HG1/144クロスボーンガンダムX1フルクロス TYPE.GBFT
 既出のX1の流用キット。一部パーツは削除されているので素のX1としては組めません。
 白の新規ランナーはムラマサと胸の髑髏だけ分離可能になっています。

 成形色は白がパールホワイトになっています。そのままだとウェルドラインやゲート跡も目立つしパール塗装も面倒なので、設定画や箱絵の色味に寄せる方向で塗っています。ただ、せっかくなので顔と胸の髑髏は成形色を残してみました。
 白以外の成形色はだいたいX1と同様。フルクロス部分の赤や黄色はシールで処理されています。
 リアスカートは左右ともにスクリューウェッブを搭載したタイプになっています(スクリューウェッブ自体は付属しません)。
 フルクロスは肩に付いている部分のみ着脱可能。ここはジョイントを塞ぐパーツも付いています。肩の前後に付く板と基部の接続はボールジョイント。
 襟は首の根元と一体化していますが、ここは元のパーツも付属。
 胴体部分はコクピットハッチ左右に付くフックみたいな部分に接続用の穴が開いているので、フルクロス無しで組むと穴が開いた状態になります。そのため未改造でパーツを交換するだけだとX1スカルハートを組むのも無理です。
 本体の関節はX1と同様の構造。フルクロスは肩の前後に付く板の基部がボールジョイント接続です。

 頭部はアンテナが増設。今回もフェイスオープンは頭をバラして交換する必要があります。
 胸の髑髏には銃口は造型されていません。

 X1とトランジェントの白はガンダムカラーのノーマルな白を塗った状態です。

 武装はX1のものが削除無しで全部(ビームザンバー、バスターガン、ヒートダガー、サーベルと、ブランドマーカーとビームシールドのエフェクト)と、あと新規でピーコックスマッシャーとムラマサブラスターが付属。それとコアファイターのパーツもそのまま残っています。塗装までしたのに写真を撮り忘れましたが、それも形状は全く同じです。
 手はX1と同様、穴開き拳とバスターガン用が左右と、角度が付いた手が右のみ。

 ピーコックスマッシャーとムラマサブラスターはそれぞれグレーと白の単色成形。いずれもサイドスカートに接続できます。
 顔と胸の髑髏はVer.Ka準拠ですが、ムラマサブラスターの髑髏のみ原作版に近い歯が大きくて下顎が無いデザインになっています。
 ピーコックスマッシャーは銃身、左右両端の黄色い部分(グレー成形ですが)ともに固定で特にギミック無し。
 武器を持たせてポーズを付けようとすると肩のフルクロスがちょっと外れやすいです。

 ムラマサブラスターはビーム展開エフェクト付き。全部付けるとさすがに重いです。

 肩のスカルヘッドは外して手に取り付け可能。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system