フレームアームズ・ガール 轟雷
 FA:Gシリーズ第1弾。
 フレームアームズそのものとは異なり、名前と外観以外の設定は一切ありません。設定サイズも不明なのでスケール表記も無し。
 また、共通素体+外装という構造にもなっていません。一部のパーツはフレームアーキテクトの要素が入った形状にはなっていますが。
 あと水転写デカールで眼、パンツ的なものの模様、マーキングが付属。装甲のマーキングはガールじゃない方の轟雷の設定画にあるものを踏襲したデザインで、そっちのキットにはマーキングが付いていませんでしたが、頭部以外の装甲は縮んでいるので流用するにはちょっと小さいです。

 肌色とキャタピラは未塗装で髪はつや消しクリアを塗って、他は塗装しています。予備を確保できなかったのでカラーリングはあまりデフォルトから外さない方向にしました。ただ、全体的に抑えた色使いだし、少しは自己主張をしたかったので差し色を1色足してみましたが、よりによってそこかよという感も否めないですが。
 本体色は成形色よりやや明るめ、グレーは暗めに。あと黒い部分はインナーだけ光沢の黒にガンメタを混ぜてテカテカにしてみました。
 眼はプリント済みで、他には特に塗装済みの箇所は無いです。
 元の轟雷より成形色の数は増えていますが、肩と股間の装甲の黒や腹部のグレー等の色分けはありません。あと手の甲も一体成形。
 関節はポリとABSの併用。手はPVC製です。
 軸関節は総じて固めですが、ボールジョイントはやや緩い部分もあります。
 あと脚の付け根がポリボールですが、このボール受けに肉抜きがあるため動かすとポリが削れる場合があります。私は穴をパテで埋めておきました。
 特に台座の類は付属しませんが、リアスカートの3ミリ穴を使えば市販の台座等の流用は可能。キャタピラを展開すれば自立も安定します。

 顔は3種類付属。視線の向きが違うだけで表情は同じです。

 イラストの状態を再現するための、装甲が付いていない左腕と左脚のパーツが付属。右の分はありません。
 関節は固定で、左手で持っている脚のタイツ状のものは脚に固定され、先端の位置を左手に合わせるようになっています。

 だいたい1/12くらいの大きさですが、その手の可動フィギュアより若干大き目。

 武装は元の轟雷のデザインを踏襲した肩キャノンとナイフ(※パーツとしては新規)の他に、MSGのフリースタイル・バズーカの成形色を変更したものが付属。
 手は拳、平手2種、武器用2種の計5種が左右それぞれ付属。手の甲は色分けされていないのでプライマーを使って塗ってみましたが、結局剥げてきました。
 バズーカはグリップのみ元のより小さい新規パーツ。このグリップは2個付属するので、3ミリ穴があるパーツを手持ちできます。グリップ以外単色成形なので、見本写真と同じ配色にするにはそれなりに塗装が必要。

 キットには付属しないMSGの日本刀とアサルトライフルを流用してみました。
 フレームアームズやMSGの手持ち武装はだいたいは持てます。各部に3ミリ穴があるので固定装備の取り付けも可能。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system