HG BUILD CUSTOM1/144ヴァリュアブルポッド
 HG-UCギャンと組み合わせてギャンバルカンを作ることも可能ですが、ギャンバルカンのフルキットとしての販売は無くてパーツセットのみというちょっと変則的な扱いになっています。

 まずポッド単独で組んだ状態。
 成形色は紫系2色、グレー系2色、赤、黄色と計6色もあります。グレー以外はHG-UCギャンと同じ色味。
 機首の中にギャンバルカンの頭部パーツが入っていますが、機首自体は頭部ではなく周囲のダークグレーのパーツで固定されているので、ギャンバルカンの状態で頭部に機首パーツを固定するのは無改造だと無理です。
 機首と周囲のダークグレーのパーツ、下部のランディングギア等、ギャンバルカンを組むと余るパーツもけっこう混ざっています。

 上にMSを乗せるにはちょっと小さいですが、リゼルみたいな牽引姿勢ならいけるかも。

 バックパックがAGP規格になっているキットならそのまま背負えます。他にビルドブースター等と同じようなジョイントや接続アームも付属するので、背中か股間に3ミリ軸があればだいたい取り付け可能。あとHG-UCザクのバズーカラックに対応したジョイントも付属します。
 ただ、丸ごと背負うとちょっと重いのでバランスが悪いです。いくつかのブロックから構成されているので、ある程度外して軽量化もできますが。
 あとシールド用グリップはギャン専用のものの他に汎用パーツも付属。

 ギャンバルカンを組む場合、頭部とバックパックの他に手首も新規パーツがあるので、ギャン本体はその他の部分だけを使います。

 ギャンバルカン。胴と腕の間に肩装甲が挟まった分肩幅が広がっているので、とりあえず胸装甲側面の腕基部付近の丸い切欠きを拡大して腕が奥まで入るようにしてみました。
 素のギャンより上半身がかなり重くなるので、関節は少し補強しておいてもいいかも。あと重心が後ろに寄り気味ですが、足首が前後にはあまり曲がらないのでちょっとバランスをとりにくいです。

 追加パーツが上半身に集中しているので、相対的に下半身のボリュームがちょっと寂しいです。

 ビーム剣と盾が2個ずつ付属。いずれもデザインがちょっと変化している他、寸法やバランスにも相違があります。
 ビーム刃の根元の径は若干違うので、交換には調整が必要。

 ギャン用シールドグリップにはHG-UCギャンのものとだいたい同じ可動が入っています。
 ビーム刃はシールドにも取り付け可能。

 シールドを持つと手が塞がるので剣との同時装備はできませんが、余ったシールドは一応肩装甲に取り付け可能です。

メニューに戻る

inserted by FC2 system