HG-UC1/144ジェガン
 リニューアル路線以降の逆シャア商品展開ではかなりの確率で後回しにされてそのまま放置されることも多いジェガンが、HG-UCでもジムVやホビーハイザックを除けば最後に登場です。

 HG-UCには珍しく透明地のマーキングシールが付属して色分け用ホイルシールは付属しません。連邦マークの他にロンドベルのエンブレム等があり。
 逆シャア本編だともう少し青味が強くてくすんだ緑色だったように思いますが、成形色はちょっと黄色寄り。
 赤い部分は色分け済みで、黄色の部分は全く色分けされていません。グレーは足の甲や頭部バルカン等がブルーグレー、他の関節は普通のグレー成形。逆シャアHG-UCで多用されているガンメタは今回はありません。
 見本写真だと武器やバーニアノズル、手指は関節より暗いグレーなので手指以外は塗ってみました。
 関節は新型ポリパーツとABSの併用。
 ランナー上にはパーツ差し替え用のスイッチがあり、武装やバックパック、肩装甲等の差し替えが想定されているようです。

 バイザーと頭頂前側のサブカメラはクリアパーツで、バイザーの中に丸いカメラが造形されています。バイザーのすぐ上にあるサブカメラと後頭部のは色分け無し。写真では中身を銀色で塗っています。
 バックパック両脇から上に伸びたスラスター的なものは基部がABSで前後可動。

 連邦系量産機としては大柄ですが、逆シャアの機体としては小さめ。

 武器はライフル、サーベル、シールドが付属。ライフルは1パーツで薄かった旧キットとは違って厚みがあります。
 手は左右の穴開き拳と右のライフル用が付属。ライフルはグリップの突起で手に固定されます。

 股関節の軸は00系と同様のスイング構造入り。台座用の穴にはカバーがありません。
 シールドはいつもの取り付け位置を2箇所から選べる構造。ミサイルは赤成形で別パーツ化されています。

 サーベルは00系キットの、断面が楕円状で長さが違うものが2本入った汎用ランナーが付属。グリップ自体は設定通り1個しかありませんが(※F91の改装機には複数持ったタイプもいます)。
 腰のグレネードラックは開閉可能。中身は固定されています。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system