1/144ガンダムAGE-2アルティメス
 電撃ホビーマガジン2012年9月号付録。アルティメスウェアの専用パーツのみで、本体はHGのAGE-2ダブルバレットを使うようになっています。構造上はノーマルやダークハウンドでも取り付けは可能。
 白と青の2色成形で、クリアパーツ採用以外の付録ガンプラでは珍しく色分けのための分割もあります。
 ウェア部分はこれ単体で組める構成ですが、関節部は別途ポリパーツ(PC-001)を用意すればそれを使うことも可能。ただ、不要になる軸を切断する等の最低限の加工は必要です。
 大半のキットで余らない首や手首用のポリは使わないので、00以降のHGキットをいくつか組んでいれば何とかなりそう。
 また、AGE-2本体のキットを1個丸ごとこれ用に使えば本来の手足のポリをこっちに使えます。というか肩装甲の合わせ目を消す場合は無改造だとそれが必須になりますが。

 青と白は成形色仕上げで設定通りの配色にするなら塗る必要は無いですが、赤やグレーは足す必要があります。
 設定画に比べて肩と大砲の間に入る白いパーツがちょっと分厚いのと、脚がちょっと短くなっているので余計にボリュームが上半身に偏っている感じです。
 可動部の大半はポリパーツの組み込みが可能。
 肩は中身のグレーの部分のみAGE-2本体側のパーツを使うので、外側の合わせ目を消す場合は完成後に組み替えはできなくなります。脚は着脱可能。

 ダブルバレットの腰装甲の配色を変えていてアルティメスを組むのに下半身だけノーマルを使ったので隣の人のパーツ構成が若干おかしいですが気にしない。

 肩キャノンの他に、右手首のシールド用ジョイントを使ってアルティメスビームサーベルが付きます。刃は通常のサーベル用パーツを使う構造。

 肩の白いパーツにダブルバレットのライフルを取り付け可能。

 大砲側面の丸い部分は引き出せます。

 グライダー形態。胴体の変形は他と同様です。
 肩部分が上下に分厚いので角度によってけっこう印象が変わります。

 脚を前に出してモビルアーマーっぽく。

 グライダーにライフルを3つ追加して5連装にしてみました。

 ノーマルとパーツ入れ替えで腕を青くして、ついでにシールドもつけて左右のバランスを取ってみました。

 前腕とスネは接続部のポリパーツが同じなので、脚を腕につけることも可能。カラーリング次第で水中用にも見立てられそうな。

 肩に入れるポリの軸径は同じなので、ノーマルやダブルバレットの肩装甲に大砲だけ乗せることも可能。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system