1/144 アルテリオン
 ラインナップのほとんどがPTのコトブキヤ製キットで初のAMです。リオン系が好きでアイビスも好きなので個人的にはかなりうれしい商品化でした。
 アルブレードカスタムに続いてOGシリーズ未登場なのにOG扱いで、説明書のアイビスのイラストもOG仕様になっています。

 水色の部分だけ個人的な趣味で塗装して色味を変えています。
 色分けは相変わらず細かいです。頭のトサカ的な部分と眼、アゴは塗装済み。未塗装状態の見本写真だとトサカは赤い部分しか塗ってありませんが、中身は水色も塗ってありました。
 他の機体と比べると色分けがやや少ないデザインなのもあって、ノズルや銃口の中を黒く塗る程度でほぼ設定通りに仕上がります。足りないのは肩の赤いラインや肩の羽根上端の白い縁くらい肩やヒザの紫のラインはパーツで色分け済みです。
 あとテスラドライブはまっすぐ下に向けると地面に当たります。

 設定上は固定武器しか持っていないので武装は付属せず。その代わり手首は拳の他に親指の向きが違う平手2種が付属します。どうせなら他の指も曲げるなりして差別化してほしかったですが。

 PTと比べると左右に大きいです。

 ボークス製AF(DHM誌上通販)と比較。当時は先に出たヒュッケの約2倍の値段に腰が引けたものですが、その後のものすごい値上げっぷりを考えるとこれはかなり安い部類だったという。
 ところでボークス版は変形の際に脚を丸ごと交換しますが、うちのはその際に基部の軸が折れてしまいまして、補修してはいますが脚を交換しようとすると補修箇所がまた折れてしまうので変形できなくなっています。そのためクルーズフィギュア形態での比較写真も省略。

 足首は爪先が左右にはほとんど曲がらないので接地性が悪いですが、踵はよく動くので後ろ半分は接地できるし見た目はともかく安定性は悪くないです。
 腰は接続面が平面ではないデザインなので全く動きません。腕はヒジの上下にそれぞれ曲げとロールの2軸あり、装甲を横に向けた状態でヒジを前に曲げることも可能。

 専用スタンドが付属。これはR-1やビルトラプターのものと同じような仕様でドールフィギュア(人型)で浮かせて飾ることは想定していない設計ですが、ジョイント部分に股間を乗せると意外と安定します。
 股関節の幅が広すぎて市販の汎用スタンドは使いにくいです。

 Gアクセルドライバーは砲身を展開可能。中央の水色の細長い部分が横に曲がって砲口が露出します。

 一部差し替えでクルーズフィギュアに変形。手首を取り外して頭の下半分と首を差し替え、腰を曲げた部分の隙間のスペーサーとヒザ下部の突起を追加、他の部分は差し替えなしです。
 パーツを位置決めする機構は入っていないので、位置の調節が面倒というかこれで正解かどうか自信が持てないというか。

 この形態でもGアクセルドライバーを展開可能。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system