雑記 2007年10月前半分

2007/10/01
■1週間前までは扇風機が手放せないというかむしろクーラーが必要だろうという勢いで真夏でしたが、短期間で平年並みを通り越して平年以下まで気温が下がって窓を開けたまま寝ていられないくらい寒いとか何事かと思った。

■最寄りのコンビニがミニプラに続いてHDの入荷まで止たのでパンドンとメトロン星人を買いそびれました。その一方で何故かスピードグレードは入荷していましたが。
 それにしても最初にパンドンを見たときはまさかあの妙にシンプルな怪獣の体にどこが顔だかわからないもげもげした頭らしきものを乗せた代物がセブン最終怪獣だとは思いませんでしたよ。いや実際パンドンが強いというよりはセブン自身が累積ダメージで弱っていたせいで苦戦したわけですが。あとパンドンのデザインは割と好きです。

■9月下旬はガンダムUC2冊に漫画新刊も多かったのでて割といっぱいいっぱいでしたが、ひだまりスケッチの公式アンソロが百合的には原作以上に濃いという噂なのでどうしたものか。スズナリの石見氏が参加しているのはポイント高いよなあ、性質的に別の単行本に再録される可能性も低いし、とか。

■電王は前回2人がかりでも駄目だったから今回は3人で攻める、という特撮の敵キャラには珍しく合理的な戦術になっていましたが、結局ライダー側が特に作戦を立てたとかでもないのに1人だけ個別に撃破されていましたが。

■カギっこ1巻を購入。作者は「もうすこしがんばりましょう」の人です。しっかりした中学生女子と仕事はできるけど重度の親バカかつ生活力にやや疑問がある母親(眼鏡)が色々する4コマで、極端な漫画的誇張はないけどキャラクター性がしっかりしていてありがちないい話的展開は控え目だけどほのぼの路線というバランスの良好な漫画だと思う次第です。
 あと男はほとんど出てこない&登場人物の関係性はしっかりしているので、恋愛要素はないけど個人的には百合っぽいと思うよ。1巻後半から登場した保険医に娘がなついておかんが無駄に嫉妬したりするし。
 ちなみに主人公の父親は最初から故人ですが、何かというと部屋に飾ってある写真の中でリアクションをするので死んでいる気が全然しません。


2007/10/02
■昨日書いた最寄りのコンビニがHDの入荷をやめた件は先週の話なのですが、今朝見に行ったら食玩類が完全撤去されていましたよ。うおう。スピードグレードとか入荷から1週間で撤去かよ。ああいうのって返品したり他所の店舗に回したりできるものなのか。
 というか箱ごと買うほどでもない食玩の確保がいよいよ面倒になってきました。ミニプラとかはともかく変に対象年齢が高い物件は逆にスーパーだと入荷しない場合もありますし。

■web拍手のレスです。
 >パンドンはデザイン画では普通の双頭怪獣で近年の新作ではそっちの姿でしたが正しいはずなのにすごい違和感を持ってしまいました。あのなんともいえない姿にはふしぎな魅力がありますね
 当時のパンドン双頭仕様(「パンドン」で検索すると上の方に出てくるはず)はあれはあれで脱力感の漂う代物でしたが、新パンドンは普通に格好いいけどやっぱり好き嫌いで言うと撮影用パンドンの得体の知れなさがいいなあ、とか。
 ところでパンドンはソフビも絶版で(というか昭和ウルトラ最終怪獣はゼットンとパンドン以外はソフビが出てすらいないらしいですが)今のところHDくらいしか無いのか。せめてパンドンと改造パンドンが1箱で揃うアソートならHDを箱で買うのですが、とか。
 ちなみにガレージキットの在庫があるところは通販で見つけましたが、普通に15000円とかするので見なかったことにしておきます。

■メディアワークス発売カレンダーが更新されていますが、DPS本誌と電撃PSPと電撃PS2が3冊まとめて同日発売(10/26)で何事かと思った。
 あと創元のラヴクラフト全集、別巻とか出ているのか。

■通販サイトにコトブキヤのジェノザウラーが出ていますが(参考:あみあみ)、値段がシールドライガーの約2倍になっていたのはちょっと予想外。トミーの電動版はライガーと同じような値段でしたし。
 いや、格好いいし1個は欲しいのですが、今までのパターンだと発売前に色違いのバリエーションキットが発表される可能性がかなり高い(というかライガーもウルフも両方出たし)のでしばらくは様子を見ます。

■やまとのメーカーサイトの通販で1/12スコープドッグの一部だけの販売が開始しています。頭とか腕とか。再生産分は私が買った初版より脚の関節が強化されているらしいので買って交換しようかとも思いましたが、左右の脚で送料込み約5000円と判断に迷うラインでした。オプション装備なしで飾っておく分には初版の脚でも何とかなるしなあ。

