COMBAT ARMORS MAX 1/72 アイアンフット F4X ヘイスティ
 割とどうでもいい話ですが、個人的にはこの機体の呼称はヘイスティよりアイアンフットの方がピンとくる派です。 
 今回もマーキングは水転写デカールで付属。

 全塗装しました。今回は本体色2色はダグラムカラーを用意してみましたが(ダークパープルとライトブラウン)、どうも2色とも見本写真とも箱絵とも設定画ともちょっと違うような気がしたので、結局それを材料にてきとうに調色しました。そして紫は写真に撮ったらまた赤味が抜けてただのダークブルーになっていたわけですが。
 キャノピー、照明、センサーのようなものはまとめて無色クリア成形で、他はほぼ色分け済みで武器の一部とパイロットの色が足りないくらい。
 前腕、太股、肘・膝関節は合わせ目が正面に出ますが、他は目立たない分割になっています。
 関節は主にポリパーツ。今回もブロックヘッドと同様、肩のボール受けのポリは周囲をプラが密着して覆うようになっています。
 肘下にはロール軸があって(左腕は肘付近の装甲も腕とは別に回転可能)、肘は1軸ですが膝は2軸可動でさらに膝下に引き出し機構もあります。
 最初のダグラムと比べるとパーツの噛み合わせの固さも程良くなっていますが、リニアガン後部の円筒とミサイルランチャーの上面は咬合がちょっと固すぎるせいか合わせ目が若干歪むので削って調整した方がよさそう。

 今回はキャノピー自体は固定で、上についているハッチが開閉可能。一応スモーククリアを塗っておきましたが、ハッチを閉じた状態だと中に光が入りにくいので無色のままでもほぼ真っ黒にしか見えなさそうです。
 パイロットのフィギュアはいつもの一般兵ですが、今回は座席に固定するジョイントが付いています。
 内装は座席の他に手前のコンソールもありますが、壁面等には特にそれっぽいディテールとかは無いです。

 かなり独特な体形です。大きめですがブロックヘッドと違って重さはだいたい見た目通り。

 武装は全部固定されているので手持ち武器は無し。手は拳と平手が左右それぞれ付属します。平手は指の内側に肉抜きがあって、拳は親指が他の指と一体化していて隙間が埋まっています。
 リニアガンとミサイルランチャーはいずれもポリ接続で着脱できますが、ミサイル基部の可動部は本体側に組み込まれていて外せません。
 リニアガンはダークパープル成形で、黒っぽい部分は色分けされていません。
 ミサイルポッドは弾丸の先端と発射口が別パーツになっています。あと左腕の火器(対アーマーライフル)もガワと銃口らしきものが別パーツ。

メニューに戻る

inserted by FC2 system