だけ差し替えかと思ったらランナー3枚のうち2枚は新規パーツで、頭とかそのまま使えそうなパーツも新規率高めです。胴体のみ装甲と中身が一体化していて素デュエルには組めませんが、肩にはノワールやヴェルデと同じ引き出し関節が採用されています。

 あとMGのキャンペーン冊子が余ったのか、「ご自由にお持ち下さい」扱いで大量に置いてありました。あの冊子は既出アイテム紹介の写真がほぼ全て未塗装状態なので、他の書籍にはない資料性もあってちょっと面白いですよ。

■武装神姫バトルロンドを鈍足で継続中。通算11試合目にしてはじめてヴァッフェバニーと対戦しましたが、いまだにハウリンだけは見たことがありません。
 あとバルムンクで散々ボコられた経験を踏まえて武器は格闘用1個のみ、回避と機動は捨てて残りの装備重量は全部防御に回す、というセッティングで固めたのですが、これだと格闘・中距離投擲の相手ならそこそこの勝負には持ち込めるものの、機動重視で長距離武器を使う相手と当たるとほぼ何もできずにアウトレンジから削り殺されますね。うう。
 そしてトレーニングをしていたら通算2勝のままレベル20に。

■からっと1巻を購入して読了。あらすじを書いてみると「見た目は委員長風で眼鏡だけど特に頭がいいわけでもないし性格も粗暴な主人公が、妖精だか何だかの幼女に勝手な都合で魔法少女にされてしまいました。ちなみに変身呪文は“肉うどん”で、あとライバルの魔法少女は普通に男ですが何か問題でも?」とかそういう感じです。登場人物の男女比率が異様に男に偏っているというか主人公と妖精幼女(2人います)以外ほぼ全員男です。おっさんとかじいさんとか筋肉とかも出てきません。
 編集から少女漫画を描けと言われて描いた(あとがきより)という漫画だけに女性向っぽいというか男性向萌え的な視点がほとんど入っていなくて、私の場合キャラ萌え的に読むには頼れるのが主人公1人だけというのは厳しいのが否めない次第。
 ギャグは滑り受け系というかボケ倒し系というかトンチキな人々がトンチキな言動を繰り返してグダグダな展開のままで何となくオチをつけてしまうようなそんなアレですが、そういう方向性自体が嫌いでなければそれなりにいけるのではないかと思います。
 あと表紙と中身の別物感が凄いと思う。


2007/05/11
■おとといまでは夏っぽい気候でしたが昨日の午後あたりからえらい冷たい風が強く吹いて落差が激しいなあ、まあ暑いよりはマシか、とか思っていたら昨夜と今朝は連続で強風のあおりを受けて電車が遅れました(JR湖西線が強風や降雪で徐行運転→京都〜神戸あたりのダイヤも巻き添えでぐだぐだ、というパターンは割と定番です)。ぎゃふん。

■本人がイベントで作って試食会をやったというタモリのカレーのレシピを見たので(複数のサイトでレポートが公開されているので、「タモリ カレー」で検索すればすぐ見つかると思います)それを作ってみようかと思いつつ、マンゴーチャツネとか炒め玉ねぎとか近所のスーパーで売ってなさそうだよな、と思って高槻のアルプラザに行ったら市販のカレールーに追加する用のものが売っていて、まあ安いしこれでいいか、とか思ってとりあえず買って帰って、常温で置いておけるしそのうちに、とかいう感じだったのですがうやむやのうちに母の日企画としてこの週末に作ることが決定していて若干焦っている昨今です。何しろレシピを参考にしても必ずしも成功しないことはデイリーポータルの中の人が既に証明してくれていますし。
 あとターメリックは家にあったはずだからいいか、と思ってクミンだけ買ったら実際ターメリックは残っていたけど賞味期限が去年だったよ。しかも赤ワインが必要な件を素で忘れていたよ。というか白ワインならあるから代用できないか←素人の料理で「代用」は鬼門だと思う。
 そういうわけで作るのは決定事項なので、数日中にここで成否をご報告することになると思います。