■わさびアラモード1巻を購入。日本文化と大和撫子に憧れる頭のネジが何本か外れた眼鏡金髪娘が来日するなり温泉旅館の女将(独身、推定10代)に一目惚れして紆余曲折の末に旅館に居付くという話で、設定だけ見るとバリバリの百合になるとしか思えないのに百合臭が妙に薄い印象でした。というか1話でいきなり主人公と相手役の話はほぼ決着がついて百合的には初手からピークで2話以降はサブキャラを増員して後日談とか番外編みたいなノリです。何か連載分ではまたメイン2人の話に戻ったりしているらしいのでとりあえず2巻に期待してみますが。
 基本的にネジの外れた人々のドタバタがメインの萌え漫画なので、そういうのが好きなら特に問題ないと思います。なお、メイン2人は今のところ真性の百合の人ですが、脇役には普通に男もいますのでその辺はご了承願います。


2007/10/03
■「SDガンダム」にはアップしていませんが私は號斗丸とか武者丸も一応持っておりまして、気がついたらBB戦士武者シリーズの主人公初期形態で持っていないのは天零だけになっていました(新荒烈駆主は未所持ですが、あれは荒烈駆主の強化形態ということで。あと強化形態については新世〜天星までの大将軍全部と闘我も抜けています)。
 で、せっかくなので天零を買っておこうかと思ったらちょっと前まで余っていた再販分がちょうど売り切れていたという。ミドリさんには在庫があるしすごろくセットならあみあみで3割引で取り寄せ注文できるので、いずれその辺で調達するか。いや、すごろくセットと言えば投げ売りらしいけど私は半額以下とか見たことが無いです。

■あみあみに鉄虎竜原型のプリエが登録されていました。1人3限だし普通に注文できそうなので、とりあえず次のポイント5倍キャンペーンまで待って予約を入れようかと思います、などとケチ臭いことを。いや何かスケールの割に高いし。
 というかこれも12月予定か。既にエグゼリカとKOS-MOSだけで2万超えているのですが。

 あとついでにあみあみ情報で、バンダイの新作1/20スコープドッグRSCと放送当時に出ていたナディアのノーチラス号再販。RSC用武器一式で値段が5割増というのはちょっと予想外でしたが、1/20タコは好きなキットだし買う方向で検討しておきます。

■関西地区では結局最後までギガンティックフォーミュラの放送が1週遅れのままなので、最終回は10月にずれ込んで今日の深夜なのでした。あとMBSでは00の前の枠(午後5時半)からコードギアスを再放送するそうですが、まあSEEDを6時から放送していたくらいなので倫理的には似たようなものか。

■ちょっと時間ができたけど間が開いたせいかスパロボMXを再開するのが面倒臭くなったので、とりあえずFateを少し進めてみましたが、何か累積プレイ時間が7時間超えたあたりでようやく本編にセイバーさんが登場しました。前置き長いよ。
 あと士郎が敵に襲われて死にかけたり虎の人がトンチキな日常コントを始めたりと展開に落差が激しいにも程があると思った。


2007/10/04
■さて、9・10月と連続して武者BB再販、11月もGジェネ・SEED系BB再販と連続しているわけですが、さらに12月にも騎士系BB戦士が大量再販という予想外の事態となりました。元から武者系と比べるとかなり数が少ないのもありますが、BB戦士扱いでキット化されたアイテムは全種揃い(ちーびー戦士シリーズのみ対象外)という豪快というか血迷ったラインナップで、現在ミドリさんで恒例の仮予約受付中です。夢とか幻覚ではないのです。ラピュタは本当にあったのです。下手をするとスモーカーズフォレストの犬人間とか地底の恐竜人間も実在するかもしれません。
 いや小さい方のバーサル騎士はDVD特典用に生産するからついでに再販という予想もできるわけですが、まさか騎士サザビーだの麗騎士だのガンジェネシスまで入ってくるとは完全に予想外というか秋の武者祭りに続いて年末は騎士祭り開催決定でむっはー。しかも2007年は司馬ビー発売に加えて武者ビー&騎士ビー再販でSDサザビーオブジイヤーですな。テンションがおかしくなったので文章が出鱈目だぜ。
 で、マルスドラグーン欲しいよ。超欲しい。ということで今回もミドリさんで10種類ほど予約しておきました。そういうわけでマントに使う材料を検討・調達しておかねばなりますまい。今度1回手芸屋にでも行ってみるか。それに初代騎士の黄色い軟質樹脂製のツノや十字マークは塗装できないからおゆまる+パテで型取り複製が必要ですね。さっさと準備しておかないと。あと真冬の寒い時期に換気しながらキングガンダムの鎧や盾の塗装をするのはちょっとした荒行なので風邪を引かないように体調管理も必須か。などと気が早いにも程がある皮算用なのでした。

