HG1/144モンテーロ(クリム・ニック専用機)
 機体名はパッケージにも“(クリム・ニック専用機)”まで記載されています。
 特に流用を想定したスイッチはありませんが、青と関節色以外の成形色のランナーは小さくまとまっているのでランナーを1〜2枚差し替えればバリエーション展開もできそう。バリエーションは今のところ没になった赤いアイーダ機くらいしか無いみたいですが。

 作中に寄せる方向で、青は明るめの紫寄りにして頭部のライトグレーはかなり明るめに振ってみました。あと関節色はプラとポリで色味がちょっと違いますが、たまたまポリに近い色味の塗料がストックにあったのでプラの方をそれで塗っています。
 なお、ポリは首と肩基部で露出します。
 肩の白ラインや目元はパーツで色分けされていません。あと青は首回りと肩装甲が不足。関節色は設定通りの配色にするなら股間の縦ラインだけ不足です。
 シールドの色分けは後部のノズルだけで、裏面は特に色分けされていません。
 バックパックの接続はAGP規格。
 サイドスカートのミサイルは1個ずつ別パーツになっていて、一応取り外せます。
 ポリはAGP型。肩基部の引き出しが前ではなく上向きになっています。関節色のプラは柔らかい樹脂。
 あと他のキットと比べてゲートがかなり太い部分が多めなので、切断の際には気を付けた方がいいかも。

 頭部のグレーは色分け済み。眼とその下の赤ラインはグレー成形ですが周囲とは別パーツになっています。
 
ちなみにGセルフやグリモアとは違ってクリアパーツは武器のビームだけです。

 個々のパーツ形状はグリモアとの共通性がありますが、体型は全然違います。

 武器はライフルとジャベリンが付属。手は左右の穴開き拳と左の穴無し拳です。
 シールドは基部にボールジョイントと曲げ可動軸があって、かなり上まで上げられます。

 ジャベリンは収納状態のものが2つと展開して連結した状態のものが1つ付属。収納状態のものは左右のシールド裏に1個ずつ取り付け可能。

 展開状態のジャベリンは先端以外いわゆるモナカ割りで、パーツが薄くて長いので最初から若干反っていたりします。
 ジャベリンに取り付け可能なビームワイヤーも2つ付属。パーツはグリモア付属のものと全く同じです。元が長いので片方付けただけでもかなり長くなります。

メニューに戻る

inserted by FC2 system