HMM1/72カノントータス
 
モルガに続く小型ゾイドです。今回はキット1個に1体入り。なお、派生機のバスタートータスも発売が決定しています。最初の発表から受注までがずいぶん長かったですが一安心。

 旧トミー版では胴体は大まかには左右2パーツと底面の張り合わせで構成されていましたが、HMMでは本体と砲塔に分割されたうえでそれぞれが複数の板状パーツを組み合わせて構成されています。
 胴体側面のダクトの茶色や脚部のシリンダー、サスペンションの金属色(主砲のシリンダーは金色で塗装済み)、あとパイロット以外はパーツ状態でほぼ見本と同様に色分けされています。

 突撃砲、連装対空砲、対空レーダーが付いた砲塔は丸ごと着脱可能。あと足裏と同じ形状のパーツを胴体正面に2個まで取り付け可能です。
 クリアパーツのランナーは全く同じものがスモークとオレンジの2枚入りですが、突撃砲と連装対空砲に付いたセンサーのみオレンジを使用するように指定されています。
 中央大陸戦争当時は突撃砲だった主砲が西方大陸戦争では粒子ビームになっていた件は説明書でも言及されていますが、HMM設定でも両者に外見上の相違は無いようです。
 パイロットの造形は例によって他のHMMシリーズと共通。
 赤外線投光器は砲塔ではなく車体側に装着されます。クリアパーツ入り。

 ゾイドコアは胴体の裏側から取り付ける構造で、完成後も取り外し可能。

 旧トミー版にあった機体後部のハッチが削除された代わりに、左右両側面にハッチが追加されています。展開すると中にゾイドコアが見えます。というか中身はコア以外丸ごとペイロードなのか。
 同スケールの歩兵か整備兵のフィギュアでもあればハッチ展開と絡めて遊べそうですが、スケールモデルからてきとうに調達するしかないか。

 砲塔は左右旋回可能、2種類の砲は上下旋回可能。レーダーの板も上下に回ります。
 脚は他のHMM4脚よりかなり短いですが、意外とよく動いてポーズに表情をつけやすいです。しっぽも2箇所で可動。というか設定的にはスパイクらしいですがコレ。
 口も一応開閉しますが小さくて見えにくいです。

 HMM版オリジナルの潜行モード。ほぼ前脚を横に曲げただけですが、ウミガメに見えないこともないです。

 モルガと比較。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system