 ところでBB戦士の塗装見本だと初代騎士は全身銀色ですが、本来は初期仕様および霞の鎧装備時の騎士は基本色が水色でバーサル騎士になると変色しているので注意が必要です。設定の配色にこだわるならバーサル騎士を1個買っただけで全形態を再現することは不可能、ということで。

 ミドリさんには他にもMGユニコーンやらHCMP Hi-νやら00関連各種やらの年内の新作の告知画像が色々とアップされています。発売時期がはっきりしなかった呂布トールギスも11月で確定とのこと。写真だと呂布はメッキも使っているっぽいよ。ボンボン休刊以降の三国伝漫画の受け皿も決まったようで何よりです。

■それと昨日あたりから通販サイトに武装神姫8弾の予約が上がってきていて私としては購入確定ですが予約は次のポイント5倍(以下略)。


2007/10/05
■とりあえずガンダム00は番宣のナレーションで武力による戦争の否定を「矛盾」と言い切っているあたり、戦争ものとしてはSEED-Dより期待できそうだなあ、とか。
 あとヨドバシで8月のガンプラと一緒に初回特典目当てで予約していたHCMPエクシアは今日届きました。顔の塗装精度がアレだったり1/144HGがかなり安いので相対的に割高な印象が否めなかったりもしますが、放送開始前に完成品のフル可動モデルが手に入るというのは凄い話だと思うよ。

■12月の騎士系BB戦士再販を昨日10個予約したわけですが、合計金額がえらいことになるので我慢するつもりだったDXも見れば見るほど男前なのでやっぱり注文することにして、あとどう考えても頭が大きすぎるエルガイヤー(単品版)もちーびー神秘騎士が丸ごと付属するし武器を鷲主に流用できるし時間が余れば頭の小型化に挑戦してもいいし、それと皇騎士のパーツでキングガンダムに付属しない分がどれだけあるのか今ひとつはっきりしなかったのでええい面倒だ両方買っちまえ、そもそも今後SDガンダム外伝の新シリーズでも企画されない限り二度と再販されない可能性も否めないし、ということで3種上乗せして予約しなおすことにしました。超合金魂アイアンギアーを我慢した自分へのご褒美だと思えばどうということはないというか元の木阿弥というか。
 というか結果としてアルガスナイトZこと剣士ゼータだけ予約していませんが、あれは発売当時に買ったのですが男前な試作品と顔が横に広い製品版の落差にがっくりしたうえにカタログに企画中として掲載されていたアルガス騎士団の残り3人が結局流れてぐったりしたという苦い思い出があって個人的に複雑な心境が払拭できないというか軽度のトラウマなので見なかったことにしました。

■よつばと7巻はしまうーの破壊力が半端ではないぜ。あとやんだ。
 ところでリボよつばは浅井よつばを持っているから別にいいか、とか思っていたのですが、発売日に7巻を読んでめりめりテンションが上がったのと、あと「ふとももがぐにゃぐにゃ」の子とダンボーは欲しいから並べて飾る用によつばもあった方がいいか、とか思い直したので翌日にヨドバシに行ったら見事に売り切れていたのであみあみで追加注文しまして、そしてそれも含めたあみあみの荷物が昨日届きました。
 で、よつばの出来は意外と良かったのですが、GFF真武者のツノの接着角度が明らかにずれていたうえにヒザ関節部の塗装が2ミリ×1センチくらいはみ出していて、しかもAGスタンディングトータスの脚のネジ穴隠しパーツが片方欠品だったので全体としては勝ち負けで言うと負けっぽいです。うう。GFFは面倒臭いので自分で補修しますが、欠品は週明けにでも連絡する予定。

 ところであみあみにマックス長門が半額で大量に再入荷していますね。


2007/10/06
■先週悪天候で撮れなかった分のBB戦士の写真をまとめて撮っていたらメモリーの容量が全然足りなかったわけですが、それは私が今時32MBのメモリースティックなどという化石じみた代物を使っているせいなのですが。というわけでSDガンダム更新しています。

■web拍手のレスです。
 >>皇騎士のパーツでキングガンダムに付属しない分
 >部品自体は何もありません。皇騎士のランナーが全てキングガンダムII世に入っています
 >ただしメッキが省略され、兜飾り等のシルバーメッキの部品がパールホワイトになっています
 >強いて言うなら設定資料やコミックワールドのあるインストが最大の省略部分かも

 情報どうもです。メッキはやっぱりあった方がいいし、騎士系はコミックワールドがひどくて面白いのでこのまま突撃しますよ。というか既に注文済みなのでどのみち買うしかないのですが、とりあえず後悔はせずに済みそう。

