フレームアームズ YSX-24 バーゼラルド
 ありそうで無かったイケメン主役機タイプですが、設定上は待望の新型なのに問題を抱えた機体だったりもします。
 今回もイラストにあるマーキング類は特に再現されていません。あと説明書の構成が若干変化していて、ラフデザインとかも収録されています。
 なお、専用の拡張パーツも発売予定。
 ところでフレームを塗装したら見事に胴と腕をつなぐ部分が砕けて、軸打ちで補修しても結局どうにもならなかったのでとりあえず肩フレームを丸ごと他のキットと交換しました。レヴァナントアイは全部ガンメタで塗ったうえにプラパテでヒケを埋めても平気だったので油断していたんだぜ。

 どうも薄い色は質感が軽い感じだったので、写真は白と水色は塗った状態です。ついでに白を暖色寄り、水色を青紫寄りに変更。あとグレーも塗装箇所と揃えるために塗りつぶしましたが、色味はそんなに変えていません。
 ちなみに説明書のラフ画稿だと水色は成形色とだいたい同じで白は薄緑っぽい色になっているので、それに合わせてもよかったかも。
 従来のキットと比べると色分けが大幅に強化されていて、塗装済みの箇所はありませんが白、黄色、水色、あとセンサーの緑色(要するにグレー以外)は全てパーツ分割で色分けしてあります。今回は手の甲も専用パーツなので白いです。
 グレーは細部に若干不足があるのと、見本では2色使っていますが成形色はフレームと手指以外全部同じ色(明るい方の緑色っぽいグレー)なので、見本に合わせるには塗装も必要です。あと黄色いノズルの中身は色分けされていません。
 関節はフレームアーキテクトが大まかには同じ配置で入っていますが、首と足首は新造で足首はそれ用にポリパーツも追加されています。あと股関節基部の軸パーツは形状はほぼそのままですが、固定用の接続軸を増やした専用タイプ。
 外装でフレームを固定する構造が多くて、従来よりもフレームがバラけにくくなっています。

 緑色の部分はクリアパーツ。

 足首でフレームが伸びているので身長は高めです。

 武器はセグメントライフル2個とスラストシールド1個が付属。
 手首パーツはフレームアームズ用新型タイプですが、前述のように手の甲は専用パーツ。手の甲と手の平が一体化している武器持ち手のみ手の平も白成形です。あと、武器持ち手に対し他2つは手首の軸径が大き目ですが、武器持ち手の径でも保持力は充分なので他のは削っておいた方がいいかも。
 武器も黄色は色分け済み。あとグレーも本体とは別の成形色です。
 ライフルは単体だと3ミリ軸が無いので手持ち用です。
 シールドは各部の3ミリ穴に取り付け可能。ライフル2個でシールドは1個なので配置にちょっと迷います。

 ライフルとシールドは合体可能。
 股間には台座穴があります。

メニューに戻る

inserted by FC2 system