1/100ガンダムRXF-91
 シルエットフォーミュラ91の初期主役機ですが、キットはハーディガンが先行したのでシリーズナンバーは2。
 0080や83、F91を経た後にこのデザインというのは個人的には相当な違和感があったので当時はスルーしていました。・・・いや、システムインジェクション採用キットは価格的に子供にはそう簡単に買えなかったという事情も割と大きいですが。何しろ最近のHG級と比べても大差無い値段ですし。
 あとキット名はガンダムRXF-91だし発売当時の雑誌等でもシルエットガンダムという名前は無かったように思うのですが。
 なお、後でRXF-91のパーツが全部入っている流用キットのRXF-91改が発売されています。

 まずシステムインジェクションのランナーはこんな感じ。通常のいろプラと比べるとパーツ数が減って組み立ては楽ですが、塗装する場合は色分けの意味が薄いです。
 肩装甲の裏が真っ赤だったり、胴体側面に黄色いゲート跡ができたりします。

 関節や武器はガンメタ成形ですが、肘と手首にポリパーツが露出するのでそれに合わせてグレーで塗りました。なお、ポリパーツは旧F91の流用で、膝関節用のものは使わない設計。
 F91シリーズでは色分け用シールと水転写デカールが付属しましたが、こっちはデカールの代わりに透明地シールが付属。なお、パッケージや説明書に掲載されている「RXF」の文字をあしらったエンブレムはシールが付属しません。何のために設定したのかしら。

 眼はクリアパーツ。顔の造形は良好です。肩幅が広いうえに襟に相当する部分が無いので、胸部上面がちょっと間延びしている印象。
 素組みの状態だとこれ以上アゴを引けないので、マスクの裏側の干渉する部分を少し削るといい感じです。

 F91(MG版)との対比。肩幅がかなり違いますね。

 武器はライフル、ビームシールド、サーベル2つ、右腕に固定するビームスプレーガン、あと背中にヴェスバーが付いています。
 ビームシールドはビーム部分の着脱はできません。

 サーベルは背中につけるグリップのみのものと、刃が一体成形(不透明で白)のものがそれぞれ2つずつ付属。刃はかなり長いです。
 ヴェスバーはグリップの展開が可能。本体との接続アーム基部はボールジョイントなので、ある程度横にも曲がります。

 肩、ふくらはぎ、バックパックのスラスターカバーが展開するギミックがあります。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system