HG1/144セラヴィーガンダム
 1期ではおおむねヴァーチェが後回しにされていましたが、セラヴィーはアリオスより先行してキット化されました。ヴァーチェ同様にキットでは再現されていない隠しギミックがありそうな雰囲気ですが。

 恒例のクリアパーツは額の赤い部分と肘関節の丸パーツの他、バズーカのセンサーっぽい部分とキャノンの砲口内に入っています。ダブルオーやケルディムとは違って膝には透明丸パーツはありません。というかあったとしても装甲で隠れて見えませんが。
 キャノン砲口は中身をネービーブルー、クリアパーツをクリアグリーンで塗っています。
 各部の細かいグレーやダクト内の黒の他、エリの黄色や背中のマスクの眼と眼の縁の赤ライン等は色分けされていません。胸や足先の青緑とバックパックの黒は別の色で成形されていますが、ヴァーチェ同様にブルーグレーに設定されているバズーカは指定色ではなく黒で成形されています。
 関節構造は新型ポリパーツ採用でダブルオーやケルディムとおおむね同様の仕様。武装のギミックが多いため他に従来型ポリパーツも入っていますが、ABS樹脂は不使用。
 股関節の軸スイングは2軸になっています。腰サイドスカートはボールジョイント接続。

 ヴァーチェとは似ているようでプロポーションはけっこう変化しています。

 背中のパーツは差し替え無しで展開してフェイスバーストモードに。ツノの基部のボールジョイントが若干ゆるいので調節した方が動かしやすいです。
 個人的にはこれはこれで格好いい気が。

 セラヴィーは機体の外部から確認できる位置にGNドライヴがありませんが、バックパック接続部の形状的にどうも本体ではなく背中の人に入っているみたい。

 で、背中の人。下部のエンジンポッド的な部分はいかにも脚を折りたたんだような造形ですが、腕はちょっと無理があるし顔は大きさ的にかなり無理があるしで、これにどういうギミックがあるのかはまだよくわかりません。
 なお、キャノン基部とエンジンポッド基部はポリパーツ接続。腰のサイドスカートもポリ接続で可動式です。

 手持ち武装はGNバズーカUが2個付属。他に肩とスネにGNキャノンが合計4個ついています。ビームサーベルは設定上は持っていて説明書の武装解説でも紹介されていますが、今回はグリップも付属しません。
 バズーカのクリアパーツはダブルオーやケルディムとは異なり、青ではなく緑に設定されています。

 スネのキャノンは展開式で、4門同時展開のクアッドキャノンも可能。バズーカの黄色は色分けされています。
 バズーカはグリップがやや太いせいか、大きくて長い割にダブルオーやケルディムの武器より保持は安定します。

 GNバズーカUは合体してダブルバズーカに。側面のグリップで両手持ちも可能。
 さらに砲身を上下にスライドさせたバーストモードになります。というか砲身を展開したダブルバズーカを肩キャノンに連結した状態が本来のバーストキャノンですが、写真を撮った時点では勘違いしていました。
 なお、下側のグリップは畳んで収納するのが正解ですが、軸が固くて一度畳むと引き出すのが面倒なので写真では出しっぱなしにしています。

 分離状態のバズーカをそれぞれ肩キャノンに連結したツインバスターキャノン。キャノンは上下で形状は同じなので脚のキャノンにもバズーカを取り付け可能です。
 あとスタンド接続用の穴にはポリは入っていません。

 サーベルは付属しないので、とりあえずダブルオーのグリップにGN-Xの刃をつけたものを持たせてみました。

 
 

メニューに戻る

inserted by FC2 system