1/100 アルトアイゼン
 スパロボ1/100キット第2弾。1/144&ノンスケールのシリーズと違ってナンバリングはされていないし1/100ヒュッケU(絶版)とはパッケージデザインも全面変更されていますが、同じロゴが付いているので一応シリーズ扱いのようです。

 装甲表面には設定画にないディティールが追加されています。色分けは例によってかなり細かくて、胸の銀色の丸モールドとかも別パーツ化されています。塗装が必要なのは顔や胸のダクトの黒、ふくらはぎのノズル内の赤いフィン、肩後部フィン内側の黄色、クレイモアのハッチの黄色い三角等。

 サイズ比較。ところで発売当時に組んだ1/100ヒュッケUは脚の関節がかなりヘタっていました。1/144ヒュッケTの初版みたいに勝手にバラバラになったりはしませんが。

 コクピットハッチも開閉しますが、内側のハッチは閉じた状態の固定で中身はありません。

 ヒートホーンは差し替え用のクリアレッド成形のパーツが付属。

 眼は電飾入り。配線を首から背中に回してバックパックに電池が入る構造で、導線やスイッチ等の露出はありません。使う電池はLR44が2個。
 眼のフチの黒は塗装済みなのですが、発光させると見事に透けます。あとヒートホーンをクリア成形のものにしておくと根元が少し光って見えないこともないような気がしないでもない・・・というか要するに微々たるものです。

 可動範囲はこんな感じ。ビルガー高機動型からの流れで関節にABS樹脂が採用されています。関節の構造は全体に複雑化していて、全然動かないデザインの割にはよく動きます。かなり初期に出た1/144アルトからは大幅に進歩している感じ。
 手は固定の握り拳と指可動の2種が左右それぞれ付属しますが、手持ち武器は付属しません。というか指が横に広がった造形で、可動は武器を握るためというより平手に表情を付けるためっぽい。

 リボルビングステークの回転弾倉も展開可能。中の薬莢は固定ですが、金色のプラで別パーツ化されています。写真の黒は塗っていますが。あとステークそのものは特に伸びたりはしません。

 肩のクレイモアは外側の白いハッチの他に内側のハッチも開いて中の弾が見えます。写真は左肩だけ内側のハッチを開いた状態。中身はメタルカラーのアイアン磨き出しで仕上げてみました。

 で、スパロボ的に1/100のキットと並べてバトルシーンっぽくしてみようかと思ったのですが、手持ちのジオン系MSの大半はアルトに体格負けしているので、負けていない人を持ち出したら、

 ↑こんなことに。対比のバランスがよさそうなのはサザビーくらいか。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system