■ガンダム00の1話を視聴。リアル系ロボアニメの1話はかったるい展開になりがちですが、これは初手から全開なのは非常に好ましいと思いました。今のところやおい臭も特に気にならないし。

 で、HCMPエクシアの写真を撮ってみました。

 顔の塗装を修正して、腹部の塗膜がでこぼこだったのでそれも削り落として塗り直し、あとマーカーで軽くスミ入れしています。
 顔の両脇の黄色いアンテナは塗膜が厚いせいか完全に開かなかったのですが、一旦外して軸受け周辺の塗料を削り落としたら開くようにはなったもののアンテナそのものが外れやすくなったのでこの工作はおすすめしかねます。

 特典のスタンドは1個だけ乗せるには大きすぎて邪魔なので、アッシマーのを使っています。股間のジョイントには互換性があるのでスタンドも交換可能。

 腰のボールジョイントは引っ張って少し引き出すとかなりひねることが可能。というかボールが奥まで入った状態ではほとんど動きません。
 組み立てはシールド用ジョイントとビームサーベルをランナーから切り離す必要があるくらい(ライフル兼用サーベルは組み立て済み)なので、HCMPとしては組み立ての手間は少なめ。

 顔の塗装に関しては最近のガンダム系だとむしろきれいに塗れているものが滅多にないので仕様だと思ってあきらめるとして、後は値段がちょっと高いですが、それが気にならないなら割といい出来だと思います。


2007/10/07
■今日は摂津富田のジョーシンにパテやら塗料やらマーカーやらを買いに行って(消耗品や工具類の品揃えは梅田ヨドより充実しています)、再販BB戦士の積み在庫が大分捌けてきたのでついでにまだ買っていない分を少しつまんでおくか、とか思っていたのですが、気がついたら天下統一編の四獣王を4つ揃いで買っていました。発売当時には不可能だったまさに大人買い。というか4個の合計金額が00のHCMP1個分より安かったりしてあまり大人っぽくないですね。
 そういうわけで一気に先が見えなくなりつつ本日もSDガンダムを更新しました。

■web拍手のレスです。
 >百鬼丸の角は砕虎摩亜屈の小角をカットした物を使えばメッキ角に出来ますよ。相当勿体無いですが…。
 あー、そういえばサイズや形状は丁度よさそうですね。そのまま使うのはともかくあれをおゆまる複製すればデフォルトのツノを修正するより正確な形状になりそうです。

■かなり今更ですが、ギガンティックフォーミュラの最終回を視聴。とりあえず只でさえオニクスは主人公機・スサノオの色違い=デザインが無難であまり威圧感が無いところに、真・スサノオは光の翼(仮)標準装備のうえに常に全身に白い発光エフェクトがかかっているから、絵面的にオニクスが強そうに見えないのはどうなのかと思った。話の流れとしてもオニクスの強さは前回までに披露済みで最終回は反撃パートだったせいもあるけど、妙に強い主役ロボが貧弱なラスボスを一方的にボッコボコにしているような感じで今ひとつ盛り上がらなかったような。
 あと主人公がアルゴスの百目をあれだけ活用するとは思わなかったよ(入手後の戦闘2回の両方で使用)。というかラスボス相手に精神攻撃で幻覚を見せた主人公とかかなりレアだと思う。

 全体としては主人公を含む複数チームの勝ち抜き戦の見せ方がどうにもスムーズに行っていなかったとか、わざわざ並行して政治的陰謀劇の伏線を入れていた割に大した話にはならずにオチも性善説全開の投げっ放しエンドだったとか(「内通者が基地を占拠、関係者も拘束されて絶体絶命」という状況が10分くらいで解決したのはさすがにどうかと思ったよ)、前番組のスパロボ(の特に前半)がひどかったせいで相対的にマシに見えたけどやっぱりロボのCGの動きはあまりよくなかったとか、割と欠点が目立つ気がします。ただ、そういうバランスの崩れた感じが持ち味になっていたような気がしないでもないというか。
 あと最終的に13体のギガンティックのパイロット、トランスレータのうち12組が生存確認されたわけで、何かギリシャチームの2人だけ死に損っぽいのがちょっと引っかかりました。というか主人公チームが絡まない最初に決着がついた戦闘で負けチームが全滅したのにその後は死人が出ないというのはかなり予想外。

 ところで「後半に主人公に酷似した外見の敵が登場、主人公自身はいきなり全く違う姿にモデルチェンジ」という展開がキディグレイドと被っていると思ったら監督同じ人なのか。

 あと放送開始前後に模型誌に載っていたスサノオの可動試作モデルは結局お蔵入りですか。


2007/10/08
■この2日ほど家族が留守だったのでノーパソを無断借用してYahoo動画のトランスフォーマーをBGVにしてBB戦士を塗装していたら妙なテンションで頭がちょっとおかしくなったような気がしないでもない昨今ですが、今日もSDガンダム更新しました。大将軍2連発。

