ノンスケール アウセンザイター
 馬形態が先行していましたが、それより明らかに小さいサイズで人型もキット化されました。

 意外とユニット構成がシンプルで色分けもあまり細かくないデザインなので、コトブキヤ製キットとしては面倒臭くない部類のような気がします。
 頭の毛みたいなパーツ(設定上は湯気)とフェルゼ・ラート(かかとの車輪)はPVC製。関節の一部にABS樹脂を使っていますが一時期と比べるとABSよりポリの比率が上がっています。頭が重いせいか、首関節はABSのみの多重構造。
 不織布っぽいマントが付属しますが、取り付けが面倒なのと意外と固くてラインが不自然なので写真ではつけていません。
 関節は基本的にフル可動。腰は前後に装甲がついているだけで側面には何も無いので、脚も意外とよく動きます。
 車輪は基部が上下可動で展開可能。肩の盾はボールジョイント接続で、外した状態でジョイント穴をふさぐパーツが付属します。

 顔は塗装済みで、盾には紋章がプリントされています。紋章のシールやデカールは付属しないので成形色仕上げ推奨な仕様。
 パーツ段階でほぼ色分け済み。ランツェ・カノーネの銃口近くから生えている金色の棒の基部や手首と一体化しているグリップのグレー、タイヤの溝の赤、背面装甲の金色、各部のノズルの中身は塗装が必要。あと後述のアクションポーズ用手首2のみ手の甲が色分けされていません。
 写真は成形色仕上げですが、胴体中央の赤い玉はシルバーの上にクリアレッドを塗っています(パーツは赤成形)。
 タイヤはPVCなのでラッカー塗料なら問題無いと思いますが、溝の中だけなら塗膜の強度は必要なさそうなので隠ぺい力の強いアクリルガッシュで塗ってみました。

 手首は左右の拳、平手、グリップ一体型に加え、右手のみアクションポーズ用がさらに2種類付属。上の写真の右手はアクションポーズ1用です。2については後述。

 ランツェ・カノーネの砲身の展開は差し替え式。グリップは手首と一体化していますが、別にグリップのみのパーツも付属します。
 ランツェ・カノーネの背面ジョイントへの取り付け自体は差し替え無しですが、ジョイントを背中から一旦外さないと着脱できません。

 ダイゼンガーと並べてみました。凹凸が激しくて細い部分はかなり細いダイゼンガーと比べると、アウセンザイターは骨太な感じ。見た目的には軽快な格闘機と重装備の火砲支援機みたいな印象ですが、実際には重そうな馬の方が回避寄りだという。

 で、アクションポーズ用手首2を使うことで握手ポーズが可能。

メニューに戻る

inserted by FC2 system