MG1/100百式改
 プレミアムバンダイ限定キット。パッケージは単色で説明書は専用のもの。一部カラー印刷ですが設定解説は無いです。
 百式の流用キットで、どうも先行した量産型百式改の専用パーツからの流用は無いみたいです。
 マーキングは肩の“百改”も含めて水転写デカールで付属。センサー類等の色分けは別途ホイルシールが付きます。
 光沢メッキの百式としても組める、というのが売りでもあるので、百式のパーツも全部入っていてどちらを組んでもかなり余ります。設計の段階ではコンパチにしないことも想定していたようで、赤いパーツは百式と百式改のランナーで全く同じパーツが重複したりもしています。
 これでMG百式2.0の金色の表現を3種から選べるようになった半面、百式、百式改、量産型百式改の3機を金色を揃えて並べようとするとメッキを落として3機とも塗装で仕上げるしかないのがちょっと困ったところですが。

 赤とダークブルーは塗っています。メッキ以外の成形色は百式2.0と共通。赤は好みで明るめにしてみました。
 肩装甲の三角のノズルとバックパック側面の四角いノズル、バックパック後面の緑色は色分け無しでシールが付属。バックパックの丸ノズルは外側まで丸ごと赤成形で、あと肩の下向きの丸い穴も設定画だと中が赤いようなので塗っています。バックパックの下に伸びたフィンの赤は色分け済み。
 外装の大半は新規パーツで、流用は胸部(ハッチの金部分以外)、リアスカート(サーベルラックは新規)、手首、太股、ふくらはぎの内側とスネ後面下部くらい。
 フレームは腕が肩以外丸ごと新規パーツで、あとスネもふくらはぎの外側だけ新規。
 組んだ後で換装しようとするとスネをフレームごと分解したり肩装甲を分解したり胸部のガワをほぼ全部外したりする必要があるので、あまり現実的ではないです。
 量産型百式改とは肩武器が無い他にも頭のアンテナの有無や肩のフィンの長さ等、一見共通に見える部分も細部が色々違うようです。
 肘は丸い部分で曲がる1軸関節っぽい見た目ですが二重関節。あとバックパックは左右のブロックの基部がボール、下のフィンの基部が2軸で可動です。

 眼は無地、ツインアイ、走査線の選択式ですが、パーツは1つだけなので百式2.0のように組んだ後で変更することはできません。
 眼のバイザーは無色クリアパーツで、裏面にツインアイが凹モールドで造形してあります。ツインアイのシールは内側、他は外側に貼るように指定されています。あと額の緑色のセンサーも無色クリアで、外に貼るシールが付属。
 個人的には百式改の眼は緑色という印象でしたが(主に元祖SDの影響)、シールのツインアイは百式2.0と同様に赤です。
 で、表面にクリアグリーンを塗って裏面はツインアイの部分だけ銀を塗りましたが、銀を塗っていない部分も意外と色が沈まなかったです。

 百式2.0もけっこうアレンジが強めでしたが、あちこち尖っている百式改と並べると普通っぽく見えますね。

 武装はライフル、サーベル、バズーカが付属。いずれも百式2.0と同じものですが、サーベルはサーベルラックには百式とは上下逆に付ける指定になっています。手も百式2.0と同様で可動指のもののみ。
 バックパックに武装のマウントラッチが無いので、ライフルとバズーカは背負えません。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system