■web拍手のレスです。
 >三代目のマスクって妙にシンプルなデザインですよね。大福将軍のイメージが強い気もします。ところで三代目の紹介文の「(税別800円※)」の※はなんですか?
 あの※は一度書いた文章を削ったときにあれだけ消し忘れたので要するにミスというか無意味なのですが、せっかくなので削った文章を書き直しておきました。大した話ではないですが。
 あと影荒烈駆主のバトルマスク、そういえば齋胡の洗脳マスクにものっぺり加減がちょっと似ていますね。

■スカイガールズを視聴。エリーゼ相手におやっさんがフラグを立てた(違)のも意外ですが、あれだけ子供っぽいラブコメ展開を小出しにしてきた挙句にモジャモジャ赤服が音羽をそもそも恋愛対象だと見なしていないらしいという事実には驚愕しました。

 あと電気王は全体としてはシリアスな話だったのに新フォーム登場イベントだけどう見てもギャグになっていて頭がクラクラしました。いやそもそも頭にパンタグラフが生えている時点でギャグですが、個人的には平成ライダーの最強フォームの中ではけっこう好きな部類というかブレイドKフォーム以外はおおむね初期フォームの方が好みというか。

■先日届いたアルターの1/6セイバーさんメイド仕様の写真を。

 原型製作者のアレンジが入った造形・塗装をそのまま製品化というコンセプトだとかで、いい出来かつ豪快に似ていません。
 紺色、白フリル、ストッキングは全部パールっぽい塗装で質感は落ち着いているけど豪華です。眼のペイントもいい感じではないかと。


2007/10/09
■アマゾンさんのフィギュア大バーゲンで美少女系に混ざって「1/150法隆寺 全景」と「1/75法隆寺 金堂」が並んでいますが、それにしても高いぜ法隆寺。あと11日がホビーショーですが、前回はMGヒゲを中心にHGゾックやBB司馬ビーで脇を固めるものすごい展開だったので今回はさすがに00中心の無難な展開だろうと思いつつまた何かすごい隠し球でもないかと期待している昨今です。

■帰りはヨドバシ梅田に寄って、曹操ガンダムとHGエクシアは入荷済みだったので購入。ついでにBB戦士の旧キットも買うかと売り場を見たら天零さんが1個だけ補充されていたので速攻で確保しました。あとどこから湧いて出たのかわからない在庫がたまに補充されるのもヨド名物ですが、今日は「機兵伝説 武者ガンダム」が何故か4個くらいありました。

 で、キットは週末以降に組んで写真を撮りますが、とりあえず曹操ガンダムの額の赤い飾りがクリアパーツだったので現在のわたくしは無駄にテンションが上がっておりますよ。よーしパパ内側のパーツにメッキシルバー塗っちゃうぞー。
 ※追記:中に貼る用のホイルシールも付属しているので塗る必要は無かったのでした。

■浅井真紀氏の通販は近いうちに日時を告知せずに開始するそうです。品切れの補充もそんなに時間がかからないそうなのであまり焦る必要はなさそうですが。

■関西での放送スケジュールやらで今期新番組で最初に見たのはBLUE DROPだったわけですが、例によって1話だけ見てもどういう話なのかわからないという深夜枠にはよくある展開だったのでまだ何とも言えません。
 全体に薄味のキャラデザの中で、立ち位置的には端役のはずの理事長と寮長が妙に目立っていたような。

■ウルトラセブンXの1話を視聴。ハードSF的な作風の割に、主人公が記憶喪失で状況がつかめないうちに変身能力でエイリアンと殺し合いをする羽目になった挙句に救世主呼ばわり、という状況を素直に受け入れて戦う決意をするシンプルなヒーロータイプなのがちょっと意外でした。いや主人公が悩む話を初手から3週くらい続けられるよりは話が早い方が個人的には好みですが。


2007/10/10
■今回はハガキを2枚以上描いている暇が無さそうだったので(主な理由:BB戦士。あとMXとFateも放置中でネタも無いし)久しぶりに官製ハガキを使ったら紙質が微妙に違って調子が狂ったりしつつ、念のためにスキャナの接続をもう1回バラしてつなぎなおしたら認識されました。・・・え?

