1/72 NSG-X1 フレズヴェルク
 山盛りのクリアパーツと可変機構の採用が特徴。なお、クリアパーツは全部ABS樹脂で、ガンメタはABSとPSの併用です。
 例によってフレームは組み立て済みですが、今回は肩ブロックが専用の新規パーツになっています。成形色はガンメタ。あと首と肩基部のフレームもランナー状態で入っている別のパーツと交換する構成です。

 で、せっかくなのでギトギトに塗ってみました。ガワはMr.カラーGXのメタルバイオレットとメタルブルーの混合。成形色がメタルバイオレットそのままよりやや青みが強い色味だったのでそれに合わせる感じでブルーを足してみたらちょっと青すぎてしまいましたが。
 フレームはガイアのスターブライトアイアン。あと単調な気がしたのでメタルレッドも足してみました。
 手指はいつものノーマルハンドなので手の甲は色分けされていませんが、成形色仕上げなら紫はそこ以外塗装不要。ガンメタはいくらか塗る必要があります。
 デザイナーが同じグライフェンはフレームの使い方がかなり変則的でしたが、こっちは割と素直な配置になっています。ただし股関節は腰フレームと脚基部の間にガワが入るのでやや幅増しされています。

 頭部は紫色のパーツにクリアのガワを被せる構造。写真は中身をシルバーと若竹色で塗った状態です。

 比較的頭が小さめです。

 武器は同じものが2つ付属し、クリアパーツの上からガンメタが塗装済み。

 グリップが2つあるので縦持ちや両手持ちも可能。

 太股に付くホルダーに取り付け可能。なお、このホルダーの緑色の部分は色分けされていません。

 変形は差し替え不要。武器もホルダーに付けた状態なら外す必要はありません。
 腕は背面側で固定されます。脚は本体を台座に接続するためのコネクタを取り付けた場合はそれで固定可能。このパーツは付けたまま人型に戻すこともできます。他にも位置決めの構造があって、意外と変形させやすいです。

 横から見るとかなり分厚いです。元々変形を想定していない既存のフレームをほぼそのまま使っているしこのくらいは仕方なさそうですが。

メニューに戻る

inserted by FC2 system