1/144 ART-1
 説明書のパイロット枠にはマイが掲載されています。

 パーツ段階での色分けは相変わらず細かいですが、元デザインも配色が相当に細かいのであちこち不足しています。
 具体的には翼の縁の色分けは大体省略、肩装甲の紺は丸ごと省略、顔はセンサーが塗装済みでアゴの白と額の黄色が色分けされている以外は単色。他にも細部の白や黄色、ノズルの中身の黒等を塗装しています。
 もっとも、シールドの白い模様がパーツ分割されていたりするので塗装はデザインの割には楽。塗った方がメリハリがつきますが、頭以外は塗らなくてもそんなに違和感は無いかも。
 関節はポリとABSの併用。ポリパーツのランナータグにはART-1と刻印されていますが、パーツ自体は使い回しで余剰もあります。肘はABSの二重関節、肩は胴体側にABSで上下・前後スイング可能。足首はボール1個だけですが、左右非対称で内側に曲げやすくなっています。

 配色がヒュッケバイン系と似ていますが、色味はけっこう違います。
 写真だと脚がかなり長い印象だったのですが、他のキットと比べると縦に伸びたというより横に縮んだっぽいです。

 武装はコールドメタルブレード、HG・リボルヴァー、チェーンソートンファーが各2個とブーステッド・ライフルH、シールドが付属。チェーンソーの刃とブレードはリボルヴァーと同じ緑色っぽい成形色で、ライフルのみ違う色味のグレーです。
 手は拳、平手、武器用が左右それぞれ付属。
 シールドは上の小さい紋章がモールド入り&塗装済み、下の大きい模様は別パーツ化で色分けされています。トンファー部分に固定する構造なのでチェーンソー展開時は装着不可能。

 ライフルとリボルヴァーはグリップが折り畳み式。
 ライフルは変形時の固定用ジョイントを使って、人型時も背中に取り付け可能です。
 今までの可変機には飛行形態専用の台座が付属していましたが、今回の台座は人型時も使用可能。文字は最初からプリント済みです。

 コールドメタルブレードは他の武器よりグリップが薄いので保持がやや甘め。
 チェーンソートンファーは基部が可動。差し替えでチェーンソー展開状態に。

 ART-ウイングへの変形は胴体部分を丸ごと差し替えて手足を取り付けて再現。他に足先も差し替え式です。

 変形用の胴体にも頭部パーツが付いています。アンテナ以外は外からほとんど見えませんが。なお、顔は埋まっていて造形されていません。

 パーツの固定はかっちりしています。台座は支柱の接続部にボールジョイントが入っています。

 武装を外した状態。シールドの下にも機首っぽいパーツが入っていますが、どのパーツが変形したのかよくわかりません。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system