■HK-DMZさんより孫引きで、臓器移植の募金に関する記事

■そういえば神姫5弾リペイントは結局まだ申し込んでいないのですが、どうしたものかなあ、とか煮え切らない態度のままで時間切れになりそうです。あと電撃のイベントで売る2弾リペイントのバージョン違いの変更点は割とどうでもいい感じだったので一安心。

■ねこめーわく5巻を購入。あとがきによると作者は5巻収録分で20年ぶりに原稿を落としたそうです(24Pの予定が結局前半12Pのみ掲載に)。むしろ20年落としていなかった件の方が凄いような気もしないでもないですが。あと20年画業を続けて作風がほとんど変わっていないのも割と凄いような。
 で、5巻では初手から猫世界の根幹に関わる話があったので話を進める気かと思ったら大筋でいつものな感じでした。あと長期化につれて学生から浪人生にクラスチェンジする羽目になった百合子さまがこっそり2回目のクラスチェンジをしているけど外見はおおむねそのままだったり。

■MAGIxES1巻を購入。レーベルがさくらの境と同じなのか、とか思ってよく見たら掲載誌も同じでさくらが打ち切られたのかと焦りましたが、同時に2本連載しているそうです。あとこっちはあとがきによると「原作付き」とのことですが著者名は竹本泉単独名義だったりとよくわからないことが色々と。
 で、内容は大まかに言うと魔法ものですが、既出の「ちまりまわるつ」等とは細かい部分で設定が色々違うみたいなので、竹本作品には珍しく他作品と世界観が共通していないっぽいです。
 大筋では魔法使い女学生とその同級生やら下宿の幼女とシスコン兄とかの周辺の人々が色々と事件性の薄いエピソードを展開する竹本的ないつものアレです。大筋でラブコメ的にはノーマルですが、主人公の片割れが幼女を無闇に可愛がったりもしますが。
 そういうわけで無口で大人しい幼女とか好きな人は買うといいと思うよ。・・・あれ?


2007/10/11
■そういうわけで今日はホビーショーでして、ミドリさん経由の写真レポートがこちらのサイトにアップされているのでそこからの孫引きの情報ですが、夏侯惇ギロスが冬、孔明リ・ガズィが春に発売される可能性がかなり高いけどまだ決定ではないという今の時点で喜んでいいものかどうかはっきりしない発表があったそうです。でも孔明はともかく夏侯惇が「商品化を具体的に検討される」段階までこぎつけたというのは何とも希望の持てる話だと思った次第。

■ところでエクスプラス大怪獣シリーズでパンドンが出るそうです(参考:あみあみ)。けっこう高いけど買えないこともないという価格設定が悩ましいですが、ところでこれも12月なのか・・・。予約済みのエグゼリカとKOS-MOSと再販BB騎士で既に合計3万近くてプリエをどうしたものか迷っている最中なのでいよいよ首が回らないんだぜ。

■AGスタンディングトータスのネジ穴隠しパーツの件ですが、月曜に専用メールフォームから問い合わせを入れたら今日右脚1本丸ごと届きました。対応が早くて有難いですが、ネジ穴隠しが無いだけの脚が1本丸ごと余って使い道も無いしどうしたものか。

■只でさえ最近は野球をほとんど延長しないテレ東系でしかも10月に入ってから40分延長という予想外の事態にぎりぎりで対処しつつみなみけを視聴。妙に作画がよくて間の取り方にも違和感はないし全体に出来がいいのがものすごく意外です←おい。

■あとドラゴノーツも視聴。1話だけだとどういう話なのか見えないうえに個々のイベントもどうにも盛り上がりに欠ける感じですが、とりあえず年齢高めで胸が大きいキャラは良いものだという製作者の主張は感じました。というかヒロイン格っぽい2人はまともなのに脇にあんな過剰なのが3人もいるのはバランス悪くないかと思わないでもないけど個人的には比較的好ましいので特に問題はないです。


2007/10/12
■帰りの電車がお子様の線路立ち入りだかで駅で30分ほど放置プレイ+徐行運転でえらくロスったので現在のわたくしはとってもご機嫌斜めだわ(世代限定ネタ)。

■通巻400号のDPSで4コマ単行本の第3弾が告知されていました。11月予定でゲーム部3巻と新規2冊。
 そして本誌および電撃PSPと同日発売になっていたはずの電撃PS2だけ告知に書いていないな、と思って発売カレンダーを確認したらしっかり削除済みでした。

■ホビーショーのレポートがミドリさんにもアップされていますが、ところで角川でやる三国伝漫画はボンボンのがそのまま移籍するのではなくて作画が変わるそうで。
 あとコトブキヤがアーマードコアの4脚タイプとアルブレード・カスタムを出すとか。ついに通常2脚以外のが出るのか。

