フレームアームズ・ガール スティレット
 
肌色と黒の部分の一部で轟雷のパーツを流用しています。

 髪と肌色はつや消しを塗って他は全塗装しました。今回も設定に寄せる方向ですが、髪のグラデーションは見なかったことにしました。
 イラストの時点でガールじゃない方のスティレットより青が明るい色味でしたが、成形色はさらに明るいです。ガンプラで言うとHGブルーフレームくらい。
 肩装甲は青単色成形で、他は額のパーツ後部の青や各部の細かい白の色分けは無いです。
 関節構造はだいたい轟雷と同様。というか胴体と上腕、太股はパーツもほぼ共通ですが。そういうわけで股関節のボール受けは今回も肉抜きがあるままですが、ボール部分はポリ製とABS製の選択式になっています。
 あとスカートの正面と側面が可動式になって脚の可動範囲がちょっと拡大しています。
 太股等は装甲が干渉しますが、轟雷よりは動かしやすくなった印象。
 特に轟雷との組み替えを意識した構造ではないですが、首や上腕、太股等の軸径は共通なのでそこで入れ替えることは可能です。

 顔は4つ付属。同じ表情の視線違いだけだった轟雷と違って表情が3種類あります。

 装甲を外した手足のパーツは轟雷とほぼ同じですが、左手に持っている(ように見せているだけで実際には左脚側面に固定されていますが)タイツの爪先の装甲は形状が違う新規パーツです。この写真だと隠れていますが。

 体格は轟雷とほぼ同じですが、羽根や髪のぶんシルエットは大きいです。
 説明書では頭部に顔面を取り付けてから白いチンガードを付けるようになっていますが、チンガードは外れやすくてそのままだと不便だし、接着してしまっても顔の着脱は多少やりづらくはなりますが一応可能です。
 ツインテール基部はプラのボールジョイント。

 武装は新規パーツのガトリングとミサイル(ガールじゃない方のスティレットの流用ではないです)、MSGからの流用の日本刀(成形色は銀色に変更)が付属。あと轟雷からの流用ランナーにナイフが入っているのでそれもあります。新規武器2つはグレー単色成形。
 ガールじゃない方にあった肩のブレードを外して手持ちできるギミックは今回は無いです。なお、肩のブレードと脚の羽根はいずれも3ミリ軸接続。
 手は轟雷と全く同じです。
 フレームアームズやMSGの武装はある程度流用可能。あと3ミリ軸のついたグリップ(というか轟雷のバズーカ用グリップと同じパーツ)が付属するので、3ミリ穴があるパーツはだいたい手で持つことはできます。

 今回は台座付き。腰の後部の3ミリ穴で接続します。キャタピラが無い分轟雷より安定感は落ちますが自立も可能です。
 刀は銀成形ですが、轟雷のときに刀身を銀で塗ったので今回はガンメタにしてみました。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system