HG-UC1/144ゾゴック(ユニコーンVer.)
 ウンバホ ウンバー(挨拶)。
 
アニメ版EP4に登場したもの。元々は無かった手持ち武器が追加された他、腹部に内蔵されていたワイドカッターは削除されたという設定になっています。
 ところで箱絵にはゾゴックの他に既にキット化済みのジムU、ザクマリナー、ゼー・ズールに加えて、さらにカプールもいますがフラグだったりするのかしら。
 配色パターンが相違している水色のタイプ(web限定で発売予定)に対応するためにランナーにはあちこちにスイッチが入っていて、これを使えば旧設定カラーにもある程度は対応できそう。でも出るとしても限定だろうしさっさと塗った方が早いと判断して塗ってしまいました。

 
旧設定の配色は、旧キットだと腰ブロックは白ですが当時の画稿でも黒いものが複数あって安定しません。で、腰は黒で行こうかとも思っていましたが、どうせ旧カラーにするならGFF版やUC版と差別化した方がいいかと思いまして、

 腰を純白にするのはちょっと怖かったのでライトグレーで塗ってみましたが、いっそ白でも行けそうな気がしたので、

 最終的にこうなりました。なんかすごく派手です。
 赤の成形色はMGボールKa等と同じオレンジですが、ついでに塗って黄味を減らしました。
 スネの白ラインは色分け済みで、前腕およびシュツルムファウストはシール。なお、色分けに伴いスネの内側もほぼ白(ライトグレー)です。手首付近の赤と黒の間の細い部分は赤で一体成形で、ここもシールが付属。他は背面の丸ノズルの中身が足りないくらいでほぼ色分け済みです。
 背中のケーブルは棒状の硬質パーツで、これのせいで腰の可動はほぼ死んでいます。下の写真ではとりあえずケーブルを外して動かしてみました。ケーブルはバックパックの中に入るのではなく背中とバックパックの間で挟む構造なので、着脱は容易。

 モノアイシールドはクリアで、モノアイ自体はグレー成形。基部がボールジョイントで可動です。
 ビルダーズパーツのレンズを入れることを想定してあるのか、モノアイの縁に対し中央がかなりくぼんでいます。

 並べてみるとGFFゾゴックはコンパチのせいで体形がズゴック寄りになっていますね。
 HG-UCズゴックは今見ても造形はいい感じですが、どうにも関節がくにゃくにゃですね・・・。

 手持ち武器はヒートソードとシュツルムファウスト2個が付属。あとブーメランカッターは全部(10個)着脱できます。
 手は拳と武器用が左右それぞれ付属。親指は外側に穴が開いています。あと写真では黒く塗っていますが、手は指以外赤成形です。

 シュツルムファウストはこれのみ専用のランナーに入っていて、成形色も本体のグレーとは別のオリーブドラブ。腰の後ろにジョイントを介して2本とも取り付け可能です。
 ブーメランは武器用の手だとゆるくて保持できません。拳の隙間に押し込んだ方が安定するかも。

 ヒートソードはグフカスタムやジュアッグMSVと同型ですが、今回は刃がグレーと無色クリアの2つ付属。クリアパーツは柄の一部と一体化していて、合わせ目を消すと交換できなくなります。

 アームパンチ用の延長パーツが2個付属。縦につないで倍の長さにすることもできます(写真はその状態)。

 まさかのキット化で出来自体もいい感じで満足です。UC版の配色もあれはあれで好きなので、そのうちもう1個買いたそうかと思っております。

※追記2016.06.12.
 そのUC版の配色でもう1つ組んだ分の写真を。というか組むのはすぐに組みましたが、撮影してから放置してそのまま忘れて数年経っていました。

 成形色仕上げです。

 2個組んで武器が2セットになったので、こういうこともできます。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system