1/60デルフィング
 適正のある人間しか操縦できない発掘ロボというと割とよくありそうな感じですが、固有の武装は皆無で空を飛べたりとかそういうのも無くて必殺技は脚力を活かした体当たり、しかも冷却機構に不備があって現行機より稼働時間が短いおまけ付きのブレイクブレイド主役メカです。
 作中で装甲を取り替えたり追加したりしていて外観にバリエーションがありますが、キットは第2形態(発掘当時の腐食した装甲を最初にシギュンらが製作したものと交換した直後の状態)を再現しています。
 ボーダーブレイクシリーズと同様にクロスフレーム採用。クーガーと違って肘、膝を含めてフレームの関節をそのまま使っています。
 フレームアームズやボーダーブレイクシリーズと価格帯も組んだ後の大きさも近い割に箱はけっこう薄くなっています。ちなみに箱絵は00やSEEDのHGシリーズと同じ森下直親氏ですごく格好いいよ。

 布状の部分は不織布が切り抜いた状態で付属。

 「黒銀のゴゥレム」ってくらいだから金属色なんだよなあ、でも設定上は石英を加工した装甲らしいし質感がよくわからないよなあ、あと国籍マークはタンポ印刷だけでシール等は付属しないし全塗装はしたくないしなあ、ということでとりあえず成形色の上からパールを吹いてみましたが、なんか素直につや消しにするなり割り切って塗装するなりした方がよかった気もします。
 フレームアームズやボーダーブレイクシリーズと同様、コトブキヤのキットとしては色分けが控え目&タンポ印刷部分以外には塗装済みの箇所もありません。パーツ割りが少ないので組むのはかなり楽。
 色分けが足りないのは頭と背中の折れたブレード、頭部センサー、襟のライトグレー、各部のスリットや四角い穴等。顔とブレード以外はそのままでもあまり気にならないかも。
 なお、四角い穴はアニメ版設定だと奥が黒で縁の断面だけ赤ですが、原作のイラストに合わせて全部赤で塗っています。完成品の方も予約したからアニメ版設定準拠のはそっちで充分だし、あとこの方が塗装も楽・・・ゲフンゲフン。
 肘関節やスネ後部には中身のフレームが露出しているため、設定とは形状が異なります。
 あと肩はフレームと装甲の間に不織布を挟み込む構造なので、合わせ目を消して全塗装するのはちょっと難易度高めです。腰の布は装甲が前後に分割されたデザインなので塗装後に組み付けできます。

 上のスリットがセンサーで下の眼みたいな部分はダクトだそうですが、そのダクトのみパーツで色分けされています。成形色はもっと暗い赤ですが、他の塗装箇所と合わせて明るめに塗っています。
 あと襟の部分は色分けが省略されてダークグレー単色成形ですが、その色分けされていない部分にタンポ印刷があって処理が悩ましいです。

 表示スケールは1/60ですが、同スケールで並べるのにいい大きさのものが無かったのでてきとうに。

 装甲がフレームの可動をあまり制限していないのでよく動きます。

 武器は試作重大剣とヘビーランス4型が付属。モナカ割りの単色成形で、グレーですがよく見るとラメ入りです。
 で、これもパールを吹いてみましたがどうも金属感が足りない気がして銀でドライブラシしていたら着地点を見失ってもう最初から銀で全塗装すればよかったんじゃないの、みたいなことに。
 手は中指と薬指がつながった独自の形状のためか、フレームアームズやボーダーブレイクシリーズとは違って専用のものが付属します。ただし左右とも武器保持用の1種類のみ。武器の持ち替えの際には親指を外す必要があります。

 武器は中空であまり重くないので、腕が自重に負けたりはしません。
 なお、剣のエッジは尖っていますが、背中の折れたブレードには原作でもアニメ版設定でも面取りがあるのでパーツにもバンダイエッジ的な面取りがあります。

 股間にジョイント穴があるので各種台座に接続可能。飛びはしませんが跳躍力はかなりある機体なので、浮かせて飾るのもアリかも。

 フレーム流用のせいで形状が違う部分もありますが、ラインバレルのキットと比べると価格帯の割にボリュームがあるしこれはこれでよかったと思います。

メニューに戻る

inserted by FC2 system