HG1/144ビギニングガンダム
 作品内でもプラモデルとして存在しているという独特の機体ですが、雑誌記事によるとデザイナーとしては宇宙世紀のVガンダムより後の年代を想定しているとのこと。
 特にコストダウンやパーツ点数の削減が図られたりとかそういうこともなく、普通にHG仕様。色分けは細かいですが、デザインがさらに細かいので不足はあります。

 で、せっかくなので白い部分の一部をライトグレーで塗ったりして元から多い色分けをさらに増やしてみました。
 あと肩基部のフレームの向きを180度変えて、肩の位置を本来より上、後方にずらしています。
 設定画は頭が大きめで細身で小柄なガンダムとしては独特な体形でしたが、キットは体格がボリュームアップしています。
 設定上は三角形の部分でビームのフィールドを制御してそれを飛行にも使うということになっていて、従来のバーニアノズル的なものは付いていません。
 劇場版00系キットとは逆に、白・青・赤・黄それぞれに塗装が必要な箇所がありますが(赤と黄色はシールを使えば不要)グレーを塗る部分は少ないです。
 関節構造は最近のHG級では珍しくABS併用。ポリパーツは00系のものです。

 マスクはよく見るとスリットがへの字ではない独特なデザイン。この凹部は黒く塗らないのが設定的には正しいようです。
 作中ではビームで展開されてバルカンの弾丸にもなるツノはクリアイエロー成形。先端の安全対策突起を削り落とすと跡が若干気になるかもしれません。
 アゴの赤は色分けされていますが、眼の下の赤はマスクに一体化しています。
 ところで頭部を組み立てた後で眼のシールを貼るのって地味に難易度高いような。

 足首の上に引き出し関節があって、前にかなり曲がります。あと胴体と肩の間に隙間があって、腕が前だけでなく後ろにもスイングできるのが特徴。

 同時発売のGPB仕様Hi-νは買っていないので、代わりに色が違う人と。
 他の1/144キットと比べると頭が大きめです。

 武器はライフル、シールド、サーベルと基本的なラインナップ。
 手首は左手が穴の無い拳しか付属しない仕様で、そのためライフルのフォアグリップの可動が実質的に死にギミックになっています。
 ライフルはグレーの一部と白の色分けが省略されています。
 シールドは白と青は色分けされていますが、赤い部分は色分けされていません。ここには穴が開いていますが、上に貼るシールには穴は無くて穴の形状と同じ黒線が描かれています。
 腕の穴に直接取り付ける構造で、位置や向きは固定。

 サーベルは背面に装着されるグリップ6本全てが着脱可能でビーム穴付きですが、ビーム刃は1本のみ付属。刃が黄色いので他のキットからの流用は制限されますが、どのみち左手では持てないし問題無いといえば無いです。
 あとシールド裏にも予備が付きますが、こっちは3本が一体化しています。いずれも青い部分は色分けされていませんが、手と一体化した分も含めると12本あるので塗装が地味に面倒です。

 他に3本同時持って刃を展開した状態を再現したパーツ(右手と一体化)が付属します。
 手首の赤い装甲が固定で干渉するため、手首の可動が若干制限されています。

 あと写真では使っていませんが、股間には恒例のアクションベース接続用の穴があります。
 

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system