■先日の募金に関する件の続報が出ていました。

■Yahoo動画で無料配信されている初代トランスフォーマーと2010を見ているとネジの外れっぷりが凄くてクラクラします。「クモの巣惑星」あたりはメジャーですが、「ベクターシグマの鍵」(前後編)も凄かったよ。
 ベクターシグマというのはTFを産み出した神のような存在のコンピュータで、メガトロンは自作した自動車に変形するロボット・スタントロン部隊に生命を与えてTFにするためにその力を利用するのが発端なのですが、まずメガさまはその辺の自動車を強盗してスタントロンの材料にするという初手から乱暴なことをします。そしてそのスタントロンをどうやって生命体にするのかといぶかしがる部下に対し自信満々に「まあ見ておれ」などと言いつつセイバートロン星に移動し、それからベクターシグマを利用する計画を明かすのですが、そこで部下からベクターシグマは封印状態で鍵がないと動かないのにどうする気なのか、と指摘され「何故それを先に言わんのだ」とものすごく理不尽な切れ方をします。何言ってんだ破壊大帝。
 そして紆余曲折の末にメガさまご一行はTFの長老・アルファートリンを襲撃して彼が保管していた鍵を強奪、ベクターシグマを起動しスタントロンを誕生させて地球に戻るのですが、そこに遅れてやって来た我らがコンボイ総司令官はデストロンが自動車ロボで戦力を増強するなら我々は航空機ロボで対抗する、とか言い出して、セイバートロン星の地下に保管されていた古い宇宙船を改造して航空機ロボ・エアーボットを作り出します。宇宙船を材料にして地球の航空機にそっくりなメカが出来上がるあたりも割と謎ですが、ロボがおおむね完成した時点で部下に「メガトロンが鍵を持ち逃げしたのでベクターシグマを起動できないのではないか」と指摘されて手詰まりになります。何やってんだ総司令官。
 そしてアルファートリンが自分自身を鍵の代わりにしてベクターシグマを起動させることを提案、コンボイはそれを止めますが結局強行してアルファートリンを犠牲にエアーボットが完成しますが、アルファートリンを悼む部下の発言に対し「1人のサイバトロンを犠牲に6人のサイバトロンが生まれたのだ」とか乱暴な理屈で片付ける総司令官。いいのか。いや結局アルファートリンの意識はベクターシグマと同化していたので一応死んではいなかったのですが。
 他にもオメガスプリームがよくわからない理由でいきなり爆発してバラバラになったり、突っ込みどころが山盛りで面白かったよ。


2007/10/13
■塗装までは済んでいて撮影・編集待ちのBB戦士がけっこう増えてきたので、今日はSDガンダムに新作1・再販2の計3点同時アップを敢行してみました。作業終了時の感想としては「やっぱりやめておけばよかった」という感じで←おい。あと曹操格好いいよ曹操。
 そしてBB戦士の写真をどかどか載せていたせいでサーバの容量が一杯になってしまったので、とりあえず「ハガキ」を閉鎖しました。このままハガキの分の容量を使えば当面は運営に支障ないのですが、将来的なことを考えるともっと容量の大きいサーバへの移転なり別館の開設なりを検討すべきか。ふう。

■web拍手のレスです。
 >TF面白そうなのにスペックというかOSの問題で見れないと言う悲しみ。ニコとかでチェックしてみますw
 あー、その辺は法的に差し障りがあるような気がしないでもないので個人的にこっそりお楽しみいただければよろしいのではないかと、とか腰が引けている感じのコメントでお茶を濁してみる昨今ですが、いい加減古いアニメなので再販DVD-BOXは値下げするなりリマスターするなりして欲しかったなあ、とか。
 あと2010はスカイリンクスの優遇っぷりが異常なのでうかつに見ると復刻再販が欲しくなって非常に危険です。見た目は変な怪獣なのに合体戦士並みのパワーとサイバトロンでもトップクラスの知性を兼ね備えた高性能っぷりでさらに出番も多いとか何事ですか。

■ガンダム00を視聴。先週ロボが動いていて今週もロボが動いていて来週も予告だと一応ロボが動くっぽいのでこれ以上何を望むことがありましょうや。

■さらに写真ネタで、グッドスマイルの鉄虎竜原型1/5いろは。

 メイドセイバーを見た後だとキット版からのRyoji絵から遠ざける方向の修正には不満を感じないでもないですが、とにかくボリューム感が凄いよ。表示スケールは1/5ですが頭や手足の末端の大きさは1/6セイバーとほぼ同じで、でも胴体や太股のボリューム差は表示スケール以上。倍くらい太いんじゃないかこれ。
 武器と下に伸びた帯は硬質樹脂製。軸足がベースに固定されていますが、浮いている左脚のヒザ下とベースの間に差し込む支柱がオプションで付属します(挟み込むだけで穴とかのジョイントは無し)。無くても自立しますが、説明書には長期間飾る場合や好みで使用するように指示されています。まあ実際自重も相当なので飾っておく場合は使った方が無難っぽい。
 ベースの面積もほぼセイバーと同じなのですが、セイバーはベース内に全身が納まっているのに対しいろはは広げた腕や帯がはみ出しまくっているので、実質的な占有面積は倍くらい違います。

