D-スタイル ブレードライガー
 パッケージデザインはHMMシリーズを踏襲していたりします。
 パーツ構成上、グレーの部分だけ流用してシールドライガーを出すといったことは特に想定されていないみたい。

 造形もアニメや旧トミー版ではなくHMM版準拠みたい。
 フィンの白い部分はコクピット両脇の長いもの以外色分けされていません。あとポリキャップに相当する部分は全く色分けされていないので塗装が必要な箇所は割と多め。なお、今回は塗装済みの箇所はありません。
 コクピットに入れるバンのPVC製フィギュアが付属しますが(ちなみに単座)、HMMとは異なり未塗装。カラーガイドも無い(というかコクピットに入ってキャノピーが閉じた状態の写真しかない)ので途方に暮れましたが、とりあえずそれっぽく見えればいいか、とてきとうに塗っています。
 キャノピーの面積が広いうえに透明度も高いので、未塗装や無人だとちょっと違和感があります。

 四つんばいなので高さは低いですが、体積的にはD-スタイルの標準と大差無さそう。

 関節はいつものポリボール接続。足首がダブルボールで、首はポリボールを2個使った二重構造です。
 首がよく動くのでポージングの自由度は意外と高め。

 ブレードは黄色い部分の基部が軸可動で、胴体との接続部の展開は差し替え式。
 あと背面のブースターも展開可能。正面からはほとんど見えませんが。
 胴体下側には台座穴があります。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system