■そしてマンゴーチャツネとかのついでに食玩売り場をチェックしたら見事にゲキレンジャーのハンマーだけ大量に在庫していて(=エレファントは「入荷済みかつ売り切れ」が確定)、腹いせに5種揃いで在庫があった「仰天合体!ケロロベースであります」(全部揃えると全高24センチの巨大軍曹型秘密基地が完成するステキ物件。なお、ケロロの食玩は軒並み「であります」まで商品名に含まれます)をまとめ買いしましたが、いや凄いわこれ。
 割引なしだと5種揃いで税込み1995円しますが、関節がそれなりに可動する巨大軍曹フィギュアかつ各種ギミック搭載の基地おもちゃ+塗装済みケロロ小隊ミニフィギュア付きで、ロボダッチとかソレ系の空気も漂う逸品です(アオシマの合体プラモの空気も漂っているようですが、そっちは世代が外れているのでよくわかりません)。

■@ホームを読了。要約すると主人公(女、ノーマルで天然で鈍感)が総受けの百合です。主人公がノーマルかつ鈍感なので基本的に寸止めですが、百合でない方向に流れる展開はないので(1話のゲストキャラだけは判断が難しい線ですが、まあ大筋では)割と安心して読める方かと。

■あとついでに同時発売だったメイドをねらえ1巻も買ってみましたが、こっちはその、とりあえず百合を期待して買うのはやめた方がいいと思うよ。むしろ主人公(女)と相手役が両方同性愛者という設定でここまで徹底して百合臭を排除した男性的なブツを仕上げてくる豪腕はある意味評価に値すると思います。
 というか主人公が性格の悪い変態なら相手役には常識人を持ってくるのが定石なところに格上の性悪変態を持ってきて、さらに脇役でこれまた格上の鬼畜変態男まで配置したもんだから、この2人がぶつかるだけで話が転がって主人公の影が薄いったら。
 あと中身は基本的にギャグ漫画でギャグの傾向ははやてじゃない方のハヤテみたいな感じです。呼吸をするように自然に楽屋オチを連発したうえにオマージュとかコラボレーションとか言っておけば別にいいんだよね? みたいなノリで他社作品の二次創作までやってしまうぐずぐずな展開が、えーと、そういうのはアリなの?

 作画だけそのままで違う原作を載せればかなりの破壊力が出そうな気が個人的にはかなりするのですが。ただ、主人公が相手役に首輪をつけられて鎖で引き回されるとかまともな百合物件ではまずお目にかかれないアレな展開があるのでそういうのが好きならどうぞ。


2007/05/12
■BBブルデュエルは大体仕上がったのでそのうちアップします。

■銀魂は改変期前後に無茶をやり過ぎたせいか最近は前後編の人情話メインで(銀魂にしては)おとなしいなあ、とか思っていたら今週は久々の尺いじりネタでラストが台無しに。

■∀ガンダムのDVDをDISC4(16話)まで視聴。15話(ウィル・ゲイムが死ぬ話)はラストで壊れたモビルスーツの開いたコクピットハッチの隙間から腕だけを見せて
 「あのパイロット、外に出たがってる」
 「でもあれ、腕だけかもしれませんよ」
というやりとり(注:台詞は不正確です)を入れて、画面には血も映さずに下手にグロ描写を見せるよりもはるかに悲痛な描写をやったわけですが、改めて見るとこのエピソードは全編通してかなりひねくれた展開ですね。
 (※以下、一応ヒゲを見たことがなくてもわかるように語句に解説をつけてみましたが、結果としてどっちつかずな文章になっている気がしないでもないので一応お断りをしておきます。あと割と長文です)
 まず前提としてディアナ(月の女王)はかつて地球を訪れたときの恋人・ウィルの名前を継承した子孫と出会い、彼が顔はそっくりだけど性格は全く別人であること、さらにその祖先の方のウィルはディアナが月に戻ったことも知らずに彼女との約束(かぐや姫における無理難題と同じような話。ディアナが他の求婚相手をそれで蹴った手前、ウィル自身も何か取ってこないと格好がつかないと判断したらしいです)を果たしたうえで遭難して死んでいたという事実を突きつけられています。
 でもディアナはキエル(たまたまディアナにそっくりだった地球人。手違いから入れ替わって互いを演じる羽目になっています)のふりをしていないといけないという事情もあって、結局このエピソードの最後まで感情を外に出すことができず(この時点では本人以外の誰も入れ替わりに気がついていません)、一方で子孫の方のウィルもディアナに理解を示すことはありません。
 さらにウィルは発掘していた宇宙船をミリシャ(地球側の軍事組織で月からの帰還民とは対立中)に横取りされることを警戒してディアナカウンター(月からの帰還民の軍)に下りますが、ディアナカウンター側でも宇宙船をミリシャに渡さないことだけを目的とし、邪魔なウィルは前線でてきとうに使い潰すことにして、しかもその判断をしたのはウィルとディアナの事情を知らないままディアナを演じていたキエルだったという、これでもかと皮肉な展開を入れています。
 で、ウィルはディアナカウンターに編入されモビルスーツでミリシャと戦うわけですが、ここでウィルの乗機は数倍の戦力に囲まれて、左腕がもげて武器が弾切れを起こし最後には胴体に直撃を食らって頭と右腕も外れた状態で停止する、という流れになりますが(その後ディアナカウンター側の「生命反応がない」という台詞あり)、その戦闘シーンがえらく淡々としていて、BGMも特に悲惨さを強調するような選曲はしていないし、両方ともMSでの戦闘については素人同然という設定を反影してか動作はむしろコミカルに見えなくもない描写になっているのがまたエグいなあ、と。
 そして前述の会話の場面になって、最後は半ば放心しつつも平静を装っているディアナの発言で締め、という流れで、何かもう歴代でも屈指の鬱展開です。

