HG1/144ライトニングZガンダム
 HG-UCのZガンダムからの流用は無い新規キット。逆にこれを今後何かに流用することを想定していそうな形跡も特に無いです。

 藤田版の要素が入っていなくもないデザインなので、足先を青く塗ってみました。
 グレー以外全塗装で、青と黒は成形色より明るめにしています。
 色分けは肩・腕の黄色やバックパック下部の赤等がシールで処理されていて、他はだいたい足りています。
 関節はAGPポリの他にポリボールをランナー1枚分使ってあります。あと首はポリパーツを使わない構成で、他のキットより太いです。
 なお、3ミリ径のジョイントはあまり使われていないので、組み換えの自由度はやや低め。

 シリンダーのためだけにライトグレーの成形色が使ってあります。カラーガイドでは上下で2色使う指定になっているので結局塗る必要がありますが。

 武装はライフル、シールドが付属。サーベルはありません。手は左右とも1種類だけ。

 ライフルの丸いセンサーの後ろに付いているケーブルっぽい部分は隙間が板で埋まっているので開口しておきました。
 設定上はシールドの先端はメガ粒子砲になっています。ジョイントが干渉するので、普通のZのように赤い部分を上に向けた状態にはできません。
 腕に対するシールドの位置は固定ですが、肘下にロール軸があっていわゆるガワラ曲げが可能なので、シールドの向きはあまり制限されません。
 あと腕への接続ジョイントにグリップも付いているので手持ちも可能。

 バックパックの左右のブロックを外して腕に付けることが可能。余るライフルとシールドは代わりに背面に取り付け可能です。この状態ではライフルのグリップは折り畳み可能。
 なお、取り付け位置が重複するのでバックパックを外さずに武装も背中に付けることはできません。
 羽根に付けるビームエフェクトが付属。

 フェニックスバースト発射形態。特にシールドと羽根を接続するギミックは無いので、シールドを手に持ってそれっぽいポーズにするだけです。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system