D-スタイル ガオガイガー
 まさかの変形合体ギミック付きです。

 ステルスガオーやライナーガオーはほぼ塗装済み。D-スタイルとしてはかなりパーツ分割も細かいです。

・ギャレオン

 さすがに収納できないのでガイガーの頭部は余剰になります。
 眼はクリアパーツ。

・ガオーマシン

 ドリルガオー、ステルスガオー、ライナーガオー。
 ステルスガオーのGGGのエンブレムはプリントで再現されています。あとガオガイガーの手首とヘルメットは収納できないので分離時には余剰に。
 ライナーガオーの青や黒は塗装済みですが、ヘッドライトは塗装も造形もされていません。

・ガイガー

 眼とGストーンはクリアパーツ。
 ギャレオンのたてがみの一部としっぽは余剰になります。

 首と肩はポリボール、肘と腰はプラ軸、股関節と膝はポリパーツで2軸可動。

 大きさはこんな感じ。

 ドリルガオーおよびステルスガオーとの個別合体も可能。
 股間には台座穴があります。なお、ギャレオンではしっぽの接続に使うので台座には乗せられません。

・ガオガイガー

 胴体と胸のライオン頭の間にスペーサーが入りますが、これは他の形態では余剰になります。ヘルメットも収納できないので他の形態では余剰に。
 あとガイガーの足先の爪も外すように指示されていますが、付けたままでも一応合体は可能。
 ガイガーの腕の移動は差し替えで、ライナーガオーも胴体を貫通せず左右に分離しますが、他は手首とヘルメットが収納されていない以外は設定に近い変形合体です。

 Gストーンとその上のセンサー的なものはクリアパーツ。眼はガイガーのものがそのまま露出します。
 ヘルメットの眼の上の部分がちょっと短いのか、眼とヘルメットの間にガイガーの白い部分がチラ見えします。
 ヘルメットとマスクは分離しているので片方だけ取り付けることも可能。

 合体するとD-スタイルとしてはかなり大型に。

 ガイガーより腕部と足首の可動が増えていますが、各部が干渉するので可動範囲は狭いです。

 手首は左右の拳の他に左のプロテクトシェード用と左右一体化したヘルアンドヘブン用が付属。全部一体成形で裏に穴があります。ヘルアンドヘブンの場合は胸のライオンのたてがみを外す必要があります。

 ディバイディングドライバーが付属。先端のみ白、他はオレンジ成形。先端は1パーツで右側面に穴があります。

メニューに戻る

inserted by FC2 system