 そういうわけでいわゆる白富野って、むしろ「皆殺し」の二つ名がついていた頃よりやることがえげつなくなっている面もあるよなあ、などと改めて思ったのでした。そういうのも好きですが。
 あとこの15話を観た後に16話(新規カット皆無で番宣特番そのものな構成の総集編)を続けて観たもんだから余韻がぶち壊しです。


2007/05/13
■パルパティーンとパルパタインくらいならともかくマレボルギアとメルボージャはもう違う名前じゃないのか、とか。

SDガンダム更新しました。ネタは新作のBBブルデュエル。ところで三国伝第1陣の発売ももう来月ですね。

■プリキュア5を視聴。個人的にはピンクと赤よりそのおかんの方が萌えると思った。あとピンクと黄色はともかく青と緑も素で料理ができないとは不意を打たれたぜ。

 それと関西地区では昨日の深夜にようやくひだまりスケッチが最終回で来週から大江戸ロケットです。特に書くことが思いつかなかったので話題にしていませんでしたが、おおむね満足な内容でしたよ。作画に割けるリソースの不足を演出で補っているのもいい感じだったかと。

■食玩の仰天合体ケロロベースは全部きっちり写真を撮ると作業量がえらいことになるので、とりあえずてきとうに2枚だけ貼ってお茶を濁しておきます。

 合体ケロロ形態。実売価格が約10倍の超合金魂イデオンと並べても小さく見えない壮絶なボリュームです。なお、巨大ケロロの足元にいる豆粒みたいなのが付属の塗装済み軍曹フィギュア。であります。
 巨大ケロロはスタンドに固定されていますが、脚の角度を調整すれば自立も可能です。頭がえらく重くて重心が高いので素直に固定した方が無難ですが。であります。

 で、展開すると中身はこんな感じ。後部のディスプレイは塗装せずに素直に付属のシールを貼った方がよかった気がします。のであります。・・・文末を軍曹っぽく演出してみたのですが、個人的にはバージョンアップ前のアイギスの方を連想してしまうのであります。


2007/05/14
■ちょっと前に職場が完全週休2日で云々、という話をしましたが、次の月期から服務規程が変わって基本的にカレンダー通りに休めることになりました。ただし代わりに定時が若干延びますが。そして次の祝日まで2ヶ月以上あるので短期的には損のような気がするのですが。
 あとフレックスタイムが正式導入されたので、通勤が混雑してかったるいからこの機に1時間ほど前にずらしてラッシュを避けられないかと思って試してみたのですが、電車乗り継ぎ2路線+バスの全行程において混雑加減が全く変わらないというがっかりな結果に。逆に1時間後にずらせば多少は効果がありそうな気もしますが、基本朝型だし10時からコアタイムなので遅刻するとまずいしでどうかなあ、とか。

■web拍手のレスです。
 >先週のプリキュア5は見ておられないのでしょうか?
 先週はリアルタイムでチャンネルを切り替えながらグレンラガンと並行して1/3くらい見ましたが、何か重要なイベントでもあったのでしょうか。緑が青を押し倒したとか←おい。いや、むしろ緑は青が自分を押し倒すように仕向けるタイプか←おいおい。
 百合における攻と受の概念はあまり把握できていないのですが、個人的には計算高そうなキャラは攻ではなく誘い受のような気がするもので。というか緑が計算高いというのが既に裏読みなので前提にするにはアレですが。などと話題の横滑りがすさまじいことに。

