HG1/144ビルドバーニングガンダム
 新シリーズ第1弾。特に流用は無い新規キットです。一部のランナーには用途が不明なスイッチが入っているので、いずれ強化型なり同型機なりが出るのかも。
 ポリはAGP型のものからランナーを拡張したタイプで、従来のものよりパーツが増えています。

 グレー以外全部塗っています。青の成形色はもっと暗い色味。
 ふくらはぎのノズルと頭部のセンサー類はシールが付属して、後は開口部の中身以外だいたい色分け済み。
 関節構造は大まかには従来のAGP規格のものと共通ですが、胸部が3分割されて左右のブロックが中央に対し可動になっています。あと手首がポリパーツ接続に。

 胸のダクトは開口していて中身はグレー成形。

 ビルドストライクは肩がかなり大きいのもあって、ちょっと小柄な印象。

 武装は一切付属しませんが、背面、拳、足先に取り付け可能なエフェクトパーツが付属。
 手は穴開き拳、穴無し拳、指を開いた平手、手刀が左右それぞれ付属。穴開き拳以外は全部手首に曲げ可動があります。
 手の甲の開口部は箱絵を見るにクリアパーツと同じ色のようです。とりあえず無塗装で放置しましたが、穴開き拳以外の手の甲は全部全く同じ形なので、水色とオレンジの2色を1組ずつ用意して交換すれば変色にも対応できそう。

 上述のように穴開き拳が付属するので、他のキットから手持ち武器を流用できます。あとバックパックにはAGP規格の穴が開いていて、これをストライカー規格に変換するジョイントパーツも付属。
 前腕、スネ、サイドスカート側面のパネルを外すと中に3ミリ穴があるので、拡張性はけっこう高いです。

 本体のクリアパーツは青とオレンジの2組付属し、交換可能。
 エフェクトパーツにはつや消しを塗ってみました。

 円錐状のエフェクトは両手と足(左右共通)の3個付属。あと、これに取り付ける細長いパーツが3種4本ずつ付属します。
 背中のエフェクトは基部や中途部を回して角度を変えられます。

 拳のエフェクトは専用のクリアオレンジ成形の拳に取り付けるようになっているので、拳だけでも使えます。普通の色のものより造形は簡略化されていますが。

メニューに戻る

inserted by FC2 system