HG-CE1/144ブラストインパルスガンダム
 プレミアムバンダイ限定キット。パッケージは単色で説明書はモノクロの専用のもの。
 フォースインパルスガンダム(REVIVE)の本体を流用してブラストシルエットを新造したもの。HGでは初キット化になります。

 で、ブラストシルエットは主砲の砲身が左右で共通パーツですが、左右外側にグリップが付く位置は内側では特に蓋とかは無くて穴が露出していたり、あとレールガンの砲身上面に肉抜きがあったりするので、とりあえずパテで埋めておきました。
 穴がレールガンの固定ジョイントを兼ねているとかそういうことは特に無いので、埋めてしまってもパテの分重量が増す以外には特にデメリットは無いです。ただ、主砲の方はグリップが入る位置に貫通している穴の奥までパテが突き出てしまうと組み立ての際に干渉します。
 爪先を埋めたのは捏ねたエポキシパテが余ったのでついでに。主砲の先端付近にも穴というか窪みがあるからそっちを埋めればよかった、というのは後で気が付きました。

 分離形態。本来は分離するとフォースインパルスと同じ色になるため説明書では存在しない扱いのギミックですが、パーツの構造は何も変わっていないので分離変形は普通に可能です。なお、分離形態で台座に接続するためのジョイントも付属しますが余剰パーツ扱い。
 コアスプレンダーとシルエットフライヤーも付属。フォースインパルスと同じものなので白単色成形で、今回もシールは無いです。

 ついでにシルエット抜きの合体形態も。

 グレー以外全部塗っています。肩や胸はダークブルー成形ですがファントムグレーにしました。あとブラストシルエットの緑はランチャーストライカー等と同じ色ですが、好みで黄色を抜く方向にしています。
 本体の色分けはほぼフォースインパルスと同様ですが、眼の下の赤ラインは顎と一体で青成形になっているのでシールで処理されています。
 ブラストシルエットは後部の赤いノズルやレールガンの先端等も色分け済みですが、主砲先端とグリップ付近の赤はシールが付属します。

 眼はクリアパーツですが、やっぱり見えづらいので不透明に塗装してみました。

 横幅は狭いですが、密度が上がってゴツい印象です。

 武装はフォースと共通のライフル、シールドと、新規のビームジャベリンが付属。ジャベリンは1つだけです。

 ブラストシルエットの主砲のグリップは可動式で展開可能。
 主砲支持アームの両端はポリボール接続。主砲の砲口付近は左右貼り合わせではなく一体成形で、砲口は開いていません。
 レールガンはアンテナと干渉するので、右の写真の位置まで下げるには首を横に向けて干渉を避けるか、もしくは一旦首を外してしまう必要があります。

 ジャベリンの収納自体はできませんが、収納部の開閉は可能で中には着脱できないダミーのジャベリンが入っています。そこの写真は撮り忘れましたが。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system