1/144アルブレード・カスタム
 特機やリオン系その他に手付かずの機体が山ほどあるのにひたすらPT系で突き進むコトブキヤですが、今度はえらくマイナーなところに手を出したような。
 最近のコトブキヤ製キットはアーマードコア系を中心に値上げ傾向ですが(原油高の影響だとかいう噂)、これは以前と大差無い値段のうえに箱にパーツがみっしり詰まっています。
 カスタムと中の人のコンパチ(一部差し替えが必要ですが、完成後も組み替え可能)ですが、ランナー配置的に素のアルブレードだけのバラ売りは想定していないようです。
 まずはカスタムの方を。ところでこっちの仕様は今のところ第3次αにしか出ていませんが、パッケージにはOGのロゴが入っています。

 成形色はカスタムの方に合わせてあります。マスクの青とツノの赤、頭頂部サブカメラの緑(前後両方)は塗装済み。メインカメラは緑色のパーツですが、例によってこれ1個のために金型を起こしてあるのに不透明樹脂です。
 色分けが足りないのはバックパックのフィンの薄い部分等。武器類は基本的に単色です。

 関節は最近の流れで一部ABS樹脂製、肘と膝は二重関節。前作の高機動ビルガーと違って股関節は普通のボールジョイントで可動範囲はあまり広くなくて、そのせいで下半身はあまり動きのあるポーズができません。ヒジとヒザも二重の割に可動範囲はそれなりですが、こちらは干渉する部分を削れば割と簡単に拡大できます。外装も削ることになるので見た目に多少影響しますが。
 バックパックのウイングとスプレッドビームは差し替えなしで展開可能。ウイングの接続アームは妙に可動箇所が多いです。
 肘の二重関節のうち下側のポリ関節が緩めで、カスタム用のレールガン改は重くて片手で構えるのはほぼ不可能です。軸径の調節で改善できそうですが、コトブキヤのポリはテンションをかけすぎると割れそうで怖いのでそのまま放置しました。
 武器はリボルバー、トンファーが各2個、あとレールガンが付属。リボルバーとトンファーは腰側面に取り付け可能。R1と違ってリボルバーもちゃんと持てます。手首は左右共に拳、平手、武器用の3種ずつ。

 レールガンは基部のみ使い回しで銃身、センサー、マガジンを交換してノーマルと改を再現しています。

 で、ノーマルなアルブレード。本来は色が違いますが。なお、ノーマルカラー(1号機仕様)の見本写真も箱やインストに載っています(というかカスタムカラーでアーマーを外した写真は載っていません)が、カラーレシピはカスタム(3号機)のものしか記載されていません。
 バックパックは丸ごと交換で、胸は中身のパーツを一部外して装甲を被せる構造。脚の装甲はそのまま上に着せます。それにしても変形を省略した簡易生産型にしてはバックパックがラプターやR1よりゴツいのですが。

 やっぱり股関節があまり動かないのが痛いところ。あと写真ではレールガンに左手を添えていますが、こちらの状態だと片手でも構えることは可能です。

 おまけ:トンファーキック。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system