1/35 クーガーT型
 
他に複数のキットが発売予定の1/35ボーダーブレイクのシリーズ第1弾。クーガー自体のバリエーションキットも発表されています。
 なお、原作のことはよく知らないので以下そういう方面の事実誤認が含まれる可能性がありますがご了承願います。
 クロスフレーム採用キット第1弾でもあって、フレームアームズのフレームアーキテクトを部分的に流用してあります。クーガーだと腕(肩の中身以外)や膝、足首等は新規パーツ。また、肩基部や腰には新規パーツが挟みこまれていて、アーキテクトとは骨格のバランスが変化しています。
 デルフィングの肘側面みたいにフレームのせいで形状が明らかにデザインと違う部分は少なそうですが、装甲の隙間からフレームアーキテクトのジョイント穴がチラ見えしたりしています。
 あとクロスフレームのパーツ構成はフレームアーキテクトと同じですが、未組立のランナー状態で封入されており、成形色も変更されています。頭部や足先等は付属しません。
 肘・膝関節は丸ごと余るため、可動ジョイントとしての転用も可能。前腕フレームは足先に使う(手首関節を爪先の可動部として転用)構成で、他には上腕くらいしか余りません。
 そういうわけでフレームアームズとは部分的に互換性があります。

 で、好き勝手に塗ってみました。アニメロボ的なキャラクター性と陸戦兵器的なイメージの両立を図る的な意図の結果としてどっちつかずになった感がありますが、まあ気にしない。
 ピンク色は外部からのモニタリングのための特殊な塗料で云々、とか脳内設定をでっち上げていますが、白と水色だけだと単調なので塗ってみたというのが実状です。
 ハゲチョロはシルバー筆塗り、他の汚れはガンダムマーカーリアルタッチでてきとうに。そもそもこういう剥げ方をするのかとかここまで汚れて剥げたら普通洗って塗り直すんじゃないのかとかそういう疑問は見なかったことにします。
 見本写真だと本体色はかなり明るめですが、成形色はもっと暗いカーキ。装甲のカーキと白は大半が色分けされていますが、各部の青いセンサーっぽいものは全く色分けされていません。
 グレーはABS樹脂パーツと1枚しか入っていないランナーがフレーム色のブルーグレー、PSで2枚入りランナーは色味の違うグレーという使い分けですが、設定上は後者もブルーグレーの部分が多め。あと武器は単色。例によってシールは付属しません。
 パーツ分割自体コトブキヤ製キットとしては控え目なので色分けも不完全ですが、色数は多いし塗らなくてもそれっぽくは見えそう。

 眼はスモーククリア成形。中身のディテール等は無く、色味が濃いのであまり透明っぽく見えません。
 新規関節パーツはほぼABSで、腰のブースター基部のみポリボール。足首等はボールジョイントですが、アーキテクト流用部分を中心に大半の関節が軸構造になっています。
 フレームアームズ初版よりマシになった気はしますが、今回も組んだ後で太股上部がバラけて外装を外して修復する羽目になったので、さっさと接着しておいた方が面倒が無いかも。肩フレームは装甲で固定される構造なので特に問題なさそう。

 大きさはフレームアームズ同様にガンプラ1/144と1/100の中間くらい。頭と手は1/100くらいの大きさです。

 装甲の干渉が少ないデザインもあって、可動範囲はコトブキヤ製の人型ロボとしてはかなり広いです。肘はデザインのおかげで1軸で90°以上曲がります。足先が前後に長いので安定性も高め。

 腰左右のブースターは展開可能で、ノズルの伸縮は差し替えで再現されています。
 手首はフレームアームズ標準のMSGノーマルハンドAではなくカスタムハンドA(の成形色違い)で、左右それぞれ拳、平手、武器用の3種。カスタムハンドをそのまま流用しているので手の甲は色分けされておらず、また設定上は丸指で手の甲にモールドがありますが再現されていません。指の形状はMSGの丸指ハンドを使えば改造無しで設定に近づけることも可能・・・というか最初からそっちを同梱すればよさそうな気がしないでもない。
 手首の関節軸がけっこうタイトなのもあって可動や着脱でバラける場合がありますが、うかつに接着すると負荷が軸基部に集中して折れる場合がある(というか実際1本折りました)のであえて接着しないのもアリかも。
 フレームアームズ同様に接続はボールではなく軸。腕側の可動軸で前後にひねれますが左右には曲がりません。

 兵装は強襲兵装として、38型手榴弾(コンテナ)、デュエルソード、アサルトチャージャー(背中に付く箱状のパーツ、推力強化装備)が各1個と、M90サブマシンガンが2個付属します。ランナー1枚にまとめてあります。
 サブマシンガンは胸部左右および前腕、デュエルソードは背面に装着可能。両方モナカ割り。銃口は開いています。

 武器の手での保持はマシンガンとソードで同じ手を使い、指を着脱して持ち替える構造。
 手榴弾コンテナはフレームアームズのジョイントで接続され、デフォルト位置は左腕。腕のサブマシンガン用マウントと交換で装着します。只の箱で手榴弾そのものは付属しませんが、ジョイント込みで4パーツと兵装の中では分割が一番細かいです。
 背面のアサルトチャージャー装着部は未装着状態でのカバーも付属。

 片膝も可能。膝のキャタピラ的なパーツを使ってこの姿勢でも移動できるんだとか。

 股間には台座用のジョイント穴あり。アーキテクトの穴は装甲で塞がっているので、腰フレームと後面装甲の間に穴が追加されています。

メニューに戻る

inserted by FC2 system