フレームアームズ JX-25T レイダオ
 
月側の機体のバリアを単純な火力で突破するというコンセプトの機体で、極端すぎて開発が難航していたのを、ジィダオのパーツを流用してスネの推進用動力を高出力ビーム砲に転用することで実用化した、という設定です。
 同時発売のジィダオとパーツの大半を共有しています。フレームの仕様は成形色以外ジィダオと同様。

 全部塗っています。ライトブラウン、ダークグレー、赤の成形色はジィダオと共通ですが、ダークグレーと赤はジィダオより寒色に寄せました。
 ジィダオには無いレイダオ専用のパーツは頭部外装の上半分と前腕装甲の前面部分、あとクロー。それ以外の外装は共通パーツですが、パーツ配置の変更でフォルムが変化しています。
 ジィダオに対し前腕とスネを入れ替えた構成なので、フレームもそこは組み替えるようになっています。
 ジィダオと同様に膝フレームの3ミリ軸がむき出しですが、こっちはスネの装甲で隠れないので目立ちます。

 やっぱり頭部は色分け無し。

 スネは短くなっていますが、足先がハイヒール化したおかげで身長はジィダオと大差無いです。胴の長さや肩幅もそのままなので、第一印象の割には従来のFAから大きく外れた体型でもなかったりします。

 そもそも武器を持てる手が無いので手持ち武器も無いです。ジィダオでシールドとして使っている装甲は胸に付いていますが。
 クローアームは爪、手首ともに可動無し。
 胸の装甲(ジィダオのシールド)は基部に可動軸があって角度を変えられます。

 このキット自体には付属しないパーツですが、アーキテクトの膝装甲を膝フレームに付けて3ミリ軸を隠すとこんな感じ。スネ装甲と干渉するので膝がまっすぐ伸ばせなくなりますが。

 前腕とスネを入れ替えるとこんな感じ。クローの3ミリ軸は足首と径に誤差は無いようで、ジィダオと違って入れ替えても緩くなったりはしません。

 ジィダオとパーツを混ぜてみました。前腕とスネが両方短い方も思ったよりはバランスが悪くないです。

 

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system