 そして私は早々に飾るのは諦めて、普段は箱に入れておいて家族が留守のときにでも出して眺めることにしました。いや、これ1体で1/60ガンダム2機分くらいスペースを使ううえに見た目がこれだと家族の目が気になって仕方ないし。でも箱に入れてもけっこう場所食いますが。
 あと同時にデカブツを2個も買ってフィギュア欲がずいぶん満たされたので、やっぱり年末は出費が多いしプリエは保留にするか、とか日和りかけている昨今。


2007/10/14
■今日はSDガンダムに新作でもなければ9月再販とも無関係な物件を1つ追加しております。

■web拍手のレスです。
 >あの槍は一度の戦いで合計50人を倒したってことなんでしょうか。言われてみると闇将軍って脆いですね
 現実的に考えるとそう解釈するしかないのですが、横井版のキャラ解説にもしっかり「50人の敵を一度に串刺し」と書いてあるので、解釈としては(1)槍が伸びる(2)敵を平たくつぶして刺した(3)この話自体が「竹槍でB29を落とした」的なアレ、くらいでしょうか。
 あと1ページしか無かった頃のコミックワールドは仕方ないとはいえ展開が早すぎてあっけないのは否めませんね。その分超将軍〜超機動はページ倍増でえらい盛り上がりますが。

■スカイガールズを視聴。相変わらず劇的な展開は避ける作風が徹底していたり音羽母につづいて一条さんの母親もこの手のアニメでは逆に珍しく歳相応で地味な外見だったりエリーゼが経歴の割にまっすぐ育っていることだなあ、とか。

■HGエクシアも組んだのですが腰にブレードを取り付けるジョイントパーツを速攻で紛失したので、今日は代わりにGFF真武者頑駄無でも貼っておきます。

 うひょー格好いい、と思いきや、

 量産品質は例によってアレだったわけですが。まあそれなりに満足していますが、カトキデザインに思い入れが無いならプライズ騎馬武者の方がおすすめ・・・かと思ったけど入手性も考慮するなら再販がない限りはGFFの方がマシな気もします。


2007/10/15
■先日、通勤時にたまたま車内広告が1両全部ニキータ仕様という妙な電車に乗ったのですが、艶女と書いてアデージョと読むアレはニキータ的には既に定着した語彙らしくて広告でも複数箇所での使用を確認しました。他にも全体にキン肉スグル並みに言葉の意味はわからんがとにかくすごい自信だという感じで根拠のない説得力に満ち溢れた広告でしたが、とりあえずニキータ的には若さなど技術でいくらでも補えるのだから日々新たな技を身に付け修練に励むことが艶女への道だという意外と男前な思想が根底にあるようです。いやそれ単に若くないと自認している女性を上手いこと乗せているだけではないのか、とか思っても言ってはいけません。諦めが人を殺すのです。たぶん。
 あと「アデージョ」でGoogle検索すると1件目がいきなり18禁でした。うおう。

■先日のボクシングの件に関してTBSがまた芸人魂全開でものすごい誘いボケをかましてきたので、これはスルーしないと負けだとわかっていながらつい関連記事にリンクしてしまう心の弱さを発揮してみました。ご立派ですね。

■浅井真紀氏のMMS関連の通販が昨日の深夜くらいから開始したようです。イベントでは既出の玉兎とプライマリはまだですが。で、全種全色買うと金額も膨れるし、そもそも全部着せられるほど素体の手持ちも無いので、私はとりあえず衣装を3種とジョイントを1個ずつ注文してみました。
 1日近く経っても衣装全6種とも在庫が切れていないので、数にはけっこう余裕があるみたいです。

■劇場版TFのDVDはどれもディスク2枚組で限定版はアメリカで複数ある予約特典の中でも際立ってトンチキな「可変DVDケース」、あと店舗によっては予約特典で小さいフィギュアが付く、ということで、もう通常版でいいか、安いし。とか思っていたらローソン限定でブラックアウトのリカラー版付きが出るという話です。どうしたものか。ブラックアウトは欲しいけどアマゾンでDVD通常版を買うのと比べると6000円近く高いし。
 あと特典にブラックアウトを選ぶセンスは割と凄いと思った。普通は無難に小さい方のコンボイかメガトロンあたりになりそうなものですが。

■ウルトラセブンXの2話を視聴。相変わらず未来世界の映像表現が安っぽいうえに今回は「セブンが変身するなり光線技をぶっ放して一撃必殺、戦闘シーン終わり」というものすごい高速展開で呆然としましたが、話そのものはベタではあるけど30分の1話完結で割と面白くまとめてあったと個人的には思った次第。
 考えてみれば「セブンが出なくても成立する話」というよりむしろ「30分で締めないといけないのでセブンの光線技をデウスエクスマキナにした」みたいな強引な話のような気もしますが、何となく気に入ったので当面チェックを継続します。


 

メニューに戻る

inserted by FC2 system