 なお、今週以降は当面視聴をプリキュアに絞る予定です。

■例のタモリカレーを作ったですよ。結局ターメリックと赤ワインは買い足して。分量はレシピ通りで、ただ用意できた炒め玉ねぎが市販のカレールーに追加する用のペーストで、材料を見たら甘味料も入っていたので若干焦りつつ「砂糖ひとつまみ」を削除。あとヨーグルトはおかんが栽培しているカスピ海的なアレで代用。
 で、レシピに忠実に半蓋で2時間煮込んだら水分が軒並み飛んでカレーというかドライカレー的な鶏肉のペーストっぽい物体が仕上がって何とも不安な感じでしたが、食べてみたら割といい感じでした。やっぱりカレーというより「カレー味の何だかよくわからない料理」みたいな雰囲気でしたが。
 なお、鶏肉は一口大に切って煮ていたら肉の繊維がバラけだしてもしばらくは皮がそのままの形で残っていましたが、最終的にはどこに皮があるのか全くわからない状態になりました。鶏肉の匂いもカレーに負けてほとんど無くなるので、鶏肉が苦手でも特に問題ないと思うよ。
 あと電子レンジを使うと意外と簡単にマッシュポテトが作れる、というのも割と収穫でした。

 ところで週末は家族デーにつきたこ焼きを焼いたりもしたのですが、鉄板+コンロよりもテフロン加工の電気式の方が安物でも使いやすいですね。テフロンだと返しに千枚通しを使えないのが面倒ですが。


2007/05/15
■いや、百合は元々男じゃなく女性向ジャンルでしたから>th氏。マリみてもコバルト文庫だし(今の読者層はコバルトの平均から外れていそうですが)、遡ると吉屋信子の少女小説あたりが起源とも考えられる、とか色々です。女性向としても普及率はやおい・BLよりかなり低いようですが。
 男性向ジャンルとしての百合は歴史が非常に浅いし、やおいあたりと比べれば題材としての一般性は明らかに低いかと思う次第。

 あと例えば角川系マニア誌の百合っぽい漫画とコミック百合姫の掲載漫画あたりを比べると空気がかなり違っていて、後者には女性向っぽい視点も割と入っています。

■web拍手のレスです。
 >緑との関係を指摘され顔を赤らめる青というイベントが先週はありましたよ。わりと直球ですよねこの番組。
 情報どうもです。というか何その豪速球。5は小動物も素でやおい臭いし、今週はピンクの当番回と見せかけて母親萌え特集だったしで、狙いどころがえらい内角です。

■私はこの事件に関連した電車の遅れに巻き込まれたのですが(車内放送で説明を聞いて腰が砕けました)、まさか逃げおおせていたとは思わなんだ。とりあえずGoogleのニュース検索で引っかかる範囲だとまだ続報は出ていませんね。

■そういえば17日の静岡ホビーショーでMGの100個目が発表なんだっけか。

■らきすたを視聴。旅行編で通すのかと思ったら最後の方に少しだけ全然関係ないネタを入れていた構成に疑問を感じないでもないです。あと柊姉妹のアレな会話も頭文字も犬神家も原作にはないネタですが、個人的には「よっこい庄一」の違和感がぶっちぎりだと思った。ティモテを知らない世代が素で言う台詞とは思えないぜ。

■武装神姫バトルロンドを少しだけ進行。飛び道具が無いとどうしようもない、という問題の対策としてストラーフの投擲用ナイフを装備に追加したところ、これが意外と有効でした。マシンガンやグレネードより軽くてハンドガンより射程が長い割にはダメージも安定しているので、これとアーンヴァル用ライトセイバーの併用を軸にしています。距離100〜150が死角になりますが、一応300までは離れても攻撃できて武装重量も合計3と経済的。
 で、現在の戦績は15戦3勝で勝率がジャスト2割。ところで私はストラーフのデフォルト装備のサブアームとレッグパーツをセットで使っていますが、このパーツを使っている対戦相手と当たったことは1回も無いぜ。・・・不人気?


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system