HG1/144ガンタンク初期型
 過去編でサイド3に配備されていた機体で、ホワイトベースに積んであった青いのとは仕様が異なります。青い方はまだアニメ版のデザインが無いですが、ランナー構成のパーツ配置やスイッチ等からも一応考えてはあるみたい。
 あと、ランナー構成上バックパック(というか主砲の排気ユニット)が丸ごと2組入っていて1個余ります。
 透明地のマーキングシールが付属。機番は9機分あります。なお、色分け用のホイルシールは今回は無し。
 なお、以下の写真では左のキャノン基部のフックの向きが全部間違っています。右のが正解。

 だいたい全部塗っています。本体色はやや青みがかったグレーで指定されていますが、成形色自体は特に青っぽくないです。肘関節、バックパック、大砲、キャタピラのグレーの成形色は共通。
 頭部側面の丸いパーツの白や胴のグレー、下半身のハッチの窓等は色分けされていません。他は頭部のバイザーも含めてだいたい色分け済み。
 なお、下半身の丸いハッチは開閉も可能ですが、中身は特に造形されていません。
 キャタピラは中央の線に沿って縦に2分割されていて、それ以外は一体成形。硬質樹脂で、最初から上側がたわんだ形状になっています。
 可動部はキャタピラ基部も含めてだいたいポリパーツ入り。今回はグレーは柔らかいPSではないです。

 バイザーはクリアパーツ。頭部には砲手席がある設定ですが、特に中身は無くてバイザーの内側は平面です。

 全高は元のガンタンクより抑えられていますが、体積はむしろ増加しています。

 肩キャノン上下のシリンダーは砲身の上下動に連動して伸縮。砲身は上下の他、基部で横にも少し曲がります。

 キャタピラ基部と車体中央は両端にボールジョイントが付いたフレームで接続されていて、かなり大きく動きます。
 フレームは1パーツ構成で肉抜きが多いですが、ある程度パテで埋めてみました。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system