HG1/144ダブルオーガンダム
 2期放送開始に先行して発売された主役機。武装がやや足りませんが低価格でよく動きます。

 

 パーツで色分けされていない部分はバックパックのノズル、スネ側面や足の甲等のグレー、顔、ツノの黄色等です。白、赤、青は成形色仕上げなら塗る必要は全くありません(クリアブルーとクリアレッドは使いますが)。
 ドライヴのスリットは蛍光グリーンを塗ってみましたが、ちょっとうるさかったかも。
 バックパック中央には今のところ用途が無いジョイント穴が。

 付属武器はGNソードUとビームサーベル(グリップのみ)が各2個で、それぞれ腰側面、後面に装着可能。サーベルマウントは下向きの穴の他に横向きの穴があり、そちらに取り付けることでエクシアのように取り外す際にグリップが90度回転した状態を再現できます。

 頭と手足の丸い部分の他に、額の赤と眼、後頭部サブカメラがクリアパーツになっています。
 なお、写真では各部の丸パーツは表面にクリアグリーン、内側の平面にネービーブルーを塗っています。あとクリアパーツは全て無色成形。

 GNドライヴはバックパック側の基部がボールジョイント、アームに2箇所の軸関節が入っていて、前後に向けたり上に跳ね上げたりできます。

 

 例によってアクションベース用ジョイントが股間にあります。
 首が2重ボールジョイントになったのでこういう姿勢でも前を向けます。あと腰も2重ボール。
 平手は左手のみ付属。

 肘と膝は多重関節で、曲げ範囲はこんな感じ。正座もできます。
 関節は新規設計のポリパーツを使用していてABS樹脂は不使用。組んだ後で前腕やスネを取り外すことも可能な構造です。

 可動範囲はこんな感じ。特に股関節と足首が大幅に拡大していて、異様によく動きます。

 GNソードUはソードモードとライフルモードに変形可能。刀身の向きの変更のみ差し替えで、グリップ等はそのまま変形できます。センサーっぽい部分はクリアパーツ。

 サーベルグリップの穴はGN-X付属のサーベル刃と同径なので流用可能。ヴァーチェやナドレのものは断面形状が違うので使えません。
 あとMG付属のものも径が同じだったりします。右の写真のはMGガンダムVer.2.0のものを流用。

 
 

メニューに戻る

inserted by FC2 system