D-スタイル デスザウラー
 HMM版は存在しないので、造形は旧トミー版準拠でブレードライガーと比べると装甲のディテールが控え目になっています。 ブレードライガーでは塗装済みの箇所がありませんでしたが、今回は眼のみピンクで塗装済みです。

 写真は黒と赤が成形色で銀は塗った状態。あと眼は蛍光ピンクで塗りなおしています。
 色分けはアニメ版準拠なのか、胴体正面の銃座の装甲とスネ側面のダクトが赤くなっています(スネ側面のダクトは外側のみ色分けされていて、内側は黒で一体成形)。
 デザイン上の色分けがシンプルなのもあって、ブレードライガーより塗装が必要な箇所は少な目。ただ、ポリパーツを模した円筒は例によって色分けされていません。
 あと、しっぽの下面には旧トミー版の歩行ギミックのための補助輪を模したパーツが造形されています。

 直立姿勢でしっぽも太いので、一応ブレードライガーよりは大きく見える・・・かなあ。

 コクピットの展開は頭部装甲が丸ごと前に開いた旧トミー版とは異なり、上面後部のクリアパーツのみが後ろに開くようになっています。
 例によって中の人は未塗装なのでてきとうに塗っています。

 口はかなり大きく開きます。中の粒子砲はパーツが赤成形だったのでとりあえず赤のままにしておきました。
 頭部に3つ付いている砲は全て開口済みです。

 関節はいつものポリボール接続。足首だけ2重ボールです。
 首がかなり上に曲がるので、ジェノザウラーみたいな前傾姿勢も可能。

 股間に台座穴があるので一応使ってみました。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system