フレームアームズ・ガール バーゼラルド
 流用はポリパーツや手くらいで、ほぼ新規キット。ランナー構成上は素体と武装のパーツはある程度分けられていますが、ほぼ武装のパーツのみが入っているランナーに素体の手首だけ混ざっていたりと厳密ではないです。

 まずバニー状態(原文ママ)。髪と肌色以外はだいたい塗っています。色味は箱絵に寄せる方向で調整しましたが、タイツはイラストをどう見ても成形色よりは暗い色味にしか見えませんが塗ったのを写真に撮ってあらためて見るとここまで暗くはなかった気もしてきました。
 そのタイツはガンメタをベースに調合してつや消しで仕上げて鈍めの光沢を出してみました。
 台座も付属しますが、丸いしっぽ(ちなみに材質はPVC)を付けた状態だと接続できません。
 ほぼ色分け済みですが、カカト付近はタイツの部分も白成形。

 顔は口を閉じたものと開けたものが視線違いで2個ずつと、眼のモールドが無い未塗装のものが1つ付属。未塗装のもの以外はチークも塗装済みですが、閉じた口は塗っていないのでピンクのマーカーでスミ入れしました。
 アンテナは上に伸びたものと斜め後ろに傾斜したものが1組ずつ付属して交換可能。
 緑色の部分はクリアパーツです。
 髪は成形色の上からトパーズゴールドを塗ったら思いの外光沢が強く出過ぎたので上からつや消しを塗りましたが、写真で見るとつや消しだけ塗ったのとほぼ同じに見えますね。

 ほぼ全身新規パーツですが、関節のタイミングはだいたい同じ。

 首、腕、膝下の関節構造はだいたい従来と同じ。胴は腰と脚の付け根が下に引き出せるようになっています。脚の付け根の引き出しはマテリアとは違って左右が一体に降りる構造で、股関節はボールジョイント。
 首、肩、股関節の軸はPOM製で塗装できませんが、脚を大きく動かすと肌色の軸がチラ見えします。
 後ろ髪は装甲の上下で分割されていて、下は前後スイング可能。

 追加武装を装備した状態。脚は膝上で丸ごと交換して、残りの装備は腰の後ろに接続されるので上半身には何も付きません。
 アンテナの種類は特に指定されていませんが、好みで前述の後ろに傾斜した方を使っています。
 自重も増えますが、足裏の接地面が拡がるのでバニー状態より自立は安定します。

 武装はセグメントライフル(銃)が4つとスラストアーマー(盾)が2つ付属。元のバーゼラルドと同様、盾1つに銃2つを連結可能です。
 盾はアタッチメントパーツを介して肩に接続可能。

 サブアームは可動式。固定武装は左右逆にもできます。
 台座は従来のものとほぼ同じ構造ですが、先端は従来と同じ3ミリ軸接続のものの他に、バーゼラルドの背面フレームに接続する専用のジョイントも付属。

 セグメントライフルはグリップが太いので、専用の手が追加されています。他の手は従来と同じ内容で付属。
 元のバーゼラルドでは腰の後部に合体盾を付けていましたが、FA:Gでは何とか付けられなくはないですが背面フレームと干渉して安定しません。

 腰の左右に付くスラスターを後ろに回せば、武装状態でも腕を真下に下げられます。
 盾を肩に付けた場合は基部での回転の他、アタッチメントにも横に上げる可動があります。
 あと写真では使っていませんが、肩側面の3ミリ穴を3ミリ軸に変換するジョイントパーツも付属します。

 

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system